2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー3

1 :ハゲより愛をこめて:04/08/20 20:07 ID:C44c/GCX
剣に出てくるアンデッド達、もといアンデッ「ト」達の思いを徹底追究するスレです。
たまに違うの(現在のところ所長とハゲ)も混じってます。

★なんとなくローカル・ルール★

◎ネタバレに関して
 本編や劇場版のネタバレは名前欄に"ネタバレ"と入れてください。
 ネタバレを見たくない人は2chブラウザで名前欄の"ネタバレ"をNGワード指定してください。
 2chブラウザはこちらへ。無料です。
 ttp://www.monazilla.org/

◎その他
 論争を呼びスレが荒れることを防ぐため、気にくわないネタはスルーしてください。
 エレファント「論争は嫌いなんだよ…めんどくせぇからな!」
 どうしてものバトルファイトは、お勧めの新ネタ投下 or GJ系感想を駆使して行ってください。

■前スレ : 仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー2
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1090825250/l50

■過去スレ : 仮面ライダー剣『アンデットの思い』
 http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1084702497/l50

2 :名無しより愛をこめて:04/08/20 20:09 ID:h9P3zV8S
2

3 :ハゲより愛をこめて:04/08/20 20:16 ID:C44c/GCX
前スレ、容量オーバー?の為、突然ですが「3」立てました。
みなさまよろしく・・・って人いない・・・?

4 :名無しより愛をこめて:04/08/20 20:16 ID:udB47NoY
うっさいスパイダー!

5 :名無しより愛をこめて:04/08/20 20:18 ID:hBv+M3kj
>>1様、乙です
しかし、「1」の時に比べ回転数早いなぁ
これが夏の力かとうそぶいてみる

6 :名無しより愛をこめて:04/08/20 20:53 ID:8de6ugQF
>>1さん乙です。

ついでにこれ置いておきますね。
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/088.html
アンデット一覧でつ。職人さん、こっちでも頑張ってください。

7 :名無しより愛をこめて:04/08/20 20:56 ID:KhsZ5QNw
>>1乙!

いやー容量オーバーなんて珍しいですね。
なんで止まったんだろう?ってカキコして初めて気付いた。

8 :名無しより愛をこめて:04/08/20 21:01 ID:VkNA1F0/
>>1さん、ホントに乙!!!
前スレ924-926
俺は「おしりスパゲティ」かと…なんだそれ

9 :名無しより愛をこめて:04/08/20 21:06 ID:5buZTmIL
>>1乙──ヽ(0∀0)ノ──ウ!!!

>>8
俺は「押しスパゲティ」かと。押し寿司のノリで。

10 :名無しより愛をこめて:04/08/20 21:19 ID:LzBIhr4+
そうだよ乙だよ>>1
いやぁ、まさか文だけで容量オーバーするとは・・・総合スレの移転といいビックリすること多いな・・・。

11 :略して「どん塾(仮)」1/3:04/08/20 21:21 ID:IleinvU/
マンティス「マンティス博士と!」
ビートル「ビートルくんの!」

マンティス「『どーんとこい超常現象!俺は誰の挑戦でも受けるぞ!魁男塾』〜〜!!」
ビートル「『どーんと行って見よう!やって見よう!不思議大好きカリス塾』〜〜!!」

マンティス&ビートル「・・・あれ?」
マンティス「・・・おまえ、今なんか違うこと言わなかったか?」
ビートル「カリスこそ。・・・だってオレの台本、こう書いてあるよ?」
マンティス「ああ?・・・あーホントだな。でも、俺のもな・・・ほれ」

マンティス「・・・」
ビートル「・・・」

マンティス「ま、まあ、所詮、ハゲの準備した台本だ。こういうこともあるだろう。
   じゃ、とりあえず、共通点拾って、『どん塾(仮)』で」
ビートル「うん。(仮)とカリスがかかってて、それはそれで、いい感じかも」

マンティス「不吉なこと言うの止めれ。駄洒落蜘蛛が来る」
ビートル「あ!マンティス、良かったね、記憶戻ったの?」
マンティス「いや・・・。おぼろげだ。なぜこんなところにいるのかも不明だし、
   本当に俺がロリコン筆頭でイーグルを婚約者に持つ伝説のUDなのかも自信がない。
   なんか、皆が寄ってたかって、俺のことをマンティスだのカリスだの呼ぶから
   そうなのか?と思っているだけで、実は自分の名前すら自信がない」
ビートル「そっかー・・・。正直、名前だけは間違ってない。ま、心配ないよ。
   記憶が戻るまで、いや、記憶が戻ってからもオレが友達でいてあげるから、
   元気出して!」
マンティス「あ?ああ・・・ありがとう。ところで、番組、続けなくていいのか?
   最近お前は影が薄い、バトルファイトに勝ち残りたかったら、番組に出ろって
   ハゲが言うから、つい何かが琴線に触れて台本受け取っちまったんだが」
ビートル「あ!そ、そうだった。えーと、えーと、ちょっと待って・・・」(ガサゴソ)

12 :略して「どん塾(仮)」2/3:04/08/20 21:22 ID:IleinvU/

ビートル「え、ええっと。それでは改めまして。司会進行は、オレ、ビートルと、
   アンデット界の孤高のアイドル、マンティス・カリスでお送りしまーす。

   わーい。兄貴みてる〜?剣崎とオレの友達100人計画も順調でーす(ブンブン
   記憶のないマンティスはあんましツンケンしてなくて、いい感じでーす」

マンティス「おい。おい、ビートルてめぇ。番組を私信に使うな。
   で。今回の質問ハガキは、なんだ」
ビートル「えーと。『君が約束を忘れても私は忘れない。一万年経っても十万年経っても
   私が何度でも思い出させてあげるよ』さんからで、」
マンティス「うっわ。残暑も厳しいってのに、さっぷいペンネームだな」
ビートル「『最近、カリスが弱くなっているようで心配です。カリス。好きだよ。大好きだよ。
    カリスのことが、すごく心配。昔の、私の知っている猛々しいけどちょっと
    色気があってとっても強いカリスに戻って。お願い』――――とのことです」

マンティス「うわーうわーうわー。ペンネーム以上に内容は本当にさぶさぶだな。
   ビートル、お前もそんなに心をこめて読まなくていいから。身振りまですんな」
ビートル「がーん。頑張ったのに・・・」
マンティス「おうおう。よしよし」
ビートル「えへへ。で、質問の答えは?」


13 :略して「どん塾(仮)」3/3:04/08/20 21:23 ID:IleinvU/
マンティス「ああ?質問の答えも何も、別に俺は弱くなってネェよ。
   中身が弱くなってんだろ。中の人みたいなヤツがよ。
   天音タンとかゆうのに、メロメロになって闘いが嫌になってきたんだろ。
   一時期、このままオレは人間になってしまうのか・・・とか悩んでたしな」
       ニュニュッ
イーグル「ああっ。良かった。カリス、記憶が戻ったんですね!
   そして、別に貴方がヘタレたワケでもなかったんですね!
   良かった。ほんとーに良かった!ジョーカーなんてどーでもいいですけど、
   もう、私はあなたのことが心配で心配で」
マンティス「ぎゃー。てめぇ、抱きつくな!ビートルもぼさっとしてないで、助けろ!
   つうか、おいこら、イーグル。これ、台本。台本に書いてあるんだよ、
   俺の記憶が戻ったわけじゃねぇ」
イーグル「え・・・っ。記憶が戻ったんじゃなかったんですか・・・?
   それはむしろ好都・・・いえいえ、トリビアのイーグルの名にかけて、
   私にお任せください、必ずやあなたの真実の記憶をとりもど(ゲシッ」
      バックル(パカッ
イーグル「ううう・・・。カリス・・・。君にやられるなら私はむしろ本望(バタッ」

マンティス「おい。おい、ビートル」
ビートル「はい」
マンティス「これ、連れて帰れ。ほんっとーにコイツ、俺の婚約者なのか?」
ビートル「ごめん。わかんない。そもそも婚約者ってなに?」
マンティス「訊いた俺が悪かったよ・・・。ったく、本当にこんなんで明後日、
   俺の記憶、取り戻せんのかな・・・(遠い目」
ビートル「大丈夫だよ〜、オレも剣崎も頑張るからさ。元気だしてよ〜」
マンティス「気持ちだけありがたく受け取っとくよ。・・・終わったんなら、
   俺はもう帰るぞ」
ビートル「あ。うん。えーと、じゃ、皆さん、ごきげんよう〜(0w0 )ノシ〜」

                                          【終】

14 :おまけ。:04/08/20 21:23 ID:IleinvU/
マンティス「はあ〜。ロリコンロリコンうるさいバックルに帰るのも気が重い。
   ったく、俺の本当の安住の地はどこなんだ・・・」

ビートル「とほほ。オレがイーグルをひきずって帰る日が来るなんて・・・」ズルズル・・・

15 :ハゲより愛をこめて:04/08/20 21:31 ID:C44c/GCX

|_
|_、ミ 
|,_ノ`)

うむ、無事同志が集ってきたようでなによりだ。
いつもGJ!しか言ってないのに、またスレ立てしてしまった。
実は「2」を立てたのも私だ。だが私はあ(ry
職人さん達のさらなる健闘を祈りつつ、名無しに戻る。





ということで、容量オーバーなんて初めて見てアセッタよ…(´Д⊂ヽ

>>11-14、素敵コンビキタキタ━━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━ !!!!!

16 :名無しより愛をこめて:04/08/20 21:40 ID:fVWrBsqb
ハゲもとい>1、移転乙でつー
偶然気付けてよかった……オンドゥル総合スレ23の132様ありがd

そしてその間にもネ申が!w
そうかー中の関係同様にマンティスをいじれるのはビートルなんだなw
GJでつ!

17 :名無しより愛をこめて:04/08/20 23:02 ID:IlY0Ncn8
ガ板以外で容量オーバーしたのを見たのは初めてだ。
>>1乙カリスレンゲル(乙カレー)!

18 :名無しより愛をこめて:04/08/20 23:19 ID:Rm4lK6l9
>>1さん、新スレ乙!
前スレの924-926にGJ!言おうとしたら書き込めなくてびっくり。
「胴体の両脇あたりをしっかり持たれてしまって屈辱に打ち震えるスタッグ大将」
にときめいている場合じゃなかったよ自分…。
それにしても大将、ビートルには「よしよし」とか言ってるくせに、
相手がスパイダー親分だと露骨に態度が違う。
はっきり言って酷すぎ。スパイダーかわいそう。もっとやって下さい。

19 :名無しより愛をこめて:04/08/20 23:20 ID:nLFDZGD0
>>1
乙.

>>ビートル
つ[樹液ジュース]>○

20 :名無しより愛をこめて:04/08/20 23:26 ID:nLFDZGD0
林田ァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァッ!!

21 :20:04/08/20 23:31 ID:nLFDZGD0
誤爆。

だが私は・・・ごめん・・悪かった

22 :名無しより愛をこめて:04/08/21 00:12 ID:i2VZcjWZ
>>11-14
>本当に俺がロリコン筆頭でイーグルを婚約者に持つ伝説のUDなのかも自信がない。

マンティスさんたら、記憶がないのをいいことに、エライ吹き込まれてんなぁ(w
こんなに吹き込んだのは、ハゲか?ハゲが仕上げたのか?
それにしても、いったい、この番組、どこまで台本でどこから素なんだ・・・

・・・しかし、イーグルも可哀相に。おまいは相棒気取りでも(前スレ663)、
これは確実にあらぬ誤解をされているぞ。その言動・・・・。ナムナム。

>1さん、新スレ乙かレンゲル。
目指せカテゴリーKスレ!!

23 :名無しより愛をこめて:04/08/21 01:22 ID:ZzMRI0Eg
前スレのおしスパの兄貴の「噛み殺す。」(即答)に思わず吹いたよ。

24 :名無しより愛をこめて:04/08/21 01:51 ID:jFQqNeCE
コレも貼っとく。
・ノンラウズ同盟会・
 1.トリロバイト(三葉虫)<METAL>
 2.バット(蝙蝠)<SCOPE>
 3.モス(蛾)<REFLECT>
 4.キャメル(ヒトコブラクダ)<RECOVER>
 5.ビー(蜂)<STAB>
 6.ライノス(サイ)<RUSH>
 7.スクィッド(烏賊)<SMOG>
・ワンラウズ同盟会・
 1.ライオン(ライオン)<BEAT>
 2.プラント(毒蔦)<BIO>

ところでモールはアウトディスカー

25 :名無しより愛をこめて:04/08/21 02:01 ID:7mhxT4WN
禿「『相談室』シリーズは成功のようですね、このままもっと番組を増やしていきましょう」
ピーコック「ふっ。狙い通りだな」
禿「中でもスタッグとビートルの人気が突出している模様です」
ピーコック「私もプロデュースした甲斐があったというものだ」

|;゚д゚)
ゼブラ「(ぷ、プロデュース!?何やってんのこの人たち・・・?)」

禿「賛否両論があるものの、最近の少女化の流れは利用できそうです」
ピーコック「ハートスートあたりに需要がありそうだな。よし、例のクスリをスタッグに・・・」
禿「わかりました、早速手配を・・・」

|;゚д゚)
ゼブラ「(少女化?!クスリ!?ピーコックさん、アンタイッタイナニヤテンダ・・・)」

禿「我々がアンデッド゙芸能界を席巻するのも、そう遠くはない話ですな」
ピーコック「ふっ・・・次は橘だ」

|;゚д゚)
ゼブラ「(ア・・・アンデッド芸能界〜!?その上、橘!?)」

ピーコック「ふっふっふっふ」
禿「ふっふっふっふっふ」

|;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ゼブラ「(しかもコイツら、笑い声怖えぇ・・・)」

なんとなく書いてみた・・・つたなくてスマン

26 :名無しより愛をこめて:04/08/21 02:23 ID:DlA0at5b
ライオン「前スレでも出てたが俺様の合体技が思いついたんで協力してほしい」
ボア「なんだ、唐突に」
ライオン「俺はまだ一回しか使われてないがその威力は強力だと思うだろう?
   レンゲルふっ飛ばしたし」
ボア「まぁ・・・な」
ライオン「よし決定!じゃあここをこうして・・・あ、ジャガーにも協力してもらわなきゃな」
ボア「。○(まぁ暇だしいいか・・・)」←実は嬉しそう

    数分後・・・

イーグル「? ライオン何をする気だ?みんなを呼んどいて?」
ライオン「よーくぞ聞いてくれた!俺様の技の発表会だ!」
一同「えー なんだよそれ フォー! 」
ボア「イエー」
ライオン「準備OKだ!よし走れ!ジャガー」
ジャガー「俺しらねぇよぉ・・・シャカシャカシャカ」
イーグル「あ、あれはカリス!待てぇぇ!ドドドドドド」
ビートル「何させる気?ジャガーに等身大のカリス人形持たせて?」
ライオン「ふふふ、まぁ見てろ」
ボア「ターゲット接近!」
イーグル「まぁぁぁぁてぇぇぇぇ!!」
ライオン「行くぞボア!」
ボア「オーケー!」

27 :名無しより愛をこめて:04/08/21 02:26 ID:DlA0at5b
ライオン・ボア「うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

ビートライオン+タックルボア=シェルブリッド!(#゚Д゚)三○)∋゚)ノ

イーグル「ぐぁああああ!」
ライオン「よし!成功!」
ボア「いけるぞ俺たち!」
ビートル「あちゃー・・・大丈夫?イーグル?」
イーグル「・・さぬ」
ビートル「え?」
イーグル「許さぬぞ貴様らー!私を技の実験台にするのはいいとしても!
   カリスを馬鹿にするとは・・・けして許さぬ!」
ライオン・ボア・ジャガー「やべぇ!とんずらだ!」
イーグル「うおおおおおおおおお!」


ビートル「元気だねぇ・・・」

28 :名無しより愛をこめて:04/08/21 06:51 ID:i2VZcjWZ
>>24
モールは、あの性格でノンラウズ同盟ということが
バレずに済んでいる。
とかいう話が、第一スレもといカテゴリーAスレのどっかであった。

29 :名無しより愛をこめて:04/08/21 10:11 ID:VzExho9z
ノンラウズ同盟の会員資格。

○封印されて10話以上ラウズされないこと
○ラウズを誰かに邪魔された人

では駄目か?

後者は役員レベルで。

30 :名無しより愛をこめて:04/08/21 10:21 ID:VvWQ9FH4
>>26-27
ほんとにほんとにほんとにほんとに
ライオンだー

31 :名無しより愛をこめて:04/08/21 10:47 ID:N0FZa7la
職人さん。好きだよ。大好きだよ。
前スレまでの職人さんのことが、すごく心配。
昔の、私の知っている時々荒れそうになってもすぐ修整されるGJな
良スレそのままのここをちゃんと発見して!
みんな漏れなくここに戻って。お願い

32 :名無しより愛をこめて:04/08/21 11:02 ID:TI+6KW9M
>>31
同じネタで書き込もうとしてたw
かぶらなくてよかったよ
何気にGJ!

33 :Pia・ラウザーへようこそ!2:04/08/21 12:57 ID:nHO0EVV3
スタッグ(今日は久々のオフだというのにビートルに無理矢理遊園地に連れてこられた・・・
     何が悲しゅうて休日に野郎二人でラウザーランドに来なきゃならんのだ・・・ふぅ。
     
     しっかし遅いのうビートルの奴・・・自分から誘っといて遅刻するとは。
     よーし、あいつが来たら必殺大顎ガシガシでお仕置き・・・

     ん?あの娘も彼氏に待ちぼうけ食わされたのかな?結構かわいい子だな・・・
     
     あ。こっちに気付いた。
     あれ?こっちに来るぞ・・・?)

???  「えへへー、待ったぁ?」
スタッグ「??あのう、どちらさんでしょうか」
??? 「やだなぁー、僕だよ、兄貴」
スタッグ「兄貴って・・・お前、ビートルか?」
ビートル「そうだよ☆分からなかった?」
スタッグ「分かるも何も・・・何だその女みたいな格好!」
ビートル「えーいいじゃんべつにー」
スタッグ「良くない!大体お前は日ごろからアンデットとしての自覚がだなぁ・・・」
ビートル「おねがぁい、今日一日だけこの格好の僕に付きあってぇ(じー)」
スタッグ「(う・・・この目に弱いんだよなぁ、ワシ)し・・・仕方ない・・・今日一日だけだぞ」
ビートル「やったぁ!兄貴大好き!(ぎゅっ)」
スタッグ「こ、こらあんまりくっ付くな!」
ビートル「えへ、ねぇねぇ樹液クレープ食べよ!」
スタッグ「はいはい。(全く、なんでワシがこんな目に・・・)」





元ネタが分からなくても私は謝らない。


34 :名無しより愛をこめて:04/08/21 13:07 ID:KuRb4Q3O
3がたっていたとは。2をうろうろしてました。>>1さん乙
どうして職人さんは沈黙しているのだろうかと一昼夜…。

>>11-14
ビートルとマンティスの組み合わせもなかなかGJ
ビートルが大人扱いされる日はまだまだ先だな…w

35 :名無しより愛をこめて:04/08/21 13:54 ID:7mhxT4WN
>>31
夏ってことか

36 :名無しより愛をこめて:04/08/21 14:04 ID:WYdRmlNL
>>11
ところでハゲは、ピンクよりイエロー派って事なんですかw?

ナイスなコンビの台本、GJ!

37 :名無しより愛をこめて:04/08/21 19:09 ID:Siwv4kyI
>>33
このビートルを思わず想像してしまった・・・

うわあぁぁぁぁあぁァぁァぁァ(0M0; )

38 :名無しより愛をこめて:04/08/21 20:00 ID:7EH3v3ff
>>25>スタッグとビートルの人気が突出
「はっはっは。人気者はつらいな」
「随分と余裕見せるなスタッグ…もっと戦々恐々としてるかと思ったが」
「ん?ピーコックそりゃお前、明日はいよいよワシらのパワーアップだしな」
「サーペントは?」
「いつまでも気にしてても身体がもたんよ。その時考える」
「……」
「何か言いたそうだな」
「……パワーアップイベントがそんなに嬉しいか?」
「そりゃ当たり前だろ。パワーアップといえば、ここ一番!最大の見せ場だぞ?
 ……中途だけど。でも後が控えてるわけだし。だからと言って、適当に済まされるわけじゃ」
「……ギャグ編で済まされるんだぞ。中途とはいえ」
「…………」
「…………」
「……ワシ、泣いてもいいかな?」
「明日の放送後にしておけ。そして泣かないで済むように祈れ」
「うん」

二人の明日はどっちだ!?

39 :名無しより愛をこめて:04/08/21 21:01 ID:yNR+FwGD
>>38
GJ!!
伊坂が皆の不安を代弁してる・・・

40 :名無しより愛をこめて:04/08/21 21:33 ID:Upfhxl0X
>>25のってみました)
 
スタッグ「と、いうわけで。ビートルに続いてわしもおにゃのこ化なわけだが。どう?」(注:アンデッド態)
ゼブラ「ど……どう、と言われても。いや、どうしたんですか急に。」
スタッグ「知らん。朝起きたらこうなってた。声は高くなるわ、体つきは丸くなるわ。
    それに大顎も小っちゃくなっちゃってさ…ほれ。」
 
    カシカシカシカシ(噛)
 
一同.。oO(うわっ可愛い…!(*´Д`)モエー)
スタッグ「な?情けないだろ?いったい何でこんなことに…もうわしのクワガタムシUDとしてのプライドはボドボドだ…。」
ファイアフライ「……。」
アルマジロ「ん?どしたの?ファイアフライ。」
ファイアフライ「…………ハァハァ…」
アルマジロ「……え?」 
ファイアフライ「大将カワイイよ、カワイイよ大将…!」
一同「何ィ────(;゚Д゚)────??!!」
ファイアフライ「おうよ…まさに何ィ──(;゚Д゚)──??!!な気分だぜ…!
      そういう風になると大将、あんた俺の好みのストライクゾーン超ド真ん中じゃねーか!」
スタッグ「マジで?!(;-M-)そ …うわっ尻が光ってる!本気か?!」
バット「あー。まあ昆虫同士だしな…オスメスなら尚更、魅かれるもんがあるのかもな…。」
フロッグ「バット、落ち着きすぎだケロ!」
 
ファイアフライ「大将ォ────!!!!(追)」
スタッグ「やめんか馬鹿者────!!!!(逃)」
ドタバタドタバタ…
 
ホエール「はわわー。壮絶なる追いかけっこが…どうするー?」
ゼブラ「いや、助けたいけど…あれだけ燃えまくってるファイフライを取り押さえることなんて無理だろ…」
フロッグ「大将ゴメン…特にオレじゃどうしようもないケロ…(泣)」←水属性

41 :名無しより愛をこめて:04/08/21 21:37 ID:lwu15KcA
すまん。ビートルUDの覚書@25話を書いているつもりが、
気付くと誰も求めていない狼日記になってしまった・・・。

しかも、メサメサ長い brz

面目ない。と言いつつ、爆撃するであります(・ω・)ゝ

42 :狼日記:04/08/21 21:37 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
封印解除。バトルファイトの始まりか?
遠吠えをして、眷属に俺が目覚めたことを知らせる。が、返事がない。
なんと、ここしばらくの間に日本狼もエゾ狼もタスマニア狼も絶滅して
しまったらしい。なんてこった。この無念、必ずやはらして見せる。

西暦yyyy年xx月zz日
なんだか、いつものバトルファイトと勝手が違う。
封印がまだ完全にとけてない奴もいるらしい。
いや、あれはもう、早速封印されてしまったのか・・・?

ともかく、異様なまでにアンデッドの気配のする怪しい建物を発見。
こんなに一箇所にアンデッドが集まっているのは、奇妙すぎる。しかも、
バトルファイトの気配がするわけでもない。一体何をしてるんだ。

狼がいないので、付近の野良犬を適当にしもべにして、厳戒態勢に入る。

西暦yyyy年xx月zz日
建物の中から、たまに赤いのが出てくる。スタッグに似ているがちょっと違う。
赤いのと一緒に出てくる人間は、どうやら赤いののデータを取っているらしい。
建物の裏で、何か白いものをすごいスピードで飛ばしては、
「3!」「8!」などと赤いのに叫ばせている。わけがわからない。
たまに片手のない人間が「でたらめを言うな!」と合いの手を入れている。

ともかく、見守る。


43 :狼日記:04/08/21 21:38 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
うろうろしていたら、建物の中から出てきた人間に、パンと牛乳を
差し出されてしまった。いや、俺は別に腹が減っていたわけでは・・・。

しかし、折角なので、頂いた。

西暦yyyy年xx月zz日
今日は、赤いのが剥けて、中から人間が出てくるのを見てしまった。

多分、あれは事故なんだと思う。いつもの「3!」「8!」とかの際、
ものすごい勢いで、白いものが赤いのの顔面にめりこんだ。
瞬間、四角いものが通り過ぎて跡には人間が残ってた。な、なんだ、あれ。

しかも、中から出てきた人間に見覚えがある。
ここ最近、パンと牛乳を置いてくれてる人だ。

西暦yyyy年xx月zz日
建物の中から、いっぱい人が出てきて、どこかに移動していくので、
ついていった。書類が一枚、落ちそうになっていたので拝借する。

難しくて読めない字も多いが、とりあえず、これだけは分かった。
赤いのは、ライダーというらしい。仮面ライダー。

西暦yyyy年xx月zz日
最近、ライダーは「3!」「8!」とかしなくなった。
代わりに、ものすごいスピードで建物から飛び出しては、
アンデッドの気配を少し強くして帰ってくることが多い。

何をしてるんだ、一体・・・。


44 :狼日記:04/08/21 21:38 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
ひと気の少ない軒下で、三丁目のテツに赤ん坊が生まれる。
テツは身体が弱いので、出産はどうかと思っていたが、母子ともに健康。
これも、あのパンと牛乳のおかげだ。タチバナサクヤという名前も、覚えた。

しかし、喜びのあまり、皆で遠吠えをしていたのが良くなかったらしい。
保険所から野犬狩り、とかゆうのをくらってしまった。
しもべの数が半分近くになってしまった。くそう。許さん。人間め。

西暦yyyy年xx月zz日
赤いの=仮面ライダー=ギャレン=タチバナサクヤ。というところまで判明。
しかし、ものすごい勢いで飛び出していった後、
何がどうなって、アンデッドを封印してもどってくるのかが分からない。

ともかく、後をつけていけばわかるだろうと思ったが、
追いつけなかった。脚には自信があったのだが・・・。

西暦yyyy年xx月zz日
ともかく、速いのは、あのバイクとかゆう乗り物だと判明。
ギャレンの乗ってるのに、近いのを発見して横取りする。Honda。
しかし、ギャレンみたいにはうまく乗れない。バランスをとるのが難しい。

転びまくって、随分毛が減ってしまった。本当に速いのか、これ。

西暦yyyy年xx月zz日
ともかく、バイクでまっすぐ進めるようになった。
ギャレンが出てくるのを待ち構えて追いかけてみたが、カーブで
置いていかれた。くそう。次は負けん。


45 :狼日記:04/08/21 21:39 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
ここ連日、バイクでギャレンを追いかけては途中で見逃す、ということを
繰り返していたせいで、どうやら警戒されてしまったらしい。

また、建物の中から人がぞろぞろ出てきて、移動していくので、
こっそり、ついて行くことにした。
適当にヤツらの荷物を物色して、隙をみてバイクの絵の描いてある書類を
いくつかもらってきた。しかし、やっぱり難しくて読みこなせない。
ブラックファング、という単語がたくさん出てくることだけは、確か。

西暦yyyy年xx月zz日
ギャレンに加えて、青いのも増えた。あいつもバイクに乗っている。
連れ立って出かけては、アンデッドを封印してくる。どういうことだ。

西暦yyyy年xx月zz日
どうも、ギャレンのバイクの方が、青いのより、速い。
ギャレンの方が、青いのより、強い。
ギャレンの方が、青いのより、ボスっぽい。

あと少し。あとすこしで、何かが分かりそうな気がする。

西暦yyyy年xx月zz日
謎はすべて解けた!
今期のバトルファイト、勝利の鍵を握るのは、バイク!!!

縄張り内のバイク屋で、これぞと思うものに乗ってみるが、
どれもピンとこない。ギャレンより速く走れなくては勝てない。


46 :狼日記:04/08/21 21:40 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
いつもは、たいてい牛乳とパンを置いたら建物に入ってしまう
タチバナが、牛乳の入った皿のそばで、ぼんやりしている。
罠かとは思ったが、恐る恐る近づいたら、いきなりアタマをなでられた。

「俺はもう、死ぬかもしれない・・・」
ごふごふ咳をしながら、そんなことを言う。
「おまえにエサをやれるのも、多分、これが最後だ。」
そんなバカな。あんなに速く走れるのに、病気ではないだろう。

励ますつもりで、てのひらを舐めたら、ぽんぽんとアタマを叩かれた。
「どうも、俺にはライダーシステムが合わないらしくてな・・・、
 だが・・・アンデッドを封印できるのは、ライダーシステムだけだ。
 泣き言を言っている場合ではないな・・・」
気弱に笑って、建物の中に入ってしまった。ライダーシステム・・・?

西暦yyyy年xx月zz日
少し心配していたが、あれからも、牛乳とパンは相変わらず置いてある。
ギャレンと青いの・・・ブレイドも、飛び出してくる。
これぞ!と思うバイクで、俺はヤツらを追いかけるが、追いつけない。

何も、何も変わらない。

西暦yyyy年xx月zz日
今日は、寒くて空が高い。静か過ぎる。胸騒ぎがする。

野生の勘が、これは嵐の前の静けさだと告げている。



47 :狼日記:04/08/21 21:41 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
ボード崩壊。イナゴ、Good Job!!セキュリティが軒並みダウン。
ずっとこの建物を追いかけてきたが、中に入るのは初めてだ。

ギャレンとブレイドがいつも飛び出てくるあたりをウロウロしていたら、
バイクが数台ならんでいるのを見つけた。黒いのが一番速そうだ。
ここのところ、ずっとバイクを見つめ続けてきた俺の目に狂いはない。

手近な書類と四角い箱を出来るだけたくさん黒いバイクに積み込む。
そのまま失敬しても良かったのだが、なんとなくタチバナのことが心配。
うろうろしていたら、ブレイドが戦っているのを見守っているのを発見。

「ナズェミテルンディス」

いきなり声をかけられてびっくりしたが、俺のことではなかった。
まあ、2人とも元気そうだし、見つかってバイクを取り返されても困る。
さっさと立ち去ることにした。

西暦yyyy年xx月zz日
盗んだバイクはどうやら、完成品ではなかったらしい。困った。

西暦yyyy年xx月zz日
バイクを完成させるのに、犬のしもべは全然役に立たない。
人間の手を借りる必要がある、ということか。

西暦yyyy年xx月zz日
日記を書く暇もないぐらい勉強にあけくれる毎日。
人間を組織だてて使いこなすには、『給料』とかいうものを
渡すといいらしい。会社をつくらなくては。

48 :狼日記:04/08/21 21:42 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
会社を作るのに必要な基本資金は、しもべたちに集めさせる。
人間を襲って財布を盗ませていたら、またもや野犬狩りにあう。

なんてこった。仕方がないので、落ちている金を拾い集める作戦に
切り替える。

西暦yyyy年xx月zz日
負けるな。負けるな俺。頑張れ。スマイル0円。会社設立まであと少し。

西暦yyyy年xx月zz日
念願の会社設立。株式会社アンデッド・ハンター。
表向きはバイク会社。お抱えレーシングチームも無論作った。ふっふっふっ。
よもや裏の顔が社名になっているとは誰も気付くまい・・・・。

ともかく、ボード跡地に行って、途方にくれている人の肩を
次々に叩いたら、いつの間にやら面白いほど社員が増えた。不景気よ、ありがとう。
群れを統率するのは、実は結構、いや、かなり大好きだ。

俄然、毎日が愉しくなってきた。

西暦yyyy年xx月zz日
所詮、自力で就職先も見つけられないような職員ばかりスカウトしたのが
まずかったのか。ブラックファングの開発が行き詰まってしまった。

どうしよう・・・。


49 :狼日記:04/08/21 21:43 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
ライダーの協力を仰ぎたい。特に、タチバナサクヤ。
ブラックファングの開発書の中に、名前があった。橘朔也。

一体、どうすれば。

西暦yyyy年xx月zz日
犬の方のしもべ情報によると、相変わらず、ギャレンとブレイドは
つれだってアンデッドを封印して回っているらしい。
アンデッドの出現場所には必ず駆けつけるみたいだ。ということは・・・。

だが、オレがアンデッドだとバレるのも困る。バイクは作らせなくては。

西暦yyyy年xx月zz日
一晩考えて、ジサク(・∀・)ジエーンも やむなし。という結論に達した。
自分の眷属と化した人間を、自分の手で葬り去るのは、実に心が痛い。

しかし・・・、これもバトルファイトに勝ち残るためだ。
オレは絶対に一万年の繁栄を勝ち取ってみせる。絶滅した眷属のためにも・・・。
だから・・・、許せ!泣きたい気持ちの自分に渇を入れる。

俺に泣き言をいいながら懸命に自分に渇を入れていた、橘のことを、少し、思った。


50 :狼日記:04/08/21 21:44 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
よっしゃ。作戦どおり!仮面ライダー、キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
と思ったら、なんか色が違う。緑・・・。
頑張ってアンデッド・ハンターをアピールしてみたが、こいつ、大丈夫なのか。

ちゃんと赤いのを呼んでくれよ。

しかし、心配無用だった。オーキッド・エレファントと、いや〜な再会を
果たしていたら、赤いのも青いのも来た。ギャレンにブレイド・・・待っていたぞ!
とりあえず、この場はエレファントに任せて、退散。

夕方、改めて、青いのにアンデッド・ハンターをアピール。
こっちの方が単純そうなので、うまく丸め込めたと思う。
いいもの見せてやるから、鈴鹿まで来い、と、言い含めて分かれた。

西暦yyyy年xx月zz日
よっしゃ。ギャレンキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
橘は俺のことは覚えてなかった。ほっとしたような残念なような・・・。
とりあえず、ブラックファングを見せたら、えらい食いついてきた。よしよし。予定通り。

乗せてやれば、すぐに仲良くなれるかと思ったのに、まだ警戒されている。
仕方がないので、こんなこともあろうかと準備していた玩具の銃を見せる。
「T細胞活性銃・・・」
実は自分でも何を話しているか、よく分かっていない。訊かれても困る。
それっぽい書類は、ボードから盗み出してある。つっこまれたらそれを見せよう。

夜、思い切って、橘に全権をゆだねる形でバイクを開発させた。
ものすごい笑顔だ。あの、オレの0円のスマイルとはかなり違う。
こいつも、ボードがなくなってから色々苦労したのかもしれない。
それにしても、青いほうは、想像以上に役にたたない。

51 :狼日記:04/08/21 21:46 ID:lwu15KcA
西暦yyyy年xx月zz日
俺が寝てからも、橘たちは頑張っていたらしい。
あんなに苦労していたのに、たった一晩でブラックファングは完成していた。

もう、(株)アンデッド・ハンターもいらないので、手近な従業員は殺して
1人残らず俺の眷属にしておく。実を言えばそろそろ破産宣告も近かった。
ブラックファングには、糸目をつけず、金を注ぎ込んだからな・・・。

橘とその連れも、さっさと殺しておいた方がいい。頭では分かっている。
寝ている今なら、殺すのもたやすい。しかし・・・。パンと牛乳。
・・・とりあえず、俺はブラックファングでひとっ走りしてから考えることにした。

軽く走って戻ってきたら、橘が怒りくるっている。しまった。
最初に橘を乗せてやるべきだったか?
確かに、自分が開発したものが、どう完成したのかは誰だって気になるだろう。

仕方がないので、ラウズシステムの出来具合を、橘の目の前でみせてやることにした。
大サービスで、ブラックファングからツメを伸ばして、ブレイドをはじいてみせる。
んんー。かなりいい出来だ。もはやブラックファングは俺の体の一部といっても過言ではない。

それなりに機能も見せたし、義理は果たした。と思ったので、走り去ろうとしたら、
ギャレンもブレイドも追いかけてくる。なんでだ。
ここは、はっきり言っておいた方がいいのだろうか。
「俺の敵はお前らではない。アンデッドだ。まずは一人残らずアンデッドを倒す」
ギャレンも相当アタマに血が上っているし、ブレイドはもともとアタマが悪そうなので、
「黙ってみていろ。邪魔をするな!」と、はっきり念を押してから走り去った。


52 :狼日記:04/08/21 21:46 ID:lwu15KcA
街をいい気になって走っているうちに、ふと気付いた。もしかして、
ギャレンとブレイドが追いかけてきたのは、ブラックファングを俺から奪うためか?
冗談じゃない。ヤツらは、たかだか一晩苦労しただけじゃないか。
俺なんて、どれだけ苦労したことか。スマイル0円。アンデッド・ハンター。
野犬狩りだって、なんどしのいだことか・・・。

このバイクは、俺のもんだ。奪う、というなら、殺してやる。

善は急げ、と、ビジネス全書にも書いてあった。守りに回ると大体負ける。
こっちから攻め上らねば。まずはアタマの弱そうなブレイドから狙ってみる。

「でも、新名さんだけでも無事でよかった」
やっぱアホだ。よっしゃ、もらったー。と思ったのに、橘が混ざってきた。
2人まとめて一思いにやっちまえば、いい。分かっているのに、出来ない。
別に剣崎には牛乳もパンももらってないのに。仕方がないので、ブレイドをつきとばす。

「お前らのおかげでオレは最強になった!」とりあえず、お礼と
「このマシンはオレのためにある!」   言いたいことはきちんと伝えて、立ち去った。


53 :狼日記:04/08/21 21:48 ID:lwu15KcA
折角のブラックファングなので、サーキットに飛び入り参加してみる。
(株)アンデッド・ハンターのレーシングチームは弱小だったからなぁ・・・。
ちょっと卑怯かと思うが、弱めに衝撃波をうって障害物をなぎ払う。
視界が広い。風が気持ちいい。勝てるレースというのは、本当に気分がいい。

と、気付くと、山口達也が、後ろからついてきている!え?!ウソ?!
ああっ。しまった。調子にのって走っていたから、ガソリン給油してない・・・。
なまじ残油量が一割をきったら、省エネ走行に切り替わるシステムを搭載しておいたのが
間違いの元だった。なんとか山口をふっきったものの、ブレイドに追いつかれた。

しかも、なんだ、そのマッハって。
そんなシャカシャカ走りのバイクが許されるか━━━!!!!

追い越された挙句、スラッシュ。首、もげるかと思った。
その上、ギャレンは本当に容赦がなかった。
あんな笑顔で開発してたくせに、あっさり壊してしまうとは。

ショックで立ちすくんでいたら、すごいケリを食らった。

キック ドロップ サンダー ファイヤー
バーニングスマッシュ ライトニングブラスト

お前ら、ちょっとやりすぎだろう。
俺はただ、ライダーとして頂点を極めたかっただけなのに・・・。
しかしまあ、それもこれも封印されてしまえば、おしまいだ。
せめてギャレンの方に・・・と思ったのに、ブレイドのバカの方に封印されてしまった。

超がっかり。だがまあ、俺は次の次の一万年にかけるぜ!
ビジネス書にも「あきらめないことが一番の武器だ」と書いてあった。俺は負けない!

【完】

54 :名無しより愛をこめて:04/08/21 21:52 ID:0CLfDyZb
>>41-53
すごくGJ!!
(リアルタイムでわくわくしながら読んでたよ!)
狼、一気に好きになったよ。けなげだ…
うろうろしてる狼にパンと牛乳をあげ続ける橘にも萌え。
(たぶん、犬だと思ってたんだろうが…)

55 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:23 ID:YivxmvWb
狼日記GJ!!
勤勉で仲間思いなんてまさに犬だ!(いや、狼なんだけどさ…)

橘さんもなんかずいぶん…頭が…というかいろいろ抜けてるところがある人だなw


56 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:24 ID:kwReNxv6
>>41-53
GJGJGJGJGJGJ!!
ウルフ、とっても可愛いですね(0w0*)
>シャカシャカ走りのバイク
ハゲワラ

57 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:28 ID:EEw9JyUT
ウルフGJ!!
オレの中での本編での不足分が完璧に補完された!

58 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:32 ID:jlYkk5pw
三丁目のテツさん、その後はどうなされたんでしょうか
お子はりっぱにそだちましたかしらん

59 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:32 ID:4PTXv5X3
>>41-53
GJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJGJ!!
楽しめたディスヨー
アンデッド人気投票で狼に票入れてこようっと

60 :名無しより愛をこめて:04/08/21 22:35 ID:4PTXv5X3
アンデット人気投票
http://bladebox.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/votec_undead.cgi

61 :スパイダーだって教えてほしい(1/2):04/08/21 22:39 ID:lg25TtN7
ガチャ    バタム   スカッ    ←モールたたき中(既に日課)
  ガチャ    バタム   スカッ
    ガチャ    バタム   スカッ
        ・
        ・ 
        ・
 ガチャ    バタム   スカッ

ニャオーーン ニャオーーン ニャオーーン ニャオーーン トカカカカカカ ←壁掛けペッカー時計(スクィッド謹製)

スパイダー「タ、タイムアップか…」
 ガチャ
モール「じゅ、17連勝…だね、オッサン…」
スパイダー「よ、容赦、ねぇなあ」
モール「バ、バックル懸かってるとね…。スゴイ痛いし、それ」
ビー「おつかれ様です。時間限定すると気迫とキレが違いますね。さ、はちみつレモンをどうぞ。」
スパイダー「おう、サンキュ」
モール「あんがと」

スパイダー「なあモール、お前ライノスの部屋からはあんまし出てこねぇよな」
モール「あのドア異常に重いんだよ。リスクが大きすぎる。なんか厳重封印って感じだ」
ビー「あれ特注ですよ。普通のドアじゃ軽すぎるんだそうです。」

62 :スパイダーだって教えてほしい(2/2):04/08/21 22:41 ID:lg25TtN7
スパイダー「封印か………なぁ、俺様達なんで解放されたんだ?」
ビー&モール「「(゚Д゚)ハァ?」」
ビー「たしかボードの連中が誤ってと…。」
スパイダー「ちげーよ、それはそれでいい。俺様達の封印がそんなにヤワかったかって言ってんだよ」
ビー「確かに相当昔に色々と試したような記憶がうっすらとありますね、満期以外で開放できる方法を。
   でも結局テイピアのリモートでしか開放できませんでしたし…。」
モール「七ならべされようがポーカーされようがなんでもなかった」
ビー「52枚じゃできるゲームも限られてるんですけどね。」
スパイダー「あ゙〜気になる」
モール「ハゲ塚田にでも聞いてみればどうかな?あいつの装置ってそれっぽいじゃないか」
スパイダー「…気がすすまねぇ…」
モール「ああ、わかってて言った」

――――――――――――――――――――――
初スレから読んでないとわからん導入。謝罪。

63 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:10 ID:Upfhxl0X
>>61-62
内容もさることながらタイトルに笑った。
懐かしいよ初代スレ。
記念すべきモグラ叩き合戦…444ぐらいから?
 
 
>>42-53
GJ!
>>43の、特訓ボールが顔面直撃したぐらいのことで変身解除なギャレンが泣けた。
他にもいろいろと…何つうか犬好きにはたまりません。
 
ビートル「ウルフ、お手!」
ウルフ「……?」
 
   が ぶ っ
 
ビートル「アイタ────!!!! 何すんだ!」
ウルフ「? 噛んでいいんだろ?」

64 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:15 ID:5qwKHM6Y
>>41-53
狼日記サイコーGJ杉っす!!
>>63ノシワンコ萌え〜。
リーダー、苦労したんだね・・・犬は働き者だからねえ・・・←犬じゃないってばw

65 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:17 ID:MCpOEzM9
>>61-62
ついカッとなって「ひらけアンデット」と言ってしまった。
まさか解放されるとは思わなかった。
だが私は謝らない。(烏丸談)

とかだったらいやだ。

66 :仮面ライダー龍 1/3:04/08/21 23:18 ID:SoLhHXq9
『俺を受け入れろ…俺を受け入れろ…』
「……!?夢か」
何時もの悪夢にうなされて、オレは目を覚ます。内より響く声。意味はわからない。
だが、絶えずオレはこの夢を見る。何時も見ているとはいえ、やはり慣れるものじゃないな。

オレの名はフライ。だが、それは仮の名だ。そう、オレの本当の名は…
「キャァァァァァァァ!」
悲鳴?女の子の悲鳴だ。オレは舌打ちをしつつ、寝床から抜け出し、その場所へ向かった。
「ヘッヘッヘ。カワイイねぇお嬢ちゃん」
「あ、天音ちゃんに近づくな!」
「うるせぇ!お前みたいな優男にゃ用はねぇんだよ!」「うぁ!?」
「コタロー!」「あ、天音…逃げて!」
「そうはさせねぇよ…俺と遊ぼうぜおじょうちゃぐへぇ!?」
不気味に女の子に近づこうとするムカデの化け物に、オレは登場しざまに蹴りをいれる。
「………何しやがる!?」
無様に吹っ飛びながらも、啖呵を切ってくる化け物を無視して、オレは女の子に近寄る。
「大丈夫だったか?」オレは転んでいる女の子を助けようと手を差し伸べる。
「い、いや…化け物!」
思わず、オレの手が止まる。そうだ、オレも、女の子から見れば、目の前のムカデと同じ。化け物だ。
「………フ」
「てめぇ…何者だ!」
自嘲気味に笑ったオレに、ムカデが吼えてくる。鬱陶しいが仕方ない。名乗ってやるとするか。

67 :仮面ライダー龍 2/3:04/08/21 23:19 ID:SoLhHXq9
「フ……変身」
オレはポーズを決めて掛け声を出す。特に意味はない。戦うと決めた時から、何となく言っていた言葉だ。
「オレの名は仮面ライダー…仮面ライダー龍(ドラゴン)だ!」
仮面ライダー。遥か昔に、大いなる悪を倒したとされる存在。オレは、自己を高める意味を込めて
その名を名乗っている。
「ふざけやがって…ウォォォォォ!」
雄たけびを上げて、ムカデが突進してくる。あまりの単純さに、欠伸が出る。
「遅い」
オレは一瞬でムカデを空高く蹴り上げ、そして
「………フロート・キック!」
オレの必殺の蹴りがムカデに直撃し、ムカデは爆散する。口ほどにもない。
「とはいえ…最近やけに、動きが活発だな」
つい先日も、蛾の化け物や、鷹の化け物を倒したばかりだ。今までにはなかったことだ。
「フン…考えても仕方がないか」
だがオレは知らなかった。この一連の動きが、オレの運命を大きく左右することに。

そして

「仮面ライダー龍か…まだ、様子を見るべきだな」
遠くからオレを見ていた、貝の化け物がいたということに…            (続く)

68 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:20 ID:Syb1riQ/
お前らにとって
あったら良いなぁ・・と思うコンボは何ディスか?

アッパー+スクリュー+トルネード+ファイア+フロートのコンボって何か凄そう

69 :68:04/08/21 23:21 ID:Syb1riQ/
あっ、誤爆
だが私は謝らない

70 :仮面ライダー龍 3/3:04/08/21 23:21 ID:SoLhHXq9
オーキッド「で…これは何なの?」
フライ「いや〜。姐さんの手伝いをしているうちに、自分も書きたくなっちゃって、つい…」
オーキッド「あんた、随分カッコイイじゃないの」
フライ「そりゃ、どうせならかっこよく書きたいじゃないですか」
オーキッド「オチは?」
フライ「やだなぁ、突発的に書いたんですから、オチなんてあるわけないじゃないですか」
オーキッド「続く、って書いてあるけど…?」
フライ「あ、それはほら。何となく雰囲気出すために。かっこいいと思いません?」

オーキッド「…………」
フライ「姐さん?」
オーキッド「色々とツッコミたい所はあるけど、この際置いておくとして…」
フライ「助かります」
オーキッド「何で白井さんが襲われる人役なのよ!?アンタ白井さんを何だと思ってるわけ!?」
フライ「い、いや…だって姐さんの本にはいっつも出てきてたから、書きやすかったし…」

オーキッド「たったそれだけの理由で私の白井さんを傷つけたのね…許されると思っているのかしら…?」
フライ「で、でも姐さんだって自分の本の中で虎太郎を虐めたりしてるじゃ」
オーキッド「わ、私ですら名前で呼ぶのをはばかってるのに、何でアンタなんかが呼んでるのよ!
    もう、問答無用ね。百回死になさい(ギリギリギリギリギリギリギリ)」
フライ「ギャァァァァァァァァァ!」

オーキッド「まったく…最近あんまり手伝わないと思ったらこんなことを…は!?そうだわ。英雄モノ
    いいかも。ヒーローは白井さんで、ヒロインはもちろんわ・た・し。毎回毎回ピンチに
    陥る私を助けてくれる白井さん…よっし。俄然萌えてきたわ。次のネタはこれで決まりね!

71 :仮面ライダー龍 3/3:04/08/21 23:22 ID:SoLhHXq9
オーキッド「で…これは何なの?」
フライ「いや〜。姐さんの手伝いをしているうちに、自分も書きたくなっちゃって、つい…」
オーキッド「あんた、随分カッコイイじゃないの」
フライ「そりゃ、どうせならかっこよく書きたいじゃないですか」
オーキッド「オチは?」
フライ「やだなぁ、突発的に書いたんですから、オチなんてあるわけないじゃないですか」
オーキッド「続く、って書いてあるけど…?」
フライ「あ、それはほら。何となく雰囲気出すために。かっこいいと思いません?」

オーキッド「…………」
フライ「姐さん?」
オーキッド「色々とツッコミたい所はあるけど、この際置いておくとして…」
フライ「助かります」
オーキッド「何で白井さんが襲われる人役なのよ!?アンタ白井さんを何だと思ってるわけ!?」
フライ「い、いや…だって姐さんの本にはいっつも出てきてたから、書きやすかったし…」

オーキッド「たったそれだけの理由で私の白井さんを傷つけたのね…許されると思っているのかしら…?」
フライ「で、でも姐さんだって自分の本の中で虎太郎を虐めたりしてるじゃ」
オーキッド「わ、私ですら名前で呼ぶのをはばかってるのに、何でアンタなんかが呼んでるのよ!
    もう、問答無用ね。百回死になさい(ギリギリギリギリギリギリギリ)」
フライ「ギャァァァァァァァァァ!」

オーキッド「まったく…最近あんまり手伝わないと思ったらこんなことを…は!?そうだわ。英雄モノ
    いいかも。ヒーローは白井さんで、ヒロインはもちろんわ・た・し。毎回毎回ピンチに
    陥る私を助けてくれる白井さん…よっし。俄然萌えてきたわ。次のネタはこれで決まりね!

72 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:24 ID:SoLhHXq9
うお。こんなしょうもないモノで二重投稿しちまった。だから私は謝る。

73 :名無しより愛をこめて:04/08/21 23:59 ID:wZNc0ECr
>>66-67,70
GJドラゴンフライ。
タイトルだけ見て一昨年のライダーを思い出し、
「フライ」と聞いてファイアフライを思い浮かべてしまったので、
最期までオチに気づけなかったYO!

74 :名無しより愛をこめて:04/08/22 00:43 ID:KcEyPMIn
>>66-70
GJ!「オチはない」と言い切る豪快さが好きだ。本編の
何がしたかったのかわからない人質作戦&弱点宣言を彷佛と(w
遅レスだけど狼日記もGJ!
全編に流れるこの微妙な勘違い加減がアンデッ「ト」なんだよな。
そして目的の為なら手段を選ばず、手段の為に目的を忘れていく…
ウルフってホントはカリスのカードなんだっけ?
一面識もないヤツの手下になっちまうのか…

75 :狼日記:04/08/22 01:08 ID:EA/QkY9W
>>48
スマイル0円・・・。新名さん、マクドでバイトッすか(つД`)
一体、何時間働いて金ためたんだろう・・・。ランランルー。

>>66-67
うおー。ドラゴンフライ、文才あるなぁ。通販してくれるなら、買うぞ!
姐さんの本と同梱にしてもらったら、送料いくらだ?
クロハゲ宅急便だから、ぼられるんだろうな・・・。


76 :プカプカ日記:04/08/22 01:13 ID:r2QHl1ut
○月△日 バックル全開

 プカプカ流れていたら、前方にボートに乗ったアベック発見。どっか頭のネジが飛んで
 そうな白いドレスの女とニヤけたノッポの白いタキシードの男がイチャコライチャコラしてやがる。
 っそぅおおおおっ!! 見せ付けてんじゃねえぞゴルァ!!(#゚Д゚)
 バックルが閉じてりゃ速攻でボートを沈めてやるのだが、今は流れつつ見てるしかない。

 おっ!? 女が仕掛けたっ!! closes eyes + lip up + standing-by → Final trap
 「チューしてコンボキタ━━━━━━(*゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」
 ニヤけノッポ変なガッツポーズとってんじゃねぇっ!! とっととチューしろやゴルァ!!(#゚Д゚)
 って変身っ!? あのノッポ上級アンデットっ!? ニヤけノッポは見覚えのない緑色のアンデットに
 姿を変えた。喰うのかっ!? 貴様のチューを待ってる女を喰っちまうのかっ!? やめろ
 ゴルァ!!(#゚Д゚) いくら上級でもチューを待ってる女を喰っちまうのは許せねぇ!!

 うぐっ、これ以上首が回らねぇぞゴルァ!!(#゚Д゚) ボートが視界から消えそうになった
 んで、かろうじて動く爪を力の限りシャカシャカさせてボートに近づこうとしたが、流れが強く
 て無駄シャカだった。もう喰われちまっただろうなぁ。緑色の上級野郎、貴様の顔は忘れねぇ
 ぞゴルァ!!(#゚Д゚) バックルが閉じたら速攻で貴様を封印するぞゴルァ!!(#゚Д゚)

  時間軸と場所の設定がムチャコラだ。だが私は謝らn(ry

77 :仮面ライダー穿 1/3:04/08/22 02:10 ID:4QhCPlLM
(俺を受け入れろ…俺を受け入れろ…)

「…今日はこのくらいにしておくか。こんだけやれば誰かが拾うだろう」
恒例となった電波を送る。内容は、簡単に言ってしまえば、筋肉への誘いだ。
電波を受信した奴は、筋肉好きになる。世界中の奴らを筋肉好きにする。それが俺の野望だ。

俺の名はシェル。大いなる野望の為に、日々活動してる。今んとこ野望の達成度は5パーって
とこか。ま、軽々と達成しちまったら面白みもねぇけどな。っつーか、野望以外にもやることが
あるってのが計画が遅々として進まない原因なんだけどな。そのやることっていうのはよ…

「ウワァァァァァァァァァ!?」「キャァァァァ!?」「ヌァァァァァ!?」
「……!?」
悲鳴!?男二人に、女の、しかもガキか。だが、男の内一人は…俺は、その方向へ向かった。

「さ、さっきのムカデの化け物といい、なんなんだよ一体!」
「コタロー!そんなことどうでもいいから逃げようよ!」
「おっと。逃がさないぜ、カワイイ嬢ちゃん」
「待て、ツタの化け物!私が相手になってやる!」
おーおー。やっぱり俺の予想通りだったな。一人はいい筋肉してるじゃねぇか。しかも勇敢。
やっぱ、筋肉ある奴は違うな。そこの優男なんざ怯えてるだけじゃねぇか。みっともねぇ。
「邪魔をするな!」
「ぬぁ!?」

おっと。優男なんざに目をやっている隙に筋肉がやられちまった。しゃーないわな。
世の中筋肉だけじゃやっていけないこともある。ま、そういう連中を助ける為に俺はいるんだけどよ。
「ちぃ。逃げられたじゃないか。貴様の所為で…コイツめ(ギリギリギリギリギリ)」
「ぬぅぅぅぅぅぅ!?」
あれま。みっともないねぇ、ツタ怪人さんよ。ま、ヤツらの一派じゃそれもやむなし、か。
基本的に行動理念からして稚拙なんだよな。っと、いけねぇ。さっさと助けないとな。
「(ギリギリギリギリギリ…ブチ!)!?誰だ!」
筋肉を拘束してたツタを切られて、化け物は叫びを上げる。しょうがない。一応名乗ってやるか。

78 :仮面ライダー穿 2/3:04/08/22 02:11 ID:4QhCPlLM
「俺は穿(ドリル)…仮面ライダー穿ってとこかな」
仮面ライダーってのは、昔、悪を倒した英雄の名前だ。世界を筋肉で満たすには、これくらい
派手に名乗っておいた方が都合がいいだろ?で、こうやって困ってる筋肉を助けて、筋肉を
守るのと、俺自身がかなりの筋肉だから、筋肉のイメージアップも狙える。どうよ?この計画。
これがさっきのやること、ってヤツ。ま、野望にも繋がるから、最近はこっちがメインになってるけどな。

「仮面ライダーだと…?ふざけるな!」
おいおい、ふざけてるのはそっちじゃねぇ?揃いも揃って女のガキばっか襲ってよ。
「おい、オッサン。ここは俺に任せてさっさと逃げな」
「ハ、ハイ。ありがとうございます」
ツタを無視して俺は筋肉にそう促す。おーおー。俺の風体を見てもビビんねぇ上にお礼まで。
やっぱ筋肉のあるヤツはいい人格してるぜ…あん?なんかツタがわめいてこっち来てやがる。
「邪魔した上に無視するとは…許さん!」
どうでもいいけどさ、折角ツタあるんだし、それ使ったらどうよ?ただの突進なんて芸がないぜ。
「ハイハイ、許さなくてもいいって。ほい、ほいの…ほい!」
俺は余裕でツタ野郎の両腕(なのか?)をドリルで切り裂いて、さらにヤツの腹にドリルを突き刺す。
「ぐぁ!?ま、待て…話せばわか」
「みっともないこと言うなって……スパイラル!」
「ぐぁぁぁぁぁぁぁ!」
あまりの情けなさに涙が出そうになるね、ホント。命乞いするくらいなら最初からやるなっての。
「…………?この感覚」
どうやら、さっきの俺の電波を受信したヤツがいるみたいだな。どれ、様子を見に行ってみるか。


「フロート・キック!」
ムカデが爆散する。へぇ、なかなかやるじゃん。電波受信したってことは、それなりに素質が
あるってことかね。
「仮面ライダー龍か…まだ様子を見るべきだな」
俺はそう一人ごちて、その場を後にする。野望達成まで、あと94%、ってとこかな   (続く

79 :名無しより愛をこめて:04/08/22 02:12 ID:pBcaVQFa
あぁセンセ、壁に耳あり湖面に目あり、ですよ
そっかちょうど二年前…(遠い目)

80 :仮面ライダー穿 3/3:04/08/22 02:13 ID:4QhCPlLM
オーキッド「あんたまで何やってんのよ…」
シェル「ドラゴンフライのヤツが書いたのが好評だったみたいなんで、俺も書いてみたんだ」
フライ「さりげなく俺が無意味に張った伏線、勝手に消化してるし…(冒頭の声)」
オーキッド「って、いうか話がさらに広がってるじゃないの。どう収拾つけるつもりよ」
シェル「あ〜。それなら心配しなくてもいい」
オーキッド「……何か策があるわけ?」
シェル&フライ『収拾つける気なんて、ないし!』
オーキッド(開いた口が塞がらない)
シェル「最近思ったんだが、気があうな、フライ」
フライ「オレもそう思っていた所だ、シェル。そうだ、この際二人で合作本作っちゃおうか!」
オーキッド「……………」
シェル「いいな、それ。目指せ冬コミってか」
フライ「おう!よっし、早速打ち合わせと行こうぜ!」
オーキッド「あ、頭痛い…もう寝たいけど、その前にやることがあるわ」
シェル&フライ『?』

オーキッド「シェル…あんたなに白井さん差し置いて筋肉助けてるのよ!白井さんを酷い目にあわせるな!」
シェル「何を言うか。優男と筋肉がいたら、筋肉を助けるに決まってる!なぁ?フライ」
フライ「(うんうん)…虎太郎は、いくらなんでももう少し筋肉をつけるべきだな」
シェル「俺もそう思う。虎太郎のヤツはもう少し鍛えた方がいい。牛乳のお陰で骨は丈夫だろうしな」
オーキッド「あんたたち…揃いも揃って白井さんを下の名前で呼び捨てに…」
フライ「だよなだよな。それからよ…」シェル「あー、わかるわかる」

オーキッド「さらに私を無視!?ええい、千回死んでこい!(ギリギリギリギリギリギリギリギリ)」

シェル「次の登場人物のモデルはどうする?シュワちゃんが俺はいいんだけど。(平然と会話)」
フライ「俺はまだ筋肉暦は浅いからな…お前に任せるよ(平然と会話)」

オーキッド「コイツらもうだめぽorz」

81 :名無しより愛をこめて:04/08/22 02:17 ID:yYMyTeVK
押しかけケコーンすまぬです_| ̄|○
姐さん吊るして首絞めてくだせー

82 :名無しより愛をこめて:04/08/22 03:50 ID:UA1duAsO
>>80
ついにドラゴンフライがルラギッタか。
いろんな意味で混沌としているなカリスラウザー。

83 :プカプカ日記:04/08/22 06:23 ID:EA/QkY9W
>>76
無駄シャカ、カワ(・∀・)イイ!!
もしかして、新郎新婦は、北岡センセとめぐみしゃん?
てことは、もしかして、ジャガー、次は桃よろしく流れているところを、
変形バイクの洗濯屋さんに拾われちゃうんじゃ・・・さりげなく楽しみ♪

>>77-78,80
うお!いつの間にか新連載!(・・・だよね?)
この冬、ドラゴンフライとシェルが合同本デビューか・・・
買います!でも、二人とも、オーキッド姐さんにも優しくしてあげて・・・

それはそれとして、なんかいいタイミングで誰かを挟んでるなぁ。
このシリーズ。夢と現実の狭間で、いい感じだ(w
二度あることは三度ある。だったら、4QhCPlLMタンは、神。

84 :名無しより愛をこめて:04/08/22 08:39 ID:ZlzRbw7T
サーペント姐さん、たい焼きが苦手になっただろうな……。
火傷は瞬時に治癒してたけど。

85 :名無しより愛をこめて:04/08/22 08:55 ID:r799poTY
in 白井農場
橘「烏丸所長から…チベットから小包が送られてきたって…?!」
剣崎.。oO(橘さん…嬉しそうだな…よかった…(ほわーん…))
 
 
──ムシムシ通信中(近距離でのみ使用可)────────
 
スタッグ「いやほんと、ありえないよね〜( #-M-)」
ビートル「…………(汗)」
スタッグ「わしと橘がサーペントに押されてるっていうのにさ、助けようともしないし、
    それどころか自分の担当の亀すら知らん顔しておかしな人間と遊んでるんだもんな〜。」
ビートル「だっ違う!そうじゃない!あれは違うんだって兄貴!別に遊んでたわけじゃなくて…
    オレと剣崎だってもう目一杯、さっさと亀やっつけて兄貴と橘さん助けようって思ってたんだぜ?!」
スタッグ「ほう…?」
ビートル「だ、だけど始がそれを邪魔したんだ!こうギュ〜ッと足にしがみついてきてさ!」
スタッグ「馬鹿者。」
 
    噛みっ
 
ビートル「痛っ!念波でまで噛むなよ兄貴!」
スタッグ「何が始だ。ただの人間だぞ、アレは。」
ビートル「え。……マジ?」
スタッグ「確かに外見はそっくりだが、まったくの別物だ。そんなこともわからんとは…。
    まあいい。問題はそれじゃない。わしがツッコミたいのは、お前と剣崎、つまりブレイドが
 
    ”ただの人間”に足をつかまれて転倒した上にそれを振りほどくこともできなかった
 
    という点だ!この愚か者が!(ガシガシガシ!!!!)」
ビートル「痛い痛い!だ、だってなんかすごい勢いで、必死でしがみついてきたんだもんアイツ!」
スタッグ「貴様それでも最強のライダーなのかあ〜?!(ガシガシガシ!!!!)」
ビートル「ぎゃー兄貴まで梁田声!ゆ〜る〜し〜て〜!(泣)」

86 :名無しさんの野望:04/08/22 09:01 ID:X68+SHgo
>>85
GJ!

今回、転んで角をなぜていたのがここのビートルたんを思い出して可愛かったw

87 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:08 ID:RVu7B7yQ
カリスがサーペントを封印した時はどうなることかとハラハラしますた。
亀アンデット、健気なヤツだなぁ。

88 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:10 ID:UA1duAsO
職人さ〜ん・・・今回サーペント姉さんのために体張った亀に男気を感じたので男らしいキャラにしてやって下さい!
まぁ、姉さんの尻し敷かれてるようなヤツでも全然いいですけどw

89 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:12 ID:ReVqVX7V
>>29
 俺なりに考えてみました。
●ノンラウズ同盟会会員規則●
 ○第1条○
   以下の条件を満たす者は本人の意思に関わらず本会
  に入会しなければならない。
   ・封印されてから1度もラウズされていない。
   ・ラウズされたものの、ラウズそのものが成功していな
    い。
  <補則>
    封印されてから10話経過するまでは本会の準会員
   とする。
 ○第2条○
   1度でもラウズされた場合、ワンラウズ同盟会に入会
  しなければならない。

こんなんでどうでしょう?

90 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:20 ID:hVcx3X/k
>>88
むしろ俺は彼に自閉症気味の暗いオーラを感じたが?
こんな感じで

スタッグ「と、いうわけで今日からみんなと一緒にここでお勉強することになった・・・」
トータス「・・・・・・・・(無言)・・・・・・・・」
スタッグ「・・・トータス君です、みんな仲良くしてやって」
全員「(何か喋ってくれ〜〜〜!)
スタッグ「丁度バット君の隣の席が空いてるから、そこ座って」
バット「よ、よろしく・・・」
トータス「・・・・・(一瞥しただけ)・・・・・」
バット「(た・・・態度悪っ)・・・あは、あははは・・・・」
スタッグ「じゃ、今日の授業始めるから」

注*この話はあくまでフィクションです、職人さんは気にせんといて下さい

91 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:51 ID:r799poTY
>>88
こういうのとか…。
 
フロッグ「いやー。カッコよかったな、ギャレンJフォームの必殺技。」
バット「そこに至るまでの経緯がちょっとアレだったけどな…。」
ゼブラ「言うなバット。虚しさがつのるだけだ…。」
ホエール「それにしても、大将やコンボのみんな、戻ってこないね。」
ゼブラ「んー。反省会でもやってんじゃねえの?そのまま。」
 
???「あンのー…。」
フロッグ「ん?」
???「ダイヤスートの皆さんのお宅ってのは、ここであってるだか?」
バット「あ、ああ。そうだよ。オレら留守番組。」
???「そうだすか。はー、よかった…(ほっ)」
一同「(ってこいつ……どこかで見たような……)」
 
トータス「おら、たった今封印されますた、トータスUDといいますだ。今日からよろすく…。(照れ照れ)」
 
一同「何かすっげえ素朴なUDキタ────(*゚Д゚)────!!!!」

92 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:55 ID:EDUgIijX
>>90
アフォかお前
某ドラマらしきネタ出すな

>>91
ゾ○リのノ○シに似てるような・・・でもこれはこれで良いなw

93 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:59 ID:hVcx3X/k
>>92
アフォかどうかはどうでもいいが、某ドラマって何?
気になって眠れん。

94 :名無しより愛をこめて:04/08/22 09:59 ID:p66SuIfK
じゃあトータスのきゃらは無口な上田舎っぺという事になるのか!?
濃い。濃すぎる。リザートあたりに分けてやってくれw

95 :今週のギャレンラウザー:04/08/22 10:29 ID:jCm675RB
ペッカー「みゃおーんっ!ついにアタシの大活躍キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
   コンコンコンコンコンーッ!!!!」
アルマジロ「ぼくも久し振りの出番ですよ〜。ゴロゴロゴロ〜、ゴロゴロゴロ〜」
ファイアフライ「ま、オレは順当にバーニングディバイドから続投だけどな」
ペッカー「やっぱぁ、アタシって必殺技にはなくてはならない存在っていうかー、
   ぶっちゃけ、アタシあってのバーニングショットよね〜」
バット 「オンドゥルルラギッタンディスカーッ!!!」
ペッカー「アゥアッ!いったーい、何すんのよ、バットーッ!!」
バット 「アンダートオレハ、ノンラウズ同盟ノナカマジャナカッタンデ……アゥアッ!!」
ペッカー「コンコンコンコンコンッ!!!1話で封印されて以来ノンラウズのあんたと、最近封印されたばっかの
   アタシを一緒にすんじゃないわよっ!あんたなんかブレイド組のトリロバイトあたりと
   いじけてれば〜っ、て感じ?」
ホエール「あ〜あ、ペッカーすっかり調子に乗っちゃって。バット、そんなに落ち込まないで。
   お前にもいつか出番はあるさ」
バット「うるさい!同情なんかするな!バーニングディバイドに組み込まれてるお前に
   何が分かる! 何が分かるんだーっ!!」
ゼブラ「ああ、もうすっかりいじけて、一時期の橘みたいになっちゃってるよ・・・。
   伊坂さーん、ちょっとバットをなぐさめてやって・・・」
ピーコック「フハハハッ、いいぞ橘!力を得たければいつでも私をラウズしろ!」
ゼブラ「・・・だめだ、こっちも調子に乗っちゃってる」

トータス「あんのー・・・」
バット「なんだよ。オレは一人になりたいんだ。放っておいてくれ!」
トータス「いや、そんなこと言われても。ノンラウズ同盟の受付はこっちって聞いてたもんだで」
バット「お前、確か新入りの・・・」
トータス「はい、おらぁトータス言いますだ。しばらくノンラウズ同盟入りしますんで、よろしく頼みますだ」
バット「そんなこと言って、お前もすぐにラウズされるんだろ・・・」
トータス「いやあ、どうかわかんねえっすが。オラはそんなこたあどうでもいいです。
   今更戦うのも('A`)マンドクセなもんで」
バット「お前・・・いい奴だな(グスン)1人目だ、友達。サンキュー!」

ゼブラ(バット……(つд`))

96 :略して『なぜカリ』 海蛇降臨編 1/2:04/08/22 10:29 ID:0rrGlDAV
ス「モスおねえさんと!」
キャメル「キャメル君の!」
モスキャメル「「なぜなにカリス〜〜!」」

モス「今日はゲストとしてサーペントおねえさんに来てもらいました〜」
キャメル「わ〜い!」
サーペント「何で私がこんなところで……しかもジョーカーなんかに封印されて……」
モス「そう! 実はサーペントおねえさんは封印されたばっかり!」
キャメル「そんな刑務所に入ったばかりの囚人のような心境を、赤裸々に告白してもらお〜う!」

モス「というわけでサーペントおねえさん! いまから私たちのする質問に答えてもらいます!!」
サーペント「嫌よ! 何でこの上級アンデッドである私が……」
キャメル「……拒否するなら俺の唾液を顔面に塗りたくるぞ(ボソッ)」
サーペント「し、質問は何かしら?」
モス「え〜っと、個人的にはジョーカーの正体とか色々聞きたい事はあるんだけど〜〜 …とりあえず」

 『何で鯛焼きの鉄板如きで大ダメージ受けてるんですか?』

サーペント「うっ …そ…それは…」
モス「ウチの『勝ち残ったらロリコン・ザ・ロリコンの称号を与えられそうなアンデッドナンバーワン』の顔射ムカデですら
  弾丸くらい屁でもないくらい頑丈だったのに……」
キャメル「しかも顔まで真っ赤にしちゃって……出てくる時間30分間違えてるよ!」
サーペント「う、うるさいわね! 苦手なのよ熱いのは!!」
キャメル「所詮、海のイキモノだね」
モス「実はあの馬鹿笑いは、口から放熱するためにやっていたんだよキャメル君!」
キャメル「さすがモスおねえさん! ものしりだね!」
サーペント「そんな裏設定があってたまるかっ!!」

97 :略して『なぜカリ』 海蛇降臨編 2/2:04/08/22 10:33 ID:0rrGlDAV
モス「……おっと、早いけどそろそろおわかれする時間のようです」
サーペント「あら、もうふざけた質問は終わりかしら?」
キャメル「カリス(仮称)が、別のヤツにサーペントおねえさんを譲るみたいだから」
サーペント「アッハッハッハッハ!! やったわ! これでこの私がジョーカーに使われる事はないのね!」
モス「喜んでるところ悪いけど、サーペントおねえさんが渡されるのはギャレンだよ」
サーペント「ああ、スタッグや伊坂のいる所でしょ! 問題ナシナシ! アッハッハッハ!すぐに全員下僕にしてやるわよ!」
キャメル「ギャレンは炎系攻撃が得意な仮面ライダー!」
サーペント「あっ…………」
モス「熱いだろうね〜キツイだろうね〜 そりゃあもう、熱した鉄板なんかとは比べものにならないほど」
サーペント「ジョ、ジョーカー! ここで私を働かせなさい! そりゃあもうオーキッドの100倍は働きますから!!」
キャメル「サーペントおねえさん〜 そろそろカードに入ってスタンバイ!」
サーペント「ねぇ私が何か悪い事した!? ……ああ、嫌がってるのにジョーカーって呼んだり首絞めたりはしたけど……
    それはちゃんと謝るから!!」
モス「みんな〜 サーペントおねえさんを無理矢理でもカードに押し込むよ〜」
シェルプラントホークセンチピード「「「「応ッ!!」」」」
サーペント「イヤァ!止めてェ! あんな熱そうなところは駄目ェ! あっ、コラお前ら変なところ触るな!!」
シェルプラントホークセンチピード「「「「エッホ!エッホ!エッホ!エッホ!エッホ………」」」」

モス「さようならサーペントおねえさん……あなたの微妙にキモイ笑い声は思い出せなくなるまでまで忘れません……
  新しい職場でも頑張ってね!
  それではまた次回!」
キャメル「じゃあねぇ〜」

98 :略して『なぜカリ』 海蛇降臨編 撮影終了後:04/08/22 10:37 ID:0rrGlDAV
モス「あ゛〜なんかめっちゃたこ焼きと鯛焼きが食いてぇ〜」
キャメル「そうだな〜確かにアレは食欲をそそる匂いだった」
モス「でも人の血液も啜りたい そりゃあもうガバガバと」
キャメル「まあ、封印されちまった俺らが望んだところで叶う願いじゃないよな」
モス「…………タコやアンコの代わりに血液を入れた食品作ったら売れるんじゃね?」
キャメル「確実に不味いモンになるだろ」

99 :名無しより愛をこめて:04/08/22 11:02 ID:ks95e7Cj
>>97
嶋「ふふっ、サーペントは苦労しそうだね。でもファイアフライの火もブックラ・・・」
ビー「嶋さん、それ話が違います。」

スパイダー「ちっ、カテキンの野郎・・・。俺が抱腹したギャグ合戦をバカにしやがって・・・」
ポーラー(吹雪が吹いていたことに気づいてなかったんだな。まあ、僕にとってはいい温度になったけど・・・)

100 :名無しより愛をこめて:04/08/22 11:25 ID:qRX/VEFf
蛇姐は男言葉…

101 :名無しより愛をこめて:04/08/22 11:53 ID:0rrGlDAV
>>100
あ〜そうだったな
どうも脳内でウェンディーヌと混ざってしまったようだ

102 :ネガティブ・ゾーン(1/2):04/08/22 12:00 ID:8qCenBh7
ビー「二連休…ですか…。」
ポーラー「ちっと出たじゃん」
ビー「あれは映ったというんです。」
コブラ「ノンラウズどころかノープレゼント(出番なし)だな。ハッハァー」
ビー「こんな状況じゃなかったら笑えたかもしれないんですがね…。」
ライノス「でも実際ノンラウズって言われてもピンとこねぇサイ」
ビー「言うほど闘ってませんしね。それによそみたいに使われたのが威張り散らしたりしませんし。」
テイピア「ぼくはあんましこの力好きじゃないしポーラーはああだしねぇ。コブラは?」

103 :ネガティブ・ゾーン(2/2):04/08/22 12:01 ID:8qCenBh7
コブラ「いや、自慢したいのはやまやまだけどよ、実は直後は寒くて寒くて歯の根が合わねぇんだわ
    ネタはナマモノだしよ、さすがにタイミング逃がしたら使うのははばかるぜ」
テイピア「芸人だねぇ。残念だけどカテゴリー5がピンでラウズなんて…」
コブラ「無いわなぁ」
ポーラー「ご迷惑をおかけしてるわけで…」
コブラ「あー、いいっていいって、お前がいなかったらラウズすらされねぇよ」
 ガチャ
スクィッド「おはよ〜」
ビー「…なんであなたはいつも当日に限って大寝坊するんですか?」
スクィッド「寝坊じゃないよ〜、予定通りだから。あ、いま『上』から連絡あってね、来週、休みだって〜」
テイピア「さ、三連休?」

ビー「で、この状況を作り出してくださった方々は?」
モール「蜘蛛2匹なら念信室でまだゆんゆんしてるよ」
コブラ「昨日ネタ出ししたばっかだかんな。…ワリィ」

 外界

睦月「23,432、23,433、23,434…ダメだ。もう地面のタイル数えても幻聴が誤魔化せない…」

104 :名無しより愛をこめて :04/08/22 12:07 ID:WM72TXYI
ゼブラ→('A`)人('A`)←ホエール

105 :名無しより愛をこめて:04/08/22 13:40 ID:YaCfKceM
ディアー→(゚∀゚)人(゚∀゚)←フライ

106 :名無しより愛をこめて:04/08/22 14:59 ID:r5B0Hjyp
>>41-53
ウルフ〜いい奴だなぁお前…GJ
ウルフの方が橘さんとかよりまっとうな感じ。

>>103 睦月…不憫すぎ…

107 :今週の新人さん。inギャレンバックル1/4:04/08/22 16:02 ID:TwCKw7sM
  ガコン バコン ドンッ
アルマジロ「(ゴロゴロゴロ〜→)
     (←ゴロゴロゴロ〜)」
ホエール「うわ〜。なんだなんだアイツ。上級でもないのに、強いな、おい」
ファイアフライ「情けねぇなぁ。ギャレンもブレイドもゴロゴロ転がされてンぞ。
    おい。おい、大将、まさか橘、負けたりしねぇだろうな?」
スタッグ「んー?平気平気。本気になったら結構わしも橘も強いんだから。大丈夫」
バット「大丈夫ったって、押されまくってんじゃん・・・」
スタッグ「ちょっと調子が出ないだけだわい。だってアイツ、思ったより硬いんだもん。
   ・・・こんなに硬いと、ビートルとケンカしたときのことを思い出すなぁ」

フロッグ「大将、何余裕こいて思い出にひたってんですか!!亀だから硬いのは当たり前だケロ。
   念のために言っとくけど、オレは両生類。ヤツは爬虫類。
   よく間違われるからあらかじめ言っとく〜って、うわっまた揺れた」
ホエール「つっーか、戦闘はじまってんのに、スタッグさん、なんでココ(広間)にいるんですか!
   ちゃんと本気だして!!半端にサボってないで、カテA室できっちり戦ってください!」
スタッグ「え〜。なんか今回コメディだし、残暑も厳しいし、あんまやる気しないのう。
   ビートルもいることだし、なんとかしてくれるじゃろ」
一同「ふざけるな!」「俺らも運命共同体なんだ!」「真面目に戦って来い」グイグイグイ
スタッグ「はぁああ。仕方がないのう。そんなに言うなら、ちょっと行ってくるわい」

ファイアフライ「はあ。やれやれ。ったく、スタッグの大将は手を抜けるトコは
    出来るだけ手を抜きたがるから油断がならねぇな。ったく、やれば出来るくせに」
バット「お?そういえば、こんなとき大将にきっちり説教するピーコックはどーしたんだ?」
ゼブラ「・・・伊坂さんなら、すでにアブゾーバーで待機中だよ」
ファイアフライ「アブゾーバーで待機中ったって、まだカテQも来てねぇのに気がはぇぇな」
ペッカー「ピーコックおじさまはぁ、アブゾーバーを見つめる橘さんの笑顔にメロメロだったみたいにゃ〜ん。
   ふらふら〜とアブゾーバーに入ってッちゃッて、出てこないよ☆
   んもう、ピーコックおじさまったら、お・ちゃ・め。コココッ」

108 :今週の新人さん。inギャレンバックル2/4:04/08/22 16:04 ID:TwCKw7sM
inアブゾーバー
ピーコック(が、頑張れ橘。よし!そこだ得意のゼロ距離射撃で・・・あああ。ダメか。ブレイドめ、
   もっとしっかり補佐せんかっ。スタッグ、まさかサボっとらんだろうな・・・
   くぅぅ。こんな時ジャックフォームに成れれば・・・・・・あああっもどかしいッ)
ゴイン ボトッ
                         グシャッ
サーペント「いってー。なにしやがる、この腐れジョーカーめが!!もっと丁寧に大切に扱え!!
    運良く、た ま た ま 私を封印出来たからといって、それが貴様の実力と思うな!
    熱い鉄板でこの美しい顔を殴られた精神的ショックさえなければ、貴様に負けるサーペント様ではないわッ!!!
まったく・・・、この仕打ち、ジョーカー・・・もう金輪際貴様に私の力は貸してやらんぞ」
ピーコック「おい」
サーペント「ん?」
ピーコック「おい。いつまで人の上に乗っている。貴様、さっさとオリィロ」
サーペント「アーッハッハッ、ハッハッハッ。久しぶりだな、ピーコック伊坂。
    一万年ぶりだというのに、人の足の下でうつぶせになって、何をしている」
ピーコック「何をしている、じゃない。お前が勝手に上から落ちてきたから、
    受け止めてやったんだろう。文句を言われる筋合いはない。オリィロ!」
サーペント「アーッハッハッ、ハッハッハッ。相変わらず、お前は妙なところが紳士的だな。
    よかろう。ジョーカーのロリコンバックルより、こちらのバックルの方が、気に入った!
    力を貸してやろう。ピーコック、ここのスートはなんだ?・・・ああ、ダイヤか」

        アブソーブクイーン ( ワイルドベスタ → ダイヤ )

ピーコック「サーペント、お前のその判断は正解だ。橘と戦ったワケでもないのに、
    勝ち組のダイヤスートに入れてもらえた幸運、とくと噛み締めるがいい」

        フュージョンジャック

バレット ラピッド ファイア
バーニングショット!!!!

109 :今週の新人さん。inギャレンバックル3/4:04/08/22 16:06 ID:TwCKw7sM
トータス「あンのう〜、今週からお世話になります、ロック・トータスと申しますけンど」
ファイアフライ「お?来たな。ようよう、てめぇ、大活躍だったじゃねえか。
    な〜んか動きがニブいから弱いのかと思ったらよ。ちっと見直したぜ(ウリウリウリ」
トータス「はあ。・・・恐れ入りまンす(ソワソワ」
アルマジロ「ほんとほんと。一瞬勝てないかも。って、柄になく不安になったりもしたよ」

トータス「あ。あの。オデ・・・(ソワソワ」
フロッグ「ん?なに?」
トータス「その・・・。ちょ、ちょっと聞きたいンですけンど・・・(ソワソワ」
ホエール「どうしたの?そんな頬を緑に染めて」

トータス「そ、その。さ・・・、サ、サーペントさんはどこに・・・(マッミドリ」
ゼブラ「ああ。まだアブゾーバーにいるみたいだね。もうじき戻ってくるだろ」

トータス「あ。あ。そ、そうでィすか。良かった・・・ヤッバリ一緒のスートだべサ(ホッ」

ペッカー「あれ?あれあれあれ?きゃー。もしかして、ひ・と・め・ぼ・れ?
   いや〜ん、トータスちゃん、マッミドリになっちゃって☆かわゆ〜い」
トータス「あ。いえ。そ、そンなばかナ。オデのような田舎モンが一目惚れだなんて恐れおおかコト。
   た、ただオデ、あんな綺麗なヒト(UD)見るの、生まれて初めてダモンデ・・・その・・・」

     カァァァァァァァァアアアッ       シュポンシュポンシュポンシュポン キュキュッ

バット「おおおっ。手も足も首もシッポも引込んだ!」
スタッグ「さすが亀だわい」
フロッグ「・・・しかし、これはなんちゅーか・・・岩みたいってか・・・なんかの置物・・・?」


110 :今週の新人さん。inギャレンバックル4/4:04/08/22 16:09 ID:TwCKw7sM
       ガチャ

ピーコック「ふははははははははははは。無敵無敵無敵!見たか我が雄姿!・・・ん、なんだその岩」
サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ。サーペントis god!サーペントは攻守のバランスが・・・、
    んん?なんだ、これ。えいえいっ(ツンツン

アーハッハッ、ハッハッハッ。ここのバックルには面白い置物があるんだな。
    よし。ちょうどいい。部屋にひとつはステキなストゥールが欲しかったところだ。
    誰かの持ち物なのか?・・・違うようだな。よし。構わんなら、私がもらっていくぞ」
アーハッハッ、ハッハッハ・・・ッ
                      ズルズル・・・

    アーハッハッ、ハッハッハ・・・ッ
                         ズルズル・・・

一同「ストゥールって・・・」「まあ、ぶっちゃけ椅子だね・・・」「トータス・・・」

ピーコック「・・・ん?そういえば、さっき封印したアンデットは、どうした?
私と橘の雄姿の感想を訊きたいんだが。・・・まだバックルに来てないのか?」

一同「その・・・」「封印されるや否や、諸事情で手も足も出せない状態になっとるところを、」
   「早速サーペントさんに、椅子として、」「拉致・・・いえ、連れてかれました・・・」

ピーコック「・・・・゚∋゚)まさかと思うが・・・、さっきの岩?」

一同「・・・はい」「多分、今ごろ、尻にしかれてます・・・」

                                    (とりあえず・・・・終わっとけ)

111 :名無しより愛をこめて:04/08/22 16:33 ID:e8fm4e3/
>>107-110
上手い!ナイスな終わらせ方です。
それにキャラ同士も馴染んでて面白いです。
しかしトータス→サーペント…トータスファイトだ!

112 :名無しより愛をこめて:04/08/22 16:34 ID:e8fm4e3/
うっひー…sage忘れスマソorz

113 :思っていても:04/08/22 17:08 ID:8qCenBh7
スクィッド「今回の記録みたけどさ〜、ギャレンっていつからゴッドガ…」
テイピア「それ以上は言っちゃダメ」
スクィッド「じゃ號斗ま…」
コブラ「黙れや」
スクィッド「しかもハイパーモ…」   モール「ロック!」

チュドドド   ボボボーン   パカッ

モール「久々にミサイル撃っちゃったね。言わぬが花だよスクィッド」
ポーラー「いいから早くリロードしてくれ。…エグい」
ライノス「コレ(スクィッド)運んどくサイ」
ビー「食事当番が逝っちゃいましたね。たまにはみんなで作りましょうか。」

114 :(^-^):04/08/22 17:52 ID:eFCr90oO
スペードスートのライソニ組の皆さ〜ん、再来週久々に出番あるかもしれないんで
準備しといてください。今日はペッカーさん可愛いかったですねえ、トータス
さんも上級でもないのにあんな善戦して素敵でしたよ。あと明日から一週間かけて
総集編がやるみたいなのでみんなで見ましょうね〜、自分がラウズされるシーン
が出てきたら喜ぶのは結構ですけど、総集編で一度もラウズされないカードが
あってもそのアンデッドさんを馬鹿にしたりしたら駄目ですよ、もし落ち込んで
たら励ましてあげましょう。それがアンデッド同士の友情というものです。
劇場版の情報も出るみたいなのでお見逃しなく、仲良く鑑賞してください

115 :名無しより愛をこめて:04/08/22 17:59 ID:DtmRx+3j
>>40
今更だが、初代スレ553、ビートルUDの覚書

>某月某日
>スタッグの兄貴がホタルを封印して帰ってきた。さすが兄貴。格好いい。
>しかし、武勇伝を小一時間聞かされた。兄貴が嬉しそうなので言いそびれたが、
>ホタルの尻が光っていたって・・・。それ、求愛。相変わらず容赦しなかったらしい。

ファイアフライ…。

もし40氏がこれを踏まえて書いており、
かつ皆さんもとっくに了承済みだったとしても私は謝らない。
ちょっとがっくりするだけだ。

116 :名無しより愛をこめて:04/08/22 17:59 ID:mq9WbtRt
サーペント「ああ、なんてことだ…乙女の額にタイヤキ型の火傷が
    くっきりと…くっ、許さん!あの妙なコスプレ男!必ず殺す!!」
オーキッド「あら、とってもお似合いよ」
サーペント「き、貴様は…!ここであったが百年目、どちらがアンデット界
    真のアイドルか、決着を付けてやる!ちょっと待ってろ!」
オーキッド「残念だけど、あなたもうお引っ越しみたいよ」
サーペント「なに!?」

始「これを使え」シュッ
『アブゾーブクイーン フュージョンくジャーック』

ピーコック「いよいよ出番か…!長かった…(感涙) 正直、下級相手に
    私の力を使うのは癪だが呼ばれたからには仕方ない(喜)!
    待っていろ、橘! ほら、新入り、行くぞ!」    
サーペント「へ!?い、いつの間に…!?ちょっと、私は今それどころではない!
    おでこを冷やさないと…」
ピーコック「そんなもん、唾でもつけておけ。お前舌長いだろう」
サーペント「貴様、乙女の顔をなんだと思っているのだ!待て、せめて
    冷えピタだけでも貼らせて…待ってえええええええ!」
ズルズルズル…

アルマジロ「さて、歓迎会の準備でもするか」
スタッグ「とりあえず、氷嚢用意しといてやれ…あとオロナインもな」

始のセリフうろ覚え…だが私は(ry

117 :名無しより愛をこめて:04/08/22 18:09 ID:0rrGlDAV
その日から、サーペント姐さんはキレると顔に鯛のマークが浮かび上がるようになりましたとさ

118 :名無しより愛をこめて:04/08/22 18:09 ID:M2cjsAW/
>>116
始「受け取れ」だよ。まあどっちでもいいような。
タコヤキ型マジについてたよな〜海蛇姉さん。
大したセリフもなかったし…このスレでは是非活躍させてあげてw

119 :本日のカリス組(1/4):04/08/22 18:43 ID:tNwZR9F+
キャメル「はしるーはしるーおれーたーちー」
モス「つか、何で徒歩なんだよ。バイクで走っていかないライダーなんてライダーじゃないだろ」
ドラゴンフライ「じれって―なぁ、ここは一発俺にチェンジして・・・」
ホーク「いや、飛ぶなら俺でもいいじゃん。お前もう一回変身してるんだから俺に譲れよ」
モス「待て、飛べるってんなら俺にも変身する権利はあるぞ」
ドラゴンフライ・ホーク「いや、お前遅そうだし」
キャメル「うわっ!モスさん粉撒くの止めて!」
ヘッド「ホークも風起して対抗するな!余計粉が飛ぶ!あ、てめーっ!ドラゴンフライ
   粉届かないところまで1人で飛んで逃げてんじゃねえよ!こん中どんだけ高度あるんだよ!」

   ドリル

シェル「うぜぇ」
ヘッド「あーあ、バックル開いて……ってどうするんだよ
  モスはともかくホークとドラゴンフライはコンボ要員だろ?」
シェル「あ?いざとなったら俺1人で十分だし」
キャメル.。o(どっから来るんだよ、その自信)
スピリット「大丈夫そうだよ。着いたみたいだけど、もう誰もいないし」
シェル「とろとろ走ってるからだ!久々に俺の活躍を・・・」
キャメル.。o(だからどっから来るんだよ、その自信)
スピリット「まあ、シェルの活躍はともかく、まずうちは大将があれだから」

120 :本日のカリス組(2/4):04/08/22 18:44 ID:tNwZR9F+
ヘッド「そういや、マンティスさんは?」
プラント「部屋に篭っちゃって、出てきてくれません」
キャメル「だから言ったんだよ。センチピート以上の幼女好きでイーグルって変態婚約者を持つ
   伝説の最強UDだとか言ってマンティスさん混乱させるの止めようって(>11-14)」
プラント「なんだよキャメル、1人で言い子ぶってんなよ。お前だってノッてた癖に」
ヘッド「マンティスさん、本気で混乱してたもんな。こんな機会滅多に無いから悪乗りしちゃって悪かったな」
キャメル「・・・謝った方がいいかな?」
プラント「そうだな、こいつらのバックル閉じたらみんなで謝りに行こうか」
シェル「だから、いざとなったら俺がこのドリルで・・・」
ヘッド「お前、話し聞けよ。てかマンティスさんが復活しなけりゃお前も使われない。俺ら持ち腐れてくだけ」
シェルΣ(゚Д゚;)「いやでも、いざとなったら俺がチェンジで・・・」
キャメル「それも現状難しいだろうな、始のヤツがあれだし」
シェルΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)「え?でもでも・・・」
ヘッド・キャメル・プラント「一緒に謝りに行こうな」(´・ω・)ノ(゚Д゚;≡;゚д゚)ヽ(・ω・`)ヽ(・ω・`)


オーキッド.。o(ああもう!白井さんには会えないし、あの女の汚い笑い声は耳から離れないし最悪!
   カリス(仮)、絶対あの女封印するんじゃないわよ!じわじわ弱らせたところでブレイドでも
   ギャレンにでも渡しちゃいなさい!ぜぇぇぇったい同居なんてしないんだからね!念波念波〜〜〜
   あ、白井さんの気配、近いわ!だめだめ気を散らしちゃ!ああでも白井さん)
センチピート.。o(未知タンはなぁ、もうちょっと早く会いたかったよなぁ。もったいない
   ああ、天音ちゃんに会いたい)

121 :本日のカリス組(3/4):04/08/22 18:45 ID:tNwZR9F+
一同(一部除く)「ほんっとすみませんでした、マンティスさん!」
マンティス「ん?まあいいってさっきから言ってるだろ。お前らいい加減しつこいぞ
  俺が許すって言ったら許すんだ。元はといえば記憶飛ばした俺にも非はあるんだ
  もうこの話しはお終いお終い、な」
一同(一部除く)「たいしょー・゚・つД`)・゚・。」
マンティス.。o(ぶっちゃけこいつらの泣き顔キモいんだよ)
ヘッド「で、マンティスさん記憶の方はまだ戻らないんですか?」
マンティス「ああ、こう・・・ちょこちょこと戻ってきてる気もするんだけどな、まだまだおぼろげでな」
キャメル「始の方もまだ思い出してないみたいだし。キーワードには反応するんだけど」
ヘッド「キーワードってあれか?きりふだーとか勝ち残るーとか」
スピリット「じゃあ、念波送ってみる?記憶取り戻しそうな」
キャメル.。o(勝ち残れ勝ち残れ勝ち残れ)          オーキッド「あああ!また出たわね!サーペント!」
ヘッド.。o(切り札切り札切り札)             プラント「姐さん落ちついて落ちついて下さい。今大将戦えないんだから」
センチピート.。o(天音ちゃん天音ちゃん天音ちゃん)     オーキッド「ええと、それは好都合?それとも不味い?」
シェル「お前何送ってんだ(゚Д゚#)ゴルァ」         プラント「不味いんじゃないっすか?」
                          オーキッド「そうよね、でも戦えなければ同居することも無いわけだし」
 ドリル                      プラント「だからってこっちがやられちゃったら意味無いですよ」


122 :本日のカリス組(4/4):04/08/22 18:46 ID:tNwZR9F+
一同「戻った━━━ヽ( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚≡゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )ノ━━━ !!!!!!!!!!!」
シェル「うそぉっ」
オーキッド「えええ」
マンティス「んじゃ、ちょっくら行ってくる」
一同「たいしょー頑張ってきてください━━━ヽ( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚≡゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )ノ━━━ !!!!!!!!!!」
オーキッド「ちょっとー、封印だけはしないでねって、聞いてる?」
一同「やれー!大将!そこだ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!! 」
オーキッド「だから私の話しを・・・あらあのコやるじゃない。サーペントの顔面を攻撃するなんて見所ある
    ・・・ってコンボ準備してる!」
ドラゴンフライ・シェル・ホーク「うっわー久々だ!やるぞおまえら!」
オーキッド「やらなくて良いって・・・封印しちゃったorz」
マンティス「ただいまー」
一同「お疲れ様でした!」
オーキッド「封印しないでって言ったのに。来る・・・来るわあいつが・・・いやぁ」
マンティス「あ、オーキッド、心配しなくて大丈夫だぞ」
オーキッド「え?」
マンティス「ああ、ほらいた。あいつ。あの赤いの。サーペントはスタッグのところにやっちゃうから」
   .。o(だいたい、オーキッド一人でもうるさいのにもう1人なんて面倒みきれんし)
オーキッド「なんか引っかかるけど、とりあえず良かったぁ」
他.。o(マンティスさん、姐さんの面倒なんて一切見てないくせに・・・)

おまけ

オーキッド「ちょっと、カリス(仮)白井さんお疲れなんだから肩くらい揉んであげなさい
    なんだったら私が・・・ついでに首をきゅっとしちゃいそうだけど」
マンティス「オーキッド、ここに来てしばらく経つがそろそろ始のことをカリス(仮)と呼ぶの止めないか
   俺、結構混乱するんだが」


123 :名無しより愛をこめて:04/08/22 19:13 ID:88xHA/YB
>>119-122
GJw
キャメル.。o(勝ち残れ勝ち残れ勝ち残れ)          オーキッド「あああ!また出たわね!サーペント!」
ヘッド.。o(切り札切り札切り札)             プラント「姐さん落ちついて落ちついて下さい。今大将戦えないんだから」
センチピート.。o(天音ちゃん天音ちゃん天音ちゃん)     オーキッド「ええと、それは好都合?それとも不味い?」
シェル「お前何送ってんだ(゚Д゚#)ゴルァ」         プラント「不味いんじゃないっすか?」
                          オーキッド「そうよね、でも戦えなければ同居することも無いわけだし」
 ドリル                      プラント「だからってこっちがやられちゃったら意味無いですよ」
のところワロタ

天音ちゃんで記憶を取り戻したのだろうw


124 :40:04/08/22 19:39 ID:r799poTY
>>115
思いっきり踏まえてます。同じく初代スレの”スタッグUDの信書”も好きだ。
ちょっとがっくりさせてしまって申し訳ない。

125 :僕らは『なぜカリ』応援団:04/08/22 19:43 ID:nqpfspfr
モス 「そろそろお別れのお時間で〜す。今日のお姉さんの衣装『超ハイレグレースクィーン』は、
   ビートルラウザーに御住まいのマッハシャカシャカ君からのリクエストでした。このありえないくい込みは
   よい子のみんなにはちょっと刺激が強過ぎたかな?」
キャメル「マッハシャカシャカ君には、モスおねえさんのサイン入り生写真をプレゼントするよ!!」
モス 「おねえさんの生写真でいけない事しちゃダメだぞっ!!」
キャメル「モスおねえさんへの衣装リクエストの応募はラウザーネットでも受け付けてるよ!!」
モス 「それではまた次回!! 君が選んでくれた衣装でガンバっちゃうぞ!!」
キャメル「じゃあねぇ〜」

    〜〜〜ビートルラウザーリクレーションルーム〜〜〜

ジャガー「っしゃあああっ!! モスおねえさんの生写真ゲットだゴルァ(#゚Д゚)
ウシ  「羨ましいでござる」
ローカスト 「これでうちのラウザーで採用されたのはディアーについで二人目だ」
リザード「ディアーのリクエストって、超ミニスカサンタだったな」
ディアー 「モスおねえさんゴメン!! 俺おねえさんの生写真でいけない事しちゃったよ!!」
ライオン 「モスおねえさん最高っ!!」
ボア 「タックル!! モスおねえさんにタックル!! 」
ローカスト 「やっぱ年上の知的美人って良いよなあ。ちょっと叱られてみたいぜ」
カプリコ 「眼鏡もポイント高いぜ!! フォ━━ヽ(#0∀0)ノ━━━ゥ !!」
ディアー 「一発ラウズネタで、無邪気にはしゃいでるモスおねえさんもステキ」
ジャガー「衣装リクエストシステムで凶悪なまでにパワーアップだゴルァ(#゚Д゚)
ローカスト 「女教師、ナース、軍服、メイド、巫女、どれもステキだったよモスおねえさん」
ウシ  「拙者の『変わり身の術を使った直後のくノ一』はいつ採用されるでござるか」
リザード「洒落にならねぇのもあったけどな」
ディアー 「園児服な。センチピードの乱入で放送中断しったけ」
ジャガー「放送再開したら、モスおねえさんとセットが液まみれだゴルァ(#゚Д゚)
ローカスト 「液まみになっても笑顔で番組を続けるモスおねえさんの姿には感動したなあ」
一同 「「「「あれから俺達ゃモスおねえさんに夢中だぜっ!!」」」」

トリロバ 「みんな目を覚まして!! モスが男だって事はみんなも知ってるだろ!?」
イーグル 「ここは女っ気無いですからね。まっ、もう少し夢を見させるのも良いでしょう」

126 :名無しより愛をこめて:04/08/22 20:26 ID:QYR05la2
>>125
イーグルの言葉がすべてを物語っているな。
ビートルの女装もそのせいか・・・

( 0H0) アンデッドでありながらコスプレする毒蛾UDにハマりフヌケニナッタヨウダナ

127 :ビートルUDの覚書@剣三十話 1/2:04/08/22 20:45 ID:TwCKw7sM
某月某日
力の限りにアタマを打った。よもや始もどきに(文字通り)足をひっぱられるとは。
ものすごく油断していた。痛かった。ツノがもげなくて、本当に良かった。
スタッグの兄貴に、何遊んでるんだ、と叱られる。だってー。でも言い訳は我慢した。
あのサーペントを封印しないと兄貴はジャックフォームになれない。逃がしちゃってゴメンなさい。

「俺、本当は始じゃないんです・・・」始もどきがようやく激白した。本名、三上了。
気持ち悪いほどそっくりさんだが、やっぱりジョーカーでも始でも何でもなかったらしい。
やはりそういうことか!!!でも、そうすると今、始@ジョーカーは何してるんだろう・・・。
ドラゴンフライを貸してもらったり、サーペントとトータスを追い払ってあげたり、もうちょっとで
友達になれそうなイイ感じだったのに・・・。しょんぼり。でも、了とコタロは仲良しの気配。

「じゃあ、やっぱりあの怪物は俺をねらって・・・」
剣崎がちょっと脅したら、了とかいうのは気絶した。わーい。さっきの仕返しだ!
ツノの付け根が、まだちょっと痛いんだからな!
本当はサーペントもトータスも了がジョーカーでないことには気付いてるし。正直、もう襲わないと思う。

某月某日
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
烏丸から、念願のラウズアブゾーバーが届く。小包。着払いで、「白井小太郎」宛。
「ボク、虎なんだけど・・・」金を払わせといてなんだけど、皆、さりげなくスルー。

早速橘さんを呼び寄せたら、案の定、大喜び。兄貴も満足そうだ。オレも幸せ。剣崎も。
「橘さん。クイーンを封印して、最強のコンビになりましょう!」
中の人が入って重くなったせいか、仮面ライダーになってからは、Jフォームにならないと、
空が飛べない。クイーンなんて封印しなくても、オレと兄貴は既に最強コンビだとは思うけど。
でも、一万年ぶりに、兄貴と一緒にはやく空を飛んでみたい。ううー。楽しみ。

128 :ビートルUDの覚書@剣三十話 2/2:04/08/22 20:52 ID:TwCKw7sM
某月某日
カテゴリークイーン出現!よっしゃー。ほいきた。と、出向いたら、なんかカメが・・・。
一万年前より、正直、随分強くなってる気がする。ど、どうしよう。ここは、ジャックフォームに
なった方がいいんだろうか。でもなぁ。ここでオレだけJフォームになったら、折角兄貴と一緒に
戦ってるのに、バランス悪い。トータスに、オレだけ派手好きみたいに思われるのも、正直ヤダ。

・・・兄貴の中身が出ちゃったら。そしたら、Jフォームになろう。うん。そうしよう。
今は別に、このまんまでも戦えないってワケでもないし・・・。って、アウア。

「むう。こりゃ厄介だな。こやつ、恋をして強くなってるな・・・」
兄貴がぼそっと呟くのが聞えた。恋?あ!橘さんがザヨ゙ゴーって叫んだようなヤツ?
「うむ。これは日を改めんと、わしら、負けはせずとも、勝てんかもしれんな・・・」

ど、どどどどうしよう。オレが不甲斐無いばかりに。あの兄貴が弱気に。はわわわわわわわ。
焦ったら、ますますどうすればいいのか。後から思えば、メタル+タックルでもラウズすれば良かった。

「おい。先日の借りを返す」困っていたら、始@ジョーカーが、兄貴にカードを投げてくれた。
カテゴリークイーン。サーペント。そっかー。単純に行方不明になってるんだと思ってたけど、
そうじゃなくて、これを封印しに行っててくれたのか!了なんて身代わりまで用意して。

良かった!前に、サーペントとトータスから助けてあげたの、覚えててくれてたんだ。そうだよな!
オレたち、友達だもんな!始@ジョーカー!!君の友情に気付かなくてゴメン!そして、ありがとう!!!

兄貴のJフォームは、文句なく格好良かった。一緒にJフォームになろうと思ってたのに、うっかり
忘れてしまったのが、ちょっと心残り。でもまあ、いいや。今日は良い一日だった。

129 :略して『なぜカリ』 外伝:04/08/22 21:00 ID:0rrGlDAV
キャメル「キャメル君と!」
モス「モスちゃんと!」
マンティス「マ、マンティスおねえさんの…」
モスキャメル「「なぜなにカリス〜〜!」」マンティス「カリス……」

モス「マンティスおねえさん〜 まだ恥じらいが残ってモスね〜」
マンティス「えぇい煩い! 何で俺がこんな事をしなければならないんだ!?」
キャメル「『何で』って、これが第2回カリス組テニスバトルファイト敗北者の罰ゲームじゃないですか」
モス「ボロクソに負けて、黒キュアかコレやるかの二択で『せめてこっちにしてくれ』って泣いてモスたよね?」
マンティス「球技は苦手なんだ! つーか何だモス、その変な口調は!」
モス「自分も今回はマスコットキャラの役なんで、『らしさ』を出そうとしているのでモスよ」
マンティス「ふざけやがって……この衣装もその着ぐるみも、セットごと破壊してやる!」
モス「おやおや、伝説のアンデッド・カリスともあろう御方が、こんな罰ゲームをやるのが怖いのですか?」
マンティス「何だと! ……俺を嘗めるな!おねえさんコスチュームで司会なんぞ、貴様以上にこなしてくれる!!」
キャメル「じゃ、頑張ってくださいねマンティスの大将」
マンティス「よし……まずは何をするんだったか?」
キャメル「僕たちが投稿されたハガキを読み上げるんだよ!」
マンティス「……それに俺が答えるんだったな」
モス「カンペもちゃんと用意してありモスから、マンティスおねえさんは安心して場の流れに任せるモス」
キャメル「えっと、今回の投稿は……ペンネームが無いから実名でOKなのかな?
   イーグルアンデッドさんからの投稿で……」
モス「今日は特別に、本人がスタジオいらしてモ〜ス! さあ、イーグルさんどうぞ!!」
キャメル「へ?」
マンティス「なッ!!」

イーグル「ハァハァ……カリス、カリスゥ! カリスその格好も可愛いよカリスゥウウ!!!」
マンティス「 う わ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ っ !!!!」

モス「やっぱり罰ゲームってのはよぉ……これくらいやらなきゃだねぇ?」
キャメル「うっわぁ、正に地獄絵図……つーか極悪だなモスよ」
イーグル「カリス〜 カリス〜」
マンティス「寄るな!来るな!俺に触れんじゃねぇ!!」

130 :名無しより愛をこめて:04/08/22 21:01 ID:YaCfKceM
>後から思えば、メタル+タックルでもラウズすれば良かった。

トリロバイト「( ゚ロ゚)ポカーン」
ボア「ま、メタルで重くなったら確実に外れちまうんだろうな……。」

131 :仮面ライダー蘭 1/4:04/08/22 21:26 ID:4QhCPlLM
「で、あれが蘭科の植物ですよ」
「へぇ〜、そうなんだ。詳しいんだねぇ。吉永さん」
私のすぐ隣で、感心するような彼の声がする。今、私はデート中…って、彼も思って
くれてたらいいんだけど…私の名前は吉永みゆき。で、この男の人は白井虎太郎さん。
ひょんなことから知り合って、時々こうして一緒に出かけてる。今日は植物園。私の得意分野だ。
「白井さん、少しは元気出ました?」
一緒に出かける、なんて言ってもまだ理由もなく誘えるほど、私は積極的にはなれないの。
先日、彼は化け物に二度も襲われて、凄い怯えてた。で、元気付けようと思って、私が誘ったわけ。
「う、うん。少しは…でも、思い出すとやっぱり…」
そう言って白井さんは少し顔を青くして震える。男の人しては頼りないんだろうけど、そこが
私の琴線に触れるみたい。白井さんは、強くなりたいと思ってるけど、私としては…

いけない。少し自分の世界に入っちゃった。私の悪い癖ね。白井さんは怯えてるけど、大丈夫。
もし化け物が襲ってきたって貴方は怪我一つしないわ。なぜなら…

「ヘタレの匂いがする…ヘタレがいるのはここか?」
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
物思いに耽っていると、突然目の前にホタルの化け物が現れた。まさか、ダイヤ?
いつの間に活動を開始したのかしら…って、落ち着いて考えてる場合じゃないわね。
「白井さん!逃げてください!」
そう。白井さんを逃がさなくちゃ。私は怯える白井さんに声を掛けた。
「逃げて…って、吉永さんは?」
あ、しまった。逃げて、じゃおかしいわよね。彼は一緒に逃げようと私の手を取る。ちょっと、
何気にこれって初☆手つなぎじゃない!…って、喜んでる場合じゃないわね…やむを得ないか。
「ゴメンナサイ!白井さん」


132 :仮面ライダー蘭 2/4:04/08/22 21:27 ID:4QhCPlLM
「!?吉永さん…どうして…」
私は白井さんの後ろに素早く回り込んで当身を食らわせる。狙い通りに、白井さんは一瞬で気絶した。
「ん?何だ姉ちゃん。俺に協力してくれるのかよ?」
何を勘違いしてるのかしら、このホタル。私は白井さんを安全な場所に移動させる。
「協力?白井さんを狙っている…それだけで私にとってアナタを倒すには充分な理由だわ」
「倒す?ハッ!脆弱な人間風情が何言ってやがる!」

あーあ。完全に勘違いしてるわ。コイツ。でも、それだけ私の擬態が上手くいってるって事かしら。
「私が、何のために白井さんを気絶させたか…教えてあげる…変身」
何となく、前から『元の姿』に戻るとき、私は変身と言うことにしている。ホントは普段が人間に
変身してる状態なんだけど…人間でいたい、っていう気持ちの現れかしらね?
「なに…」
「待たせたわね…私は仮面ライダー……仮面ライダー蘭(オーキッド)よ!」
私の変身が完了する。そう、白井さんを気絶させた理由がコレ。こんな醜い姿、見せられないわよね。
「お前…俺達と同じだったのか…」

ホタルがあんまり考えたくない事を言う。しょうがないじゃない。私だって好きでこんな姿に
生まれたわけじゃないわよ。ちなみに、仮面ライダーっていうのは、大昔の伝説に出てくる正義の
味方、って所かしら?彼も元々は化け物だったのが、正義に目覚めたらしいから、丁度いい名前よね。

「そ。でも折角人間に擬態できるんですもの。そっちの方が楽に動けるのよね」
楽に動けるから。最初は、本当にそれだけだった。けど、今はそんな軽い気持ちでいた私を
激しく後悔してる。チラリと白井さんの方を見る。こんな切ない思いをするくらいなら、人間に
なんかならない方がよかったかもしれない。でも……それ以上に、楽しいのよね。
「……ぐ」
ホタルが、ジリジリと後ずさる。無理もないわね。最初は私の事を人間だと思ってたくらい
ですもの。実力の差は歴然としてるわ。けど…白井さんを怯えさせたこと…許すと思ってるのかしら。

133 :仮面ライダー蘭 3/4:04/08/22 21:28 ID:4QhCPlLM
「逃がさないわよ…っと!」
私のツタが伸びて、ホタルを羽交い絞めにする。そのまま少し力を入れてやるだけで、ホタルは
簡単に息絶えた。あまりの弱さに嘆息していると、後ろで何かが動く気配がした。
「………敵!?」
「ひ!?」
その何かとは、白井さんだった。当てる場所が悪かったらしい。こんなに早く目覚めるなんて。
「白井さ」
「ば、化け物!?な、何で僕ばっかいつもこんな目に…うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

思わず掛けてしまった私の声を遮って、白井さんは叫びを上げて逃げていった。途方にくれる私。
「……………」
取りあえず、人間の姿に戻る。帰ろうか。ここにいてもしょうがないし。
「…!?」
ふいに、自分の頬を伝う熱いものに気づく。流れるんだ、涙。いくら人間に擬態したからって、
今までこんなことなかったのに。私は涙を流しながら帰路についた。今は、拭う気にもなれない。

「オレ以外にも、仮面ライダーを名乗るものがいるとは…蘭か。しばらく目を離さないほうがいいな」
私は気づかなかった。事の一部始終を見ていた龍の化け物に。
そして
「へぇ〜。あれだけキッツい電波送ったのに反応なし、か。仮面ライダー蘭…面白いじゃん」
私を見てほくそ笑む、貝の化け物がいたということに。                  (続く)

134 :仮面ライダー蘭 4/4:04/08/22 21:29 ID:4QhCPlLM
シェル&フライ『…で、何やってるんですか姐さん?』
オーキッド「ああ!悲劇のヒロイン、吉永みゆき…って、あんたたち何時の間に!?」
シェル「ついさっきからいたよな」
フライ「おう。と、いうか俺達が少し追加したことにも気づいてないみたいだぞ」
オーキッド「言われてみて初めて気づいたわ!あんたたち何勝手に私の作品を自分達のと絡めてるのよ!」
フライ「何言ってんですか。ヒーローモノ最初に書いたの俺っすよ」
シェル「まさか、それをパクるなんてなぁ」
オーキッド「うるさいわね!何がヒーローモノよ!アンタなんか幼女しか助けない癖に!」
フライ「弱い者を助けるのは、ヒーローの宿命だし」
オーキッド「対象が限定的すぎる、って言ってるの!シェルに至ってはヒーローでも何でもないじゃない!」
シェル「まぁまぁ、姐さんは知らないかもしれないが。最近は色々なライダーがいるんだよ」
フライ「って、いうか姐さんにしたって虎太郎以外を助けそうにないよな」
オーキッド「だから呼び捨てに…ええい、もういいわ。白井さんをアンタ達の好きにはさせないわ!」
シェル「な、何をする気だ…」
オーキッド「アンタ達が本を書き上げる前に、同じ世界観で時間軸をドンドン進めてやるわ!」
フライ「そ、そんな…」
オーキッド「これからは仮面ライダー蘭の時代よ!」
シェル「そ、そうはさせるか!フライ!早速続きを書くぞ!」
フライ「おう!仮面ライダー龍&穿を舐めるなよ!」

マンティス「ふ〜。何とか記憶が戻ったか…心配かけたな。所でシェル、フライ、オーキッドは?」
スピリット「何か部屋に篭って作業してるみたいですよ」
マンティス「それで今日、慌てて出てきたのか…全く、一番目と二番目にラウズしたからいいものの…」
スピリット「注意くらいはしておきましょうか?」
マンティス「いや、構わない。ヤツら慌てて出てきたせいか、やけに回転数が速かったからな」
スピリット「結果オーライってヤツですか」
_______________

先に書きあがるのは、果たして蘭か龍か…その前に続くのか…これ。

135 :サーペントの弱点 1/2:04/08/22 22:33 ID:GpYXrDy+
ふと思いついたんだが、サーペントがこんなキャラだったら激しく萌えるんだが。

サーペント「アーハッハッ、ハッハッハ。なかなか気にいたっぞ、この新しい住みかは。
    よし宴会だ、宴会。誰か酒を持って来い!」

スタッグ「ワシ、頭が痛くなってきた…伊坂、何とかしてくれんか。
    今朝からずっとあの調子だぞアイツ。」
ピーコック「ふむ、しかしあの女を黙らせる方法など…いや、待てよ。
    ガサゴソ(携帯を取り出す)
    …ツカダか?うむ、私だ。至急買ってきて欲しいものがある。それは…」

サーペント「アーハッハッ、ハッハッハ。酒はないのか、酒は。
    マムシ酒以外なら何でも飲むぞ、私は。ハッハッハ。」
ピーコック「おい、サーペント…」
サーペント「何だ、ピーコック伊坂?私は今忙しいのがわからないのか?」
ピーコック「黙ってコレを食え。」

モグッ

サーペント「…ゲホッ!!いきなり何をするピーコック!?いったい何だコレは!?
    (口に半分詰め込まれた物体を取り出す)コ、コレは・……


    鯛焼き!!!!!!!!!!!!!!!!」



136 :サーペントの弱点 2/2:04/08/22 22:36 ID:GpYXrDy+
ピーコック「そうだ、さきほどの会話を思い出してな。
    さすがのお前も今はコレが視界に入れたくないぐらい嫌いだろうと…」
サーペント「(ブルブルブルブルブル)」
ピーコック「・・ん、どうしたサーペント?腹の具合でも・・」


サーペント「きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!
    『たいやき』こわいよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!(半泣き)」

ラウザー一同「……ハァッ!!??」
サーペント「え〜〜〜ん、たいやきこわいよ〜〜〜、たいやきあついよ〜〜〜(涙)
    おじさん、なんであずみにこんなこわいことするの〜〜(涙)
    あずみがわるいことしたから?それならもうしないから〜〜〜(涙)
    ……ぐすっぐすっ。べろがいたいよ〜〜〜〜(涙)」
スタッグ「もしかして、猫舌かアイツ?」
ピーコック「いや、つっこむ所はそこではないだろ(汗)」
サーペント「え〜〜〜〜ん、とりのおじさんがあずみのこといじめる〜〜(涙)」
スタッグ「余計にうるさくなったんじゃが・…(ジト目)」
ピーコック「(目をそらして)まさか、幼児退行するとは思わなかった・・
    よっぽどアレがトラウマになったのか、
    それともコレもライダーシステムの弊害なのか。だが、私は謝らない!!」
スタッグ「謝れ。」ガブッ
ピーコック「ぐおーーーーー!!!痛いぞ、痛いぞ!!スタッグ!!!」
サーペント「え〜〜〜〜〜ん、いたいよ〜〜〜。あついよ〜〜〜(涙)」
スタッグ「ガシガシガシガシガシガシ・・…」
その他「(ハ〜〜〜…いったい、これから誰がこの場を収めるんだろ…)

……長い妄想ネタを書いてすまない。だが、私は謝る!!   …ゴメンナサイorz

137 :名無しより愛をこめて:04/08/22 22:43 ID:p66SuIfK
>>136
一人一人の妄想がこのスレを作り上げていく。
そんな君の妄想もしっかりこのスレの一部になるのさ!

まぁ何がいいたいかっつーとGJ

138 :名無しより愛をこめて:04/08/22 22:45 ID:dzK3sxVH
>>127-128
早速今日のビートルたんだ!GJ!!あちこち面白すぎて全部突っ込めないよw
とりあえずツノをお大事に…。

>>129
マンティス大将&博士(>>11)&お、おねえさん…。
今日は海蛇姉さん滅多切りがカッチョ良くてイーグルの気持ちがわかりま(ry
黒キュア姿ちょっと見たy=ー( ゚д゚)・∵.ターン

139 :逆襲のバット:04/08/22 22:48 ID:jCm675RB
バット「ピーコックさん・・・実はちょっとお話したいことが」
ピーコック「どうしたバット。改まって。ラウズされないことの相談なら私ではなくスタッグに・・・」
バット「いや、そうじゃなくって。実は・・・あんまりラウズされないで暇だから、
スコープ覗いてたらとんでもないもの見えちゃったんです」
ピーコック「とんでもないもの?女装してるビートルとかマンティスでも見てしまったか?」
バット「いや・・・確かにそれもとんでもないですけど。そうじゃなくって、未来が見えちゃったんです。
   具体的に言うと4年後」
ピーコック「未来だと!?まさか、スコープにそんなすごい能力があったとは・・・」
バット「で、実際に見てもらえば早いんですが、ピーコックさん、なぜか解放されてるんです」
ピーコック「ほう。では4年後もバトルファイトは続いているということか」
バット「まあ、それはどうか分からないんですけど。問題はこの映像のピーコックさん、
ほとんどストーカーと化してるんですよ」
ピーコック「バカな!私がそんなことをするはずがなかろう!見せてみろ!(スコープを覗き込む)」
バット「ね?ほんとでしょ?」
ピーコック「な、なんだこれは・・・。これではまるで、下級アンデットのようではないか!」
バット「しかも、その後に現れた仮面ライダーっぽいのに瞬殺されてます」
ピーコック「あ、ありえん!ブレイドやカリスを圧倒し、ギャレンを苦戦させたこの私が、瞬殺など・・・
  (スコープを覗き込んで)ハゥアッ!!ウソダドンドオドーン!!」
バット「ああ、4年後のピーコックさんに一体何が・・・」
ピーコック「そ、そうか!リモートだ、リモートされたに違いない!リモートで操られて、仕方なく
   あのような下級アンデットのような真似を・・・」
バット「でもそうすると、スパイダーかタランチュラか睦月君に操られてることになりますよ?」
ピーコック「わ、私が駄洒落蜘蛛か天然蜘蛛かヘタレDQN少年に操られる!?そ、そんなことが・・・
ナズェダ、ナズェダ、ナズェダー!!」

バット「フフッ、上級からかうのは楽しいなあ。これも普段オレをノンラウズ同盟だからって
見下してるのが悪いのさ。さーて、次は誰の未来を覗いてやろうかなあ。フフフフフ・・・」
スタッグ(バット・・・そんなことばっかりやってるから友達できないんだよ、お前(;-M-)


140 :名無しより愛をこめて:04/08/22 22:53 ID:GpYXrDy+
>>137
初めてカキコんだので、至らない所があったらスマソ・・・
(他の職人さんウマすぎ…)スレに貢献してる職人さん達にGJ!!

141 :名無しより愛をこめて:04/08/22 22:55 ID:eFCr90oO
>>139ワラタwその調子で他のアンデッドのウオッチングも頼むぞ

142 :名無しより愛をこめて:04/08/22 22:58 ID:RXG7Mo77
>大昔の伝説に出てくる正義の味方
アンデッド(ト)に大昔って言われるヒーローって…いや、創作の中だとしても。
…あー、クワガタの未確認生命体(先代)か。

143 :名無しより愛をこめて:04/08/22 23:56 ID:1ZF/ac+Q
今、思ったんですが、もしかしてニュージェネの伊坂って、
あの人たちに橘の居場所聞こうとしてたとか・・・
だったらかわいそうかもジャラない・・・

144 :未来 1/3:04/08/23 00:23 ID:rB7KFovg
ギャレンバックル内・食堂 〜夕食タイム〜
 
スタッグ「はい、サーペント。まずは一献。今日はさっそくのJフォーム、どうもお疲れさん。」
サーペント「いいのか?悪いな、Aに酌などしてもらっては…ととっ、それじゃ、遠慮なく。」
ペッカー「大将ぉ、あたしも飲みた〜い☆」
スタッグ「ペッカーはダメ。この前、晩酌で酔っ払って暴れてあちこち穴だらけにしただろ。当分の間、禁酒を命ずる。」
ペッカー「ちぇー、大将のケチ。いいもん。……あ、トータス、どお?ここのゴハン、おいしーでしょ☆」
トータス「ええとっても。ほんとに(*゚Д゚)ウマーですだ。」
バット「うちは食費でも何でも予算が潤沢だから。大将がボードやその上に顔が利く(裏設定)おかげでな。」
アルマジロ「ちょっとバット、今日の食事当番だった僕の腕も褒めてよね〜。」
バット「おお。もちろんそれが一番だぜ。ていうか悪ィな、お前今日コンボで働いてきたばっかなのに…。」
アルマジロ「ふふ、そんなのはいいって。順番だからさ。
     はい、ホエール。遅くなってゴメンね、南極オキアミの団子のスープだよ。」
ホエール「うわーい、ありがとー。(ざばー)」
ファイアフライ「うお、水槽ん中で跳ねるんじゃねーよホエール!水がかかるだろ!」
フロッグ「ゼブラ、醤油とってケロ〜。」
ゼブラ「はいよ。…ってフロッグ、どうしてそんな不自然に離れてんだよ…。」
フロッグ「……蛇姐さんが怖いんだケロ……。」
サーペント「そう言うお前は蛙UDか。私がお前を食うんじゃないかと心配しているのか?
     それでこれまでのバトルファイトでもあまり顔を合わせなかったんだな…。しかしそれなら大丈夫だ。
     私は世間で言われているほど蛙は好きじゃない。ところで美味いな、このカエルの唐揚げ(モシャモシャ)」
アルマジロ「サーペントさん、それは鶏のササミです。確かに鶏肉と蛙肉は似てるけど。」
サーペント「あ、そうなの?この淡白かつ味わい深い風味はまさに蛙肉だと思ったんだがな…」
フロッグ「やっぱり蛙肉スキーじゃねェか────・゚・(ノД`)・゚・────!!!!」
スタッグ「やれやれ、騒がしいのう…ま、楽しくていいけどな。……ん?」
 
ピーコック「ごちそうさま…(ボソッ)」  がたっ  ふらふら……
 
スタッグ「……ピーコック……?どうしたんだあいつ、ろくに食べもせんで…。」

145 :未来 2/3:04/08/23 00:27 ID:rB7KFovg
〜夕食後〜
 
スタッグ「ピーコックのやつ、結局あのまま部屋にこもってしまったな。具合でも悪いんだろうか?」
ゼブラ「いえ……たぶん、そうじゃなくて……」
スタッグ「何だゼブラ。何か知ってるのか?」
ゼブラ「ええ。確証は無いんですけど、アレのせいだと思うんですよ。ほら、本編終了後の…」
スタッグ「……あ。」
 
一同「ニュー ジェネ レー ション か…!」
 
スタッグ「ピーコック……瞬殺っぽかったもんな……しかもそこまでの行動もなんかアレだったし……」
一同「…………。」
ペッカー「ニャーン…。ねえねえ大将。ちょっと、おじさまの様子、見てきてあげてよぉ…。」
スタッグ「な、何でわし?!」
一同「大将頑張れ!超頑張れ!」
 
 
 
〜カテゴリーJ部屋〜
 
|;-M-)ソロリ…
スタッグ「ぴ…ピーコックちゃん…?」
 
 
ピーコック「…………。_|\○」
 
 
一同.。oO(うわっ…!すごい格好で不貞寝してるー!)←結局全員ついて来た
ゼブラ「(大将〜。何か言ってあげて下さいよ〜…)」
スタッグ「(だ、だめだよ……ほらわし、なにかにつけてピーコックの出来の良さに甘えてばかりだからさ……
    それをこう、逆にわしが慰めてあげるというのはどうにも…ゴニョゴニョ)」

146 :未来 3/3:04/08/23 00:32 ID:rB7KFovg
 
ピーコック「……何だ、貴様ら…ひとの部屋の前でゴニョゴニョと…何の用だ…夜這いか…?」
スタッグ「違うわい!Σ(-M-; )って、いや、その…だ、大丈夫か?ピーコック…。」
ピーコック「大丈夫なわけがなかろう!(がばっ)
     ……この俺が!……この俺があんなザコ扱い……」
スタッグ「……。」
ピーコック「それにどうせ殺られる(注:不死)なら、せめて橘に封印されたかった…あんまりだ…(えぐえぐ)」
スタッグ「ピーコックよ…。気持ちはわかるが、まあそう泣くな。
    お前を封印したアレについては橘が製作に一枚噛んでるらしいという噂もあるし、
    それにこれでお前は映画版では一緒に戦えることが確定したじゃないか。
    また皆で一緒にやろう、な?お前の力あってのギャレンなんだから…。(ナデナデ)」
ピーコック「スタッグ……(ぐすっ)」
ゼブラ「大将の言う通りですよ伊坂さん。皆で頑張りましょう…!ブヒヒ…(鼻水)」
サーペント「(べそをかくクジャクUDとそれを慰めるクワガタムシUDとシマウマUDの鼻水…よくよく見たらすごい画だな…)
     何だかよくわからんが、スタッグの言うとおりだろう、ピーコック。
     お前の力はこの先、戦って示せばよい。我々と共に…。」
スタッグ「そうだな。バトルファイトでは互いに争う間柄でも、封印されてしまえば同じスートの仲間同士。
    皆で頑張ってギャレンを最強にするぞ!」
一同「お────!!!!」
サーペント「でもって打倒ジョーカー!」
一同「お────!!!!……って姐さん……」
サーペント「ん?」
一同「ジョーカーって、そもそも、何?」

サーペント「いや、実はよく知らない(・ω・)」

一同「orz……。」
ピーコック.。oO(はあ…先が思いやられる…(倒))
 
 
ダイヤスートの明日はどっちだ。

147 :名無しより愛をこめて:04/08/23 00:38 ID:fkyku2ht
>>144-146

|*・∀・) リアルタイムデミレタヨー

相変わらず迷走中のダイヤスートGJ。
サーペント姐さん、もう馴染んじゃってるよw

148 :仮面ライダー顎?(1/2):04/08/23 01:16 ID:CuLrNF15
マンティス「>>142という手紙が来ていた。俺はもう『なぜカリ』とは無関係だ、勝手にポストを使うな」
キャメル「なになに…一万年以上前にライダーが居たか…だってさ、モス」
モス「ハァ…マンドクセ('A`)」
キャメル「なにエレファント化してるんだよ。ほら、取材行くぞ取材」
モス「ぶっちゃけアイツらの同人活動まで面倒見れねーよ」
キャメル「そんな台詞は一度でもラウズされてからな。ヨゴレ役でも出番は大事だぞ」
モス「ハァ…マンドクセ('A`)」

オーキッド「それで聞きたい事って何なの?忙しいんだから、早く済ませてよね」
モス「じゃあ単刀直入に。俺らUDから見て『遥か昔』に居たライダーって何よ?」
フライ・シェル「…何だっけ?」
オーキッド「あんたら、同人やるなら考証くらいしっかりしときなさいよ!
    いい?遥か昔のライダーっていうのは、『究極の闇をもたらす者』を封印した、
    古代の戦士クウガの事よ」
キャメル「クウガって…この前のタイヤキ屋?」
フライ「あったあった、アルティメットフォーム」
モス「つまり仮面ライダーは古代のタイヤキ屋であると」
オーキッド「そんなワケ無いでしょ!何でライダーが『究極のタイヤキをもたらす者』なのよ…(ブツブツ)」
シェル「でも凄かったよな、あのタイヤキ屋。ウチの大将も押されてたし…」

149 :仮面ライダー顎?(2/2):04/08/23 01:17 ID:CuLrNF15
マンティス「呼んだか?」
フライ「うわぁ、呼んでません呼んでません、この前の出店対決で押されてたなんて全然っ」
マンティス「…あの後、サーペントの奴に殴られてその時の事を覚えていないんだが…」
一同「(記憶力悪っ!)」
マンティス「…俺は勝ったのか?それともヤツが…」
一同「(結果は出てないけど、ヤツが優位だって言ったら…リアルバトルファイトだよ)」
マンティス「…どうした、モス、キャメル、『なぜカリ』で聞いてやろうか?」
モス「い、いえ、ヤツが技を使った所で、大将の切り札(サーペント)が出(暴れ)て、
  (負けそうだったけどヤツが怯ませた隙に)三枚コンボで圧勝でしたよ?」
マンティス「…間が気になるが…そうか、人間相手に三枚コンボをな。
   しかしあの後もヤツは無事だったようだし、意外と見所はあるのかもな」
一同「(大将、本当に何も覚えてないんだろうか)」
マンティス「…そういえば、ワイルドベスタが一枚足りないんだが、誰か知らんか?」
一同「(本当に覚えてねぇーっ!)」

キャメル「やれやれ、どうなるかと思った」
モス「えーと……という事で解ったかな、>>142さん。また来週も」
キャメル「このチャンネルで」
モス・キャメル「なぜなにカリス〜」

オーキッド「でもクウガはクワガタなのよね…つまりスタッグが勝利した後の一万年に…(ブツブツ)」
シェル・フライ「…(この隙に次を書いておけば…!)」

150 :名無しより愛をこめて:04/08/23 01:46 ID:ImPuY24q
いまピーッコックさんに聞いてみたいことがある。
Jフォームどうだった?

てゆーか、Jフォームって本当に出たのか?

151 :名無しより愛をこめて:04/08/23 02:58 ID:5JtJ5AXJ
>>150
いくらここの職人さんたちがGj!連発の鬼才ぞろいだからって
Jフォームになったときの伊坂の喜びと興奮を
真正面から描写するのは至難の業なんでは。

152 :名無しより愛をこめて:04/08/23 06:44 ID:ddRkZ804
了ってスパイダー親分が「見所のある奴だ」とスカウトしそうなヨカーン。タコヤキ、コスプレ…。

153 :名無しより愛をこめて:04/08/23 09:32 ID:Y8X2Hmvg
>>152
スパイダーの兄貴は駄洒落以外には魅力を感じません。

154 :名無しより愛をこめて:04/08/23 09:43 ID:Q1ZzGef1
その時は大した事無いって顔して夜一人グラスを傾けながら、
「フフッ」って漏らし笑い。そんな男ですよ、井坂は。

155 :ピーコ:04/08/23 09:49 ID:hNpjty6T
>>150
まさか私の勇姿を見逃したとでも言う気じゃないだろうな?・・・フッ、まあいい
Jフォームもとい私の勇姿はここにあるつ□←30話が収録されてるこの先出るDVD
いや、だが正直に言うと橘が前に私をラウズしたときただポイントが加算されるだけ
などという効果しかなかったとわかった時は少しショックだったが、さすが烏丸だ
レンゲルのベルトを共に作っただけはある。確かに橘と共に空に舞った時も嬉しかった
んだがそれ以上に奴がラウズアブゾーバーを受け取ったときの笑顔が忘れられないw
思わず私からも満面の笑みがこぼれてしまった・・・しかし、君は今日見逃したんだ
としたら同時に幸運でもあるぞ。ニュージェネレーションなどという愚作で私の偽者を
見ずに済んだんだからな。まったく人気者は辛い、私のカッコをすれば人間の女性にも
大人気という考えは間違ってはいないが偽者ではしょせんあの程度だ。・・・偽者では
っとそろそろ失礼する。これから食事をして仮面ライダー剣vsデカレンジャーを見なくて
はならないんでね、まったくペッカーを説得するのは骨が折れた。なんせ一人だけ封印された
のが最近なもんだから総集編なんか見ても出るかわからないからキッズウォーが見たいなどと
言い出す始末だ。TVは一台しか無いというのに、まあそれをまとめるのも上級である私の仕事
だからな。でも一応スタッグにTV1、2台追加頼んどいたほうがいいかもしれんな。
それでは今度こそ本当に失礼する。言っとくがもしニュージェネレーションを
見逃したんなら見る必要はないぞ!いいな!あんな無様な・・・まあいい。さらばだ

初めてやってみた、他の人と比べると文章まとまってねえorzでも俺なりにやって
みたんで読んでやってください(涙)

156 :名無しより愛をこめて:04/08/23 10:47 ID:Has+u+PR
>>155GJ!
伊坂の個人的感想を是非知りたかったので。


ちなみにオレの中ではピーコは戦闘時以外は全て
伊坂体で、例の口調で喋るのがデフォでつ。

他の上級も平素は人間体のイメージだけど、
山羊と狼はUD体です。上級部屋に居てもよいのに
何故か大部屋で下級と違和感なく混ざってる感じで・・・


157 :適材適所 1/3:04/08/23 10:57 ID:B6WO1Xzx
〜ある日のギャレンラウザー〜

アブソーブクイーン フュージョンジャーーック
バーニングショット

ゼブラ「ふ〜、なんとか勝てたみたいだね。やっぱりジャックフォームは強いわ」
ファイアフライ「でもよ、なんか今回苦戦してなかったか、橘の奴」
ホエール「そういえば、ジャックになる時モタついていたような・・・」
バット「おい、アブソーバー組が帰ってきたぞ」

ピーコック「・・貴様!!おい、サーペント!!何故ジャックフォームに変わる時、手を抜いた!!」

一同「!?」

サーペント「フン、それがどうした?結果的に勝てたのだから良いではないか」
ピーコック「貴様のせいで融合係数が落ちて、後少しで橘の変身が解ける所だったぞ!!解っているのか!!」
サーペント「だから、それがどうしたのだと言っている。私にはお前たちの様にここで戦う義理は無い筈だ」
ピーコック「何だと!?」
スタッグ「まあ、待て。少し落ち着けピーコック」
ピーコック「邪魔をするなスタッグ!コイツには入った頃からやる気がないのが目に見えていた。
    ここは一つ灸でも据えてやらんと・・」
スタッグ「だから、落ち着けと行っとるじゃろ」ガシッ!!
一同(か、噛んだーー!!(゚Д゚;))
スタッグ「さて、伊坂は怒鳴り疲れて夏眠してしまった様なので、ここに放置してと」
一同(夏眠って、アンターー!!(゚Д゚;))

158 :適材適所 2/3:04/08/23 10:59 ID:B6WO1Xzx
スタッグ「おい、サーペント」
サーペント「なんだ、スタッグ。何度も言うが私はここで働く気など少しもないぞ」
スタッグ「つまり、お前はカリスラウザーの方がまだ良かったと言いたいのか?」
サーペント「そうだ。そもそも私を倒したのはジョーカーの筈だ。それをカードゲームの様に他人に譲渡などして…
    それでどうして、このバックルで戦う必要がある?」
スタッグ「フム。お前の言う事は至極最もな話だ」
サーペント「そうであろう」
一同(オイ、オイ、認めちゃってるよ…大将ーー・゚・(ノД`)・゚・)
スタッグ「ならば・・、おーいバット!ちょっとこっちに来い」
バット「ヘ!?俺っすか?はい、すぐに行きます」
サーペント「どういうことだ、スタッグ?バットの奴など呼び出して」
スタッグ「いや、アイツの便利な能力でカリスラウザーの中を見せてやろうと思ってな」
サーペント「何!?それで一体何が解るというのだ」
スタッグ「まあ、待て。おい、準備は出来たかバット?」
バット「あ、はい!カリスラウザーと俺のスコープの接続作業、完了しました」
スタッグ「よし、ではお前が真に居るべきだった場所を見るといい」
サーペント「まあ、良い。戯れにでも見てやるさ」

159 :適材適所 3/3:04/08/23 11:00 ID:B6WO1Xzx
〜ある日のカリスラウザー〜
センチピード「ハァッ、ハァッ、ハァッ・・天音ちゅぁ〜〜〜〜ん!!!!!!ウッ、ドピュッ」
サーペント(うげ!なんだコイツは!?気持ち悪いぞ!)
スタッグ(コイツだけではない、もっと周りをよく見ろ)
プラント「・・・幼女」ホーク「幼女!」モス「幼女!幼女!!幼女!!!」
一同「ようじょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!」
シェル「黙れ、ロリコンども」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!!!
「グオーー」「痛いーー」「バックルが開いた…」「ムカデ死すとも…ロリは死なず…ガクッ」
オーキッド「アンタたち、さっきからウルサイのよ!!ロリロリロリロリロリって!
    私と白井さんの新婚ネタが頭から吹っ飛んだでしょーがーーー!!!!!!」
ビシーーーン!!バターーーン!!ギュルルルルルル!!!「イヤーーー」「ヤメテーーー」「…死ぬ」「ゲフッ」
サーペント(…ナニ、コレ…?)
スタッグ(奴の所は総人口の8割がロリだ。そして残りの2割が婦女子だ。
    どうだ、これでもあのバックルに戻りたいか)
ファイナルアンサー
センチピード「ハァッハァッハァッ・・・天音ちゅぁーーーーーーーーん!!!!ウッ、ドピュッ」
シェル「五月蝿い」ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!!
オーキッド「私の白井さんぐぅぁーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!」
サーペント(…私が悪かった。ちゃんと真面目に戦うから、ドウカココニイサセテクダサイorz)
スタッグ(うむ、これにて一件落着!)

ピーコック「…ハッ!?私は何故ここで寝ている?ナズェナンディス、ダディーァナザァーーーン」

160 :名無しより愛をこめて:04/08/23 11:25 ID:Urd97ECb
>>159
GJw



161 :名無しより愛をこめて:04/08/23 11:33 ID:w2UWMKh7
>>148-149
なるほどクウガかw
スタッグと何かの関係あるのか?
そういえばシザースはスタッグとなにかあるんかな?

162 :「アンデットの思い」総集編Ver.その1:04/08/23 12:24 ID:bb9EtY2x
ローカスト「うむうむ、やっぱ強いな俺……戦闘中にフォームチェンジもするし、さすが第1話の敵役」
ビートル「カード全然足りない頃のオレの剣崎にすら封印されたわけだけどな」
ローカスト「うっ! い、いやそれは……
 そう、ちょうど俺の必殺技にリザードでカウンターされて威力が増したんでついバックルが」
ビートル「まあ、あそこでお前が勝っちゃうと話終わっちゃうしなあ」
ローカスト「本来なら勝算アリアリだったんすよ。人間体の時にイナゴ分身殺法で不意打ちしてもよかったし、
 必殺技をあんなボアもどきじゃなく、正調ローカストキックにしとけばあれしき……いやちょっと痛い痛い痛い! 角痛い!」
ビートル「ボアを悪く言うのは構わないがオレとオレの剣崎を舐めるなよ(ドスッドスッ)」
ローカスト「痛い痛い! て、ていうかビートルの大将、タックルん時は頭から行った方が絶対強……ゲフッ(パカ(バックル開)」

モス「幼女サーチャー軍団ことロリコンラウザー封印組1号、モスでーす。
 まあセンチピードみたいな真性からシェルみたいな変移種までいるから、全員単なるロリではないけど」
プラント「第2号、プラントっス。オーキッドの姐さんにすっかりお株奪われてるけど縛りプレイ担当っス。
 あ、でも姐さんは締め付けるのが好きな方で、俺は撫で回すような動きのある縛りが好みだったり」
センチピード「久々のオンエアをいい事に薄くなった影を取り戻そうと必死だなプラント……
 そんで俺が ネ申 ことセンチピード、第3号な。顔射命、幼女なら何杯でもイケるぜ……ウッ!(ドバビュ)」
モス&プラ「「毒液撒くなこのタイ! …じゃなかったタコ!!」」

バット「…あれ? 俺は?」
スタッグ「レス書きの中の人が最初の10分を見逃したらしい。許せバット」
バット「_| ̄|○」

正直スマンバットよorz
明日に続く……かも。

163 :名無しより愛をこめて:04/08/23 12:56 ID:/VxyUaJ2
>>144-146
GJ!みんな仲間思いだなぁ・・・個人的には本編終了後のニュージェネでは
(#゚∋゚)<私を倒せる男はこの世界にたった一人だけだ!!
とか言って伊坂にグレイヴ(だっけ?)を軽く倒して欲しかったなぁ・・・。


164 :名無しより愛をこめて:04/08/23 13:04 ID:y48WIfRX
投書:疑惑
亀さん。川で人間をいぢめていたところ、蛇の姐さんに、鞭(髪?蛇?)でしばかれる。
以降、離れていても忠実に仕えていたところを見ると、女王様として認めていたらしい。
そういう傾向のある方なのでしょうか?

勢い余って噛み付くと、でぃあさんがいないと引き剥がせないらしい。誰かの大顎みたい
ですが、すっぽんタイプの遺伝子も持っているのでしょうか。


165 :名無しより愛をこめて:04/08/23 14:48 ID:e7+iwIRB
>>163
いや、描写がされてないだけで実は伊坂を倒したのはギャレンなんだよ。

・あの2人から伊坂が見えなくなる→グレイブがぼこられる→敗走→橘さん登場
→「貴様だけは俺が封印する!!」→伊坂、4年ぶりのバーニングディバイドで封印される
→グレイブ、さも自分が倒したかのように登場、2人をスカウト

といった感じで。・・・いや、そうでも思わなきゃやってらんねえorz


166 :名無しより愛をこめて:04/08/23 15:59 ID:iNhqzeZc
>>165
それじゃ、グレイブはヘタレ・・・・

・・・きっと、伊坂はわざと封印されたんだ
小夜子を殺しちゃったことを後悔してるんだよ・・・
・・・きっと・・・

167 :名無しより愛をこめて:04/08/23 16:34 ID:w2UWMKh7
つかグレイブの中の人は完全にキャストミsうわなんだおまえなにをするやめrytlkzx(パカッ
ランスの中の人をグレイブにすればよかったと思うわなんだおm(ry

168 :名無しより愛をこめて:04/08/23 16:46 ID:IcYayIJO
↑そろそろスレ違いですよおまいらw

にしても「3」になってますます作品が増えてきてるよヽ(・∀・)ノ
GJ!と言ってるヒマがない程次々と投下されてる…
という事でまとめてでスマソ、職人さんたちGJです!!!!

169 :浦島乙姫 1/2:04/08/23 17:39 ID:B6WO1Xzx
バット「>>164って言われてるけど、どうなんだそこの所は?Mなのか、お前?」
トータス「いンや、とんでもねえベ。オデがあの人に付いて行ったのにはちゃんとした理由があるダヨ」
バット「理由?」
トータス「そうダ。あの人には前に助けてもらったことがあるダヨ」
バット「助けてもらった!?お前がサーペントの姉さんにか?」
トータス「そうダス、あれは一年前…外れで開放されたオデが鈍い足でようやくサ日本に辿り着いた時だったダス…」

トータス「ハァ、ハァ、やっと着いたダヨ日本に。来ンのに2年もかかってしまったダベ
   ちょっと疲れたから、そこの海岸で休むベ」
子供1「おーい、こっちに来て見ろよ。あそこに大きな岩があるぞ」
子供2「本当だ。よーし登ってみようぜ」
トータス「…ン、なンだか体が急に重くなってきたダ…って、オデの体に誰か登っデル!?」
子供1「おい!この岩しゃべってるぞ!テレビで見た人面岩ってやつだ!すげー!」
子供2「いや、違う!これ、岩じゃなくて亀だ!しゃべる亀だぜ!すげー!」
子供1「でも、この亀何言ってるのかさっぱりわかんねーぞ」
子供2「馬鹿だな、お前。亀が話すのは亀語に決まってるだろ」
トータス「(アンデット語で)オーイ、子供たンち。早く降りるダス。上に乗っていると危ないダスヨ」
子供1「おい、この亀動いたぞ!きっと俺たちを食べちゃう気なんだ!」
子供2「だったら、やられる前にやっちまえ!それ、ひっくり返せ!」
トータス「ウワー、やめるダス!?ひっくり返されたら、動けなくなってしまうダスヨ!」
子供1「へん、この亀動けないみたいだぜ。あとはボコボコにするだけだ!」
子供2「それ、やっちまえー!」
トータス「イタイイタイ!やめてダス!痛いダス!亀をイジメてもいいことないダスヨ!」

トータス「オデはあン時、死ぬかと思ったダス。危機一髪とはあのことダス。」
バット(俺たち…『アンデット』なんだけどな…)
トータス「そン時だったダス、あン人が現われて助けてくれたのは…」

170 :浦島乙姫 2/2:04/08/23 17:43 ID:B6WO1Xzx
サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ。海はやはり気持ちがいいな。
    浜辺を歩いているだけで、心が洗われる様…フム、あれは何だ?
人間のガキ共がでかい岩に向かってミドルシュートの練習をするなど…
    おい貴様ら、どうしてそんなことをしている?」
トータス(あンれは上級アンデットのサーペントさんダベ。まさかオデのことを助けに来てくれたのカ!?)
子供1「うるさいなー。俺たちは正義の為に化け物をイジメてるんだよ」
子供2「そうだよ。今いい所なんだから邪魔するなよ、おばさん」
サーペント「(ガーーーン!!)…わ、私が『オバサン』だと…舐めるなよ!この糞餓鬼!!」
子供1「う、うわぁぁぁぁッ!?化け物だ!!本物の化け物が出たぁぁぁぁッ!!」
子供2「ひゃッ、ひゃぁぁぁぁッ!?に、逃げろぉぉぉぉッ!!!」
トータス(こンれがサーペントさんのアンデット体ダスか・・・美人ダスな〜(ポッ))
サーペント「チッ、逃げられたか…まあいい。それにしてもいい形の岩だな。
    長く歩いて疲れたし、少しここで休んでいくか」
トータス(サ、サーペントさんの柔肌が…オデのゴツゴツとした体に密着しているダス!?
   な、なンて幸せなんダ〜)

トータス「そンれから一年後、オデはまたサーペントさんと出会ったダス
   サーペントさんはオデのこと覚えてなかったダスが、オデは側に居るだけで幸せダス。
だンから、オデはあの人の為だったら命でも何でも差し出すンダヨ」
バット「お前、大変だったんだなぁ(号泣)同じバックルに入れて良かったじゃねーか!」
トータス「そうダス、本ン当にジョーカーさんには感謝を…あ、すまんダス!」
シュッ シュッ シュッ
バット「どうしたトータス、急に首なんか引っ込めて?あ、サーペントさん、お疲れ様っす!」
サーペント「ああバットか。お前私の椅子を知らないか…ってそこにあったのか。
    どうしていつも勝手に無くなるのだろう。不思議だな?」
ズルズルズルズルズル…   バタン!!(ドアが閉まる音)
バット「あいつ、まだ椅子やってたのか…・゚・つД`)・゚・」

171 :名無しより愛をこめて:04/08/23 17:56 ID:aQYkfjSs
サーペント「なんだ、この部屋は?ここだけ頑丈な扉だな」
一同「あ!あ、いや、えーっと・・・・・・・開かずの間なんですよ!!開けたらそれは恐ろしいことが・・・」

ドガッ!!

一同(はうあっ!!)
フロッグ「ゲロッ!!何だ何だ、びっくり…!!さ、サーペント!」
サーペント「なぜお前の部屋だけこれほど頑強なのだ?」
フロッグ「イヤ・・・それはその・・・」
スタッグ「察してやれ、お前が怖いのだよ。カエルだからな」
サーペント「私に食われるとでも思っているのか?
 
     食うわけなかろう。 あ ん な 不 味 そ う な カ エ ル な ど。」

フロッグ「!!」


・・・・・フロッグは更に厚い扉を作り、ますます引きこもるようになったそうだ。


172 :スタッグ@150:04/08/23 19:46 ID:ImPuY24q
>155
GJ! ありがとう、ありがとう、ありがとう。

そうだったのか。
ワシ、ちょっと不安だったんだよね。
だってせっかくのJフォームなのにギャグだしさ。

実は誤爆だったんだって言ったら怒る?超怒る?
ピーコックに直接聞いた方が良かったんだけど、Jフォームから帰ってきたら
すごい勢いで夕飯作って部屋に閉じこもっちゃったから。

ニュージェネ以外は考えられないんだけど、
Jフォームになんかあって落ち込んだのかなぁとも
おもってちょっと心配しちゃったの。

クイーンがアレだしね。
---

以上、電波終わり。ごめんね。そしてありがとう〜!!
お礼に噛んどく。きゅっ。

173 :名無しより愛をこめて:04/08/23 20:47 ID:9iuV8m+o
みんなのGJ発言のところにネタを入れれば
もう少し伸ばせると思うんだけどもどう?

>173
そう言ってる暇があったら書き込むな。

174 :名無しより愛をこめて:04/08/23 21:10 ID:rEeIXOzx
150氏や164氏のような参加の仕方もアリかな。

「ムシムシ相談室」に投稿〜
「皆さんにとって怖いものってありますか?
 是非ともアンケートを採って教えて下さい」

175 :名無しより愛をこめて:04/08/23 21:23 ID:/aG4C9Kp
>>171
アルマジロ「サーペントさんもあんな言い方はないよね。まあ『美味そうだ』って言われるのもアレだけど・・・」
ファイア「しかし、そんなに不味そうだったのか。フロッグは」
ホエール「ファイアフライ。やめてくれ・・・」
ゼブラ「にしても、食べないとわかってホッとしたのはいいけど、スタッグと伊坂さんが必死で造った
   オリハルコンプラチナ製のドアはあまり必要じゃなかったね。」
アルマジロ「ブレイラウザーの援助もあったのにね。トリロバイトもあんなに身を削ってやってくれたのに・・・」
ホエール「うーん・・・というかバット、お前のスコープでこの結果が見えなかったのか。」
バット「スマン、忘れてた。」
一同(忘れてたって・・・)

ファイア「ん!!(ボッ)」
ホエール「どうしたファイアフライ。」
ファイア「あの扉、オリハルコンプラチナ製だよな」
アルマジロ「うん。それがどうしたの」
ファイア「俺と一緒に・・・じゃなくて、サーペントのヤツ結構あっさりこじ開けていたぞ。」
一同「・・・・・・(まさか)」

スタッグ「ふぅむ、簡単に突き破れたのはオリハルコンプラチナが足りなくてドアノブの部分を手抜きしちゃったんだ。」
ピーコック「『手抜きしちゃったんだ』じゃないだろ。
    そういえば援助してくれたブレイラウザーのヤツラにはどう説明するんだ。」
スタッグ「まあ『ごめんネ♪』っていえばビートルも許してくれるだろ。」
ピーコック(こいつ、あいかわらずヒドイヤツだな。)
ペッカー「にゃお〜〜ん。」

ダグンドンクツマンネー続編を作ってしまったけど私は・・・謝る。スイマセン。

176 :浦島乙姫:04/08/23 21:29 ID:2tVB5QUA
>>169-170 GJ! トータスたん、いいUDだなぁ〜。のんびり度量の大きい良いコだ。
そして、やっぱ、惚れたのは人間体ではなく、サーペントのUD体の方にか(笑

>>162 新連載、大期待!バット頑張れ。超頑張れ。
しかし、プラント、撫で回すような動きのある縛りって・・・。
すまん、俺の想像力の限界を超えた。実演してみせてくれ(オイ

>>148 仮面ライダークウガ。な、懐かしい・・・。
タイヤキ屋は、2000の技の102番目ぐらいなんですかね?
いや、古代のタイヤキ屋ってことは、-2800番目ぐらいの
ふっる〜いワザだったりして・・・(というかマイナス数えはありなのか

>>139 一瞬、逆襲のソバットと読んでしまった・・・。俺の目はボドホドだ!
しかし、本編では使われないバットも、このスレでは大活躍の予感!
ネタバレスレから劇場版まで、幅広くスコープ(覗き見)しる・・・w ←小さいバットに見える。

>>131-134 うおお。なんか、正統派っぽいじゃないか。仮面ライダー蘭。
念願の女仮面ライダーだ・・・。本編もこんなんだったら良かっ(ry
しかし、オーキッド姐さんは書きなれているな。負けるな、仮面ライダー龍&穿!
職人さんも。気弱にならずに、続けてくだされい。

>>127-128 ビートル・・・おまい、恋=ザヨ゙ゴーの本当の意味はわかってるのかい・・・?

>>173さん、作品ではなく、長文感想レスですまそ。
しかし、GJ発言は、職人さんたちには栄養だと思うから、GJ発言を禁じたら、
そのうちネタを書いてくれる人もいなくなる諸刃の剣だと思うんだけど・・・

特に、このスレでは「気に食わないネタはスルー」が方針なので、気に入ったネタを放置しちゃうと、
そのネタ書いた職人さんがションボリして、立ち消えちゃう可能性もある。

GJもネタもばんばん書いて、埋まったら次スレへ!が良いのでは?

177 :名無しより愛をこめて:04/08/23 21:39 ID:7NDf7pW/
>>169-170
ミドルシュートの練習ワラタ。
トータスは椅子待遇を喜んでたのかw

GJ!!

178 :名無しより愛をこめて:04/08/23 21:50 ID:o1Utn3qx
>>170 GJ!!!
> サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ。海はやはり気持ちがいいな。
これ完璧にツボに入った!

椅子扱いの亀もキャラ立ち杉!

179 :名無しより愛をこめて:04/08/23 22:00 ID:ElCOZLnW
そう言えば、今週の始さんは
天音ちゃんに抱きつかれて、なでなでしてましたね。
先週分を取り返せましたか?<ロリコンズの皆さん

180 :マンティス:04/08/23 22:16 ID:hNpjty6T
わからない・・・覚えてないんだ

181 :笑い上戸なサーペントの場合1/2:04/08/23 22:16 ID:2pD3Qwyy
**/**
…どうやら封印が解けたようだ。

**/**
まずはジョーカーを倒さなくては。
ジョーカーが勝ち残れば全てが滅ぶからな…というのは表向きな理由だ。
本当の理由は、ジョーカーを見ると、なぜか笑いが止まらないからだ。

…全く忌々しい。なぜ憎きジョーカーなんぞを見て、私は笑わなければならないのか。
コブラが以前、「道のど真ん中で大口開けて、バックルが開くほど笑うたぁ、上級アンデッドのやることかよ…」とかなんとか言いやがったが、私とて好きで笑っているわけではないぞ。
前回はそれが原因で封印されてしまったが。あれは全く屈辱だった。今回はそのような不様なまねだけはするまい。
だがな、スパイダーの駄洒落なんぞでバックルを開けるような奴に、言われたくもない。

海の近くの街を拠点にジョーカーを探すことにする。
やはり海はいい。1万年ぶりの海だ。しばらく堪能する。
本当はもっと南の方が好みなのだが、ジョーカーがこの付近にいるという直感があるので我慢。
しかし、1万年前に比べるとかなり汚い。
まったく人間どもめ。私が種の頂点に立った暁には、目に物見せてやるぞ。
とりあえず、私にぶつかってきた馬鹿船をいくつか沈める。

182 :笑い上戸なサーペントの場合2/2:04/08/23 22:19 ID:2pD3Qwyy
**/**
ジョーカーを見つける。早速…と思ったが何たることだ、また笑いが止まらない。
1万年のあいだ、カードの中でイメージトレーニングしたというのに。
やはりエレファントが言っていたように、水に浮きながらでなければ効果がないのか?
だが、奴に勝ち逃げされては元も子もない。
どうしたものか…と思っていると、橋の下でトータス発見。
トータスが何をしてようが興味はなかったが、あの姿を見て閃くものがあった。
いい椅子…いや、違う、これでジョーカーの姿を隠すようにして戦えばいいのではないか?
無駄に横も縦も大きい。これはいい遮蔽物になるぞ。面積が大きいのが動けば、視線はそっちへ向くしな。

さっそく、その作戦を実行した。
笑いが込み上げてきたところで、素早く合図してトータスを呼ぶ。いい感じだ。この作戦はなかなかいいぞ。
このまま笑いが最高潮に達してバックルが開く前に、ジョーカーにとどめを…というところで、スタッグとビートルが中の人込みで来やがった。
くそ!だが、お前たちは後回しだ。戦力は対ジョーカー用に残しておく必要があるからな。
仕方ないので「トリック・サーペント」で姿を隠した。
(続く?)

前のスレでサーペントは笑い上戸なのでは…というコメントがあったので…つい。

>>131-134 続き続き〜GJ
>>145 ふて寝するピーコックがかわいいGJ
>>127-128
やはりツノが痛かったか!恋の意味は分かっていない>ビートル。GJ

183 :そういや:04/08/23 22:58 ID:Toyar784
シェル「スピリットの力で人間に化けてるんだから
  天音とかいう奴から直に抱きつかれたりしてるわけだよな、スピリットは」
ロリ組一同「はうぁッ!?」

誰か続きお願い
既出ネタだったらゴメン

184 :名無しより愛をこめて:04/08/23 23:04 ID:PPV8eAFt
今日なにげにボンヤリ考えていたんだが・・・

「仮面ライダー穿(ドリル)」
ってスゲーカッコ良くてインパクトある名前だよなー。

ドリルキック。ドリルパンチ。スゲー強そう!

職人様
バカバカしくもハードな「穿」「龍」シリーズの続きを是非!

185 :テイピアのわがまま(1/3):04/08/23 23:11 ID:0Yvzce9x
テイピア「…ズルいと思う」

スパイダー「うを?!いきなりどうしたテイピア?」
テイピア「僕も名前がホシイ」
スパイダー「オマエはテイピアだろ?」
テイピア「もー、そうだけどそうじゃなくて」
嶋「なるほど、私が“嶋昇”であるように種族名とは別の名が欲しいということだね」
スパイダー「んなもん無くたっていいじゃねえか。紛らわしいだけだぜ」
ビー「…少し前まで 『最強のライダー、レンゲルだ!!』 とか言って悦に入ってましたよね。」
スパイダー「そ、そうだったか?(照れ)」
嶋「最初は“山登(やまのぼる)”にしようかと思ったんだけど、烏丸にスゴイ顔で止められてね。
  今となってはいい思い出だよナチュラル」
ビー「誰も訊いてませんよ。そのころはもうカナリヤ居たんでしょう?しっかり私が別モノだってわかってますね?」
嶋「そんなにだめかなあ、“山登”」
スパイダー「…クッ」
コブラ「俺的には結構キてるっス」
スパイダー「コブラ…テメェ…」
モール「名前としては地に堕ちてるよ。名前としてはね」
テイピア「そんなことどうでもいいよ。名前が欲しいの!」
ポーラー「いいんじゃないの?上級特権ってわけでもなし、マンティスみたいに勝手に名乗れば?」
ビー「カリス…ですか…いまそのせいでだいぶ苦労しているらしいですよ。」
テイピア「そんな苦労なら…してみたい」

186 :テイピアのわがまま(2/3):04/08/23 23:14 ID:0Yvzce9x
ライノス「いくら名前があったって(特に本編で)呼んでくれるヒトが居なかったら無意味だと思うサイ」


ブレイラウザーでは

イーグル(高原)「へっくし!…カリス、君か?君なのか?」

ウルフ「風邪だろ」

カプリコーン(矢沢)「(#0д0)フォンッッ!」

エレファント(大地)「バシュゥゥゥゥゥゥゥン!!!!」(大振動)

ウルフ「…嘘だろオマエラ?今のがクシャミだと?」((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
イーグル「あの二人まで…ナズェダカリス?」
ウルフ「だから風邪だろ。俺も気をつけないとな。お前ら俺のファングに唾かけるなよ」


ギャレンラウザーでは

サーペント(あずみ)「くしゅん…畜生!!」
トータス「?!」

187 :テイピアのわがまま(3/3):04/08/23 23:15 ID:0Yvzce9x
再びレンゲルラウザー

テイピア「それでも無いよりいい」
スパイダー「しかたねぇなあ、待ってろ…」
コブラ「付けてやるんすね」
テイピア「かっこいいのがいいな」

スパイダー「大和田!」   嶋「夢枕!」

ビー「両方イロイロと拙いです。」
テイピア「ダメなの?」
モール「ダメなんてもんじゃない」
ライノス「…すごい息合ってるサイ。この際蜘蛛お二方で組まれたら?」
スパイダー「冗談じゃねぇ」
嶋「組むって何を?」

このままこの話は有耶無耶となった…

188 :名無しより愛をこめて:04/08/23 23:19 ID:fFTNeBL/
リアルタイムでみたディスヨー

矢沢のクシャミわろた

189 :名無しより愛をこめて:04/08/23 23:20 ID:ElCOZLnW
>>185-187
テイピアファンなので、話題の中心になってるのがうれしいです。GJ!

そして、なぜかくしゃみをしなかったウルフ(新名)。

190 :sage忘れスマソ:04/08/23 23:20 ID:fFTNeBL/
そういえばフュージョンウルフの正式スートはハートらしいけど・・・

ロリコン組にウルフが混じるとどうなるんだろ?w

191 :CM:04/08/23 23:21 ID:g+5VZ6g+
ニュージェネ予告三連結
http://www.hapi.ne.jp/BG_Mypage1.asp?mn=94.633&cn=1850
board

♪ハゲックスモ〜ド♪♪

192 :ハゲ暗躍 1/2:04/08/23 23:36 ID:rB7KFovg
>>175
スタッグ「っておい、待て待て。ピーコックよ。わしのことを手抜きと言うが、ドアや鍵の設計その他は
    お前とツカダ君に任せておいたはずだろ?レンゲル開発の実績があるぐらいだし、と思って任せたんだぞ。」
ピーコック「確かに。しかしレンゲルの時もそうだが、何も俺が作ったわけではないからな…。
     俺はおおまかな指示をしたに過ぎん。人間どもの科学だの何だのというのは範疇外だ。」
アルマジロ「え、じゃあ今回もツカダさんが…ほとんど…?」
ピーコック「ああ、そうだ。…………何だ?アルマジロ。何か言いたそうな顔だな。」

アルマジロ「いえ、その…。 あ の ツカダさんが、なんですよね〜、って…あは…あはは…(汗)」

スタッグ「……。」
ピーコック「…………。」
一同「 ま さ か …! 」

スタッグ「ピーコック!設計図その他諸々、保管してあるよな?!持って来てくれ、今すぐ!」
ピーコック「う、うむ。わかった…!」
スタッグ「アルマジロ!と同じく会計担当のファイアフライ!オリハルコンプラチナの在庫管理帳簿を再チェック!
    ドア製作にとりかかる前の数字、ビートルが送ってくれた分、
チベットの烏丸に手配してもらった追加分!すべて必要だ!」
アルマジロ&ファイアフライ「イエッサー!」

   どたどたどたどた…

トータス「こっ…こりゃいったい何事で?(オロオロ)」
ゼブラ「あ、そういえばお前と蛇姐さんはまだ会ってないんだったっけ。
    うちにゃツカダって問題児…いや、問題ハゲがいるんだが…気をつけた方がいいぜ。
    お前、亀だろ?ベッコウだっつって甲羅剥ぎ取られたり、
    業者に売るんだっつって大事な姐さんの蛇皮剥ぎ取られたりしないようにな。」
トータス「ほ、ほえ…?!」

193 :ハゲ暗躍 2/2:04/08/23 23:38 ID:rB7KFovg
────1時間後────
 
      ず〜〜〜〜〜ん…
 
トータス「(あンれまー…何だかお通夜みたいな雰囲気になっちまっただよ…)」
 
スタッグ「……やられたな……。」
ピーコック「ああ……見事にな……すまん、俺の監督責任だ……。」
スタッグ「いや、それを言うならばわしの人選ミスだ……あのハゲがヤヴァい奴だってことは、
    さんざん経験済みだったのにな……っていうか……泣いてもいい?わし……」
ピーコック「スタッグ……俺もだ……」
 
      ひしっ
 
スタッグ&ピーコック「わ────・゚・(ノД`)・゚・────ん!」
 
バット「上級2人を泣かすとは…ハゲ恐るべし…」
ペッカー「ね、ねえねえ。結局ぅ、どゆこと?マジロちゃん」
アルマジロ「あのね。フロッグの部屋のドアの新調工事に関連する帳簿とか、工事計画書とか、
     設計図とか、会計報告書とか…とにかくまあ、いろいろ調べてみたわけなんだけど。」
ペッカー「ウン。」
アルマジロ「そしたらね。合わないの。いろいろと。アレもコレもソレも。」
ペッカー「……?」
アルマジロ「特に酷かったのは……サーペント姐さんに壊されて外れちゃったドアの重さを量ってみたんだけど、
     それが設計図に載ってる数字と全然合わなかったんだ。……わかる、かな?」
ペッカー「……ウン。よくわかんないんだけど、いっこだけ、わかった。
    つまり、そのハゲって人に、 横 領 か ま さ れ た ってことなのね?材料の。」
アルマジロ「正解。……うん、悲しいぐらいに大正解だよペッカー……(泣)」

194 :名無しより愛をこめて:04/08/23 23:43 ID:0Yvzce9x
>>189
補足みたいなお詫びみたいな 
新名は本編でモロ呼ばれてたのでクシャミさせませんでした。ばーいそれの職人
わかりにくかったかな?

195 :名無しより愛をこめて:04/08/23 23:48 ID:sBbVAHWs
>>175、192-193
GJ!!そしてありがとう!!
私が考えもなしに扉破らせたにもかかわらず、素敵ネタに使っていただいて!!
いや、ほんとに職人さんてすごい・・・

196 :名無しより愛をこめて:04/08/24 00:18 ID:M2eAmhtv
トータスの訛りを見ていたら五星戦隊思い出した。
感想だけじゃ悪いから小ネタでも投下しておく。
ネタがわからない人には申し訳ないと思う。だが私は謝らない。

トータス「アルマジロさんはいつも転がってて目が回ったりしないダスか?」
アルマジロ「ん〜(ゴロゴロ〜)、慣れれば結構面白いよ〜(ゴロゴロ〜)。君もやってみれば?」
トータス「んだば、オデもいっちょやってみるダス」

      ゴロゴロ〜 ガッ パカッ

スタッグ「ふぅ〜、ひとしきり泣いたらお腹すちゃった。…ってアレ?何でアルマジロがつぶれてんの?」
トータス「ススス、スンマセン!オデが調子に乗ったばっかりに…」
一同「   大圧殺…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル   」

197 :名無しより愛をこめて:04/08/24 00:22 ID:Sy/7Mkcc
>>192-193
おお、久しぶりにハゲの悪行が……w
気づいた時には
一同「(|||゜ロ゜)゜ロ゜)゜ロ゜)゜ロ゜) や ら れ た」
って状態になってたんでしょうな

198 :名無しより愛をこめて:04/08/24 00:23 ID:QYDPeW4R
>>187
大和田バクか!wその名前良いんじゃないか!

199 :189:04/08/24 00:35 ID:sSvyP6Q8
>>194
職人さん、わざわざ解説ありがとう。そういえばそうだった・・・
もっと読解力を身につけなくちゃね。

ハゲ、暗躍しまくりだなあ。
そういえば、レンゲルデッキ悪夢との邂逅シリーズって前スレで完結した?

200 :悪夢作者:04/08/24 00:46 ID:l7kfFLpD
>>189
一応前スレ616のポーラー編で全員分やりましたけど番外もすこしは考えてます。
ただ読むに耐えるものになるかどうか…そしていつ書きあがるやら。
最近めっきりさっきのテイピアみたいな小ネタばっかになっちまって。

201 :名無しより愛をこめて:04/08/24 02:13 ID:pxzJc4ga
>>190
ロリコン組とは関係ないけど
ウルフと蘭姐さんはなんとなく仲が悪そう。
仲が悪くていつも口論とか口喧嘩ばっかりしてたりするんだけど実は息はぴったり、みたいな

いあ、本編の2人のやりとりとか2人揃って象にびびってたりしてたとこ見てたらなんとなくそんなイメージがw


202 :30話+192(1/4):04/08/24 02:20 ID:PpYM8F4n
〜ブレイラウザー内、30話後半〜
ビートル「うわっ、この亀硬いぞ。みんななんで出て来ないんだ、このままじゃ俺の剣崎とアニキの中の人が!」

フュージョンジャック

ビートル「おおー、アニキかっこいー…よし、俺もジャックフォームに…おい、イーグル、カプリ!…ナズェデテコナインディスカ orz」

〜戦闘後〜
ビートル「はぁ〜…ツノはぶつけるし見せ場は無いし、散々だった…」
ジャガー「お、朝からどーしたんすか、目一杯疲れちゃって」
イーグル「ついカリスの声で目を覚ましてしまいましたが、まさか私に隠れて会っていたのでは…」
ディアー「つーかバトルでもしたのか?俺呼ばれなかったけど」
ビートル「おーまーえーらー!(ガンガンガン)」
エレファント「朝から('A`)マンドクセな事するなよ、まったく」
ビートル「朝じゃない!十分朝じゃない!何でおまえら全員寝てるんだよ!
   俺が一人で…じゃなくて、アニキと一緒にどれだけ苦労したか」
カプリコーン「トリロバが起こしに来なかったからフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
ローカスト「ったく、何やってんだよアイツは」
イーグル「あぁ…隔週とはいえ二人分のオリハルコンプラチナを作るのは大変だったのでしょう…ねえ、ビートル?(じろ)」
ビートル「(ビクっ)…そそ、そうだよな。少し頑張りすぎた(前スレ>>780-782)くらいだし…
   アニキのジャックフォームも大活躍だったし、今日のところはトリロバの顔を立てておこう」
イーグル「賢明な判断です。ラウザー内の事も色々任せっ放しでしたから…」

トリロバ「…うーん…サンダー、メタル、タックル…むにゃむにゃ」


203 :30話+192(2/4):04/08/24 02:21 ID:PpYM8F4n
〜ギャレンバックル内〜
バット「…以上、今日のブレイバックルでした」
スタッグ「(;-M-)」
ピーコック「(;゚∋゚)」
一同「orz」
トータス「…あんのぉ〜…?」
フロッグ「…すんません、蛙UDなんかが居るから…食われて来ます」
ゼブラ「待て待て、別にお前が悪いわけじゃないだろ?そもそもは…(はっ)」
スタッグ&ピーコック「_| ̄|○」
ゼブラ「すんません、伊坂さん、大将…」
ピーコック「いいんだ…元はと言えば私があんなハゲを信用したのが…」
スタッグ「いや、わしがカテゴリーAとしてしっかりしていれば…」
フロッグ「ハハハ…アッパーなんてもう使わないっスよね、ファイアフライ……焼いてくれ…」
ペッカー「んもーっ、オジサマたちシャキっとしてよ、折角ジャックフォームにもなったんだしぃ」
ホエール「そうだ、ハゲにバーニングトリロバ(注:バーニングサヨコ)でも食らわせればいいんじゃ?」
ピーコック「…ふっふっふっ…そうだった、元凶(>>192-193)であるヤツを始末せねば…(ゆらり)」
スタッグ「そうじゃな、わしも落とし前はつけんと…(ガサッ)」
ペッカー「いやぁ〜ん、オジサマたちったら、ス・テ・キv」
トータス「あんのぉ〜……?」

204 :30話+192(3/4):04/08/24 02:22 ID:PpYM8F4n
〜再びブレイバックル〜
ビートル「あれ?なんかデカい荷物届いてるよ。クロハゲで…トリロバ宛?差出人は…不明?何だろ、アニキのにおいが…」
エレファント「…運ぶの('A`)マンドクセ…」
イーグル「とか言いながら運んでる辺りが頼もしいですね」
トリロバ「あ、あの、ビートルさん…」
イーグル「おはようございます。疲れは取れましたか?」
トリロバ「あ、はい、おかげ様で…すいません、ビートルさん、僕がみんなを起こせなかったばっかりに…」
ビートル「いいっていいって。トリロバが頑張ってくれなかったら、アニキのジャックフォームだって無かったんだ」
トリロバ「でも…」
イーグル「そんな事よりトリロバイト、この大きな荷物を片付けて…今日は休んでいなさい。
   あなたは今日の戦いの前から、今日の戦いに最大級の貢献をしたのですから」
エレファント「…('A`)マンドクさいから行くぞ(ずるずる)」
トリロバ「エレファントさん、僕も持ちます!」

エレファント「…('A`)開封マンドクセ…水槽だな」
トリロバ「こっちは…ヒーター?亜熱帯の海セット?…確かに僕向きだけど、注文した覚え無いよ…」
エレファント「この羽根……読み切った。いいから貰っておけ、支払いも済んでいるようだ」
トリロバ「はい…でも、いいのかなぁ…(ぷかぷか)」

205 :30話+192(4/4):04/08/24 02:22 ID:PpYM8F4n
30話+>>192(4/4)
〜再びギャレンバックル〜
バット「…以上、ブレイバックルでした」
ピーコック「やれやれ…これにて一件コンプリートだ」
スタッグ「流石のわしも、今日は噛み疲れたわい。もう寝ても良いかな?」
ピーコック「あぁ…だが、予算の都合で、明日からは…」
スタッグ「モズク半分、だろ。わかっとる…わかっとるが、辛いな(;-M-)」
ペッカー「それで、どうやって解決しちゃったの?」
ピーコック「簡単な話だ。ツカダの所に行って…」
一同「行って?」
ピーコック「燃やした」スタッグ「噛んだ」
一同「迫e赦無ぇっ」
ピーコック「最後までバックルは開かなかったが、相当効いたようでな。さっきのアレの代金ほぼ全額負担させてやった」
ゼブラ「…いや、あのハゲアンデットじゃないし…」
ピーコック「多少の不足分と、ジャックフォーム用オリハルコンプラチナの分で、少々会計が厳しくなるが…」
アルマジロ&ファイアフライ「頑張ります!」
ピーコック「そう言って貰えると助かる。さて、では今日は解散だ」

ホエール「…(それでバット、実際にはどんな様子だった?)」
バット「…(やめとけ、バトルファイトより壮絶だから…)」
ホエール「…(そうか…(;'-`)」

206 :名無しより愛をこめて:04/08/24 02:25 ID:PpYM8F4n
GJ分の補給を貰ったので書いてみますた。
タイトルは30話+>>192、ですた。
勝手に続きを書いた上にオチも弱い。だが私は(ry

207 :名無しより愛をこめて:04/08/24 02:26 ID:CauEvf2f
>>185-187
山登ワロタ、嶋さんほんと天然でいいなぁ

>(#0д0)フォンッッ!
>くしゅん…畜生!!

萌え&ワラタ
そしてなぜテイピアかと思えばそういうオチか! アンギョン和田!

208 :名無しより愛をこめて:04/08/24 02:28 ID:CauEvf2f
>>202
いい話だ…本編でブレイドがJフォームにならなかった補完もできてるし…

209 :レンゲルラウザーの休日:04/08/24 05:50 ID:fZbdLB+O
スパイダー「・・・・・暇だな。こう暇だと体育の成績が2になっちまうな〜。」
コブラ「それはまたどうして」
スパイダー「体育ツー(退屈) なんちって。」
コブラ「ぶはははは、スパイダーさんやっぱり上手い!!」
スパイダー「冨田で金を取る冨田(とみた)」
スパイダー「朝からパスタはもうパスタ(パスだ)」
スパイダー「恐怖心で今日、不振」
コブラ「だはははははぁはぁ、もうスパイダーさん最高っすよ。」
スパイダー「なにぃピーコックのメスがやばいって。そりゃピーヘンだ(てぇへんだ)」
スパイダー「今夜嵐になるって。あら、しらないの。」
スパイダー「ラウズカードを2枚貰うっズ(貰うッス)」
コブラ「ぎゃはははは・・・・・」

ビー「今日はいつにも増してうるさいですね。」
テイピア「ここんとこ出番がないから。しかも来週もないし。他は方々はなにやっているんですかね。」
ビー「嶋さんは部屋で素麺食べるって言ってた。梅干を大量に持ってたけど麺つゆの中に入れるのかな。
  ライノスとモールとポーラーは閉じこもりっきり。あとスクィッドの部屋のドアに『開発中』のプレートが掛かってた。」
テイピア「またですか。まあ壁掛けペッカー時計はかなりの秀作だったけど、その後のファイアフライターはダメだったよね。」
ビー「そうそう、なかなか火がつかなくて、ついたと思ったら最大出力で火がポーラーに襲いかかったからね。
  しかも名づけ親はコブラだし。今度は一体何を作っているんだか・・・。」
テイピア「『カプリコーン目覚まし』とか『RCブラックファング』とか『スタッグ痴漢撃退器』とか作ってんじゃないの」

ビー・テイピア「・・・・・・・あ〜退屈だ。」

特にオチ無し。すまぬ・・・。

210 :「バットの部屋」 1/3:04/08/24 07:42 ID:FfuGsLMc
バット「よっしゃー!!いくぞ新コーナー!!薄幸バットゥ様のお部屋どぅあーー!!」
ゼブラ「バット、キャラが変わってるぞお前。後テンション高すぎ」
バット「いいか、よく聞け皆の衆!このコーナーはギャレン組では
新入りのトータスを除いて唯一の未使用(ノンラウズ)!
   かつ!その割にはこのスレの中では便利な能力の為、
目下大人気を誇るこの俺様バットを目立たせようというだけの駄企画だーーー!!」
ゼブラ「自分で駄企画と言うなよ」
バット「ハァッ、ハァッ、ハァッ…チョット、テンションアゲスギタ…」
ゼブラ「もう疲れてるし。おい、バット。結局このコーナーは何をする企画なんだ?」
バット「ハァッ、ハァッ…よく聞いてくれたゼブラ。この『バットの部屋』は俺とお前の二人で様々なアンデットたちのifを見ていこうというコーナーだ」
ゼブラ「ああ、ようは最近流行ってる『なぜカリ』とか『むしむし』のパクリね」
バット「人気を上げる為だったら、なんだってするぞ俺は。
   それにギャレン組単体でのコーナーはまだ無かったしな」
ゼブラ「それを一番に取っちゃうんだな、お前は。伊坂さんや大将に黙って」
バット「黙れパシリ。俺は一番風呂が好きなんだよ。
そもそも最初に番組に出たアンデットは俺なんだぞ(エッヘン)」
ゼブラ「威張るな未使用(ノンラウズ)。それで、俺が呼ばれた理由はなんだ?」
バット「ノンラウズ…orz ああ、それはな二つ理由がある」
ゼブラ「二つ?」
バット「一つはお前の能力のことだ。ゼブラ、俺の能力を説明できるか?」
ゼブラ「えーと、確かそもそもは暗視だろ。
それから遠視、透視、そういえば未来視なんてのもあったな」
バット「そうだ、それだよゼブラ!その未来視の力にお前の分裂の力を足せば、
分かれていった他の未来が見えるという訳だ」
ゼブラ「なるほど、だからif、『もしも』なのか…それで、もう一つの理由は?」

211 :「バットの部屋」 2/3:04/08/24 07:44 ID:FfuGsLMc
バット「お前のキャラ作り」
ゼブラ「………ハァッ??」
バット「いやだから、ピーコックのパシリという他にツッコミの属性でも付加しようかなと…」
ゼブラ「だから、パシリじゃねえっての!!お前、人のキャラ心配してる場合か?」
バット「だって俺、『薄幸』キャラだし」
ゼブラ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
バット「・・・・・・・・・・・・・・・・・orz」
ゼブラ「・・・コーナー始めるか」
バット「・・・ああ」

ゼブラ「それで今回は誰のifを見るんだ?」
バット「それなら、もうゲストは呼んである。栄えある第1回のゲストは…」
ゼブラ(第1回…っていうのか、続くのかこの企画?)
バット「夏と言えば海!海と言えばこの人!頼れる姉御、サーペント姐さんです!!」
サーペント「…ダルいから、帰っていいか?」
ゼブラ(開口一番それかよ!?(゚Д゚;))
サーペント「お前ら、前振りが長すぎだ。あれでは客が帰ってしまうぞ」
バット「客って、姐さん…」
サーペント「御託はいい、さっさと本題に入ってくれ。
私は帰ってお気に入りのMyストゥールで昼寝がしたいのだからな」
バット(頑張れよ、トータス・゚・つД`)・゚・)「それでは、今日のテーマですが
『もしあの時ジョーカー(カリス)がブレイドに姐さんをあげていたら?』です」
ゼブラ「なるほど、もしジョーカー(カリス)がJフォームの存在を知ることなく
『取り合えずイラんカードあげるから、どんどん強くなってね(ハート)チャオ☆』的な気持ちでカードをあげたいたら、ブレイドの所に行った可能性もあるということだな?」
サーペント「…『イラんカード』とはどういう意味だ…?」シャアアアアアアアアアアアアアアーーーー
ゼブラ「い、いえ(汗)それはQが二枚あるからという意味で、
他意は…アブブブ(泡)…ガクッ」
バット(やべー、ゼブラのバックル開いてるよ!?…まあいいか)
「それでは検証VTRをどうぞ」

212 :「バットの部屋」 3/3:04/08/24 07:46 ID:FfuGsLMc
検証VTR『もしも、サーペントがブレイドのバックルにいたら…』
カプリコーン「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
イーグル「カリス━━!!!カリス━━!!!カリス━━━!!!!カリス━━━!!!!カリス━━━━!!!!!」
ウルフ「ブルルルルルルルルルルン!!!ブルルルルルルルルルルン!!!唸るぜ、俺のバイクが!!ワォーーーーーーーーン」
エレファント「ハァ…('A`)マンドクセ」
サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!」
カプリコーン「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!」
カプリコーン「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
サーペント「アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッ!!! アーハッハッ、ハッハッハッハッハッハッハッハ!!!!!」

サーペント「…ナンダ、コレハ…」
バット「見事に違和感無いですね」
サーペント「…私は、矢沢と、同類か…?なぁ、バット…」
バット「い、いえね姐さん(汗)あれはブレイドバックル特有の現象であって、
   あのバックルに入ると自動的に馬鹿属性が付加されてしまう…」
サーペント「…ほう、つまりお前は笑っている私は馬鹿にしか見えないと…」
バット(しまった!?)「い、いえ(汗)そういう訳では…イ、イヤ!ヤメテ!!カマナイデ!!シメナイデ!!ブタナイデ!!ユルシテ!!ゴメンナサイ!!!グエッ…ウゾダ、ウゾダドンドコドーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!」

ゼブラ「…ケッキョク、オレノ、ヨバレタリユウッテ、『オチ』ヨウインジャ、ナイノカ……ガクッ」
バット「イヤーーーーーーッ!!!!!ヤメテーーーーーーーーーーッ!!!!!ゼブラーーーーーーーー!!!ヒトリダケキゼツスルナンテズルイゾーーーーーーーーッ!!!!!!グエッ」
サーペント「フー、すっきりした。さあ部屋に帰ってゆっくり昼寝でもするか☆」

長い割に面白くねぇ…スマソorz

213 :名無しより愛をこめて:04/08/24 09:23 ID:ScwsyB8r
コタロ「こたろーです。今日はカテQさんに話を聞いてみたいと思います」

カプリコーン「フォ━━━━━━━━━ヽ(0∀0)ノ━━━━━━━━━ウ!!!」
サーペント「アーーーーーッハッハッハ アーーーーーーーーーーーッハッハッハ」

コタロ「…あ、じゃあそろそろ帰ります。みなさんまた次回!」


遅れてオーキッド登場
オーキッド「ハァハァハァ… 化粧に3時間もかかっちゃった… ってあれ? 白井さんは? 白井さーーん!!(泣」


214 :名無しより愛をこめて:04/08/24 09:57 ID:Sy/7Mkcc
>>202-205
トリロバたんの寝顔……萌え(*´∀`)

>>209
いつにも増してダジャレ連発の中の人はスパイダーさんから適合者として認められたようです。

>>210-212
個人的に期待な企画です、GJ!
騒音キャラが定着させられると、他のラウザーに移った時とか、苦労しそうだw

215 :名無しより愛をこめて:04/08/24 10:20 ID:WNxfF4Q5
>>213
ちょっと切な杉(涙

・・・いかん、オレはなんで妄想キャラ達に
こんなにも思い入れしちゃってるんだ?

今ではこのスレのために本編見てる感じw

216 :名無しより愛をこめて:04/08/24 10:29 ID:w5DghBm/
今日の総集編は昨日のペースで進めばムカデ封印〜ゼブラ封印あたりか。
ってことは、おお。伊坂さん登場じゃあないですか

217 :フロッグの受難 1/2:04/08/24 10:51 ID:V4lMuG1m
【ギャレンバックル内カテゴリー3(フロッグ)部屋〜深夜〜】
 
ぶふ────ゲコゲコゲコゲコ… ぶふふ────ゲコゲコゲコゲコ…(鼾)
 
ずしっ…
 
フロッグ「むにゃむにゃ……狽、っ!(…なっ…何…急に体が重く…)」
???「…………。」
フロッグ「?!(だ、誰かが上に乗ってるケロ…!はっ、まさか、幽霊?!そういえばここギャレンバックルには、
    ライダーシステムに適合できずに死んでいった候補者達の霊が現れるという噂が────
    ってねェよそんな噂!しっかりしろオレ!)」
???「…………。」
フロッグ「ううぅ…(で、でも今オレの上に誰かが圧し掛かっていることは事実だ…いったい誰が…よ、よし!目を開けるぞ!)」
 
カッ!(開眼)
 
サーペント「…………。(ジーッ…)」
フロッグ「ナヅェ(ry!!!! ギャー出た蛇女!」
サーペント「…………?(ガジッ(噛))」
フロッグ「痛ェ────(;゚Д゚)────!!!!たた助けてケロ〜!誰か〜!」
 
 
 
|;゚Д゚)ヒョコ
ペッカー「ニャオーン!何今の悲鳴〜って感じ!…あ、マジロちゃん!」
アルマジロ「ペッカーも聞こえた?今の。たぶんフロッグの悲鳴だ…!」
ペッカー「あたしとマジロちゃんの部屋、フロッグの両隣だもんね。」
アルマジロ「こ、このドアの向こうでいったい何が…((((;゚Д゚)))ガクブル…えーい!今行くぞフロッグー!どりゃー!」
 
ドン!ガチャッ…
 
アルマジロ&ペッカー「!!!!!」

218 :フロッグの受難 2/2:04/08/24 10:54 ID:V4lMuG1m
 
「……ん……?」(くるり)
 
アルマジロ「ヒイィ!怪奇ヘビ女〜!…じゃなくて!何やってるんですかサーペントさん!」
ペッカー「やーん夜這い?!姐さまってばダ・イ・タ・ン☆ってギャ────(;゚Д゚)────ッ!
    フロッグちゃん喰われてる!頭からくわえられてるー!姐さまやめて!放してあげて!」
サーペント「もがもがもが…(何だ…煩い連中だな…)」
アルマジロ「ダメだ、目が据わっちゃってる……ペッカー、いくよ!」
ペッカー「OK!!!!」
 
バレットアルマジロ+ラピッドペッカー → バーニングショット・ファイアレスバージョン!!!!
 
ドガガガガガガガガガガガガガ
 
サーペント「あたたたたた!痛い!ナニスンダこのガキ(同い年)ども!────って……あれ……?」
アルマジロ&ペッカー「……?」
サーペント「どこだ、ここは。私の部屋じゃない…ん?そこで気絶しているのはフロッグか。
     ということはここはフロッグの部屋…私は何故こんなところに…?」
アルマジロ「え。…フロッグを食べようとして部屋に忍び込んだんじゃないんですか…?」
サーペント「ハア?!だからこんな不味そうな蛙は食べないと言っているだろうが。
     しかしこいつについている歯形は確かに私のものだな。……またやってしまったか!アハハ!アーッハッハッハ!」
ペッカー「ね…姐さま…『また』って…?」
サーペント「ん?…なに、私には夢遊病の気(け)があるのさ。そういえばさっきまで、
     蛙料理フルコースを満喫していたような…アレは夢だったのか。残念だな。」
アルマジロ「……フロッグは不味そうでも、蛙そのものは好物なんですねサーペントさん……orz」
ペッカー「やーん。よく見たらフロッグちゃん、バックル開いちゃってるー。」
アルマジロ「その上サーペントさんにねぶり倒されて唾液まみれだね。…トータスなら喜んだかもしれないのに…」
フロッグ「…………。(脱魂)」
 
 
フロッグの明日はどっちだ。

219 :名無しより愛をこめて:04/08/24 11:19 ID:j0LdjCwJ
>>217-218
GJ!本編では笑ってるだけ(失礼!)だったサーペント姉さんが
このスレで活躍できるのか不安だったけど、流石職人さんです!
どんどんイイキャラになって来てますねw


220 :sage忘れスマソ:04/08/24 12:13 ID:7n2XVds+
てst

221 :名無しより愛をこめて:04/08/24 16:56 ID:NJvinqxQ
>>217-218
フロッグの姐さん対策を考えてみた。

@おやつがわりにしもべたちをお供えする
Aおやつがわりにナメクジを飼う
Bおやつがわりの鯛焼き屋を開店する

ナメクジUDがいたらコンボ三竦みなんだがなあ…

222 :名無しより愛をこめて:04/08/24 18:03 ID:w/dr3WMr
>>221
サーぺんと姉さんの場合鯛焼きは駄目だろう・・
トラウマになっちゃってるし

223 :ギャレンラウザー@食事中1/2:04/08/24 18:20 ID:BrzvqCyL
ルマジロ「いやー、ピーコックさんのつくる食事はホントおいしーよね」
ホエール「上級に作ってもらうのも悪いけどさ、やっぱピーコックさんが一番料理上手いもんな」
ピーコック「そうだろう!ハハハ」

一同(よかった、ハゲショックから立ち直ってくれて)

サーペント「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ホエール「どうしたんだ?サーペント、珍しく神妙な顔して」
サーペント「珍しくとは何だ!!・・・・・・・・・ピーコック」
ピーコック「なんだ?口に合わなかったか?」


サーペント「子供を産んでくれ」

一同「!!」

アルマジロ「(ね、姐さんがピーコックにぷろぽーず!!)」
ペッカー「姉さまやるー。きゃー!!」
バット「(っていうかピーコックさんが産むほうなのか!?)」
ファイアフライ「ギャ-、トータスが泡吹いて気絶した!!ってバックル開いてるし!!」

224 :ギャレンラウザー@食事中2/2:04/08/24 18:22 ID:BrzvqCyL

ピーコック「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はっ!(覚醒)
     き、気色悪い事言うな!!なぜ私が海蛇の子など産まねばならんのだ!」
ゼブラ「いや、ピーコックさん、そこじゃなくて・・・」
サーペント「何を言っている、ナゼ私の子供なのだ!

     ただ、私は  孔 雀 の 生 卵 が 食 べ た い だけだ!」

ピーコック「き、貴様、私の子孫を何だと思っているのだ!!だいたい鳥のタマゴならペッカーにでも産んでもらえ!」
サーペント「人間はクジャクをローマ時代から食べていたのだぞ!そのタマゴなら美味いに決まっている!」
一同(なんで姐さんそんなこと知ってんだよ…意外とグルメ?)

ペッカー「何だかんだ言ってもおじ様と姐さまって結構仲いいのよねー」
スタッグ「なんにせよ、フロッグ、矛先が反れて良かったな」
一同(あんたもずいぶん怖がってたじゃねぇか、大将・・・)

----------------------------------------------------------------------

ごめんなさい、なんとなくフロッグがカワイソウすぎてw


225 :名無しより愛をこめて:04/08/24 19:46 ID:uXEcxLPc
>>223-224
唐突なサーペント、なんかいいな。
ピーコックのエプロン姿を想像したが、意外に萌えかもしれない

226 :月見酒 1/3:04/08/24 21:00 ID:FfuGsLMc
Inアブソーバー

ピーコック「おい、サーペント。今、時間は空いているか?」
サーペント「…どうした、ピーコック。私に何か用か?」
ピーコック「ああ、酒でも一緒に飲まないかと思ってな」
サーペント「私を誘うとは意外だな。スタッグはどうした?」
ピーコック「アイツは飲ませると、ろくでもない事になる。
    というよりこの中で飲めそうなのは、お前ぐらいだったのでな」
サーペント「…そうか、いいだろう。しかし場所を少し変えようか。
    ここでは余りにも殺風景だ」
ピーコック「そうだな、岩もあるしな…」
サーペント「岩?…ああ、私の椅子の事か。どうしたそれが」
ピーコック「いや…」
サーペント「?」

サーペント「ここならいいだろう。丁度、月も見えるしな」
ピーコック「ふん、夏に月見酒とは。なかなか古風だなお前も」
サーペント「月はいいぞ。一万年前、海を漂いながら見た月は最高だった
    あのような月はもう、たぶん二度と見ることはできないだろうな」
ピーコック「…そうか、まあ座れ。酒が不味くなるぞ」
サーペント「何かと思えば、日本酒か。よくあったな、そんなもの」
ピーコック「ハゲから奪ってきた。この前の件で随分と迷惑をかけられたからな」
サーペント「お前もしつこい奴だな…っと、そのへんでいい。こぼれるぞ」
ピーコック「ふん、俺に注がせるとはいい身分だな。まあ、今日だけは許してやる。飲め」
サーペント「言われなくても飲むさ。…うん、いい酒だ」
ピーコック「ああ…ハゲめ。こんないい物を隠していたとは。…また奪ってやる」

227 :月見酒 2/3:04/08/24 21:02 ID:FfuGsLMc
サーペント「…それで、私に話があるのだろう?」
ピーコック「勘のいい奴だ。何故わかった?」
サーペント「そうでなければ偏屈ジジイのお前が、わざわざ飲む相手がいないからと言って、私を訪ねる訳が無かろう」
ピーコック「…そうだな。確かにガラに合わない事した。話と言うのは他でもない。
    お前がこのバックルの中で窮屈な思いをしてるのではないかと思ってな」
サーペント「…私がか?面白い。どうしてそう思ったんだ?」
ピーコック「…お前は今回のバトルファイトで初めて他人に封印され、回されてきたアンデットだ。
    橘と戦って封印された訳ではない。私たちは上級にしろ下級にしろ皆、奴と戦い、そうしてカードに封印されてきた。
    つまり私たちは差はあれど皆、奴のことを心の中では認めている。
    だが、お前は橘のことを知らない。…そういう理由だ」
サーペント「…なるほどな。お前の言う事は一理ある。だが、それは些細なことだ」
ピーコック「何?」
サーペント「確かに私は橘という男のことはほとんど知らない。
    お前たちのようにその男をずっと見てきた訳でもない。
    …だがな、私はそれでもいいと思っている」
ピーコック「どうしてだ。実力も解からないような男に自分の力を貸すのだぞ。
    少しは疑って見ても可笑しくはないと思うぞ」
サーペント「…お前たちを見ていれば解かる。どれだけお前たちがその男を信用しているのかもな。初めてここに来た時、お前たちは橘のJフォームをまるで自分のことのように喜んでいた。それだけ見れば十分さ」
ピーコック「…そうか。見ていないようでしっかりと見ているのだな、お前は」
サーペント「当たり前だろう。自分がこれから定住する所だぞ、観察して当然だ。
    …それにな、私はここで…このバックルで良かったと思っている」
ピーコック「こんな騒がしいバックルでもか?」
サーペント「ふん、バットに見せてもらったぞ。私が元いたジョーカーの所はロリータがいるわ、反りの合わないオーキッドがいるわで窮屈だ。逆にブレイドの所はうるさすぎて昼寝ができん」
ピーコック「…凄く個人的な理由だな」
サーペント「まあな。…それに、私の元のスートはダイヤだ。私には初めからここにいる権利がある」
ピーコック「…そうか、野暮な事を聞いたな。まあ、飲め」
サーペント「ああ、言われなくてもな…」

228 :月見酒 3/3:04/08/24 21:03 ID:FfuGsLMc
バット「…ちょっと!!みんなして密着して見ないでくれ!!」
トータス「けンども、サーペントさんが何を話してるか気ンになッデ」
ペッカー「そうよ、そうよ〜。ピーコックのおじ様とサーペントの姐さまのシークレットトーク、私も超聞きたいニャン☆」
スタッグ「まあ、待てお前たち。ここはまず代表としてリーダーであるワシから見る」
ホエール「ズルいですよ、大将〜。俺たちだって見たいんですから」
ファイアフライ「…ああ!五月蝿い!黙れ、お前たち!話がよく聞こえないだろうが!!」
ゼブラ「そういうお前も五月蝿いぞ、ファイアフライ」
フロッグ「…うううう〜(涙)おいらの事とか話してないケロか〜?」
アルマジロ「話してても、食す食さないの問題だろうね」
フロッグ「うううう〜(涙)酷いケロ〜」

サーペント「…騒がしいな」
ピーコック「…ああ」

229 :名無しより愛をこめて:04/08/24 21:12 ID:4O68FQG1
ハゲ「遂に彼女が来てしまいましたね」
スタッグ「うむぅ・・・まあ、フロッグの部屋は皆で完璧にしておいたから
   大丈夫じゃろう」
スタッグ「それに、ピーコックが抑止力になってくれるだろうしな」
ラピット「それはそうと〜・・・サーペントにゾッコンのタートルはぁ〜?」
スタッグ「ん?そういえば、見かけんな」
アルマジロ「ああ、確か上級の皆さんに挨拶してくるとか言ってました」

そのころ・・フロッグの部屋(海蛇立ち入り禁止)

フロッグ「ガクガクブルブル・・・怖くない怖くない怖くない」
コンコン
フロッグ「!!だ・だ・だ・誰ケロ?」
???「ッフフフフフ。こんにちは新入りのタートルです」
フロッグ「(良かった・・・姐さんじゃないみたいケロ)」
???「良かったら此処、開けてくれませんか?美味しい
  お土産も持ってきてま・・・グフゥ」
フロッグ「!??今なんか変な音がしたような」
???「アッハハ、気にしないでください」
フロッグ「丁度お腹が空いてたケロ。どうぞ・・あがってケロ」
ガチャリ
フロッグ「さささ、遠慮しないでケロ。同じ川に住む物同士仲良くす・・・・」
サーペント「アッハハハハハハハハ!あらぁ?奇遇ねフロッグさんアッハハハハハ!」
フロッグ「ゲコ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!な、なんで〜?(T∇T)」
ふと横を見ると・・・毒が回り泡を吹いてバックルが開き倒れているタートルが

230 :名無しより愛をこめて:04/08/24 21:13 ID:uiOXyaZH
>>226-228
いいなー、もう。ギャレン組大好きだ!!主にスタッグがw


231 :名無しより愛をこめて:04/08/24 21:16 ID:4O68FQG1
フロッグ「ゲロゲロ〜〜〜〜〜〜タートルしっかりするケロ!」
サーペント「アッハハハハハハ・・・タートル貴方のせいでしくじったんだから
    当然よね。」
サーペント「貴方のせいで作戦はしくじるわ、顔に火傷は負わされるわ、封印されるわ
    この程度で済むと思って?」
フロッグ「ヒィィィィィ殺る気マンマン」
サーペント「そうそう・・・フロッグ君?随分私の事を怖がってたみたいじゃない?」
フロッグ「・・・・・(ピーコック助けて)」
サーペント「アッハハハハ、ピーコックに言っても無駄よ。
    なにせ初めて自分が使われた事もあって、貴方の事なんて忘れて
    上の空状態」
フロッグ「ゲコゲロ〜〜〜〜〜(マンティス・・怨むケロよ。お前が、Qを渡さなければ
   こんな事にはならなかったケロ)」
サーペント「まあ、良いわ。今日の所は大人しく引き下がってあげる
    アッハハハ、フロッグ長い付き合いになりそうね。アッハハハハハハハハ」
フロッグ「ウゾダドンドコド〜〜〜〜ン」

その後・・・あまりにサーペントがやかましい為
サーペントを渡した、マンティス組に対しての報復として
スタッグから天音親子に振りかかる恐怖のイメージが送られた(東映次回予告参照)
(( −M−))
そのイメージにより、マンティス組の殆どが恐怖の余りバックルを開いたという

232 :230:04/08/24 21:22 ID:uiOXyaZH
>>229、231
す、すまぬ・・・ハゲ辺りに封印されてくる・・・

でもカメはタートルじゃなくてトータスなんでは・・・

233 :彼らの日常 1/2:04/08/24 21:27 ID:5kxZns8P
>>226-228GJ!
ピーコック渋い!姐さん色っぽい!(*゚Д゚)=3 その他大勢…についてはもはや何も言うまい…w
>>223-224
そういえば蛇って生卵が好きだっていうよね。…というわけで勝手に続き。
 
〜翌朝〜
サーペント「アーッハッハ!見つけたぞピーコック。……卵をよこせ。」
ピーコック「『見つけたぞ』って普通に顔を合わせただけだろうが…朝イチの挨拶がそれか…」
サーペント「うるさい。癖だ。いいからさっさと出せ、毎朝一つずつ産んでいるんだろう?」
ピーコック「そんなわけなかろうが、馬鹿者。…ニワトリじゃあるまいし。」
サーペント「ふーん。…ならば、私にも考えがある。」
ピーコック「…考え?」
サーペント「卵をくれないのなら、金輪際、Jフォーム発動は拒否させてもらう。」
ピーコック「何ぃ?!Σ(゚∈゚;)」
サーペント「そうなったら困るだろうな…あのタチバナとかいう人間…フフフ…」
ピーコック「……くっ……卑劣な……!」
サーペント「さあどうする?アーッハッハッハ!」
 
スタッグ「もしもーし。サーペントちゃん。気分よく高笑い中のところ、申し訳ないんだが。」
 
サーペント「…む。何だスタッグ。」
スタッグ「君が何をしようと、基本的にとやかく言う気はないよ、わしは。
    しかし……橘に迷惑をかけることだけは絶対に許さん。」
一同。oO(うおおぉ!マジかよ!大将カコイイ!)
スタッグ「あれを困らせていいのはわしだけだからね。」
一同。oO(前言撤回。超撤回…orz)
サーペント「ほう。『許さん』だと?どうしようというんだ?…強いぞ、私は…(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…)」
スタッグ「わかっとる。だからそんな貴女にはハイ、これ。」
 
鯛 焼 き 鉄 板 (ファイアフライ付き)
 
サーペント「キャ────(;゚Д゚)────ッ!」

234 :彼らの日常 2/2:04/08/24 21:34 ID:5kxZns8P
 
サーペント「いやぁっ…たいやきこわい…あついよぉ…こわいよぉ…!
     えーん!むしのおじさんがいじめるよぉ〜!・゚・(ノД`)・゚・」
 
スタッグ「あっ幼児退行(>>136)……しまった、これはちょっとやり過ぎたか…?」
 
サーペント「ううっ…えぐっ…うえぇ、やだよ〜!・゚・(ノД`)・゚・」
 
トータス「あああ姐さん!何てことだ!大将〜、あんまり虐めないでやって下せえ〜」
ペッカー「そうだよ大将!いくらなんでも姐さまかわいそう!」
スタッグ「いやすまん…まさかここまで効き目があるとは…(;-M-)トホー
    えっと…どうしっよかなー……ねえ?(ちらり)」
ピーコック「ナヅェこっちを見るんだ。…くそ、結局こうなるのか…(ごそごそ…)
     ……ほら、サーペント。これをご覧。」
サーペント「…………?(ひっく…)」
ピーコック「産みたてほやほや、孔雀印の美味しい卵だ。これをあげるから、泣くのはお止め。」
一同。oO(産みたてほやほや…孔雀印…いったいどこにどうツッコめば…ていうか何処に隠してたんだ?!)
サーペント「…………ほんと?」
スタッグ「あ、泣きやんだ。」
一同「早ッ!Σ(゚Д゚;)」
サーペント「わーい!たまごたまごー!ありがとうとりのおじさん!
     ────って、……あれ?……私は、いったい、何を?……ん?卵?」
スタッグ「戻ったようだな。……ピーコックがくれたんだよ、サーペント。ちゃんとお礼を言っておくように。」
サーペント「?あ、ああ……えっと……何がどうなっているんだ?」
ピーコック「……もういい……何も気にするな……(゚∈゚。)グスッ」
 
 
フロッグのかわりにピーコックがかわいそうなことになってしまったが、いまさら謝れない。

235 :229:04/08/24 21:37 ID:4O68FQG1
トータスの間違いでした・・
海蛇姐さんの毒を喰らってきます

236 :名無しより愛をこめて:04/08/24 21:54 ID:+H7Xy/x7
ふと、マンティスとスピリットは入れ替わり制だからお互いがいない時のラウザー内の
様子を知るために交換日誌とかつけてないかな、とか思ってしまった。

「○月×日 スピリット
 たまにラウザーに戻るとロリコン組に「天音ちゃんに直に触ったのはこの手か」と絡まれ
 オーキッドに原稿の手伝いをさせられ、まるで休まる暇がない。
 リーダーとして改善を求む。休暇をくれ」

返事
「精々がんばれ」


スピリット「……(ぐしゃっ、と日誌を握りしめ)なんて適当なんだマンティス……!」
プラント「いやあの人、人じゃないけど、わりと放任主義だし。知ってると思うけど」
ドラゴンフライ「そうそう、だからこれだけ個性溢れすぎるウチもそこそこ平和なわけで」
スピリット「俺の平和がないぞ」
プラント「あんたたまの客でしかないんだから贅沢だよそれ……」


スピリットのキャラがさっぱりわからないので謝りどころがわからない。スマン。

237 :名無しより愛をこめて:04/08/24 21:56 ID:uiOXyaZH
>>236
ラウザー内の様子を知るためでなく、外の様子を知るために日記を活用してくださいよw

238 :名無しより愛をこめて:04/08/24 22:17 ID:Sy/7Mkcc
>>237
外ではジョーカーが支配権を握っているから、マンティスもスピリットも様子を知っておく必要はないんじゃないか、とマジレスしてみるてs(ry

239 :236:04/08/24 23:30 ID:+H7Xy/x7
>>238
正直ジョーカーのこと忘れていた。言われて初めて気付いたよ。
自分のことを忘れてくれ……

240 :名無しより愛をこめて:04/08/24 23:34 ID:/E9F7gaK
>>221
3!(もはや条件反射) 
>ナメクジUDがいたらコンボ三竦み
スラグ(slug)UD?いたら面白かったかも。
 
 
〜戦闘中〜
 
ギャレン「(所長が考案したという新コンボ…試してみるか!)」
 
『アブソーブクイーン』
『アッパーフロッグ』
『スティッキースラグ』
  ↓
『バーニングサンスクミ!!!!』     しゃき────ん…
 
ギャレン「…………!(固)」
ブレイド「ウェ?!どうしたんですか橘さん!しっかりして下さい!」
ギャレン「(か…体が動かん!…ショチョオ!!!!コンドコソルラギッタンディスカー!!!!)」
 
 
〜同刻…ラウザー内・戦闘指揮室(カテゴリーA私室兼用)〜
 
   バタバタバタバタ… ガチャ
ピーコック「ダメだ、スタッグ。サーペント、フロッグ、スラグ…睨み合ったまま動く気配がない…ってオイ、どうした?!」
スタッグ「わ……わしも動けん……」
ピーコック「はあ?!Σ(゚∈゚;)」
スタッグ「おのれ烏丸…わけのわからんコンボを考案しおって!今度会ったらムッコロス!!!!(#-M-)」

241 :「バットの部屋2」 1/4:04/08/25 00:12 ID:RQFLzyZt
バット「薄幸バットと!!」
トータス「い、癒し系トータスの(ポッ)」
バット「『バットゥ様のお部屋』どぅあーーー!!!」トータス「『バットの部屋』ダス…」
バット&トータス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
バット「(台本通りにヤレよ!)」
トータス「(けンども、本当はこっちのはずダー)」
バット「(いや、だから…)」トータス「(けンども、こっちが…)」バット「(俺の顔を…)」・・・

バット「…と、とにかく、また始まったな。俺様の大人気(予定)企画『バットの部屋』第2回が」
トータス「そうダスなー。略して『バツベヤ』とでも呼ぶダスかー?」
バット「いや、それは果てしなくダサいだろ…なんか俺が罰ゲームくらう企画みたいだし」
トータス「あンながち、外れてないと思ったダスが…
ところンで、何で今回はオデが呼ばれただすか?前任のゼブラさンはどうしたダス?」
バット「うむ、それには三つ理由がある」
トータス「前と同じような展開ダスな…」
バット「一つ目はそのゼブラが参加を辞退した。父親の葬式に出なきゃならんらしい」
トータス(多分、そンれ嘘ダスな…そンもそンもアンデットに父親も葬式も無いダスヨ…)
バット「二つ目の理由は最近人気が花丸急増中のお前を捕り込んでしまう、という作戦だ」
トータス「はっきりと言うダスな…けンどもオデなんかに人気なんか無いと思うダスが…」
バット「甘い!!オーキッド姐さんのやたら裏目に出る作戦なみに甘いわぁッ!!
   今や、お前の人気は椅子とか!椅子とか!椅子とか!もういっちょ椅子とか!で一時のバブルなみに跳ね上がっとるわい!!」
トータス「そうだったダスか…まったく知らなかったダスよ」
バット「そうだ!そうだよトータス!そういうお前の天然ぷりが人気の秘訣だよ、チクショー!!
   それ故に!『1.トータスは人気がある』→『2.トータスが出るこの企画も人気が出る』→『3.よってバットも人気が出る』という素晴らしい三段論法どぅぁーーーッ!!!」
トータス「…それじゃあ、今回の『もしも』シリーズダスが…」
バット「無視かよ、オイ!!」

242 :「バットの部屋2」 2/4:04/08/25 00:13 ID:RQFLzyZt
トータス「>>190さんからのお便りデ『もしもウルフさんが正式のスート通りカリスラウザーにいたら?』というテーマダスが…」
バット「早速、今回のゲストを…って、そういえばウルフの兄貴どうやってここに来んだろうな?」
トータス「『来んだろうな?』ッデ、考えてなかったダスかー!?」
バット「いや、大将たち結構好き勝手に出入りしてるから、俺たちも出来るのかなーと。
   それにウルフの兄貴も『わかった、すぐ行く』って電話で言ってたし」
トータス「…『すぐ』ダスか」          ブルーーーーン、ブルブルーーーーン、ウウウウウウウウーーーー
バット「…『すぐ』って言ってたな」     ウウウウウウウウーーーーーー、ブルブルブルブルブルブル…
                     シュンッ!!
ガッシャーーーーーン!!!
ウルフ「前振りが長ぇッ!!(バキッ!!)」
バット「あべしッ!!」
トータス「うわー、いンきなりバイクで突っ込んできたダス…都会は恐ろしい所ダスナ―」
ウルフ「いつまで俺を待たせる気だッ!!次空間の狭間にいるのも疲れるんだぞッ!!コラッ!!」
バット「…あ…兄貴…一体、何処から現われたんディスカー…」
ウルフ「ああ、この新型バイク、『ブラックオートバジン』を使ったんだ。コイツは某特撮番組でライダーがやたら早く現場に着くことで有名だからな。まさか、ワープ装置が積んであるとは…」
トータス「ということは、他の皆さんもそンのバイクで出入りしているということダスか?」
ウルフ「そうだ。上の連中はどうやってるが知らんが、少なくとも俺とカプリコとオーキッドはコイツを使ってるぞ」
バット「オーキッド姐さんもディスカー!?」
トータス「バットくん、キャラ変わってるダスヨ」
ウルフ「漫画の原稿とか送る時に乗せてやってんだよ…まったくイイ迷惑だぜ、こっちは」
バット「あ、姐さんは後ろに乗せて貰ってるだけですか…ホッ」
ウルフ「いや。最近アイツもバイクに興味を持ったのか、この前いきなりバイクよこせとか言いに来たからな。当然バトったが。なんか『私も仮面ライダーになったから、バイクの練習しなきゃならないのよ!』とかホザいてたな…」
バット&トータス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ウルフ「ん?どうした?」
トータス「…それ、よそのネタダスな…」

243 :「バットの部屋2」 3/4:04/08/25 00:14 ID:RQFLzyZt
トータス「…そ、そンれでは検証VTRを…あっ!?」
バット「どうしたトータス?」
トータス「ゼブラさんがいないから、VTR見れないダス…(涙)」
バット「フン、既に改良済みだ。心配はイラン。それにそんな設定、みんな忘れているわ」
トータス(本当にゼブラさんの存在価値が無くなってしまったダスな…)
バット「それでは検証VTRスタート!!」

検証VTR『もしもウルフがカリスラウザーに封印されていたら?』
オーキッド「ああ〜どうしよう…『仮面ライダー○』も詰まっちゃったし、次の同人誌のネタも思いつかないし…私、才能ないのかな…(ションボリ)
ウルフ「おい、オーキッドいるかー…って、何落ち込んでんだ?そんなカッコして」
オーキッド「…なんだ、ウルフか。白井さんなら良かったのに。なんでアンタがここに来んのよ!」
ウルフ「ヘッ!俺はただお前がバイクの出る本書くって聞いたから、見に来ただけだよ」
オーキッド「あっそう、それならもう打ち切りになったから帰ってくれる?私、今一人になりたいのよ」
ウルフ「だいぶ、鬱ってるみたいだな。けどな、俺はお前に言われてここに来たんだぜ」
オーキッド「…えっ、そうだっけ?」
ウルフ「なんだ、忘れてたのか。今度新しい本にバイクを出さなきゃいけないから見せて、って言ったのお前だろうが」
オーキッド「…そうか、そんなこと言ってたっけ私…でも、アンタが約束守るなんて意外ね」
ウルフ「…別に…まあいいや、ついでだからちょっとバイクに乗っていけよ」
オーキッド「え…でも私、もう本は書かないって…」
ウルフ「馬鹿。そういう意味で言ったんじゃねぇよ。少しは気晴らしになるかもしれねぇだろ」
オーキッド「…ウルフ」
ウルフ「趣味ってのはな、楽しくてナンボなんだよ。それで鬱るなんて、馬鹿のすることだぜ」
オーキッド「…フフフ、そうね。私、何を落ち込んでたのかしら…バイク、乗せてもらうわよ」
ウルフ「…ああ、いいぜ」

244 :「バットの部屋2」 4/4:04/08/25 00:15 ID:RQFLzyZt
ウルフ「なんだぁーーーーーッ!!!!!この昼ドラもどきの展開はーーーーーッ!!!!!」
バット「お、落ち着いて下さい兄貴!これは悪魔でも可能性であって…」
カプリコ「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!悪魔、登場―――――ッ!!!!!」
トータス「うわぁ、今度はカプリコーンさんがバイクで突っ込んで来たダス…ヤッバリ都会は怖い所ダス…」
カプリコ「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!ウルフーーー!!!やはり、お前オーキッドの姐さんを狙っていたんだなぁぁぁッ!!!この裏切り狼めぇぇぇぇぇぇぇッ!!! フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
ウルフ「知るかーーーッ!!!俺だってこんなVTR断じて認めんぞーーーッ!!!関係者もろともテープごと破壊してやるわーーーーーッ!!!!まずはお前からだッ!!この目障りな目覚まし時計山羊がーーーーーッ!!!!!」
カプリコ「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!望むところだフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!最初からお前とは相性が悪いと思ってたフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!狼と山羊だからといって、俺が弱いと思うなフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
ウルフ「…お前、死にたいんだってな…俺はビートルとは違うッ!!望み通りにしてやる?---ッ!!!!!」

バット「…ところで、これどうやって収拾つけるんだ?(っていうか、つけたら死ぬし)」
トータス「相打ちを狙うしかないダスね…そういえば、バットくん」
バット「どうした、トータス?」
トータス「バットくんがオデを呼んだ三つ目の理由って、何ダスか?」
バット「ああ、それね。俺がお前を呼んだ最後の理由はな…」
トータス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
バット「お前が俺の友達一人目だからさ!」
トータス「・・・・・・・・バットくん(ホロッ)」

ウルフ「てめぇの血は何色だぁぁぁぁぁーーーーーッ!!!!!」
カプリコ「緑だフォ━━━━━ヽ(0∀0)ノ━━━━━ウッ!!!!!」

イロイロとネタをパクってスマソ…後ロリコン組と絡めるの忘れてたorz

245 :名無しより愛をこめて:04/08/25 00:29 ID:RQFLzyZt
>>233-234GJ!!
やっぱり、サーペント姐さんの幼児ネタは萌える(*´∀`)ハァ、ハァ

246 :名無しより愛をこめて:04/08/25 00:37 ID:swSIPi+J
>>243
てっきり仮面ライダー蘭のためのバイクを手に入れるためにウルフ呼んだのかと思ったw

247 :ちょっと二箇所消すだけです:04/08/25 00:52 ID:a0LV1xJB
ピーコック「スタッグよ、ひとつ相談があるのだが」
スタッグ「なんだ伊坂、あらたまりおって。わしが断るはずも無かろう」
ピーコック「それを聞いて安心した。では早速コレを着てもらおうか」
スタッグ「…これは…なんとも微妙な粘り気だが…着る物か?」
ピーコック「ああ、ツカダに作らせた…スラッグアンデットスーツだ」
スタッグ「スラッグ…おい伊坂よ、まさかわしにナメクジ役をやれ等と…」
ピーコック「えぇい、問答無用!(ごそごそ)」
スラッグ「うわ、おい、待て伊坂…ああっ、自慢の外骨格がこんなヌメヌメに…」
サーペント「騒がしいぞエースにジャック…ぐ…な、に…?(硬直)」
ピーコック「…よし、スラッグ作戦は成功のようだ。よかったなスラッグ…いや、スタッグ。実にカテゴリーエースらしい立派な働きだ」
スラッグ「わし、何もしとらんぞ(;-M-)」

ターンアップ

ピーコック「何!?(;゚∋゚)」
スラッグ「…マズいぞ伊坂よ、橘がスラッグフォームに…(;-M-)」
サーペント「…………」
ピーコック「ど、どうするスラッグ!?このままでは橘の体がボドボドだ!」
スラッグ「えぇい、わしはスタッグだ(;-M-)とりあえず、そいつ連れてアブソーバーに行け、ジャックフォームだ」
ピーコック「よし、待っていろ橘、必ずお前を助けてやる!」
スラッグ「……(ボドボドにさせてるのはむしろお前だぞ)(;-M-)」

アブソーブクイーン フュージョンジャック

ピーコック「ふ…ふははははっ!私と橘の愛の共同作業、このジャックフォームならば……何故動きが鈍い!?」
サーペント「…………」
スラッグ「…やっぱりスラッグのジャックフォームじゃダメかのう…」
ピーコック「ウソダドンドコドーン orz」


248 :名無しより愛をこめて:04/08/25 01:13 ID:xV7RlF4G
>>247
ラウズって敵に効力を付加することが出来ないんだよね。もし出来たらナメクジカード結構強そうだ。
相手にメタル+マグネットとかも。

しかし伊坂・・・愛の共同作業って・・・あなたの羽を橘さんにくくりつけてる姐さんは無視ですかw

249 :名無しより愛をこめて:04/08/25 01:36 ID:4rV6w/09
バットさんへ









トリロバイトがラウズされた場合のifを見せてください。
あ、「バットがラウズされたら」は別にいいです。

250 :仮面ライダー磨羯 1/4:04/08/25 01:38 ID:PDY+UjNy
「何だよ…俺の気持ちも知らないでよぉ…」
涙を流して立ち尽くす『彼女』を、俺は遠くから見つめている。
彼女の名は吉永みゆき。少し前まで、俺と組んでたんだけどな…
最近は人間態でいる事の方が多くなった。俺はあんまり人間に
溶け込むのが上手くないから、結局別行動になっちまったのさ。

俺の名前は………あ〜、矢沢でいいか。人間態の名前だけどな。とにかく俺の名前は矢沢。
今までの流れでわかったと思うけど、俺は人間じゃない。
じゃあ何かって言われれば、正直自分でもわからないってのが本音。
と、いうか、実は記憶がなかったりする。三年以上前の。
それでも何となく自分がやらなきゃいけないことはわかってるつもり…なんだけどな。

「ホント…何であんなひょろっちぃ男がいいかねぇ…」
涙を流しながら立ち去った、彼女がいた場所を見る。そう、やらなきゃいけないことはわかってる。
つもりなんだけどな。心はわかっちゃくれないらしい。
こうやってストーカーまがいの事をいつもしてる。
ま、蘭姐さん(どうにも昔から彼女には頭が上がらなくてこの呼び方で…昔?昔っていつだっけか)は、
何でかはよくわからんけど、やけに化け物どもに目をつけられてるから、心配ではあるんだけどな。

化け物、と自分で言っておきながら笑えてくる。自分も同じ化け物なのにな。
しっかし、何なんだろうな?俺や姐さんって。人間じゃないってのは明らかなんだけどな。
以前ある人間の学者に調べてもらったら、

『君の正体がわからないのは私の責任だ。だが私は謝らない』
とか、抜かしやがった。ま、いいけどな。自分の正体なんざ知らなくても生きてはいける。
生きて…?自分でもよくわかんねぇが、その言葉に違和感を覚える。どうにもしっくりこねぇな

251 :仮面ライダー磨羯 2/4:04/08/25 01:38 ID:PDY+UjNy
「ま…考えても無駄か…それより、あんの優男…姐さん泣かしやがって…ちょっと喝入れてくるか」
ほっとけば終わりそうにない自らの思考を、俺は無理やり断ち切って、男が逃げた方へ向かった。

のは、いいんだが。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
何でまた襲われてるかな、コイツ。今日二度目だよな?名探偵にでもなれるんじゃねぇの、ったく。
「いいねぇ、そのヘタレ顔…たまんないよ…」
その優男に向かって、アルマジロの化け物がにじり寄る。…ダイヤか。
「何で、何で僕ばっかりこんな目に…」
…やっぱ助けなきゃマズイよな。姐さん悲しむだろうし。何だかアホらしいけどな。自分の
こいがた…って何言ってんだ俺。もういい。さっさと助けて帰って寝よう。今日は気分が悪い。
「ん〜?それはキミがヘタレだからじゃないかぐはぁ!?」
俺のとび蹴りを食らって、アルマジロは無様に転がる。俺は男の方を向いて、声をかけた。

「何やってんの。さっさと逃げろって」
あ、人間のカッコしたままな?そうやって言ったんだけどよ、そしたらコイツ何て言ったと思う?
「で、でもそれじゃアナタが危険な目に…」
だってよ。笑っちまうよな。さっきまであんなに怯えてたくせによ。
怖いけど、人に責任押し付けるのは嫌ってか。あーあ。安っぽいプライドだな。
ホント、姐さんってば何でこんなんがいいかねぇ。

252 :仮面ライダー磨羯 3/4:04/08/25 01:39 ID:PDY+UjNy
「…いいから、さっさと逃げるの」
面倒くさい。俺は人間の姿でいるのをやめた。そしたら案の定、悲鳴上げて逃げていきやがる。
…化け物は皆一緒か。こりゃ、姐さん苦労しそうだな…って、何安心してんだよ、俺は。
「邪魔してくれちゃって…!?」
自分の思考に対して、少し自己嫌悪を感じていると、ようやく起き上がった
アルマジロが俺を見て驚いている。ま、無理もないな。人間だと思ってたみたいだからよ。
あー、ホント今日は気分が悪い。さっさと片付けちまおう。

「無駄よ。キミクラスじゃぁ俺は倒せない…この、仮面ライダー磨羯(カプリコ)は、な」
そう言って挑発する。おやま。見事に頭に血が上ってらっしゃる。カルシウムが足りてないな。

あ、そうそう。仮面ライダーってのは…何だったっけ?えっと、太陽の子でIQ600で、写真家で
アマゾンに住んでるんだったか?ま、何でもいいや。姐さんが名乗ってるんで、俺も便乗してる。

「ふ、ふざけるな!」
声が震えてる。勝てないのはわかってるんだろうな。だったら無理に向かってこなくてもいいのに。
「よいしょっと!はい、おしまい。次に戦う時は、もう少し頭使えよ」
一瞬でアルマジロを俺は片付けた。が、胸にわだかまる何かがある。次?次って何のことだ?
こんなのとまた戦うとも思えねぇけどな。どうにも今日はひっかかることが多いな。
「……白井さん」
不意に姐さんの声がして、俺は咄嗟に隠れちまった。別にそんな必要ねぇのに。
声をかけようと思った…けど、やめた。理由は簡単姐さんがまだ泣いていたからだ。
「……白井さん」
もう一度、姐さんが呟く。チッ、ホントに今日は気分が悪い。最悪だ。さっさと帰って寝るか。(続く

253 :仮面ライダー磨羯 4/4:04/08/25 01:41 ID:PDY+UjNy
オーキッド「………」
フライ「で、カプリコからの荷物って何だったんですか?姐さん」
オーキッド「…(無言で本を渡す)」
シェル「こ、これは…仮面ライダーシリーズ!?も、もう少しで書きあがりそうだったのに」
オーキッド「やられたわね。しっかり時間軸進められたわ。…?追伸?」
フライ「何が書いてあるんです?」
オーキッド「え〜っと、なになに…蘭姐さんへ。俺も蘭姐さんに便乗して」
カプリコ(本を書いてみたフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!風の噂に聞いたけど、シェルやフライのヤツに
    邪魔されてるみたいだから、俺も協力するぜ!大船にのったつもりでいるフォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ウ!!!)

シェル「あ〜…つまり」
フライ「ライバル出現?姐さんのをチラっと見ましたけど、全然展開違いますね」
オーキッド「当たり前よ!折角次はわたしと白井さんの日常デート♥を書こうと思ってたのに!」
シェル&フライ『ライダー関係ないじゃん…』
オーキッド「うっさいわね!何でカプリコが私に惚れてる設定なのよ!っていうか、白井さんに勝てると
    思ってるの!?それに加えて、また無駄に謎を散りばめてるし!あぁぁぁぁぁぁぁあぁ!」
フライ「姐さん!落ち着いて!」
シェル「いや、落ち着いてもいられない。ライバルが増えたってことだからな」
フライ「た、確かに…」

シェル「仮面ライダー龍&穿が、幼女と筋肉を助ける話になるか…」
オーキッド「仮面ライダー蘭の、甘く切ないラブロマンスになるか…」
カプリコ@念波「仮面ライダー磨羯の叶わぬ恋になるか…」
『こ、こうしちゃいられない!』

マンティス「で、前にも増してやる気を燃やしてるわけか…」
スピリット「マンティスさん。ブレイバックルから苦情が来てますよ。ヤギが部屋から出てこないせいで、
    今週Jフォームになれなかったって」
マンティス「…………………知るか」
_____________
いくら山羊じゃそのまんまだからって、少し名前をヒネリすぎたかもしれない。
>>246やっぱバイク乗らないとダメ?w

254 :名無しより愛をこめて:04/08/25 01:59 ID:PDY+UjNy
っつーか、思った以上に長くなってしまったことについて、とりあえず謝っておきます。

255 :観察 observation 1/2:04/08/25 03:13 ID:LnD3g+JI
ライオン「それにしてもヒマだな」
ボア「そうだな。んっ。」

(ガシャガシャ)←エレファントの足音

ライオン「(・・・エレファント)そうだ。今からさエレファントを観察してみようぜ。アイツ水に浮かんでるところしか見たことねぇしさ。」
ボア「おっ、それいいね。やろう。」

エレファント「・・・・・・・・」(プカプカ)
ライオン「おっいた。アイツがこの後何するかこっそり見てようぜ。」(ささっ)

(1時間経過)
ライオン「1時間がたったか・・・まだ、浮かんだままだな。」
ボア「そうだな。」

(3時間経過)
ライオン「3時間か・・・にしても何時までアイツはうかんでんだろうな。」
ボア「そうだな。」

(6時間経過)
ライオン「6時間・・・しかし、ずっと浮かんでてよく飽きねぇなぁ。」
ボア「そうだよな。」

(8時間経過)
ライオン「・・・アイツひょっとしたら寝てんじゃねぇか。」
ボア「そうかもな。」

256 :観察 observation 2/2:04/08/25 03:15 ID:LnD3g+JI
(一夜明けて)
ライオン「おかしい・・・なせだ。なぜ微動たりともしない」
ボア「そうだよな」
ライオン「だっ違う!!・・・俺は今ウシロニハラガタッテイル。エレファントに最大出力のビートを食らわせてやる」

ライオン「おいエレファント」
エレファント「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ライオン「ダバッテナイデナンドガイェ」
ライオン「ドゥーシテナニモイワナインダァ! はっ」
ボア「ライオンどうした」
ライオン「これ・・・人形だ」

ボア「ナッ、ナンダッテー」
ライオン「『プール大好きダイチ君人形(はんどめえど)』と書いてある」
ボア「それじゃあ・・・本物は」

エレファント「さあ、遠慮しないで。続けて続けて」
ライオン・ボア「ノォォーーーーーーーーー」
エレファント「貴様ら、ず〜っと俺のプールの前でなにをしてたんだ。」
ライオン「『ず〜っと』ってアンタ、さっきから・・・」
エレファント「そうだ。少し前から見ていた。覗き見していたようだか理由なんかいい。さっさと立ち去れッ。」
ライオン・ボア「うわぁーーーーーーー」

エレファント「ちっ、まったく・・・・・。」(ザブザブ)
エレファント「・・・・・・・・・・・・・・」
エレファント「(あぁ、つかれた。カリス人形の修復>>27、フロッグのドアの補強>>171、オリジナルライダー本の製作援助
   どれも完璧だな。)」

257 :名無しより愛をこめて:04/08/25 04:02 ID:++F1XvA+
エレファント…お前良い奴過ぎる・゚・(ノД`)・゚・

258 :名無しより愛をこめて:04/08/25 04:43 ID:YiD3WYcx
皆さんグッジョブー!

またアンデットのみんなを堪能できてよかった。
3スレ目がたってるのに気づかないまま5日も経ってた…orz

259 :「山羊の思いつき」:04/08/25 07:30 ID:b6TcXOJo
カプリコ「フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!
私としたことが、失敗しちゃったよ・・・
名前、「矢沢」じゃなくって「矢木」にしとけばよかった
・・・・ってね」

一方レンゲルバックル
〜念波受信中〜
スパイダー「ぐ・・・・・
(やるじゃねぇか・・・こいつ天然の要素もあったのか)
(しかし、こんなんで笑ってちゃ対カテキン戦に支障が・・)」

コブラ「・・・・プププ!もう最高!ベタすぎて死んじゃう!」
スパイダー「てめぇこのヤロウ!」


260 :名無しより愛をこめて:04/08/25 07:48 ID:Y2HO/jEa
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つけたぞスタッグ!……おはよう。」
スタッグ「はい、おはよう。」
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つけたぞアルマジロ!……おはよう。」
アルマジロ「おはようございます、サーペントさん。」
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つけたぞフロッグ!……おはよう。
     今日も美味そうなにおいだな。見た目は悪いのに。」
フロッグ「・゚・(ノД`)・゚・」
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つけたぞペッカー!……おはよう。」
ペッカー「ニャオォ────ン!オハヨーです姐さま☆」
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つ(以下略)
 
 
ピーコック「だから…どうして廊下で顔を合わせるなり『見つけたぞ』なんだ…?
     普通に挨拶できんのか普通に…」
スタッグ「まあまあ、ピーコック。いちいち気にしてると体がもたんぞ?(ポン)」
ピーコック「お前が言うな!俺の胃はとっくにボドボドダ!!!!」
 
サーペント「アーッハッハッハッハッハ!見つけたぞピーコック!……おはよう。」
 
ピーコック「………………おはよう。
     ……………………。
     …………………………ううっ……(泣)」
スタッグ「…………。ヨシヨシ( -M-)ノ(゚∈゚。)」
 
 
住人の皆さんも、おはよう。

261 :名無しより愛をこめて:04/08/25 08:16 ID:pmCfpDwm
>>260
海蛇姐さん、実は律儀にも全員に挨拶をするために、本当に探してたりして。
とりあえず、伊坂さんがんばれ、超がんばれ!

話変わって、昨日久しぶりに「動物○お医○さん」を読んだのだが、二階堂を見ていると、
嶋さんは『黄色くて飛ぶ物に「ナチュラル」と名付ける癖がある』のではと思ってしまった(w


262 :名無しより愛をこめて:04/08/25 09:13 ID:KD7pLUbF
>>260
姉さん最高w ギャレン組は個性豊かでいいなぁ・・・。

263 :「アンデットの思い」総集編Ver.その1.5(補足):04/08/25 09:53 ID:YBEagrf4
ビートル「補足って何さ兄貴?」
スタッグ「いや、バットの分は先の通り>162の中の人が「冒頭見逃した」から略したんだけども。
 うっかりディアーの分まで抜かしたまま投稿してしまったようでな」
ビートル「ああ、さっき楽屋裏で落雷があったのはそういうわけか…」
スタッグ「というわけで総集編の月曜分追記、ドゾー」
ビートル「ドゾー」

 *−*−*−*

ディアー「鹿様です。おう、皆苦しゅうないぞ」
ローカスト「……また規格外に偉そうだなオイコラ」
ディアー「当然じゃないか、俺様はギャレンの腕すら吹き飛ばす実力の持ち主だぞ。
 二刀流で敵を近づけず、離れたらサンダー一閃。俺最強!ムッハー!」
ローカスト「……まあ確かに遠距離適応なギャレンには相性いいのかもな。
 でもブレイドが俺を使ってあっさり封印、と」
ディアー「いや、その前のブルースペイダー直撃が痛かった。警戒してなかったんで、あれでバックルもう開く寸前」
ローカスト「……爆発は俺のダメージじゃなくてオーバーキルのせいだったとか言うつもりかコノヤロウ」

スタッグ「じゃからあの融合係数低下はわしが橘とコミュニケーション取るのに苦労しとったからで…ブツブツ」
ビートル「素直に言語で意志疎通できればよかったんだけどね、兄貴もオレも」
スタッグ「他から知識とか技能を吸える上級ならともかく、UD語以外もペラペラ喋れるバイリンガルは少ないのよね」
ビートル「ドラゴンフライが片言で名詞連呼できる程度? そういえばスパイダーはやたら日本語上手だよね〜」
スタッグ「職人肌だからなあ、あいつは」
ビートル「自分が納得したヤツでないと変身能力使わせないくらいだもんね。こだわり強いとゆーか」

 *−*−*−*

ついさっきディアーが抜けてたのに気付いたorz スマソ鹿。
ネタも以前の焼き増しが続くかもしれない。続編がつまらないと思われたら私は謝るorz

264 :名無しより愛をこめて:04/08/25 10:26 ID:LZATRvWC
>>261
このスレには全く関係ないんだけど、二階堂ってG−3だよな?

265 :「アンデットの思い」総集編Ver.その2(1/2):04/08/25 10:49 ID:YBEagrf4
センチ「前回のあらすじ。
 俺に顔射されてメロメロになった天音ちゃんを見て嫉妬したカリスが襲ってきました。マル」
マンティス「だッ違う! 真性ベドな貴様と伝説である俺とを一緒にするな!」
センチ「ま、結局は惚れ薬の解毒成分取られちまったけどな。ち、せっかくメロメロにしたのに残念」
マンティス「天音ちゃんはUDじゃないから単に体温が上がって苦しんでただけだバカモノ」
センチ「Σ(゜Д゜;)バカナー!?」

ピーコック「フッ、自意識過剰な直情バカやロリコン軍団に任せていては話が進まん。
 ここで私が登場して物語を引き締めたのは正解だったな」
マンティス「……それは構わんが、なぜ俺を差し置いて先にあの橘という男に話しかけたんだ」
ピーコック「ヤツを試したのだよ。烏丸の作った欠陥品に苦しめられ弱々しくなり果てたヘタレでありながら、
 それでも私に立ち向かう根性。敗勢濃厚と見るやとっさの機転でうまく逃げ延びる知恵。
 あとあといい目を見せてやってもいいかと思ってな」
マンティス(……ダイヤスートの連中が軒並み世話好きのヘタレ好みという噂は本当だったか……)
ピーコック「何か言ったかカリス?」
マンティス「いや」

ピーコック「そしてライダーシステムとやらの実戦データ調査のため、彼に登場願った」
トリロバ「ど、どうも……ト、トリロバイト、です……(縮)」
マンティス「どうした。下級だからといってそんなに遠慮しなくてもいいのだぞ」
トリロバ「あの、えっと……いえ、そんなことはないです……(縮)」
ピーコック「コイツは見ての通りの気性だが、種族特性として異常な防御能力を持つので実戦テストには適任だ。
 私がスカウトしておかなければ、しもべのいない悲しみからいつバックルが開いて自滅するかわからんしな」
マンティス「……そんなんでいいのか絶滅種代表」
トリロバ「はい、あの、何百万年ぶりかに戦えてよかったです。途中から来た赤いライダーの人も、やりすぎなくらい優しく戦ってくれたし。
 でも、皆さんがとても仲良く(?)伸び伸び戦ってるの見て、ちょっと独りぼっちの時代を思い出して……
 つい悲しくなってバックル緩んじゃいました」
ピーコック「それであれだけ堅かったのに、ライトニングブラストごときで倒されたのか……」
マンティス「……そんなんでいいのか絶滅種代表」

266 :「アンデットの思い」総集編Ver.その2(2/2):04/08/25 10:49 ID:YBEagrf4
ビートル「そしてオレとマンティスの一騎討ちー!」
マンティス「正確には剣崎inビートル対ジョーカーinマンティス、だがな」
ビートル「細かいことはいいじゃん。まあ、今回もピーコック御前試合に続いてケッチャコは付かなかったけど」
ゼブラ「俺ことゼブラの出現で水入りになったんスな」
ビートル「兄貴とその中の人をいじめてた割に、速攻逃げちゃったんだよね」
ゼフゼラ「あんまり戦闘得意じゃないんで……陸上競技ならいつでもバトルファイト優勝なんスけど」
スタッグ「結局はわしのシュルトケスナー藻樹液パワァ効果の実験台だったな」
ゼブラ「ううっ、UD使い荒いっス伊坂さん……」

ピーコック「で、私がビートルの中の人を勧誘しに行ったわけだが」
ビートル「剣崎はさすがに樹液じゃつられないよなあ……」
ピーコック「うむ。ヤツが人間だという事をつい失念していた。
 樹液しか用意してない、などと言うのは恥ずかしかったのでスタッグに仲介を頼もうと」
ビートル「なぜかオレが思いっきりツッコまれちゃったよ……しかも初手バイクだもんなー」
ピーコック「あれは私も驚いた」

ピーコック「トリはスパイダー……最後のカテゴリーA、最強の仮面ライダーに絶対必要なUDだ」
スパイダー「トリはどっちかってーとお前さんだけどな。だっはっは」
ピーコック「……私の計画がうまく行かなかった理由が今わかったよ、スパイダー」
スパイダー「何だそりゃ?」
ピーコック「私は寒いジョークは嫌いだ。文字通り寒くて鳥肌が立つ」
スパイダー「……ぶはははは!! おめェ、言うこととやってること違うじゃねぇかははははは!!
 いやいや、俺もお笑い界のエースを自称しちゃいるが。さすが上級、ネタのキレが違うなァ」
ピーコック「……何の事だ」
スパイダー「いいってことよいいってことよ。おめェには昔から確かに一目置いてはいたんだ。
 まさに「切り札はジョーク」ってとこだな。だっはっはっは」
ピーコック「……下らん。帰る」
スパイダー「だっはっはっはっは」

重ね重ねネタの焼き増しゴメソorz

267 :名無しより愛をこめて:04/08/25 11:04 ID:Lk+4XLgk
>>266
>重ね重ねネタの焼き増しゴメソorz

いやいや。「総集編」なんだから、むしろネタの焼き直し、
&YBEagrf4さんのオリジナリティをちょっとまぜての
焼き増しで (0wK) GJ!! っすよ。

YBEagrf4さんのお好きなように、でOKですが、
この「アンドットスレの」総集編にもなってて、いい感じッす。

気弱にならず、つきすすめー!!

268 :名無しより愛をこめて:04/08/25 11:29 ID:HtA9Sc3l
>切り札はジョーク

( 0M0) やはりそういうことか

269 :名無しより愛をこめて:04/08/25 11:50 ID:apicQCIq
>>241-244
昼ドラワロタ、あと
>狼と山羊だからといって、俺が弱いと思うなフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!
何かツボ
>>250-253
>>241-244とあいまって何だか切なくなった。叶わなくてもカプリコを応援したい。

270 :190:04/08/25 11:55 ID:Q2QoSTAT
>>241-244
GJぽ
楽しめたディスヨー
でも・・・ロリコン組も出してほしかったなぁ・・


象さんの正式スートはクローバーだから
象さんがレンゲルバックルのカードホルダーに入ったらどうなるんだろ・・・?

271 :名無しより愛をこめて:04/08/25 15:40 ID:Y2HO/jEa
ビートル「>>215の人!そういうの、七転八倒って言うんだぜ!(得意気)」
 
イーグル「それを言うなら 本 末 転 倒 。”倒”しか合っていませんよ。」
 
ビートル「あ。」
イーグル「…………は〜。」
ビートル「なっ何だよ!そんな溜め息つくなよ!ちょっと間違えただけだろ!」
イーグル「ほう。では問題を出してみましょうか。」
ビートル「も、問題…?」
 
イーグル「『鬼に』?」
 
ビートル「えっ?……それは…………えーと…………『大豆』?」
イーグル「…………。」
ビートル「えっ違うの?じゃ、じゃあ……えっと…………『煎り豆』?」
イーグル「………………。」
ビートル「それも違う?そしたら……うーん…………あっそうだ!『豆まき』!」
イーグル「いいかげん豆から離れなさい。
    ……まあある意味、人間文化をよく学習しているということなんでしょうけれどね。
    まったく貴方の適合者といい、どうしてこう…ハァ。」
ビートル「ご……ごめん……」

カプリコーン「ところで何が”本”で何が”末”かは…その人次第なんだフォ──(0∀0)──ウ!」
ビートル「あ、カプリコーン。いいこと言う〜。」
イーグル「おや、いいところに。貴方にも訊いてみましょう。『鬼に』?」

カプリコーン「『枝豆』ニョ!」

イーグル「ヒドォオチョグテルトヴットバしますよッ!(ビシビシビシビシビシ!(羽手裏剣))」
カプリコーン&ビートル「ギャ────ッ!」
一同「うるせーぞJフォームトリオ!外でやれ外で!」

272 :名無しより愛をこめて:04/08/25 16:05 ID:tMv59Ta7
トリロバイト「…ちなみに、正解は『鬼にうまい棒』だよね?」
ディアー 「え!? 『鬼にカナブン』だろ?」
バッファロー「……『鬼に金棒』でござる」

273 :「バットの部屋2」補完 1/3:04/08/25 18:31 ID:RQFLzyZt
Inバックル間時空トンネル(カプリコとのバトルファイトから一時間後)

ウルフ「…ったく、あの野郎…本気で殴りやがって。牙が一本折れたじゃねーかッ!
  まあ、お返しに角を一本折ってやったから五分五分だな…イテテテテ」
ウルフ「こんな時に呼び出しやがって、あのアマ。俺はパシリじゃねえんだぞ、まったく!
  って、そろそろ出口か。よっしゃあッ!飛ばすぜ!!ブルルルルルルルルン!!」
シュン!!(外に出た)
ドカッ!!(轢いた)
ドラゴンフライ「ぐえっ!?」
ウルフ「…あん?何か今、物凄くどうでもいいものを轢いたような…
  まあ、いいか。どうせ、どうでもいいもんなんだからな」
ドラゴンフライ(ピクピクピクピク)
シェル「大丈夫か、ドラゴンフライ。傷は浅いぞ」
オーキッド「ちょっと、遅いわよ!!ウルフ!!!」
バン!!(ドアを開けた)
ドカッ!!(蹴った)
ドラゴンフライ「うげっ!?」パカッ
オーキッド「…うん?確か今、果てし無くどうでもいいものを蹴り飛ばしたような…
    まあ、いいわ。どうせ、どうでもいいのだし」
ドラゴンフライ(ピク…ピク…)
シェル「辛くなったら言え。すぐにとどめを刺してやる」
オーキッド「そんなことより、ウルフ!!あなた10分の遅刻よ!一体今まで何してたのよ!!」
ウルフ「お前んとこの山羊と殴り合ってたんだよ!!文句があるなら、あの馬鹿に言え!!」
オーキッド「…あの馬鹿(フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!)のせい?」
ウルフ「ああ…あの馬鹿(フォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!)のせいだ」
オーキッド&ウルフ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
オーキッド「…それで、急いでるのよ。締め切りが迫ってて、できれば飛ばしてくる?」
ウルフ「…わかった、最善は尽くす。けど、間に合わなくても文句はいうなよ」

274 :「バットの部屋2」補完 2/3:04/08/25 18:32 ID:RQFLzyZt
モス「待ってくれよー!ウルフの兄貴―!」
キャメル「俺たちの漫画も、持って行って下さーい!!」
ウルフ「ああん?お前たちまで、俺に何か配達させる気か?
まったく、お前んとこの下級の教育はどうなってんだよ?」
オーキッド「うるさいわね、私に言わないでよ。あんたのとこだって大して変わらないでしょ。
    うちのエースは放任主義なのよ、基本的にはね」
ウルフ「ただ単に収拾つかないだけだろ、それはよ」
オーキッド「いいのよそんなこと、どーでも。それより、あんたたち。
まさか、あんたたちも何か連載してるの?」
モス「ヘイ!その名も…」
モス「モスおねえさんと!」キャメル「キャメル君の!」モスキャメル「「なぜなにロリ○〜〜!」」
ドゲシッ!!
オーキッド「…黙りなさい」ウルフ「…黙れ」
モスキャメル「「ナヅェ!ナヅェナグルンディス!?」」
オーキッド「あんたたちが危うく、著作権に引っかかる所だったからよ」
ウルフ「というより、既にアウトだろ…アレは」
オーキッド「そんなもの何処で連載してるのよ、あんたたち?」
モス「『週刊少年アンデット』です」
ウルフ「…んがッ!?そんな雑誌があんのかッ!?」
キャメル「ありますよ、毎週月曜日に230円で発売してます。読んで見ますか?はい、コレ」
オーキッド「何コレ?『ロリーチ』とか『ロリノート』とか、ロリネタばっかりじゃない」
ウルフ「なんだこの巻末でやってる『センチピード大先生の今週の顔射百選』ってのは?」
モス「あ、やっぱり兄貴も面白いと思います?凄い大人気なんですよ、その連載。
  一体何処の誰がこんな素晴らしい物を描いているんだろう…」
ウルフ「いや、丸わかりだろ」
オーキッド「それよりもあんた、そういう趣味あったんだ…」
ウルフ「何だよ、そういう趣味って」
オーキッド「ロリ」

275 :名無しより愛をこめて:04/08/25 18:34 ID:7k2cwvoU
エレファント「鬼の目にも涙でどうよ」
ウルフ「鬼にバイクだ!!ブルルルルルルンブオーーーンブオンキキキキキーー」
イーグル「二人とも違います!!!
      このままじゃカリスにあっても恥をかいてしまって、イーグルの教育が悪いとか言われるんですよ
      どうしてくれるんですか!!??」
ビートル「別にいいじゃん」
イーグル「だめです!!(ビシビシビシビシビシ!(羽手裏剣))
ビートル「ウェエエェェィ」
エレファント「別にイーグルが教育しても何も変わらないよな」
一同「たしかに」



276 :「バットの部屋2」補完 3/3:04/08/25 18:34 ID:RQFLzyZt
ウルフ「何でじゃーーーーーッ!!!!!
何で俺がツルペタなんぞに興味を持たなきゃ、ならないんだーーーーーッ!!!!!」
モス「えっ、やっぱり兄貴も俺たちと同じ真性変態キャラだったんですか!!」
キャメル「やっぱり、元は同じ愛(ハート)のカテゴリー仲間…
その絆は決して切れないものだったんですね!」
オーキッド「うわー、最低―」
ウルフ「否ッ!!断じて否だッ!!!いいか、俺が愛しているものは正真正銘一つだけ…」
オーキッド「だからロリなんでしょ」
ウルフ「違うッ!!俺が戦っている理由はロリやペドとかじゃない…
  バイクを愛しているから戦っているんだッ!!!!!」
オーキッド「結局、変態じゃない」
ウルフ「ナヅェダ!!!ただ俺はハンドルとか、タイヤとか、エンジンとか、その他もろもろを愛してるだけだ!!!それに何の罪があるッ!!!何ぞやましい事があるッ!!!」
オーキッド「無生物にそこまで執着するだけで、十分変態よ」
ウルフ「何だとッ!!お前だって漫画なんて下らない物に執着してるじゃねぇかッ!!」
オーキッド「…なっ!?私が愛してるのは漫画や同人とかじゃない…
    白井さんを愛しているから漫画を描いているのよ!!!!!」
ウルフ「結局、二次元に逃げてるだけじゃねぇか」
オーキッド「くっ!?あんたなんかに言われたくないわよ!!!道で襲った人にハンズで買ったようなマスクかぶらせて喜んでるような奴に!!!!」
ウルフ「何!?俺だってお前なんかに言われたくねぇよッ!!!わけもわからん行動を何週も繰り返した挙句、作戦が全部裏目に出て最後にはカリスにチョップ一枚でやられたのは何処のどいつだ!!!!」
オーキッド「何ですって!?」ウルフ「何だとッ!?」
バトルファイト開始 カーン!!

シェル「バイクやマンガを守ろうとする愛…その時、奴の力は全開する、か」
ドラゴンフライ←シェルにとどめを刺された
モス「なあ、シェル。結局の所オーキッド姐さんって、何処で漫画を連載してるんだ?」
シェル「『月刊りぼん』」
モスキャメル「「ウェイ!?」」

>>190>>270さん。頑張ってロリコン組ダシテミタヨ…デモ、オレノネタッテボロボロダーorz

277 :275:04/08/25 18:36 ID:7k2cwvoU
割り込んでしまった、だから私は謝る
ごめんなさい

278 :名無しより愛をこめて:04/08/25 18:47 ID:e5w1OzDI
>>273-274,>>276
GJディス!
ちなみに蘭姉さんの原稿は間に合ったのだろうかw

279 :なぜカリ:04/08/25 19:30 ID:t0QPRIEe
モス「モスおねえさんと!」
キャメル「キャメルくんの!」
モスキャメ「なぜなにカリスー!!」

モス「みんなー!こーんにちわー!モスおねえさんです☆」
キャメル「こんにちわー!キャメルくんだよー!
モスおねえさんモスおねえさん、今日も視聴者のみんなからリクエストされた衣装なんだね!」
モス「そうなんです!今日の衣装はなんと!スクール水着でーす!」
キャメル「応募してくれたのは…ブレイバックルにお住まいのP.N雷鹿くん!」
モス「こらぁ〜、マ・ニ・ア・ッ・クだぞ!」
キャメル「なんやかんや言ってバッチリ着込んでるおねえさんに萌えだね!
P.N雷鹿くんにはおねえさんの生写真をプレゼント!」
モス「この写真で変な事したらヤ・だ・ゾ☆」

〜〜ブレイバックル内〜〜
ディアー「ウェーーーイ!!キタキタキタキタキター!!」

ジャガー「うおお!!いいないいな!ディア公いいな!」
イーグル「…なんかこの番組方向性かわってきてませんか?」

続くのか?

280 :ヘタレと呼ばないで:04/08/25 19:45 ID:RDeefY6s
???「すみませーん 誰かいませんかー」
ビートル「はいはいー? 誰ー?」
???「いや、名乗るほどのもんじゃないんですけど、人探してるんですよ」
ビートル「誰探してるの?」
???「えーと。ヘタレ」
ビートル「へ、ヘタレ…? 兄貴の中の人かな。いや今はヘタレてないらしいし…」
???「泣き声は『うわぁ』なんだけど…」
ビートル「うわぁ?」
???「俺がいつも発破かけてんのにヘタレなんだよ」
ビートル「誰それ? わかんない」
???「そっかー有難う。 ちょっとはぐれちゃったんだよね。中の奴と」
ビートル「そうなんだ。大変だね」
???「いやまぁいざとなりゃ俺の中の闘争システムで皆ジャンキーにしちゃうんだけどね」
ビートル「!?」
???「それじゃ、失礼しましたー」

イーグル「ビートル? 誰か来たんですか?」
ビートル「よくわかんないけど怖い人」
イーグル「怖い人?」

落ちなし

281 :なぜカリ続き:04/08/25 20:04 ID:t0QPRIEe
キャメ「それじゃあおねえさん!今日も質問いくよー!」
モス「はーい!今日の質問をくれたのは?」
キャメ「ブレイバックルにお住まいのP.N古代の海の夢くんからの質問!」

『モスおねえさんは本当におねえさんなんですか?


キャメ「これはヘヴィな質問だねおねえさん!」
モス「そうね…でもズバッと解答!ズバッと解決がおねえさんのモットー!」
キャメ「始めて聞いたよそんなモットー!」
モス「(シカト)さくっと答えてしまいましょう!
おねえさんは女よ!!」
キャメ「な、なんだってー!?」
モス「どういう事かと言うと、いつぞやビートル君がやってたように
おねえさんも遺伝子レベルで性別を変更していたのよ!!」
キャメ「な、なん(ry」
モス「P.N古代の海の夢くん、わかったかな?意外と苦労しているモスおねえさんなのでした☆」
キャメ「嘘っぽいけど本当だよ!いつも楽屋(?)からすごい声が聞こえてくるんだ!」
モス「やだ、恥ずかしい〜」
キャメ「それじゃあ今日のなぜなにカリスはここまで!」
モス「まったね〜!!」

282 :なぜカリおまけ:04/08/25 20:07 ID:t0QPRIEe
モス「ちなみに収録が終わって少したつとふたなりモスになってしまうわけだが」
キャメル「キモいから脱ぐな」

ネタをサンドしてしまって申し訳ないと思っている。
だから私はあやまる。ごめん>>281

283 :名無しより愛をこめて:04/08/25 20:08 ID:UP3hoEHx
モスねえさんに騒ぐブレイバックル内のアンデット達萌え

284 :名無しより愛をこめて:04/08/25 20:25 ID:t0QPRIEe
あ、アンカーまで間違えた
オデノメハボドボドダァ!!
>>280ゴメソ

285 :名無しより愛をこめて:04/08/25 20:27 ID:RDeefY6s
気にすんな!
たぶん俺のネタ誰もわかんねぇだろうし!

286 :名無しより愛をこめて:04/08/25 20:39 ID:RQFLzyZt
>>280
多分、去年の三本目のベルトだと思うんだけど…違うかな?

287 :それ逝けギャレン組   第1/2廻:04/08/25 21:00 ID:8Av7aLHz
 
アルマジロ「>>217-218・・・ということがあったんですよ、昨夜。」
スタッグ「そうか。それでフロッグはバックル開いた後遺症で寝込み、サーペントは寝不足で朝寝坊中なんだな。
    いや、すまんかったアルマジロ、ペッカー。わしときたらその頃、騒ぎに気付きもせずに爆睡しておったわい。」
ペッカー「えへへ☆いいよ大将。即席コンボとかできて面白かったし。でもほんとびっくりしたなー。
    目撃した瞬間はー、夜這い?!姐さまってばダ・イ・タ・ン☆とか思っちゃって。」
スタッグ「夜這いか・・・。
    そういえばファイアフライもここに封印されたばかりの頃、よく寝惚けてわしのところに来てたな。」
一同「マジっすか?!」
スタッグ「うん。コソーリ入って来るんだけど、わかるんだよね。暗闇で尻がこう、ポーッと光ってるから。」
一同。oO(大将それホタルの求愛信号・・・(;´Д`))
ファイアフライ「う、うるせえな。最初の頃からしばらく、あんたのこと雌と勘違いしてたんだよ!初対面(=初戦闘)の時にさ、
      動きがダバダバしてて、ちょっとドジっ娘って感じで可愛いな〜とか思ってて・・・。」
スタッグ「ダバダバしてるのはギャレンの中身の橘だろ。わしじゃないよ。」
ピーコック「・・・ギャレンがダバダバしているのは否定せんが。しかしものは試しだ。ちょっと走ってみろ、スタッグ。」
スタッグ「ん?いいよ。じゃあこの部屋を一周〜。」
 
   だばだばだばだばだばだば・・・
 
スタッグ「・・・・・・あれ?(;-M-)」
一同「・・・・・・ぷっ・・・・・・くくく・・・・・・」
スタッグ「な、何だよ!言いたいことがあるならはっきり言ったらどうだ!(;-M-)そ」
一同「い、いや別に・・・ぷくく・・・・・・ん?」
 
ファイアフライ「大将かわいいよ大将・・・(ぽけー)」
 
一同「うおおおぉいファイアフライ!戻って来おおぉ────い!!!!」
スタッグ「・・・まいったねこりゃ。(;-M-)=3」

288 :それ逝けギャレン組   第2/2廻:04/08/25 21:06 ID:8Av7aLHz
 
ゼブラ「ところで大将。あんまりこういうネタはやんない方が・・・」
スタッグ「ん?やばかった?マンティスんとこのロリ組も相当アレだと思うんだけど・・・
    ある種の劣情あふれるヤヴァい汁がすごい擬音とともに飛び散ってたりして。」
バット「あれはまあ、本編に沿ったネタだから。」
アルマジロ「でもうちの、ファイアフライが時々大将に対して勘違いするのも初代スレからの伝統だよ〜。」
ファイアフライ「伝統・・・俺はこのまま変(ryのまま最終回までいくのか・・・orz」
アルマジロ「雌と錯覚しちゃうんでしょ?だったらある意味ノーマルだよ。虫同士だし、OKOK。」
ピーコック「ナイスフォローだ、アルマジロ。」
ゼブラ「いえあの、世間的にどうこうじゃなくてですね。
    ・・・知りませんよ、オーキッドにネタにされても。」
スタッグ「蘭ちゃんに?・・・いや、心配ないだろ。」
ピーコック「? ずいぶんはっきりと言い切るんだな。」
 
スタッグ「うん。だって、あのコが愛好してるのはヤOイだろ。
    その点、わしらに似合うのはどちらかと言うと[ピ────ッ]って感じだから。大丈夫。」
 
一同「そういうこと言っちゃダメ〜!(;゚Д゚)」
ピーコック「けっこう人間の文化に詳しいんだな・・・。」
スタッグ「人を愛しているからな。」
一同「ウゾダドンドコドン・・・。」
 
 
 
※お知らせ
[ピ────ッ]の部分はUD特有の音波に変換されているため、
表示することができません。ご了承下さい。

289 :名無しより愛をこめて:04/08/25 21:25 ID:or+MO0QU
>>233-234,260

ハゲ「ちわー。どうもー。クロハゲ宅急便でーす。・・・はい、ハンコどうも。んじゃ」

スタッグ「・・・ビートルが何か送ってきたわい。どれどれ」
ピーコック「ん・・・?なんだ・・・?『割れ物注意・・?』」

      がさがさ

     OoOOoOOoOцц

スタッグ「おお。これは」
ピーコック「・・・卵!!ニワトリの卵か!!」

『(-M-) へ

兄貴んとこで、卵に不自由しているという噂を聞いたので、
コタロんとこでとれたニワトリとウズラの卵をわけてもらいました。
あと、牛乳と樹液も新鮮なのが手に入ったので入れておきます。

今度、一緒にJフォームになって、遊んでください。
一万年ぶりに、空とか、一緒に飛んでみたいです。

(0w0*) より』

----------------------

フロッグとピーコックが不憫だっただけで、特にオチはありません brz

290 :名無しより愛をこめて:04/08/25 21:41 ID:ECr4JkCQ
なぜカリって変なコスプレネタの為に始めたわけじゃないのになぁ……

まあ、ネタが進化するってのは悪い事じゃないし
別に自分だけしかやっちゃ駄目とか主張する気はないが……

しかしなんかなぁ……

291 :名無しより愛をこめて:04/08/25 22:11 ID:PDY+UjNy
>>290
まぁ、俺としても自分のネタが使って貰えると嬉しいっちゃ、嬉しいが気持ちはわかる。
難しいかもしれないが、ここは一つ貴殿が初心に返って流れを戻してみては?
無責任で悪いがね。

292 :名無しより愛をこめて:04/08/25 22:11 ID:VADXFiCT
>>290
ツッコミどころが間違っている。
むしろ「どうやってブレイラウザーのやつらが電波?受信しているのか」のほうが重要だ!

いやなんかカリスんとこにはテレビビデオパソコン類あるけど、ブレイラウザーには
家電一切ないイメージがあるんだよな。なんとなく。ビニールプールはあるんだけど。
あ、冷蔵庫はあるんだっけ?

293 :名無しより愛をこめて:04/08/25 22:14 ID:ECr4JkCQ
長く続けたらマンネリになって駄目になった可能性もあっただろうし
素直に新しいネタ考えるか

次回から新勢力登場するっぽいし

294 :姐さんの趣味 1/3:04/08/25 22:22 ID:RQFLzyZt
ピーコック「やけに騒がしいと思ったら…何をやっているそこで?」
バット「あ、ピーコックさん!いや、俺っちがこの部屋の前を通ったら、トータスの奴がバックル開けて寝てたんです」
ピーコック「馬鹿者、それは気絶していると言うんだ。そこをどけ、俺に見せてみろ。
    …ふむ、バックルが開くような要因になる外傷は何処にもないな」
バット「へっ!?じゃあ何でトータスの奴はバックルまで開けて、気絶なんかしてるんですか?」
ピーコック「おそらく、精神的ショックによるものだと思われるな。
    自分の予想外の範疇の事が起きて、そのショックに耐え切れずに倒れたんだ」
バット「せ、精神的ショックって…何処にそんな恐ろしいものが…」
ピーコック「一つしか考えられん…というか、この部屋の前でトータスが気絶していたという事だけでもう決定済みだ」
バット「…この部屋って、ピーコックさんの隣の部屋だから…」
ピーコック「ああ、カテゴリークイーン…サーペントの部屋だ。
    おそらく、ついにあの女に椅子の事がバレて、部屋から閉め出されたのだろう」
バット「いや、絶対にバレないと思いますよ。椅子は」
ピーコック「(?)なら、何故トータスはここで倒れている?間違い無くあの女に原因があったとしか思えん」
バット「そこは俺っちも同意しますけど…一体、この部屋の向こうで何が!?」
ピーコック「関わりたくないが、確かめるしかないな。これ以上、被害者が出ない内にな」
バット「そういう事なら、任せてくだせぇ!!この俺っちのスコープで部屋の中を…」
ピーコック「やめておけ。このバックルの中では各々のプライバシーの侵害をしてはならない…
    そういう決まりになっているはずだ。それにお前には何度か前科がある(ジロッ)」
バット「ひっ!?わっかりやしたぁっ!!…でも、ならどうやって中を…」
ピーコック「簡単だ。直接ドアから入ればいい…邪魔するぞー」ガチャ
バット「あっ、ピーコックさん!ノックもしないで入っちゃ駄目ですよ!」

ピーコック「!?」
バット「!?」

295 :姐さんの趣味 2/3:04/08/25 22:24 ID:RQFLzyZt
サーペント「何だ、お前たち。乙女の部屋にいきなりノックもせずに入ってくるとは」
バット「…い、いやそんなことより、サーペント姐さん…」
サーペント「ん、どうしたピーコック、バット。顔が青いぞ」
ピーコック「…き、貴様!な、何なんだ!その格好は!!!」
サーペント「何って…見ればわかるだろ。もちろん…

『浴衣』だ

バット「いやだから、それは何か?って事を聞いてるんじゃなくて…」
ピーコック「どうして貴様がそんなものを着ているのか、と聞いているんだ!」
サーペント「ああ、そんなことか。あのハゲとかいう奴に持って来させたのだ。
    変身して締め上げたら、あっさりと持ってきたぞ」
バット「ひぇ〜あのハゲを軽くあしらうなんて、姐さんはやっぱすげーぜ」
ピーコック「なるほどな、貴様がそれを所持している理由はわかった…
    だがな何故、今!ここで!それを着る必要がある!」
サーペント「夏だからな」
ピーコック&バット「はぁっ!?」
サーペント「夏に浴衣を着て何故悪い?冬に着て可笑しがられるならばわかるがな」
バット「はー、そういえばそうっすね。確かに極、自然な行動ですわ」
ピーコック「…貴様、酒を飲み交わした時>>226-228から疑ってはいたが…
    意外と古風な物が好きなのだろ。風流とか情緒とか、そういったものがな」
バット「コフー?」
サーペント「…よくわかったな、ピーコック。確かに私はこの国の…純日本的なものが大好きだ」
ピーコック「何故だ…バトルファイトが始まってまだ3年…
貴様がそのようなものを習得するにしてはとても早すぎる、何があった?」
サーペント「…ふん。良かろう、教えてやる。たまには思い出話もいいものだろう…」

296 :姐さんの趣味 3/3:04/08/25 22:29 ID:RQFLzyZt
私が解放されたのは何処かの海だった…私は不覚にもその時嵐に流されて、日本の小さな漁村に流れついたのだ。
村の人間は皆私のことを遭難者だと思ってな…手厚く看護してもらった(まあ、体はすぐに回復したが)
私はその後しばらくその村に残ってな、いろいろなことを勉強したのだ。この浴衣もその一つだ。
私を泊めていた女将がそういうことが好きでな、古来日本的なものなら大抵は習得した。だから、私はお茶をいれることもできれば、花をいけることもできるぞ…
そうして、日本の侘びや寂を覚えた私は今回のバトルファイトが日本である事を知り、ジョーカーを探す旅に出たのだ…

サーペント「…と、いうわけだ。わかってくれたか?」
バット「ううううう〜(泣)姐さんもいろんな事があったっんですね〜・゚・(ノД`)・゚・」
サーペント「…ふん、人間に助けられるとは情けない奴だ…!?(゚Д゚;)
    そうか…だから貴様あんなにもあっさりと封印されたのだな…
    可笑しいと思ったぞ、サーペント。仮にも上級であるお前が鯛焼きの板などに負けるはずがない。あの屋台の…昔の日本の雰囲気に呑み込まれていたのだな…」
バット「えっ!?それってつまり…」
サーペント「…やはり喋りすぎたか…思い出話は、そっと心にしまっておくべきだったな…」
ピーコック&バット「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

297 :姐さんの趣味 おまけ:04/08/25 22:30 ID:RQFLzyZt
サーペント「そういえばバット、私の椅子を知らないか?
浴衣に着替えてる途中で急に無くなってしまってな」
バット「(ああ、そういうことね…)トータス…っじゃなかった椅子なら、この部屋の外にありましたよ。多分なんかの拍子に転がっちゃったんすよ」
サーペント「そうか。あの椅子は本当に座りごこちが良くてな。
    昔どっかの海岸にあった亀に似た大岩に匹敵するぐらいだな、あれは」
バット「(トータス…・゚・(ノД`)・゚・)あっ、それはそうと姐さん。せっかく浴衣着たんですから、写真一枚どうですか。俺っちのこの盗撮用カメラ…じゃなかった一眼レフで思い出を一枚、パチリとね」
サーペント「それは面白そうだな。どうだピーコック、お前も入るか?」
ピーコック「馬鹿馬鹿しい。俺は先に帰らせてもらうぞ」
サーペント「…からかいがいのない奴だな…まったく」
バット「それでは撮りま〜す。ハイ、トマトジューーーーース」カシャ

ピーコック「浴衣か…祭りがあるわけでもないのに…!?…ふむ、『祭り』か…」
                                     続く?

298 :名無しより愛をこめて:04/08/25 22:33 ID:or+MO0QU
>>292
>ブレイラウザーには 家電一切ないイメージがあるんだよな。

ブレイド組好きには聞き捨てならないイメージだな〜。

( 0w0)「292さん、うちには、ボードのパソコンなんかもありますよ!
    広瀬さんと一緒に、拾ってきますた!
    別に剣崎は貧乏田舎暮らしってワケでもないディスヨ!!」

299 :名無しより愛をこめて:04/08/25 23:01 ID:5KDEtd7Y
>>289
ビートルけなげすぎ…(*´Д`)モエ
しかしニワトリの卵はともかく、ウズラの卵は……生で食べるの苦労するだろうな、姐さん。
あんな小さな卵を上手に割れるようには見えないw
 
 
サーペント「おっ…おのれ…!(ワナワナワナ…)」
スタッグ「どうした、何を怒っているんだ?」
サーペント「卵だよ!この異様に小さい斑模様の卵が美味く割れないんだ!
     くそう…美味そうな匂いがプンプンするのに!この薄皮一枚壊せば食べられるのに!キィーッ!(#`Д´)」
スタッグ「サーペント…あんまり怒るとせっかくの美人が台無し。」
ピーコック「ウズラ卵ごときに必死になる姿はまあ、可愛いと言えなくもないがな。
     ヘタレ最盛期の橘を思い出すよ…何となく。…ん?」
 
   どどどどど…
 
トータス「姐さんの美人が台無しとかいう話が聞こえたダス!それはいかんダス!」
スタッグ&ピーコック「あ。忠亀トータス。」
トータス「姐さん、ちょっとその卵、オデにかしてみるダス。割ってあげるダスよ…(ぽっ)」
サーペント「…お前が?できるのか?」
トータス「まかせるダス。────ていッ!」
 
   ぐしゃ
 
トータス「…………あれ?(汗)」
一同「…………割れるには割れたけど……。」
サーペント「トータス…それは『割った』んじゃない…『壊した』だ!食べられなくなってしまっただろうが!バカモノ!(びし!)」
トータス「痛っ!ごめんダス〜姐さん〜!」
スタッグ「痛いとか言ってる割に嬉しそうだぞトータス。」
ピーコック「言うな、無粋だぞスタッグ。悦びのカタチはひとそれぞれだ…。」

300 :299:04/08/25 23:06 ID:5KDEtd7Y
美味く割れない → 上手く割れない orz
ついでだから300ゲット!アーッハッハッハッハッハ!

301 :名無しより愛をこめて:04/08/25 23:29 ID:RQFLzyZt
しまった…>>296の『サーペント「…ふん』の部分は『ピーコック「…ふん』だった…
一番肝心な所を間違えるなんて…スマソorz

302 :(-M-):04/08/25 23:34 ID:JeXZu7uK
>>294-297
ふむ・・・・となると

春はもう無理として、秋と冬は何を着るんだサーペント・・・・正月は晴れ着か?



303 :オゥプラント?:04/08/25 23:37 ID:Z2+JoiXe
(inカリスラウザー)
ホーク「風の噂じゃあレンゲルラウザーの方で>>185-187ということがあったそうだが」
プラント「どっからどうやってそんなこと聞いたの?」
ホーク「聞こえるんだよ。ほら、俺トルネード(風)使うし」
プラント「(そんな無茶苦茶な)……しかし、テイピアも妙なこと羨ましがるんだねえ」
ホーク「きっとお前のことも羨ましいんだろうなぁ」
プラント「え?なんで?」
ホーク「はっは、とぼけんなよ林田」
プラント「…え?今なんてったの?」
マンティス「オゥ林田!」
プラント「え?」
スピリット「どうした林田君?」
プラント「ええ!?」
オーキッド「トーン貼りなさい林田」
プラント「ええぇ――――ッ!!?」
プラント以外の一同「林田!オゥ林田!林田!はやしだはやしだ………」


プラント「むにゃ…うーん…はやしだ…ねぇ何ではやしだ?…うーんうーん…はやし…」
マンティス「…どうしたんだプラントは」
ホーク「誰だかわかりませんが人間の名前を呼びながらうなされてます…」

(inレンゲルラウザー)
テイピア「どこからかイイにおいがする…」

304 :名無しより愛をこめて:04/08/25 23:41 ID:RQFLzyZt
>>302
巫女さんとか、着物とか、十二単とかw

305 :名無しより愛をこめて:04/08/25 23:58 ID:zcci3/j0
ところでトータスはサーペントの人間体・UD体・どちらに惚れたのだろうか・・
>>170 を見る限りアンデッド体を見て綺麗といっているし、かといって>>294
〜297では着替えるといっているから人間体なんだろうし・・
まあトータスもあずみの方で急に脱がれたらバックル全開だ・・・

306 :名無しより愛をこめて:04/08/26 00:12 ID:SaPJ2DHP
>>305
俺の見地じゃ、結局トータスにとってサーペント姐さんは
どっちのバージョンでも美人なんじゃないのかな
恋は盲目って言うし…

307 :ギャレンラウザー酒盛り中:04/08/26 01:29 ID:p2IYV0ej
サーペント「ふぅ〜…何だか暑くないか、ここ?」
スタッグ「まあ、鯨飲って言うんかの?あれだけ呑んでりゃ暑くもなろうってもんだがな」
ホエール「呼びました?」
スタッグ「いや、アンタじゃなくて」
サーペント「あと、呑むと体が痒くなるんだよ。酒は好きなんだけどさ」
ピーコック「フン。そんなに暑ければ、脱げばよかろう(…まあ、そんなことは出来んだろうがな)」
サーペント「へ〜…アンタのお許しが出るとは思わなかったねぇ。それじゃあ一つ、パ〜ッといこうかぁ、アーッハハハハ!!」
ペッカー「にゃ〜ん☆ おネエサマってば、ダ・イ・タ〜ン!きゃはっ☆」
ピーコック「…!? 待て!するわけないと思ったから言ってみただけだ!私の目の黒いうちは、このラウザー内でそんn(ry
バット「!? 本気っスか姐さん?いや、やっぱ止しといたほうが…」
アルマジロ「とか言いながら撮影の準備するのはどうかと…」
トータス「姐さん!?姐さん、気を確かに持つダスよ!(ドキドキソワソワ)」
ゼブラ「アンタは止めたいのか見たいのかどっちなんだ?」
スタッグ「やっぱ止めた方がいいんかのう、ワシ…」


サーペント「ふ――――――――ん! 脱皮ィ!!」
ズルッ

一同「………」

サーペント「あースッキリした。それじゃ、呑み直すとしようかねぇ、アーッハハハハハー!!」
トード「そんなことだろうと思ったケロ…ってトータス、何でバックル開いてるケロ?」
ピーコック「そっとしておいてやれ…」

308 :トリ部屋(1/2):04/08/26 02:28 ID:QMLT6krA
トリロバ「こんにちは。「トリロバイトの部屋」の時間です。
この番組は、僕、トリロバイトがいろいろなゲストさんと喋りあいゲストさんのいい所を引き出す番組です。
それでは記念すべき1回目のゲストの方に来てもらいましょう!ライソニ3人組の皆さんです!」

ローカスト「ローカストだぜぇ!」 
ディアー「ディアーだ。」  
ジャガー「ジャガーだゴルァ!!(゚Д゚)」

トリロバ「それでは早速…
ローカスト「なんでライトニングソニックが使われねぇんだ!!」
トリロバ「…!?
ローカスト「ブレイド最強技と言ったらライソニだろっ!?それなのによぉ!」
ジャガー「そうだぜ!蜥蜴野郎ばっか使いやがって!(#゚Д゚)」
ディアー「まぁ、俺は使われてるけどね。」
ローカスト ジャガー「…………。」

309 :トリ部屋(2/2):04/08/26 02:30 ID:QMLT6krA
トリロバ「あ、あの〜?」
ローカスト「…そうだ!ギャレン組みたいに3枚コンボにすりゃいいんだ!」
ジャガー「じゃあ使われるのは俺な。」
ローカスト「なんで。」
ジャガー「キックとスラッシュが同時打ちできると思ってんのか?」
ローカスト「…グッ!」
ジャガー「その辺俺はマッハだからな。全然おかしくない。」
ローカスト「う、うるせぇ!そもそもそんなコンボあるのかよ!」
ジャガー「自分で言ったんだろ!」
ディアー「まぁ、俺は使われてるけどね。」
ローカスト ジャガー「……………………。」

ローカスト「…おい。」
ディアー「なんだ?」
ジャガー「いつまでも調子こいてんじゃねぇぞゴルァ!!(#゚Д゚)」
ディアー「ラウズされない僻みですか?」
ローカスト「なんだと!?こ、この、鹿野郎! 頭に馬つけたら、馬鹿野郎じゃねぇか!」
ディアー「訳わかんない屁理屈言うな。ブルースペイダーにもラウズされてない蝗の癖に。」
ジャガー「そ、そうだ!お前は俺達より、か、格下なんだよっ!」
ローカスト「なんだと!このシャカシャカ!!」
ジャガー「シャカシャカ言うな!(#゚Д゚)」
ディアー「…おう、もう時間だ。それでは皆さん、ごきげんよう。」
ローカスト「おまえが仕切るな!」


番組終了後…
トリロバ「ウツダシノウ…」

310 :名無しより愛をこめて:04/08/26 06:00 ID:D2UwUJ+1
なんかトリロバが不憫だ…。


もっとやってくれ。GJ!ウ゛ェイ(oдo)!

311 :ハゲックスモ〜ド♪:04/08/26 07:56 ID:no9I0QG7
ニュージェネのとこに報告無しに、と書きましたが舌の根も乾かんうちに報告

関東ローカル、一部分UP
最終的に全部つなげますが、つなげたものはサイズを落とすと思いますんで
単発のUPはイイ画質で出してます
初回も最終的にはあげれるとおもいますんで(降ろしたんではなくまだあげてない)

312 :名無しより愛をこめて:04/08/26 08:06 ID:I7POZFAf
>>290
「なぜカリ」を無断借用して悪かった。謝る。ごめんなさい。

それと最初に「誰がシャカシャカ君だゴラァ!!(#゚Д゚)」を書いた職人さん。
あれがインパクトあって、あのキャラでジャガーを使ってるんだけど
続けて良いですか?

313 :名無しより愛をこめて:04/08/26 10:40 ID:DYCk9O9w
>>311
もらったぜ! ザンキュー!

314 :くノ一誕生!?:04/08/26 10:49 ID:SaPJ2DHP
バット「何ですか姐さん、その格好は?」
サーペント「いや、この前『あ○み』という映画を見てな。それで着てみたんだが…
    どうだ、似合うか?」
バット「似合うっちゃ、似合いますけど…取り合えず、パチリ。
   どうして、そんな映画見たんすか?」
サーペント「私の名前と同じだから」
バット「!?」

おまけ
サーペント「それと、私の椅子知らないか?また無くなってな」
バット「部屋の外にバックル開いて転がってます」

わかる人だけわかってくれ…そして、萌えてくれ…orz

315 :名無しより愛をこめて:04/08/26 12:08 ID:M+HdfEPb
>>306
バット「とは言うものの、やっぱりちょっと盲目すぎじゃねえ?」
ファイアフライ「姐さんが美人なのは認めるけど、でも」
ホエール「君だって未だに椅子扱いだし、怒ればべしべし叩いてくるし…」
アルマジロ「なんか不満とかないの?何だったらスタッグさんやピーコックさんに言えば、
そっちから姐さんに話通してもらえるし…」

トータス「あ、いいんダス、そンなことは。
    椅子でもなんでも、姐さんがオデを必要としてるんなら、それで満足ダス。
    それに……」

ファイアフライ「それに?」

トータス「………。(口を開けたり閉じたり)」

バット「なんか言いにくいことか?」
アルマジロ「大丈夫、しゃべったりしないから、言ってみ?」

トータス「……こんな事言うのは、図々しいかもしれんけンど…
    なんだか、あの人には、オデがついてなきゃダメなような気がするんダス…
    あの人のためなら、オデはなんでもする覚悟ダスよ…(ポッ)」

一同「健気なヤツめ……・゚・(ノД`)・゚・」


トータスの恋を応援したかっただけなので、オチはない。スマソ。


316 :名無しより愛をこめて:04/08/26 12:12 ID:gjPMwwuI
>>315GJ!!
トータスがんばれ、超がんばれ

317 :マジレス、スマソ。:04/08/26 12:23 ID:G7Z9buwb
>>312
謝ることはないと思う。今こそ、烏丸ショチョのあの名セリフを言うべきだ!(笑

ここのネタスレは、気に入ったネタを次の職人さんがさらに発展させて、
ますます発展させてきたんだから、ネタの無断借用禁止、
使う前には断るべき、なんて雰囲気を作るのは、やめましょう。

それに、自分の書いたネタを別の職人さんが採用してくれるのって、
職人的には、最大のGJ!賛辞なワケだし。

どうしても、自分以外このネタで書かれたくない!という職人さんには、
トリップでもつけてもらうしか。

そんなことより、312さんがコスプレ版なぜカリの作者さんなら、折角才能あるんだし、
良ネタが書けるヒトなんだから、ぜひ、次のいずれかあたりの対応をしてほしいっす。。

1.次のネタのタイトルには、「なぜカリ・コスプレ版」とかして、本家なぜカリと共存を図る
2.風紀にうるさそうなイーグルの投書か、ドリルのツッコミを入れてコスプレネタを落ち着かせる
3.ものすごく素敵なコスプレ版なぜカリを書いて、本家なぜカリ作者をうならせる   など

基本的には、ネタにはネタで対抗するのが、このスレのバトルファイトの基本のハズ。

最初から、閃き・表現力・さじ加減が身についてる優れた職人さんなんて、ごくわずか。
やりすぎたり、うまく書けなかったりしながら、職人も育つもんだと思うし。
スレのROMの皆さんも、遅レスだから、とか遠慮せず、気に入ったネタにはGJ!を
ばんばん贈って、いい職人を育てていきましょう。良いネタにはGJ!がつくのに、
自分のネタにはGJ!がつかなければ、スルーされてることが伝わるという面もあるし。

・・・・・・・・うっかりマジレスで熱くなりすぎた。このスレ、好きなもんだから、つい・・・。
次は、ちゃんと自分もネタ投稿します。皆でもりあげていきましょう・・・(*-M-)人(0w0*)

318 :名無しより愛をこめて:04/08/26 12:39 ID:GjCBfQY1
>>315GJ!ええ話や…。

>トータス「………。(口を開けたり閉じたり)」
に萌えた。かわいいぞ忠亀!

スタッグ「ところで亀も 卵 産 め る よな?蛇の好きそうな。(ニヤニヤ)」
トータス「えっ……そんな……恥ずかしいだよ〜!(*´Д`)ハフー」
一同「それは嬉しい顔だトータス…。」



それはそうと>>317氏がいいこと言った!
自分も微力ながら頑張ります。
このスレのために劇場版まで観に行きそうな勢いだ。まさに>>271

319 :名無しより愛をこめて:04/08/26 12:44 ID:SaPJ2DHP
それじゃあ俺も>>315さん、とってもGJ!!
トータス超大好きだ。椅子でも。

320 :名無しより愛をこめて:04/08/26 13:30 ID:mDCCxxtR
>>317氏に一票〜!
次スレのテンプレにでもしたい!

>>315
GJ!!一匹でブレイド&ギャレンを追い詰めた猛者とは思えないw

・・・・実は「姐さんの尻の感触が・・・」とでも言い出さないかとちょっとドキドキした・・・・・・・orz

321 :名無しより愛をこめて:04/08/26 13:47 ID:DYCk9O9w
>>294-296
和な姐さんいいなぁ。
>>307
周りのオス(?)達を動揺させる姐さん、萌え。
>>314
すっかり中の人になりきったりして
サーペント「アニョハセヨ〜、センギバラアル?」
イーグル「?!」

322 :名無しより愛をこめて:04/08/26 15:03 ID:y7GCAcEm
トータスのほうが見守る側かよ!

あ○みのあの暴走戦士があの亀と思ってたんだが<わからん人は「苦しむんだな」

323 :名無しより愛をこめて:04/08/26 17:14 ID:0Hs6U8oa
ローカスト「そ、そうだ!てめぇら>>308-309みたいなこと言ってるけどな!
     俺は(8月現在)唯一商品化されたアンデットなんだぜ!」
ジャガー「な、なにぃ?」
ローカスト「しかも今月のホ○ー○ャパンみてみろ!(ある意味)俺達の創造主様が直々に
     俺の作例を・・・ざまぁみろってんだ!」
ディアー「おのれ・・・」
バッファロー「おおっと!そういうことならこの拙者も負けてはおらんでござる」
ライソニ「何?!」
ジャガー「お前登場してまだ間もないだろうが なんで商品化なんてされてんだよ」
バッファロー「ともかくこれを見るでござる」

       ドン

ライソニ「おおーっ!」
バッファロー「おどろいたでござるか?」
ローカスト「ってこれなんか変じゃないか?なんか緑色してんぞ」
ディアー「しかも腕が大砲になってるし」
ジャガー「おまけになんだこのロボ○ップみたいな仮面ライダーは」
バッファロー「・・・・・・・・」
ライソニ「・・・・・・・」
バッファロー「やっぱりムリがあるでござるか?」
ライソニ「当たり前だ!一発食らっとけ!」

キックローカスト+サンダーディアー+マッハジャガー=擬似ライトニングソニック

ライソニ「ウェーーーイ!」
バッファロー「ぐはっ・・拙者はこれは初体験でござる・・・・・」パカ

ジャガー「そういえばこいつプカプカしてるときに見たような、見てないような・・・」


324 :「バットの部屋3」 1/4:04/08/26 18:56 ID:SaPJ2DHP
バット「ノンラウズ同盟副会長!バットゥ様と!!」
トリロバ「同じく…ノ…ノンラウズ同盟名誉会長トリロバイトの…」
バット&トリロバ「『ノンラウズ同盟の部屋』「どぅぁ〜〜〜〜〜!!!」「です…」」

バット&トリロバ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

バット「…って、違うがな!?ここは俺様の『バットの部屋』のコーナーのはずだ。
   なんで『ノンラウズ』なんて、一番聞きたくない単語を言っちまったんだ…俺は?」
トリロバ「…多分…珍しく、僕たち二人が集まっちゃったからじゃないかな…」
バット「お前をゲストにした時から、なんとなくこの展開は呼んではいたりしたんだがな…orz」
トリロバ「…ごめんね…ところで、トータスくんはどうしたの…もしかして…また、変えたの…?」
バット「ああ。よーく考えるとこのコーナーは『バットの部屋』なんだから、相方は毎回変わってもいいんだよ。むしろ、その方がネタに困らん!!」
トリロバ「え…じゃあ僕の出番は今回だけ…?」
バット「いや、そいうわけでもないんだな。
ファン(いるのか?)の要望があれば、もしかしたらお前もレギュラー入りかもしれんぞ」
トリロバ「そうなんだ…レギュラーは別にいいんだけど、またみんなの前に出れたらいいな…
   僕、最近どんどん出番なくなっていくから…本編でも出れないのに…」
バット「こら、空気を鬱にするな。
お前だけじゃないぞ、今までのゼブラやトータスだって人気があれば再登場するかもな」
トリロバ「…結局、人気が全てなんだね…三葉虫なんてマイナーすぎて人気なんかないよね…ウル。」
バット「泣くなよ、おい。大丈夫だよ、お前人気があるからここに呼んだんだから。
   …泣きたいのは、むしろ俺の方だよ。俺、お前と違ってキャラも人気もないから…(泣)」
トリロバ「…バットくん…うん、僕最初の君のファンになるよ…だから、元気だして。ネッ。」
バット「…ああ、ありがとう。…お前、いい奴だな…」

325 :「バットの部屋3」 2/4:04/08/26 18:57 ID:SaPJ2DHP
バット「それで今日のテーマなんだが…ズバリお前だ(ビシッ)」
トリロバ「えっ、僕?…うれしいな…誰からのお便りなの…?」
バット「>>249さんからなんだが………orz」
トリロバ「どうしたの、バットくん!?おなか痛いの…?救急車呼んだほうがいい…?」
バット「…いや、ちょっとココ読んでみ…」
バット「えっと…バットさんへ、トリロバイトがラウズされた場合のifを見せてください。

『あ、「バットがラウズされたら」は別にいいです。』」

バット「orz」
トリロバ「…あ、あの…バットくんはきっと本編中に出番があるんだよ…うん、絶対そうだよ。
   僕なんか、大して役に立たないから…だから…」
バット「トリロバ…もういい。お前はよくやった、よくやったよ…」
トリロバ「…うん…ごめんね、本番中に泣いちゃって……僕、もう絶対に泣かないよ。ネッ。」
バット「ああ…お前は、強い子だよ」

バット「なんで『メタル』が使われないか、って疑問に思った事はないか?」
トリロバ「…え…だって、『メタル』なんて攻撃に使えない防御カードだし…
   地味だし…目立たないし……泣き虫だし…」
バット「だから、泣くなって…いや、実際『メタル』は結構使えるカードだぞ。
   それでも使わないって事は中の奴がおかしいのか、『メタル』自身が使いにくいのか…」
トリロバ「…『使いにくい』?」
バット「まあ取り合えず、検証VTR見てみるか。見たらどんなカードか、はっきりするし」
トリロバ「うん…それじゃあ、VTR…スタート」

326 :「バットの部屋3」 3/4:04/08/26 18:58 ID:SaPJ2DHP
検証VTR@『もしも、メタルを使ったら』
ブレイド「ハァ、ハァ…ゴイヅ、ナンデゴウゲギリョグノダガイアンデッドナンダ…」
バット(あっ、自動翻訳するの忘れてた。ポチッとな)
ブレイド「そうだ。前に封印したカードに防御力をあげるカードがあったな…試してみるか」

『メタル』
トリロバ(やった、僕のカードついに使われたよ)

ブレイド「………あれ、何も起きないな…って、アンデッドがいなくなってる!?ナヅェダー!!」

トリロバ「…え…これで終わり?僕のカードってアンデットを消滅させるカードなの?」
バット「どうやら、別の視点から見る必要があるな。今度はアンデット側から見てみようぜ」

検証VTRA『もしも、アンデッドがメタルを使われたら』
『メタル』

アンデッド「…ん、何かすると思ったら、急に動かなくなったぞあの人間。
    まあいい、今の内に倒してやる。…死ね!!」ビュン!!
ガキーン!!
アンデッド「うわ、硬ぇ!!何だコイツ、いくら殴ってもビクともしないぞ。
    …もういいや。放っておいて他の場所に行こう…」

一時間後
ブレイド「………あれ、何も起きないな…って、アンデッドがいなくなってる!?ナヅェダー!!」

バット「…なるほどな。重金属になるのはいいんだが、逆に動けなくなるみたいだな…」
トリロバ「orz」
バット「まあ、そう落ち込むなよトリロバ。使われない理由がやっとわかったじゃねえか」
トリロバ「…そうだ…『マグネット』がある。バッファローと一緒に使われれば、きっと…」
バット「そんじゃあ、見てみるか?VTR、キュー」

327 :「バットの部屋3」 4/4:04/08/26 19:00 ID:SaPJ2DHP
検証VTRB『もしも、マグネットと一緒に使ったら』
『メタル』『マグネット』

ガキン!ガキン!ガキン!・・・

ブレイド「………あれ!?何で俺、車とか電柱の間に挟まれてるんだ?…動けない…ナヅェダー!!」

トリロバ「orz」
バット「…自分が磁石になっちゃ、どうしようもねえわな…」
トリロバ「…(考え中)…そうだ…『タックル』と…」
バット「キュー」

検証VTRC『もしも、タックルと(以下略)』
『メタル』『タックル』

ブレイド「…あ、今度はさっきより数メートルだけ進んでるぞ!!…でも、アンデッドがいない…orz」

トリロバ「orz」
バット「…普通のタックルでさえ当たんねえんだから、重い金属の塊はもっと当たんねえよな…」
トリロバ「…(考え中)…(考え中)…なら…スラッシュと…キックと…」
バット「ラウザーが鉄パイプになったり、足が抜けなくなったりするだけだと思うぞ」
トリロバ「orz」
バット「…そんじゃあ、今回の『バットの部屋』はここでおしまい。また見てな〜!!」

トリロバ「…サンダーと…」
バット「避雷針になるだけだ。いいかげん諦めろ…」

328 :名無しより愛をこめて:04/08/26 19:56 ID:aJ6Y2/A/
トリロバたん、こうなったらマッハと組み合わせるんだ!

329 :名無しより愛をこめて:04/08/26 20:36 ID:lz69tAr6
ここは、ビートルとスタッグの共闘ワザとして、
ジェミニ+マグネット+トリロバたんで、真ん中の敵を挟み撃ち。とか。

330 :名無しより愛をこめて:04/08/26 21:01 ID:M56XgeHs
フロートで翔んで、メタルで落下してブチあたるというのはどうか。

331 :名無しより愛をこめて:04/08/26 21:19 ID:cTAqypW4
バイクにラウズさせて重装甲突撃とか。

332 :名無しより愛をこめて:04/08/26 21:40 ID:GjCBfQY1
>>328 ボアさんにもチャンスを。

『タックル』『メタル』『マッハ』
→『メタリックタックル』

ブレイド「ウェ────イ!!!!」


  すかっ


敵UD「…………。」
ブレイド「ウェ?!また外した?!;0w0)そ」
ギャレン「カードは慎重に選ぶんだ剣崎!
    ────とさんざん言われてきただろうがこの愚か者!」←大将プチ乗っ取り中

  ズガガガガガガ!(バレットラウズ済み)

ブレイド「ダディャーナザン!ナニスルンデ…ウェァ!」



【同刻・ブレイラウザー内】

ジャガー「てめーボア!また外しやがったな!足引っ張ってんじゃねえぞゴルァ!!(#゚Д゚)」
ボア「何だと?!てめーのマッハ具合が足りてねえんだろがボケェ!」
トリロバイト「あう…ケンカしないで下さい2人とも…違うんです…きっと僕が悪いんです…僕が……ぐすっ……」
ジャガー&ボア「……(´・ω・`)……。泣くなトリロ。もうケンカしねえから。な?」

ビートル「いい話だな〜…(グスッ」
イーグル「いいから貴方は戦闘に戻んなさい。橘とスタッグの融合係数が異常上昇してますよ。」

333 :名無しより愛をこめて:04/08/26 21:42 ID:PHXXZZpr
リザードと組んで遠くの敵にも当てられるメタルブレうわなにをするqすぇdrftgyふじこ

334 :名無しより愛をこめて:04/08/26 23:06 ID:/WfyeTYO
マッハ単独ラウズしたら、ファイズアクセルみたいなことになりそう。
マッハ+スラッシュで高速斬撃とか。

メタルは、まあラウズしても動けなくなる程には重くならないんじゃ?
ほどよく防御力アップって感じで。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でも、地味だなぁ。

335 :名無しより愛をこめて:04/08/27 00:08 ID:8oLp9sqD
マッハ+メタル+サンダー+タックルは?

336 :名無しより愛をこめて:04/08/27 00:10 ID:G+Hy1M7q
相手に組み付いて0距離メタルサンダー、これ最強。

337 :名無しより愛をこめて:04/08/27 01:32 ID:MEDQV+2k
>>329 ってゆーかソレって「あの」技じゃないですか!?

『メタル』『マグネット』『ジェミニ』→『クロスボンバー』( 0w0)X(0M0 )

338 :名無しより愛をこめて:04/08/27 01:33 ID:XM6iXQQy
>>336
だったらメタル+サンダー+マグネットで完璧だな

おまけにこれでブレイラウザー全員ラウズ完了!・・・・ってなればいいなw

339 :名無しより愛をこめて:04/08/27 11:01 ID:EWwoXRkx
トリロバたんのためにコンボを考えるスレはここですか?

メタル+スラッシュで「メタル斬り」
メタルスライム系アンデッドを倒して経験値ガッポガッpうわおまえなにするやめr

340 :過去話 1/3:04/08/27 11:28 ID:fCDWaQip
次回お休みで寂しい。
なのでちょっと前の話を。22話。

【対モール戦@ショッピングモール】

ピーコック「ううっ…。無事か、皆…?」
ゼブラ「いてて…はい…たぶん、何とか…」
フロッグ「すごい衝撃だったなー。ったく、橘のお人好しめ。戦闘中に他人なんか庇ってる場合かっての…」
ホエール「うえーん…今の衝撃で水槽が壊れちゃった。陸上モードに切り替えるからいいけど…。」
アルマジロ「モールのドリルミサイル、至近距離で被弾したからね。ギャレンも変身解除だし。…橘は?」
バット「よし、待ってな。バットスコープ!……んーと……うん、そこそこ大丈夫。気ぃ失ってるだけだ。
   今は瓦礫の下敷きになっちまってるが、まあ死ぬほどのことじゃないだろ。
   現在地はさっき戦闘してたとこのさらに地下。爆発で床が抜けたんだな…。」
ピーコック「そうか…よかった。しかし我々(=バックル)は少し離れた所に落ちてしまっているようだな。
     これでは橘が目を覚ましても、変身して瓦礫の下から抜け出すことは無理か。
     まあすぐにあの青いのがダディャーナザーン言いながら駆けつけて来るだろうが…。」
ゼブラ「そうっスね。それまでにモグラ野郎が来ないか心配スけど…まあ救援を待ちましょう。」

【10分経過】

一同@仲良く体育座り中「…………。」
ファイアフライ「……なあ。ちょっと、気になったんだけど。」
ピーコック「ん?」

ファイアフライ「……大将、どうしたんだろうな?」

一同「あ。」
ファイアフライ「変身は解除されてるんだから、戻って来ててもいいはずだろ?…遅くねぇか?」
一同「……そういえば……」
ピーコック「────カテA室だ!行くぞ!」
一同「は、はいっ!」

341 :過去話 2/3:04/08/27 11:32 ID:fCDWaQip
ドタドタドタドタドタ…
ガチャ!

ピーコック「スタッグ、どうした!────う?!」
一同「大将?!」

スタッグ「……。( @M@)キュウ」

一同「ギャー!しっかりして大将!」
ピーコック「ライダーシステム経由で、被弾の衝撃を受けてしまったようだな…くそ、融合係数の高さが仇になったか。
     おかげで橘のダメージは少なくて済んだようだが…おい、しっかりしろ!(ペシペシ!)」
アルマジロ「だ、大丈夫ですか…?気絶してるだけですよ…ね…?」
ファイアフライ「ばっ…ばかやろアルマジロ、当たり前だろ?死ぬわけねーよ、アンデッドだぜ俺ら。」
ピーコック「…………。」
フロッグ「ピーコックさん?…どうしたケロ?何を黙ってるケロ?」
ピーコック「…………ない……」
一同「……え?」

ピーコック「……息を……していない。……脈も……」

一同「えー?!」
ホエール「そんな……うそでしょ大将……死んじゃヤダよー!」
ファイアフライ「だ、だから死なねェっつの!だって俺ら、」

ゼブラ「アンデッ『ト』だぜ?ファイアフライ…。」

一同「そ う だ っ た !(((;゚Д゚)))ヒィー」
ピーコック「くっ…!スタッグ、この馬鹿者が!これしきのことで死んでどうする!起きろ!」
バット「そうだぜ大将!オレを封印した奴が、こんなとこでくたばってンじゃねぇよ!ウワアアァン!・゚・(ノД`)・゚・」
一同「わ────ん!・゚・(ノД`)・゚・」

342 :過去話 3/3:04/08/27 11:36 ID:fCDWaQip
ピーコック「何ということだ……我々はこれからいったいどうすれば……
     いや、それよりも……こんなことならもっと……優しくしてやるんだったな……
     おやつのスイカゼリーも好きなだけ食べさせてやればよかった……許せスタッグ……(泣」
一同「ピーコックさん……ぐすっ……うう、大将のバカー!勝手に死ぬなよー!・゚・(ノД`)・゚・ウワー!!」

スタッグ「…………うー…………煩いぞお前ら…………」

ピーコック「煩いとはなんだ!我々のAが死んだんだぞ!Aが……うわっ?!」
一同「!!! 大将?!」

スタッグ「ふあー。よく寝た。……いや違うな。頭がガンガンするぞ。……そうか、わし、
    ギャレンが被弾した時にライダーシステムからのバックラッシュをもろにくらって…うっかり気絶してしまったんだな。」

一同「……気絶?」
ピーコック「呼吸も脈も止めてか!」
スタッグ「な、何を怒っとるんだ?そりゃ止まるだろ?瞳孔も開くよ、わし。ホレ。」
ピーコック「実演するな!
     我々がどれだけ心配したと……それをこの……この……ううっ…………
     わ────ん!・゚・(ノД`)・゚・」
一同「わ────ん!・゚・(ノД`)・゚・」
スタッグ「はあぁ?!おいおい、何を泣いとるんだお前ら…!」
ピーコック「スタッグのあほ────!・゚・(ノД`)・゚・」
一同「大将のばか────!・゚・(ノД`)・゚・」
スタッグ「…………。
    ……ま、何となくわかるけどね。*-M-)υ」


スタッグ「ところでスイカゼリーを好きなだけ食べさせてくれるとかいう話が聞こえたんだが?」
ピーコック「知るか。逆にしばらくおやつ抜きだ。皆を心配させた罰だ。」
スタッグ「えっあれわしが悪いの?!;-M-)ガーン」

343 :名無しより愛をこめて:04/08/27 11:40 ID:epi1U7K8
リアルタイムに見さしてもらった。
大将かわいいよ大将

344 :名無しより愛をこめて:04/08/27 12:22 ID:GaZrsPfv
大将が悪い!!


345 :名無しより愛をこめて:04/08/27 12:31 ID:6y8Rw8+j
少々スレ違い気味だが不思議体験アンビリバボーで紹介されてたカブレラストーンの存在を考えると一万年前のバトルファイトとやらもアリかもと小一時間…。

346 :名無しより愛をこめて:04/08/27 12:54 ID:VRYr2aJ9
作品に消化すれ。待ってるぞ。>345

伊坂の「チカラヲイラギレバイツデモコイ。待ってるぞ」の「待ってるぞ」が
かわいくてたまらんかった。
アンデット態までかわいく見えてきた…onz

347 :名無しより愛をこめて:04/08/27 13:39 ID:fu3UoTZc
GJ!


そう言えばクワガタって擬死(死んだふり)が得意なんだよな

348 :名無しより愛をこめて:04/08/27 13:45 ID:IP05irGb
擬死はダンゴムシも得意だ・・・って、しまった!
ギャレンバックルにいるのは、アルマジロだった・・・

349 :名無しより愛をこめて:04/08/27 15:08 ID:YFUK3zI8
ダディスレより。

29 :名無しより愛をこめて :04/08/27 14:57 ID:foNlSdEb
ビーファイタークワガーも「橘さん」なんだな。
クワガタと橘って、なんか関係あるの?エサ?

大将〜〜〜・゚・(ノД`)・゚・

350 :名無しより愛をこめて:04/08/27 15:30 ID:itzMnvlg
カリスラウザー乱闘生のドラゴンフライだけど
次々とJフォームになって空を飛んでいるライダーたちを見た俺に一言。

ドラゴンフライ「アカンアカン。これじゃテイピア同様ノンラウズ同盟候補になるって」

四露死苦


とっさに思いついた数取団ネタ。ちょっと今更感があるかもしれない。だが私は謝らない。

351 :名無しより愛をこめて:04/08/27 16:00 ID:oZ+VcPQV
>>350じゃあ、俺も
カリスラウザー乱闘生のヘッドだけど
奥さん…貴方の娘さん、俺にくれないかな?幼女、ハァハァ

四露死苦!!

便乗、スマソ


352 :名無しより愛をこめて:04/08/27 16:49 ID:buYR/O8H
>>350
イイヨ〜GJ!

353 :名無しより愛をこめて:04/08/27 17:42 ID:JfXkph1G
>>350-351
ネタがすごい分かるだけにワラタw

354 :名無しより愛をこめて:04/08/27 18:47 ID:RGvk+22j
>>350-351
グジョバ!数取団(・∀・)イイ!

355 :女の闘い 1/6:04/08/27 21:20 ID:oZ+VcPQV
仲が悪いと言われつつ、このスレでは一度も対決をした事のないこの二人。
そんな二人の女アンデットを今日は対決させてみることにしました…

オーキッド「…というわけで、どちらが美しいか勝負よ!サーペント!」
サーペント「何故、いきなりそのような展開になるんだ?オーキッド」
オーキッド「一組のトランプに女性アンデットは二人もいらない…
    今日こそはどちらがアンデット界の真のクイーンなのか、決定しましょう!!」
サーペント「そういう事なら話は早い…良かろう、この勝負受けてやる」

スタッグ「…ということで司会・進行を任された、ギャレン組大将スタッグだ。皆、ヨロシクな」
ギャラリー「いいぞ〜大将〜」「素敵〜☆」「俺の嫁になれ〜」「かっこいいケロ〜」…
スタッグ「…何か余計な歓声も聞こえたが、まあそれはそれで置いておくとして…
   さらに解説役にギャレン組若頭兼、橘研究の一人者であるピーコックに来てもらった」
ピーコック「誰が若頭だ、誰が!フン、何故俺がこのような場所に…ブツブツ」
スタッグ「(橘は否定せんのか…)それではルールを説明するぞ。
   今からオーキッドとサーペントの二人に、とっておきの格好をして出てもらう。
   そして審査員にアピールをしてもらい、多く票があげられた方が勝ち…らしい」
ピーコック「『らしい』とは何だ、『らしい』とは!」
スタッグ「だって、そう台本に書いてあるんだも〜ん」
ピーコック「台本だと!?通りでお前のような、適当世界一のアンデットに司会が務まるわけだ…」
スタッグ「何をさっきからブツブツ言っているピーコック。橘の見すぎでおかしくなったか、ついに。
   そんなことよりも、審査員はギャレンとカリスの両ラウザーの全アンデットで行われる。
   基本的に自分の感情に赴くまま、好きに投票してくれ。なお、いれないのは無しだ」
ピーコック「スタッグ…俺は正直どちらにもいれたくないので、『橘』にいれるのはありか?」
スタッグ「無しだ。そんなものあるなら、ワシだってそっちにいれたいぞ」
ピーコック「チッ。究極の決断になりそうだな…」

356 :女の闘い 2/6:04/08/27 21:21 ID:oZ+VcPQV
キャメル「なあ、モス。マンティスの兄貴は何処に行ったんだ?急に姿を消したけど」
モス「逃げたんだよ。あの人こういう企画、大の苦手だからな」
キャメル「ふ〜ん、カテゴリーAにも苦手なものはあるんだな」
モス「あるさ…特に今回みたいのは、俺だって御免こうむりたいよ」
キャメル「しょうがないよ。全員強制参加なんだから(姐さん、怖いし)」
キャメル&モス「…はーーー(ガックシ)」

スタッグ「それじゃあ、まずはオーキッドからだ…えー、何々…
   『ハートスート、カテゴリークイーン所属…ある時は吉永みゆき…またある時は大木戸蘭花…
果たしてその実体は…!!お茶の間のアイドル…クイーン・ジ・オーキッド―!!』
バッ!!
オーキッド「オーホッホッホ…どう?これが本当の美しさというものよ、貴方たちにわかるかしら…」
スタッグ「ふむ、まさか水着で来るとはな…これは バット「なんと意外な行動!!
   オーキッド姐さんと言えば地味な服で有名!!それを逆手に取った大胆な水着だ〜!!
   純白のビキニとハイレグ、そしてワンポイントになる花柄のパレオ!!思わず、俺もパチリ。
   普段の清楚可憐な姐さんからは想像できない、この夏一番のベストショットだぜ〜!!」
スタッグ「…おい、バット。貴様ワシに割り込んで何をやっている」
バット「ヘイ!只今実況やらせていただくのは、アンデット界きっての情報通、バットでございます」
スタッグ「誰が実況をやれと言った、誰が…御仕置きだ、カミカミカミカミカミカミ…」
バット「痛い!痛いっすよ、大将〜(泣)だって大将、こういうの苦手でしょう?
   それなら、俺っちがやった方がウケがいいじゃないっすか〜」
スタッグ「ならん。ワシの出番が減る」
バット「大将、もう十分出てますよ。これ以上出たら飽きられますよ、みんなに」
スタッグ「良かろう。お前が実況やるのを許可してやる」
バット「ありがとうございます、大将!それでは解説の伊坂さん、
   あの水着を見て、どう思われましたか?」
ピーコック「…橘なら黒が似合いそうだな…(ニヤッ)」
バット「はい!どうも個人的な解説、ありがとうございました〜」

357 :女の闘い 3/6:04/08/27 21:22 ID:oZ+VcPQV
ドラゴンフライ「姐さ〜ん、応援してますよ〜!!絶対に勝ってくださいね〜!!」
シェル「まあ、せいぜい頑張れ」
ヘッド「でもよ幼女もいいが、たまにはこういうのもいいな!グッと来るっていうかさ〜」
ホーク「それはな『萌え』というものだ、ヘッド。姐さんはギャップ差による一番効果的な萌えを利用しているのだ」
ヘッド「ギャップ?」
ホーク「ああ、普段は地味な服を着ている姐さんが、いきなり露出多々な水着を着る…
  その急激なギャップ差に、人は不覚にも萌えというものを感じてしまうのだよ」
ヘッド「へ〜、よくはわからんが詳しいんだなホークは」
ホーク「風が教えてくれた…俺はな萌えについては少々五月蝿いのだよ、ヘッド
  しかし、まさか姐さんがそれを知っているとは…さすが、同人会の期待の星か…」

スタッグ「う〜む、我々の中にもオーキッドに倒れこみそうな奴がいるな…こいつとか」
バット「凄いぞ、姐さん!!こっち向いてくれ!!もう一枚撮るから!!ハイ、チ―グエッ!!」
スタッグ「撮影会はそこで終わりだ。さっさと次にいくぞ…って、バックル開いとるぞ、コイツ」
ピーコック「貴様がその顎で頭部を噛んだのだろうが…もういい、取り合えずお前が次もやれ」
スタッグ「心得たぞ。えー『ダイヤスート、カテゴリークイーン所属…シリアスやれます、お笑いもやれます…
酒と椅子が大好きな超絶姐さん!!メドゥーサレディ・サーペント―!!』
バッ!!
オーキッド(ふん、どうせ貴方のことだから普通に黒のビキニでしょ…
確かに似合うでしょうけど、ギャップ差でいえば海のイメージを持っている貴方より
私の方が断然、『萌え』るのよ…この勝負、もらったわ!!)
バット「…な、な、なんと…ゆ、『浴衣』だ〜〜〜!!!」
オーキッド「何ですって!?」

358 :女の闘い 4/6:04/08/27 21:23 ID:oZ+VcPQV
サーペント「やはり夏は浴衣にかぎるな…日本人の渋さを感じるよ、この服には」
バット「お、思わず余りのショックに復活しました!!実況のバットです!!パチリ
   これは…なんと普通の浴衣!!パチリ しかも金魚柄です、皆さん!!パチリ」
ピーコック「喋るのか撮るのかどっちかにしろ。まったく…一体、あれのどこがいいんだ?」
バット「うわ!解説にあるまじき発言!!わかりました、代わりに解説いたしましょう!
   普段のサーペントの姐さんはどちらかというと、いつも派手な服を着ています…
   しかし!今、この場において姐さんが着ているのは純日本的な『浴衣』!!
   このギャップの何処に『萌え』ない要素がある〜〜!!しかも、金魚だ!!」
ピーコック「も、『萌え』…?」

ペッカー「きゃ〜☆お姐様、素敵だにゃ〜〜〜ん☆」
アルマジロ「うん、これならオーキッドさんにも勝てるかもしれないね」
フロッグ「そうだケロ。姐さんほど怖いアンデットはいないケロ。みんな姐さんにいれるケロよ」
ホエール「一人だけ、言いたいニュアンスが違う気がするのは何故だろう…」
ファイアフライ「ふん、甘いなおめえら」
一同「!?」
ファイアフライ「この勝負…まだ、互角だぜ…」
ゼブラ(…誰か、そこでバックル開けてるトータスに気づいてやれよ…)
トータス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幸せダス」

ピーコック「どうするのだ、スタッグ?こんな勝負とは言えど、奴らに負けるのは癪だぞ」
スタッグ「そういうところはこだわるんだな、お前は。任せろ、ワシに策がある」
ピーコック「策?大丈夫なのか?オーキッドは自分の所のアンデットなら顎で使えると聞いた事がある。
    それが本当なら奴らは組織票で来る。個性派ぞろいの我々に勝ち目などないぞ」
スタッグ「顎でならワシも使えるぞ。まあ、見ていろ。とっておきの秘策があるからな」

359 :女の闘い 5/6:04/08/27 21:24 ID:oZ+VcPQV
サーペント「ふぁあ…そろそろ眠たくなったきた…オーキッド、帰って寝てもいいか?」
オーキッド「駄目に決まってるわよ!まだ私と貴方の勝負は着いていないのよ!!」
サーペント「そうか、どっちでもいいから早くケリを着けてほしいな…ふぁあ〜…ムニャムニャ」
スタッグ「(そろそろ頃合いじゃな…)おい、サーペント!」
サーペント「…ん、何だスタッグ?私に用か?」
スタッグ「『これ』な〜んだ〜?」ヒョイ

ピーコック「…その手があったか…だが、スタッグ。それは諸刃の剣でもあるぞ…」

オーキッド「…『これ』って、ただの『鯛焼きを焼く鉄板』じゃない。それが一体…ん?」
サーペント(ガクガク、ブルブル…ガクガク、ブルブル…)
オーキッド「な、何よ!どうしたのよ、サーペント!!『鯛焼きの鉄板』ぐらいで!!」
プチン
スタッグ「…この勝負、もらったな」
オーキッド「へ!?」

サーペント「…え〜〜〜ん!!こわいよ〜〜〜!!あついのいやだよ〜〜〜!!(泣)
    むしのおじさんがまたあずみのこといじめるよ〜〜〜!!え〜〜〜ん!!(泣)」
オーキッド「…な、なに?何が起きたの?なにやってるのよ!サーペント!!!」
サーペント「え〜〜〜ん!!へんなおばちゃんがいじめるよ〜〜〜!!こわいよ〜〜〜!!」
オーキッド「お、『おばちゃん』!!ちょっと、スタッグ!!どういうことか説明なさい!!」
スタッグ「良かろう。うちのクイーンのサーペントはな、封印された時のトラウマのせいで『鯛焼き』や
   『鯛焼きの鉄板』を見ると、幼児退行してしまう癖があるんじゃ」
オーキッド「何よ、それ!?どうすんのよ、この後!勝負にならないじゃない!!」
スタッグ「それはどうかな、オーキッド…周りをよく見てみろ」
オーキッド「何ですって!?」

360 :女の闘い 6/6:04/08/27 21:26 ID:oZ+VcPQV
センチピード「…ハァ、ハァ…幼女…幼女…ようじょーーーーー!!!!!ドピュ」
プラント「姐さんには、悪いけど幼女には勝てない!ロリを裏切ることなどできない!!ハァハァ」
ホーク「なるほど…2段階のギャップで来るとは思わなかった。体は大人で心は幼女…
  まさにこれも『萌え』の一つ、ロリの新しい風が吹いてきた気がするよ…ハァハァ」
ヘッド「よくわかんねえけど、ハァハァだな。ハァハァ」

ペッカー「きゃ〜☆お姐様かわいい〜☆」
フロッグ「いつもあの状態なら、安心なんだケロな」
ファイアフライ「…やべっ、ちょっと萌えてきちまった…俺も変態の始まりかな…orz」
トータス「あ、姐さん…最高にカワイイダス…(ポッ)」
ゼブラ「いつの間に目覚ましたんだ、お前?」

オーキッド「…こ、これは…」
スタッグ「それでは、票を集めてみるか。まあ、もう結果は見えているがな」

サーペント 全員
オーキッド なし

スタッグ「この勝負、サーペントの勝ちじゃな(ニヤッ)」
ギャラリー「わ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!」
オーキッド「く…謀ったわね、スタッグ!!卑怯よ!こんな結果認められないわ!!」
スタッグ「何を言う。お前だって自分に有利なように仕向けていたではないか。
   それにこれは、純粋な魅力勝負。ただ単にお前の美しさがロリに負けただけのことだ」
オーキッド「う…正論過ぎて言い返せない…スタッグのくせに!!」
サーペント「…え〜〜〜ん…、?、ん、私は何をしていたのだ?知らない内に勝ったようだが・・・」

361 :女の闘い おまけ:04/08/27 21:27 ID:oZ+VcPQV
スタッグ「…ところで、ピーコック。よくお前までサーペントにいれたな?萌えたのか?」
ピーコック「違う!!俺の後ろから、まるで一人でブレイドとギャレンを追い詰めた亀のような
    恐ろしい勢いの威圧感を感じてな…思わず、いれてしまった…orz」
スタッグ「それなら、ワシも感じてた。いれなかったら、殺されるかと思ったぞ…orz」
ピーコック「あの亀の前では、サーペントについては言動を控えたほうがいいぞ…殺られるからな」
スタッグ「まさに『出歯亀』だな…」
ピーコック&スタッグ「orz」

362 :名無しより愛をこめて:04/08/27 21:40 ID:d6xV/PJu
ぶらぼー!!
でコレ、オーキッドのリベンジはあるんかいな?楽しみにしてるw

363 :名無しより愛をこめて:04/08/27 22:06 ID:JfXkph1G
俺も正直サーペントに( ´・ω・`)ノ□ 一票

364 :名無しより愛をこめて:04/08/27 22:25 ID:oZ+VcPQV
続編は考えていませんでしたが、要望があれば「リベンジ」編に挑戦してみます。
…オチがないな。だが、私は謝らない!!

365 :名無しより愛をこめて:04/08/27 22:49 ID:cPL/z7Eo
ビートル「……はあ。」
スパイダー「ああん?何だよ何だよ、ひとん家まで遊びに来て、景気悪ィため息なんかつきやがって。
      ほれ、スパイダー親分が特製かき氷つくってやったぜ。クヌギ樹液蜜たっぷりだ。食え。」
ビートル「よく言うぜ。どうせポーラーあたりがつくってくれたんだろ…。まあいいや。サンキュ。」
スパイダー「仕上げは俺がやったんだから俺製だ。つーか、どうした?今日はやけに機嫌が悪いな。」
ビートル「……兄貴のいるダイヤスートの皆とカリス組がイベントやったみたいなんだ。
    ”女の闘い・最萌え女UD決定戦〜ポロリもあるよ〜”とか何とか。
    終わっちゃってから他のヤツから『こんなことあったらしーぜ』的に聞いてさ…ちょっとショック。」
スパイダー「あー?そんなんなモンに興味あんのかお前?俺的には頼まれても観に行きたくなんかねーけどな。」
ビートル「何かどさくさに紛れて『俺の嫁になれ』とか叫んでるヤツいたらしいし。正直、心配。
    ちなみに叫んだのはたぶんファイアフライ…今度会ったら頭のツノと胸のツノの間に挟んで振り回してもいいかな…
    オレだって兄貴と一緒に遊びたかったのに…冷たいよ兄貴…。」
スパイダー「……早い話が兄貴か……(汗
     あんな根性悪のどこにそんな慕われる要素があるのかね〜?わかんねェな。」

どすっ

スパイダー「痛っ!」
ビートル「兄貴の悪口言うな。」
スパイダー「ンだよ本当のことだろが!少なくともいきりなりど突かれるほどのことは言ってねーぞ!」
ビートル「……それは確かに悪かった。何故だかムショーにど突きたくなって。」
スパイダー「んな理由でど突かれてたまるか!」
ビートル「……カブトムシだけに……」
スパイダー「あ?」

ビートル「虫の居所が悪かった、なんてね。」

スパイダー「…………ビートル」
ビートル「何?」
スパイダー「笑いたい……すげえ笑いたいんだけどよ……
     オマエ今、すっげえ真っ黒なオーラが出てて…怖くて笑えねェ────!・゚・(ノД`)・゚・」
ビートル「……美味しいなあ、コレ……(シャリッ」

366 :名無しより愛をこめて:04/08/27 23:12 ID:x0h+SveC
>>365
ビートルはやさぐれててもカワイイなぁ…

367 :名無しより愛をこめて:04/08/27 23:58 ID:5y4u59I6
>>365
ビートルがグレたむったんみたいになっちゃってる!
それでもカワ(OwO)ウェイのは犯罪的だな。

スパイダーの旦那、意外とヘタレ…?

368 :名無しより愛をこめて:04/08/28 00:05 ID:L4F2bluy
嶋さんとのバトルファイトが終わったばかりなんだよ

369 :名無しより愛をこめて:04/08/28 00:25 ID:eF/6k7YX
鍬形「スタッグと!」
孔雀「ピーコックの!」
鍬形&孔雀「突撃!スタピー(スタッグ・ピーコック)レポート〜!」
縞馬「わーー!」
縞馬「さすが伊坂さん!」
縞馬「大将〜〜!!」
蛍「うわ・・」
鯨「(俺等以外全員縞馬のジェミニぢゃん・・)」
蛙「ゲロ・・ここに姐さんはいないケロか・・?」
亀「姐さん〜姐さん〜〜〜」
啄木鳥「ニャ〜おぢさまたち格好いい〜〜!!」
鍬形「今日は最近の流れに乗って二人組みで塚田君製作の『どこまでもドア』を使って4スートどこでも駆け回ってみんなの秘密を大暴露していくコーナーだ!」
孔雀「技術担当:ハゲ・撮影:蝙蝠・照明:蛍・その他もろもろ:縞馬のジェミニズに協力してもらった!ちなみにこいつらにネタが降ふられることはない!」
鍬形「スタッフだしね。」
縞馬・蛍・蝙蝠「えぇーーー!?」
鍬形「さあ!いい感じに盛り上がってきたところで今回のおはがきだ!!」
孔雀「コレを使え。(葉書をしゅぱっと投げる)」
鍬形「この葉書は! 『P.N 橘love。ずっとlove』 さんから『橘の私生活が知りたいカードの外から。』・・・・・・(ビリィと破いて孔雀を超噛み)」
孔雀「んぇぁーーー!!痛い痛い!腕つかんで殴りまくるな!」
鍬形「次を寄越せ。(顎をギチギチ言わせながら)」
孔雀「よかろう。コレを使え!」
鍬形「『P.N後二十話ぐらいだけどいつかは当てたい』さんより『どうか僕の攻撃を下級にでいいんで当たる様にしてください。ギャレンに押さえつけてもらうとかで。』・・・蛍。蛙」
蛍「ウェイ!(0M0)つ炎」
蛙「吹き飛ぶケロ〜!(0M0)ノ炎」

今回はここまで。突発的なネタなので次がいつかは分からない。だから謝る。気にしないで続けて続けて。
いつ終わるか、次がいつかも分からない無計画な企画なのを正直すまないと思っている。なんか忠告や感想があったら参考にするんで宜しく
では。


370 :招待状:04/08/28 00:53 ID:Yhs/b+gM
各カテゴリーのアンデッド様たちへ。今度、アンデッドだけのサイン会をやる
催しがあるので皆さん参加してください。階級は関係ないのでどなたでもどうぞ


371 :名無しより愛をこめて:04/08/28 01:41 ID:D6099GAJ
>>369
忠告というか……やっぱり、アンデット名は漢字じゃない方が読みやすいかな。
でも内容的にはすごく( ・∀・)イイヨイイヨー

>>370
まぢで? 期待してますぜ

372 :名無しより愛をこめて:04/08/28 04:06 ID:jZ/Y78SY
>ピーコック「…橘なら黒が似合いそうだな…(ニヤッ)」
>バット「はい!どうも個人的な解説、ありがとうございました〜」

ワロタ。ピーコック…・゚・(ノ∀`)・゚・

373 :劇場版ネタバレ?:04/08/28 09:29 ID:SeouXCGQ
バット 「うーん。どうなんだろうなーこれ」
アルマジロ「どうしたのバット?うんうん唸って?」
バット 「いや…また未来が見えちゃったんだよ、具体的に言うと4年後」
アルマジロ「4年後ばっかだね。で、何が見えたの?」
バット 「ほら、これ。ここにクワガタっぽいの映ってるんだよ」
アルマジロ「うわっ、でかい顎!これ、もしかしてうちの大将?」
バット 「だと思うんだけど…でもレンゲル組みたいにカテゴリーエースとカテゴリーキングがそっくりさんな
    パターンもあるからなあ。だから、これはどっちなのかと思ってさ」

アルマジロ「…ということで、その辺の真相を、当のスタッグの大将に直撃インタビューしてみます!」
バット 「さっそくですが大将。この映像に映ってるのって大将?それともカテゴリーキング?」
スタッグ 「…すまん。その質問には今は答えられん」
アルマジロ「工エェ(´Д`)ェエ工!なんでさあ、大将のケチー」
バット 「ところで、4年後はピーコックさんも解放されてたみたいなんすけど、やっぱり大将も
    再解放されるんですか?」
スタッグ 「その質問にも、答えられん」
アルマジロ「工エェ(´Д`)ェエ工」
バット 「じゃ、じゃあ最後の質問!俺達も、再解放されるんすか?」
スタッグ 「……」
アルマジロ「ナズェ答えないんディス! …って、ダバダバ走って逃げたー!?」
バット 「ちょっと大将!? 大将―っ!!」

特番総集編ネタ。見れなかった人、スマソ。

374 :劇場版ネタバレ?へのレス:04/08/28 09:45 ID:qXCQwqsP
>>373
「その質問には答えられない」&ダバダバ走って逃げる大将にワロタ。
そんなところまで適合者と融合しなくてよろしい・・・。

特番は観られなかったけどスタッグ風UDの画像は某所で見た。
カコイイよなクワガタ・・・。ていうかちゃんと大顎あったw
あれがキングだったとしても、
AとKは似てるっぽいので大将もかっこいいものと期待。
ビートルも良さげだし。

375 :名無しより愛をこめて:04/08/28 10:09 ID:FwkDLV1E
画像のみ見ました。
AかKかなんてことはどうでもよくて、

「ってことは、アレはやっぱ角じゃなくて顎じゃねーか、ビートル!」

と思ってしまった私は本末転倒組ディス・・・。

376 :名無しより愛をこめて:04/08/28 10:40 ID:8gp9M07+
コッソリアンデット投下ァー・・・
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/164.gif
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/165.gif

以前暇だったからやっつけで描いた。
だが私は御免なさい。

377 :名無しより愛をこめて:04/08/28 10:49 ID:eQSFwJH2
>>376
カワエエ(*´Д`)

378 :名無しより愛をこめて:04/08/28 10:53 ID:4ZEqi57n
>>373
同じくダバダバ走ってく大将にワラタ。
やっぱり階段は一段飛ばしなのか、大将w

>>376
GJ!味が有ってとてもイイ!!

379 :夏のひととき。:04/08/28 11:23 ID:qXCQwqsP
>>365
ビー「失礼します。スパイダーさん、ビートルさん、お茶どうぞ。冷たいものの後は温かい緑茶で・・・おや?」
スパイダー「シー・・・。そこ置いといてくれ。静かにな。」
ビー「眠ってしまっているじゃないですか、ビートルさん。さぞかし退屈な駄洒落ばかり聴かされて」
スパイダー「な・ん・だ・と?(フオオォォ)」
ビー「(しまった・・・)縛りは勘弁して下さい親分。それはそうと、だめじゃないですか、そのまま転がしておいては。
  大事なお客人が風邪をひいてしまいますよ。えっと・・・タオルケットは・・・(ゴソゴソ)」
スパイダー「オマエ面倒見良過ぎ。」
ポーラー「タオルケットってなつかしい響きだね。」
スパイダー「うお?!急に出るなポーラー、脅かすんじゃねーよ!俺をくまらせるのがそんなに楽しいのか?!」(既出)
ポーラー「どうせなら敷布団と枕も出してあげたら?手伝う。」
ビー「そうですねぇ・・・でもあんまりゴソゴソしていると起こしてしまうかも。」
スパイダー「無視かよ・・・。」
ライノス「うあー。可愛い寝顔サイ。もういっそこのまま、うちの子になってもらったらどうサイ?」
モール「何バカ言ってんの。カテゴリーAだよ?ブレイド組の連中がくれるわけないだろ。」
コブラ「関係ねーよ。渡さなきゃいいんだ。」
スクィッド「そんなの〜、全面戦争になっちゃうよ〜。むこうは上級4人もいるんだし〜ちょっと分が悪い〜。」
テイピア「何より、そんなことになったらビートルさんが泣いちゃうよね。ぼくそんなカワイソウなのは嫌だな。」
嶋「飼育環境が変わるとストレスで具合が悪くなることもあるしね。やはりちゃんと帰してあげるべきだろう。なあナチュラル?」
ビー「ビーです。ていうか飼育とか言わないで下さい。アンタが言うと生々し過ぎます。」
スパイダー「だぁ────ッ!どっから湧いて出たんだてめーら!暑苦しい!散れ!」

一同「シ────ッ。静かに・・・」

スパイダー「す、すまん・・・」
ビートル「・・・ムニャムニャ・・・あにき・・・うーん・・・」
一同.。oO(可愛いなあ・・・。)


結局イーグルが『カプリコーン目覚まし』持参で迎えに来るまで、お昼寝を満喫したビートルであった。

380 :379:04/08/28 11:32 ID:qXCQwqsP
>>376氏のかわええビートルイラストに触発された・・・。
飼いたいよホント。

381 :名無しより愛をこめて:04/08/28 11:58 ID:Wmuq0GbG
>>379
GJ!
俺の心の嶋分が不足していたので、おかげさまで潤いました。

382 :アンデットより愛をこめて:04/08/28 12:01 ID:WlM6MB+E
好きな人を教えてください

ビートル「え〜と、剣崎と兄貴かな。それとマンティスとイーグルとトリロバと…うん、みんな好きだよ!」
リザード「ジャックフォームの時の俺。最高に輝いてると思わないか?」
ライオン「第18話の俺様だな。…あの時しか使われなかったし…ウウウ」
ボア「なかなかタックルの当たらない俺にGJ!超GJ!!(泣)」
ローカスト「やっぱりライダーはキックだろ。だからよー剣崎、俺を使ってくれよ…」
ディアー「まぁ、俺は使われてるけどね。好きな人?強いて言うなら、俺かな」
トリロバイト「好きな人ですか…?いつも励ましてくれるバックルのみんなかな…」
バッファロー「拙者に恋の道など、まだまだ早いでござる。ニン!!」
ジャガー「走ってる俺だぜゴルァ(#゚Д゚) シャカシャカ君とか言うんじゃねえぞ!!シャカシャカシャカシャカ…」
イーグル「カリスです(即答)」
カプリコーン「オーキッド姐さんだフォ━━━ヽ(0∀0)ノ━━━ウ!!!」
ウルフ「…ブラックファング…もう奴に会うことはできない…ワオーーーン!!」
エレファント「ハァ…('A`)マンドクセ。誰でもいいじゃねえか、そんなもん」

好きな人を教えてください

スタッグ「橘とビートルじゃな。後、うちの連中は全員気にいっているぞ」
アルマジロ「みんな好きかな…個性的な人ばっかりだけど…」
フロッグ「怖い人ならいるケロ…好きな人はわからないケロ」
ペッカー「おじ様とお姐様、どっちにしようかにゃ〜ん☆」
ホエール「故郷の海。え〜ん、帰りたいよ〜」
ファイアフライ「…雌の大将……正直、雄でもいい…orz」
トータス「オ、オデの好きな人!?そんなの恥ずかしくて言えないダスよ…(ポッ)」
バット「若くてピチピチのギャル。美人でスタイルがいいならなおいい。パチリ」
ゼブラ「好きとは違うけど、尊敬するのはピーコックさんかな」
ピーコック「橘だ(即答)」
サーペント「好きな人?物じゃ駄目なのか?物なら、この椅子なんだが…」

383 :アンデットより愛をこめて:04/08/28 12:02 ID:WlM6MB+E
好きな人を教えてください

マンティス「興味ない」
スピリット「正体がわかるまでは、秘密ということで」
ヘッド「天音ちゃん…ハァハァ」
ドラゴンフライ「最近はよくわかんなくなってきました。ハァハァ」
シェル「シュワちゃん。筋肉、ハァハァ」
ホーク「『萌え』るものなら、なんでも。ハァハァ」
プラント「姐さんと天音ちゃん…どっちにつけばいいんだ?取り合えず、ハァハァ」
モス「幼ければ何でもヨシ!でも今は天音ちゃん、ハァハァ」
キャメル「…モスお姉さん…冗談だよ。やっぱり天音ちゃんかな、ハァハァ」
センチピード「幼女…幼女…ようじょ〜〜〜〜〜!!!!!ハァハァ…ウッ、ドピュ」
オーキッド「もちろん、白井さんに決まってるじゃない。ハァハァ」

好きな人を教えてください

スパイダー「笑いの神だな。神にカミングアウト―!!くくく、最高だぜ。…後は、睦月だな(テレッ)」
ビー「難しい質問ですね。嶋さん…ではないことは確かです」
モール「僕にそんな奴いるわけないだろ。スパイダーの奴が五月蝿いぐらいかな」
ライノス「…角サイ。」
コブラ「わっはっはっはっは〜!!親分、最高ですぜ!そのギャグ!!」
ポーラー「スパイダーの親分。ほどよく冷やしてくれるから…今も寒いし(ボソッ)」
スクィッド「ん〜、このバックルの人はみんな好きだよ〜」
テイピア「一人に決める事はできないんだ…駄目かな?」
タランチュラ「風が教えてくれる…なぁ、ナチュラル。」

どうもありがとうございました

384 :名無しより愛をこめて:04/08/28 12:08 ID:VcGG5lTs
GJです。
始のことを誰も口にしないのが哀れでした。

385 :名無しより愛をこめて:04/08/28 12:38 ID:8gp9M07+
>>382-383
GJ〜
カリス組ハァハァしすぎでワロタw
>>379
いやはやネタまで作って頂けるとは感激ッス。GJッス。

386 :名無しより愛をこめて:04/08/28 14:02 ID:Nfiu6apP
>>382-383
人外どころか、生き物ですらないのが混じってるじゃねえか!(w
GJ!!
さりげなく両思い?なんだな蛇姐と亀…ほのぼのしててイイ

387 :名無しより愛をこめて:04/08/28 14:05 ID:1/c1pvgu
>>382-383
GJ!超GJ!!
サーペント姐さんガ椅子としてトータスを好きなのがきになった!
スペード・ダイヤスートはJがどちらも即答だったのが良かった!!

388 :『突撃!スタピーレポート!』 ―2―:04/08/28 14:42 ID:1/c1pvgu
スタッグ「今度はまともな物が来るといいな(すでに二十通目)」
ピーコック「まったくだ・・・これをつかえ!」
スタッグ「どれどれ・・『P.N 貴女の為なら一生椅子でも』さんから・・・」
一同(トータス除く)「・・・・」
スタッグ「姐さんの私生活は、くびひっこめててみえないのでどうか、どうか取材お願いします。』だソウダ。どう?みんな?」
ホエール「聞かれても!?」
ピーコック「まぁ、この場にサーペントもいないし」
ペッカー「ちょうどいいんじゃないですか?にゃぁん♪」
アルマジロ「(ヤベ・・最近俺の中にニャンニャン言ってるペッカーに少しずつ萌え始めている俺がいる・・)ウワァザアアァァァァァァアアァアァァァ・・・ベホマ!!」
ファイアフライ「ベホマ!?どうしたアルマジロ!?落ち着けよ!!」
ペッカー「どしたの?マジロちゃん?顔がマッミドリだよ?」
アルマジロ「〜〜〜!!!何でも無い!なんでもないから〜〜!!!(『光』速回転で大部屋のドアをぶち破り消えて行く」
ペッカー「にゃ?」
ファイアフライ「・・・ま、とりあえずいきましょうよ。デルタのベルトを探しn・・じゃなくて、姐さんの部屋に!」
一同「異議無し!」
スタッグ「ソレでは・・共鳴!!ダバダバダバダバダバ・・・」
フロッグ「共鳴!カテゴリー2不在によりカテゴリー3!!ゲロゲロゲロゲロゲロ・・・」
ペッカー「カテゴリー4ニャン!ココココココココココ・・・」
ホエール「5!ミズミズミズミズミズ・・・」
ファイアフライ「6!!ポクポクポクポクポク・・・チーン!!」
トータス「7〜!ダベダベダベダベダベダベダベダベダベダベ・・・!!!!」
バット「8ッ!!カシャカシャカシャカシャカシャ・・・」
ゼブラ「9。ジェミニ。ジェミニ。ジェミニ。ジェミニ。ズェミニィィィィィン!!!」
ピーコック「10未封印につきJだ。タチバナ タチバナ タチバナ タチバナ タチバナ・・・」
スタッグ「行くぞ!!!」
一同「オウ!!」

またまた超・駄作の投下スマソ。
勝手にアルマジロをペッカーに桃色片想い的ナことにしてしまってもうしわけない。
当然蛇姐の共鳴は「Q。共鳴だ。アーハッハッハッハッハッハッハ・・・・」
共鳴についてはケ■■ヲ知っている人のみ分かってくれ・・・

389 :名無しより愛をこめて:04/08/28 14:50 ID:8gp9M07+
じゃあネタに紛れてコソーリ投下ウェー
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/167.gif
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/168.gif

・・・何このポケ○ンorz

390 :名無しより愛をこめて:04/08/28 15:33 ID:OlTTfGkI
>>389GJ!
376とあわせてカテA四天王(どのみち4人)、
マイPCに封印させてもらいました。

>>382-383
>「…雌の大将……正直、雄でもいい…orz」
ファイアフライ…。
そんな君には>>287からこれだ。
一同「うおおおぉいファイアフライ!戻って来おおぉ────い!!!!」

>>388
共鳴ワラタ。フロッグ以外みんな鳴き声じゃないw
ピーコの「タチバナ タチバナ タチバナ・・・」は皆と共鳴しなくても一人だけで変な波動出せそう。
アルマジロは萌えとかあるのかな…。このスレでは中性的な感じに見えた。ペッカーとは仲良し兄妹ぽい。

391 :名無しより愛をこめて:04/08/28 16:22 ID:c0sJ/Rkc
>>355-360
GJ!この前落書きした時全く同じ服装(水着)の蘭姐さん描いたよ…なんか運命感じ(ry

>>382-383
ブレイド組の下級、自分好き多いな。自分勝手な感じでワラタ。
組ごとの雰囲気の違いが感じられてとても面白いです。あと照れながらむったんをあげる蜘蛛さんにモエー

>>388
共鳴色々とワラタ。ホエールの「ミズミズミズミズ…」になんか切なく…

>>376>>389
GJ!スパイダーかわいい…すっぱいだー!

392 :名無しより愛をこめて:04/08/28 16:26 ID:WlM6MB+E
>>390
同感。アルマジロとペッカーが仲良しというのには納得。確かにあの二人コンビがあいそうだ
それに既に蛇亀ペアがいるからアルマジロがペッカー萌えにすると映えない気がした。
まあ、ただの気持ちなので>>388さん、気に触ったらスマソ。


393 :名無しより愛をこめて:04/08/28 16:59 ID:iz8yAPrU
>>389
うおー。うめぼしスッパイダーれもんもスッパイダー。
なんちゅーか、カワーウェ(0w0)イ。
むかし、むかし、あるところに・・・なんちゃって童話の挿絵になりそうだ。


そして、ものすご〜く遅レスだが、前スレカテゴリー2の293さん。GJ!
俺はそういうアホねた大好きだ!
なんとかエンディングネタでGJ返ししようと思ったが、難しいもんだな・・・。

394 :ムシムシ相談室@ver.デカレンED 1/2:04/08/28 17:00 ID:iz8yAPrU
♪チュッチュッチュ〜ムシムシ〜(-M-)ノ
   ♪ちゅっちゅっちゅ〜むしむし〜(0w0)ノ

ビートル「皆さん、こんにちは。みにみにムシムシ相談室です」
スタッグ「今日のお葉書は、『俺の尻は燃えている。俺の心も燃えている』くんから、
    『よお!最近、夏のせいか、恋が流行っているようだな。実は、俺もちょっぴり
     ほんのり恋をしているんだけどよ、意中の相手の性別が気に入らねぇぜ』
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(-M-;;;;」

ビートル「え?!何?!来い?!兄貴、どこに呼び出されたの?
    決闘には、オレもついてく!助太刀するよ!2人でJフォームで戦おうよ!」

スタッグ「いやいや。ビートル。別に決闘に呼び出されたワケではない。
    お前には難しいかもしれんが、まあ、そうだな。
    恋というのは、大好きな相手と仲良くしたいと思う心じゃよ」
ビートル「ああ!それでよく、恋の手始めに告白すると、
    『友達から始めましょう』とか『友達としてなら・・・』とか言われるんだ!」

スタッグ「・・・お前、中途半端によく知っておるな。
    (そして、中途半端に間違った知識じゃが、面倒だからこのままでヨシ)」
ビートル「えへへ〜。褒められちゃった!難しくて全部は分かんないんだけど、
    コタロの買ってる漫画を剣崎と一緒に読んでると、そんな感じなんだもん」

395 :ムシムシ相談室@ver.デカレンED 2/2:04/08/28 17:02 ID:iz8yAPrU

スタッグ「ま、それはともかく。質問へのお答えじゃが、
    『それは所詮叶わぬ恋。相手の性別なんか気にしたって無駄無駄』と
    言ったところじゃな」
ビートル「・・・え?兄貴、こういう時には、『友達から始めましょう』って
    言ってあげるもんなんじゃないの・・・?」
スタッグ「それは相手によるもんなんじゃよ、ビートル。お前も大人になれば分かる。
    わしだって、橘におんなじこと言われたんだったら、そりゃあ・・・(*-M-)」

ビートル「なんだかよく分かんないけど、相変わらず兄貴は容赦がないね!」
スタッグ「・・・ではな!」

♪チュッチュッチュ〜ムシムシ〜(-M-)ノ
   ♪ちゅっちゅっちゅ〜むしむし〜(0w0)ノ

♪スタッグ&ビートル (-M-)人(0w0) プライドかけて返事する〜 フォ━ヽ(0∀0)ノ━ゥ !!

   ♪Beatles(甲虫) in Trouble!! ムシレンジャー〜〜

                             <<またみてね>>

396 :好きな人:04/08/28 17:18 ID:WlM6MB+E
>>395さんGJ!!では、私も恋のネタを…

ペッカー「ね〜お姐様〜、>>382って言ってるけど、本当に好きな人とかいないのかにゃん?」
サーペント「だから、その『好きな人』の意味がわからないんだ。『好き』とは何だ?」
アルマジロ「えっ?そう言われると難しいよね。どう説明すればいいのかな…」
トータス「…そ、その人の事しか考えられなくなる事ダス…それが『好き』ってことダス(ポッ)」
アルマジロ「そうか。それに好きな人っていうのは、自分が一生ついていきたい人のことだね」
ペッカー「それで改めて聞くけどお姐様、本当に好きな人はいないのかにゃん?」
サーペント「そいつしか考えられない…?一生ついていく…?…ああ、いるな。そんな奴が。」
ペッカー「えっ、ほんと〜誰々?お姐様、教えてにゃ〜ん☆」
サーペント「私の『好きな人』はな…」
トータス「(ドキドキ…)」

サーペント「『ジョーカー』だ」

ペッカー&アルマジロ「どんがらがっしゃん!!」
サーペント「…違うのか?私は奴を倒す事しか考えられないぞ。倒すまで一生ついていくし」
ペッカー「ハァ…お姐様って、こういう事には鈍かったにゃん」
アルマジロ「トータスがバックル開けて気絶してるよ…いつもの事だけど」
トータス「orz」

とっさに思いついた小ネタ。…魔の三角関係。いや、違うし!!

397 :ちょいと小ネタ:04/08/28 17:34 ID:6Fth8Yr5
で〇や視聴後
ハゲ「ほう…8cmOVERで5〜6万ということは…スタッグさん、スタッグさん」
スタッグ「ん?」

翌日。
ファイアフライ「うわっ!何これ?ツカダさん!?」
ゼブラ「つーか血塗れの肉塊…」

カテA部屋にて
スタッグ「ピーコック聞いてくれ!非道いんじゃ。ハゲが!ハゲが…」
ピーコック「まー、いつかは目をつけられるとは思ってたがな…ズズズ(茶をすする音)」

ここは金蔓の多いスートですね。

398 :名無しより愛をこめて:04/08/28 19:07 ID:9h1iLSMB
ぐるぐるナインティナインで7cm以上の大鍬形は100万円以上で売れるとか言ってたよ
ハゲ「スタッグさんは種類は何ですか?」


399 :名無しより愛をこめて:04/08/28 19:23 ID:ocRZRLbj
>>398
スタッグ「わし自身にもよくわからんのだが、ノコギリクワガタだってうわさがあるんだよね。」
ハゲ「ほうほう。」
スタッグ「知ってる?ケンカっぱやいことで有名なんだよ…(ゴゴゴゴゴ…)」
ハゲ「ぎゃーーー!」



ゼブラ「?! 伊坂さん、今カテA部屋の方から悲鳴のようなものが…ハゲの声じゃないっスか?!」
ピーコック「らしいな。いい、放っておけ。私をさしおいて>>398(サクヤ)をゲットした罰だ…。」

400 :名無しより愛をこめて:04/08/28 19:57 ID:9h1iLSMB
そういえばそうだったなピーコック、だが私は・・・・・・・(どうしよう)・・・すまんかった_| ̄|○
今言わせてもらおう、橘GETーーーーー

401 :名無しより愛をこめて:04/08/28 20:27 ID:FATiyiv5
カリス新フォーム
ttp://www2.dokidoki.ne.jp/unochan/rovina/name.jpg

センチピード「たっ、大将ーーーーーーーーーーーーっ!!…ハァハァ…ウッ!」

…我ながらツマラン。

402 :名無しより愛をこめて:04/08/28 20:56 ID:1/c1pvgu
>>392
388の者ディス。
助言サンクス!
じゃあ、これからはヒッソリマジロの桃色片想いってことで。自粛させます。


403 :名無しより愛をこめて:04/08/28 21:04 ID:IRoaE6PP
>>402
メルアドを書くのはどうかと思うのですが・・・

404 :名無しより愛をこめて:04/08/28 21:04 ID:WlM6MB+E
>>402
いやいや、自粛せんでも。
私もそれで1個ネタ考えたんで、12時から1時頃投下します。
ちょっと、真面目な話になるかもしれんけど…


405 :名無しより愛をこめて:04/08/28 21:13 ID:iz8yAPrU
マジロの片想いネタは、面白いのに膨らめば生き残るし、
単にウザけりゃ消えると思いますので、自粛せずとも。

ここは、職人同士、バトルファイトのしどころでしょう。

そして、メルアドは別に書きたきゃ別に個人の自由かと思いますですが、
できればsageて頂きたい。

別にsage推奨な内容のスレではない、とは確かに思いますが、それでも
ネタスレなんで、出来れば、せめて本スレよりは下にいて欲しい。でないと、
ネタを投下するのに、勇気がいる。
なんて、そんな内気なのは俺だけですか・・・?

406 :名無しより愛をこめて:04/08/28 21:45 ID:1/c1pvgu
>>388 >>402の者ディス
スマソー 今度からはsageで行くのでお騒がせしました。素直に謝る。ゴメン!

407 :嶋さん、大変身!1:04/08/28 22:45 ID:1/c1pvgu
突撃!スタピーレポート!を書いている者だがいきなり頭の中に出現したネタがあるので消えないうちに投下する。
無視して進んでも構わない。

スパイダー「やい!カテゴリーキング!!今日こそ手前に勝って睦月をお笑いのステージに立たせてやるんだ!」
嶋(人間体)「余計なお世話だよスパイダー。下らない!」
スパイダー「ムキャー!!テメエちょっちA室までこいや!!」
嶋「少し痛め付けないと風の声が聞こえないようだ・・・」

コブラ「行っちゃった・・スパイダーさんガンバ!!」
ポーラー「俺も今のままが良いかな・・スパイダーさんワールドだと氷点下突破なわけで・・とても過ごしやすいわけで・・」
モール「まぁ、五月蝿くなければどちらでも良いけどね。」
テイピア「でも今日雲行き悪いですね。室内なのに。」
ライノス「そこに疑問を感じるべきサイ!きっと中の人のご都合主g・・」
落雷!
ライノス「国技館ーー!!」
スクィッド「(バックルが・・) まぁ〜でもなんか今日静かじゃない〜?」
ビー「確かに・・どうしたんでしょうね・・?」

ガチャリ

408 :嶋さん、大変身!2:04/08/28 22:46 ID:1/c1pvgu

嶋「ふぅ。ようやくスパイダーも分かってくれたよ風の声(トルネードパンチ)が腹の奥底まで届いたようだ(ニコニコ」
一同「・・・((((;゚Д゚)))))-.。oO(返り血付いてる・・ガクガク、ブルブル…ガクガク、ブルブル)」
ビー「嶋さん・・・返りt・・」
嶋「ん?なんだい?ナチュラル?(拳に風が」
ビー「・・・チュンチュン」
一同「屈したーーー!! (;゚Д゚)そ 」
ナチュラル「(ラウザーの奥から聞こえてくる声)嶋ァーーー!!!」
嶋「この声はナチュラル(真 !!」
ビー「やっぱ分かっててやってたんですね!?」
嶋「何を言うんだナチュラル(偽 」
テイピア「(偽 っていっちゃってますよ!?」
ナチュラル「受け取れやぁーー!!」
嶋「(パシッ! ・・・これは?」
ナチュラル「避雷針だ!(にこやか 」
ちゅどむ!
シュウウウウ・・・
ビー「嶋さんっ!」
ナチュラル「(・・俺の出番は・・またなくなる・・ 」

409 :嶋さん、大変身!3:04/08/28 22:47 ID:1/c1pvgu
コブラ「ゲホゲホ!!なんなんだよ・・」
ポーラー「近く・・ちうか嶋さんに落ちた訳で・・・」
嶋「(高い声で)いや〜まいったね。なんか胸が十秒前より少し重いなぁ・・・」
一同「嶋さ・・・ンウェイァ!!?」
嶋「ん?なんだい?むぅ・・少し服が焼けちゃったね・・胸元がって・・コレは何だ?」
ビー「嶋さん・・?」
嶋「胸元が焼けちゃったって・・コレは何だ?」
モール「アンタ・・」
嶋「外界で見た・・」
ライノス「本当に嶋さんサイか?」
嶋「そうそう!栞くんが着ていた・・」
コブラ「(//゚Д゚//)・・・ポッ・・って危ない!危ない!!Σ(*゚Д゚)ノ」
嶋「『ブラジャー』だ!!」
ポーラー「あああ!!顔が緑!!熱い〜熱い〜心が燃え(萌え)ている〜〜!!」(パカッ!
嶋「しかし何でブラジャーを私が・・?」
スクィッド「ポーラー!!運ばないと〜!」
嶋「ん〜おお!私の体が!!」
テイピア「あわわ・・(゚Д゚;三;゚Д゚)(鼻血 」
嶋「おにゃのこ化!!」
一同「遅え!!!Σ(*゚Д゚)ノ」

410 :嶋さん、大変身!4:04/08/28 22:48 ID:1/c1pvgu
今の嶋さんの格好は、おにゃのこ・スカート・胸チョイでか・胸元破け・ブラ、チョイ見え・指を口にちょんと添えている!!
嶋「いやぁ〜熱いねえぇ、ナ・チュ・ラ・ル?」
ビー「え”っ!そ、そうですね〜熱いですよね〜だから腕にしがみ付かないで・・」
コブラ「ビーが・・」
モール「少しもナチュラルに否定せずにしどろもどろしている・・嘘だろう・・」
ライノス「以前ビーは嶋さんが・・と言う話が上がったが今嶋さんはおにゃのこ・・・サイ」
テイピア「今なら・・今なら・・」
コブラ・モール・ライノス・テイピア「嶋さんとくっついても可笑しくない・・!!!」
ビー「助けて〜〜」
嶋「ふぅ・・それにしても熱いねぇ・・君たちは良いね・・下級と言って馬鹿にするわけではないけど・・ホラ、服を着てないから・・私たちは人間の姿になっていないと力を消費しすぎるんだよ・・」
コブラ「だったら嶋さんも脱いだらどうっすか?(冗談」
モール「!!!」


411 :嶋さん、大変身!4(:04/08/28 22:48 ID:1/c1pvgu
モール「馬鹿!!アイツに冗談を言っても・・!!」
嶋「おお!(ぽん その手があったね!では・・っと(シュルシュル腰紐ほどき ・・・(するり、ぱさっ 涼しいねぇ♪皆、素麺でも作ろうか?今エプロンとって来るからね♪」
ビー「(一番近いところにいた)ブフーハッ!!!」(パカッ!
モール「!!ブハッ!!」(パカッ!
ライノス「ブーッサイ!!」(パカッ!
コブラ「まさかするとはふはぁ!!」(パカッ!
スクィッド「うわっち!!」(パカッ!
テイピア「いい夢おにゃのこ気分!!」(パカッ!
嶋「あれ?皆どうしたの?ま、こうなると思ったけどね〜♪
モール「やっぱ・・アンタ・・わざ・・と(バタリ 」
嶋「ナチュラル(真 がまた来るまでこのままかなぁ〜?ま、いいか。さ、ナチュラル(偽 ♪クーラーも効いてるしK部屋に行こうか?(ギュッと抱きしめて連行 」

冗談ヌキで謝罪する。スマソスマソスマソスマソ!!
勝手に嶋をおにゃのこ化させてしまった!
各職人の方達は思いっきり無視して続けてくれ!
もしも、もしも気に入った人がいるのならネタに使ってやってください!

412 :嶋さん、大変身!謝罪:04/08/28 22:52 ID:1/c1pvgu
最後のタイトル、 4( ではなく 5(終) だった。しくじった・・orz

413 :名無しより愛をこめて:04/08/28 22:57 ID:Are3HL6P
嶋さん…これでちょっちロリ入ってたらカリス組も凄いことになりそうだよ
カテキン恐るべし!

414 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:03 ID:1/c1pvgu
>>407-411 の者ディス。
ロリ・・今更だけどややロリめ・・12〜14あたりならカリス組は騒ぐだろうか?

415 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:08 ID:WlM6MB+E
>>407-411
けど、嶋さんの顔で想像すると、ちょっと怖いね…
後、なんか全体的に読みにくい所があったから、
もうちょっと、間とか余韻とか入れてくれると嬉しい。
読者としての一意見だから、あまり深く考えないでね。

416 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:18 ID:ocRZRLbj
>>407-411
レンゲル組、女っ気ないからな〜。
しかし『嶋』さんでもアンデッド態だと思ってた自分はいったいどうすれば…。
ていうかお茶飲んでいようが料理していようが締め切りに追われていようが女の闘いしていようが、
上級下級問わず全てアンデッド態でイメージしてしまっている…orz
本編未登場の面々は各々の動物が直立歩行してる感じ。

>>400
いやいや、謝ることなど何も。
思うさま叫んでくださいΣd(゚∈゚ )

417 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:24 ID:wcodo8S4
バット「じゃこれ、今週分ね36枚」
塚田「どうも、まいどあり〜。では確認しますね」

・・・・・

塚田「相変わらずいい仕事しますねぇ」
バット「いやぁ、時間だけはたっぷりあるからな」
塚田「じゃ、お預かりしますね。支払いはいつもの通りで」
バット「おう、またよろしく頼むよ」

・・・・・
ピーコック「見たぞバット、何やら陰でハゲとこそこそ会っていると思ったら」
バット「ぴ、ピーコックさん!何のことですか?俺にはさっぱり…」
ピーコック「ごまかせると思ったか?隠し撮り写真を売っているのだろう!!」
バット「す、す、すんません!職人として自分の写真に値がつくのがうれしかっただけで、決して金儲けをしようなんて・・・」
ピーコック「まあ、お前の不幸な境遇は私も見に覚えがあるしな…」
バット「どうか、他の皆には内密に!」
ピーコック「仕方ないな、見逃してやろう。ただしラウズされるようになったらもう辞めるんだぞ」
バット「もちろんです!!ああ、ピーコックさん、ありがとうございます!」
ピーコック「ただし、橘の写真はハゲに渡す前に私に見せるように」


バット「・・・・・・・・・・・・・・・・・・言うと思った・・・・・・・・・・・・」

-------------------------------------------------------------------
すっかりカメラ小僧になってしまったバットに捧ぐ…


418 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:25 ID:1/c1pvgu
>>415
もう嶋さんとはかけ離れた、各々の好きな顔(幼女・美人・可愛い・大人)
何でも好きに考えてくださいな
改行・・気を付けます。スマソ〜

419 :名無しより愛をこめて:04/08/28 23:37 ID:aBynbF/N
407-411
を見て。
シャンゼリオンの
暁「お前の女装が忘れられないんだ。」を思い出した。

420 :男の闘い 1/7:04/08/29 00:00 ID:vw4sVVBp
オーキッド「全国六千万の私のファンたち、久しぶりね。永遠の22歳(仮)、カテゴリーQのオーキッドよ。
    今日は前回の理不尽なコンテスト>>355の仕返しにここ、ギャレンバックルにやってきたわ。
    今度はバトルファイトで私とサーペント、どっちが強いのかハッキリさせてあげるわ!」
ドラゴンフライ「だからって、夜襲ですか。姐さん…」
シェル「せこいな」
オーキッド「五月蝿いわね。これも兵法というものよ。
あの有名な明智光秀も『本能寺の変』を起こしたじゃない、それと同じことよ」
ドラゴンフライ「光秀はその後、『三日天下』だったような…」
オーキッド「何ですって!!(ギロリ)」
ドラゴンフライ「いえ、別に!(汗)…そういえば何で俺らだけなんですか?
テロに出るなら人数は多いに超したことはないのに…」
シェル「他は皆ロリだからだろ」
オーキッド「そうよ。前回はアイツらのせいで負けたんだから、同じケツは二度と踏まないわ!!」
ドラゴンフライ「(『ケツ』って…)それなら、カプリコの兄貴は?あの人なら喜んで手伝うでしょう?」
オーキッド「あいつなら私の今月分の原稿のベタ塗りとトーン貼り、他もろもろ全部任せてるわ。
    私がこっちに忙しくて仕事する暇がなかったから、あいつに押しつけて来たのよ」
ドラゴンフライ「わー、鬼畜―」
シェル「人でなし」
オーキッド「いいのよ、アンデットなんだから。それより行くわよ!見つかるとやっかいな事に…」

フロッグ「あーっ!誰だケローっ!!何をしてるケローっ!!!」

オーキッド「…ほら、だから言ったじゃない。やっかいな事になるって。…シェル!!」
シェル「任された。『ドリル』!!」ドグシュ!!
フロッグ「げこっ!?」パカッ
ドラゴンフライ「うわっ!?えぐー…」
シェル「また…つまらぬ物をえぐってしまった…」
オーキッド「よくやったわ、シェル。こいつを簀巻きにして、そこの物置に入れておきましょ」
ドラゴンフライ「訂正します。鬼畜ではなく鬼です、アンタ」
オーキッド「(無視)さぁ、行くわよ。今度は見つからないように慎重に動くんだからね…」

421 :男の闘い 2/7:04/08/29 00:01 ID:vw4sVVBp
???「…ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…」
オーキッド「…ちょっと待ちなさい、アンタたち。向こうから誰か来るわ…」
ドラゴンフライ「夜中にウロウロしすぎじゃないですか。ここの連中」
オーキッド「騒がしい奴ばかりだから、寝つけないのかしら。…とにかく、隠れるわよ」

アルマジロ「…ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…あー、疲れた」
オーキッド(何だ、スタッグのとこのアルマジロじゃない。あいつが行くまで隠れてるしかないわね…)
アルマジロ「…なかなか、うまくいかないなー…あの計画」
オーキッド(計画?)
アルマジロ「僕とか子供口調とかで人気を集めて、このバックルをのっとるつもりだったのに…」
オーキッド(!?)
アルマジロ「もっと、『萌える』キャラに変えたほうがいいのかなー…ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ…」
オーキッド「聞かなかったことにしよう…って、あの二人いつのまにかいなくなってるわ!!
    まったく、世話を焼かせないでよ…ハァ」

シェル(すっかり迷ってしまった…どこだサーペントの部屋は…ん?この部屋か…?)ガチャ
ホエール「水槽の調子が悪いなぁー、やっぱりハゲに直してもらった方がいいのかなー…
   でも、また子供よこせとか言われそうだし…え〜ん、海に帰りたいよ〜(泣)」
シェル(……)ガチャン
オーキッド「こんな所にいたのね、シェル…って、どうしたの?いつも以上にムッツリしちゃって」
シェル「同じ、海産物の苦労がわかった。ただそれだけのことだ」
オーキッド「?」

ドラゴンフライ(姐さんたちは何処に行っちゃったんだろう…この部屋かな?)ガチャ
ファイアフライ「…ハァ、ハァ…ちくしょう、どうなっちまったんだこの俺は…
まさか、大将に惚れちまうなんてよ…しかも雄でもOKだなんて…ハァハァ…orz」
ドラゴンフライ「orz」ガチャン
オーキッド「やっと見つけたわよ!ドラゴンフライ…って、あんたまでどうしたのよ?」
ドラゴンフライ「…姐さん…『フライ』のつく奴って、変態ばっかりなんでしょうか…」
オーキッド(こいつも何か見たみたいね…)

422 :男の闘い 3/7:04/08/29 00:02 ID:vw4sVVBp
オーキッド「…また、誰か来たみたいね。隠れるわよ」

ペッカー「この前のコンテスト、面白かったにゃ〜ん☆また、やって欲しいにゃん☆」
バット「ああ、俺もやってほしいぜ!!姐さんたち、超凄かったからな!!」
オーキッド(前のコンテストの話みたいね…何を話してるのかしら…)
ペッカー「あの時のサーペントお姐様、可愛かったにゃ〜ん☆抱きしめたくなるにゃん☆」
バット「いやいや、確かに姐さんも良かったけど、オーキッドの姐さんも輝いてたぜ!」
オーキッド(…バット…(ホロッ)今度、何かおごってあげようかしら。)
バット「たっぷり儲けさしてもらったしな!!この水着写真で!!」
オーキッド(!!)
バット「サーペント姐さんの写真はロリ組に高く売れたし、
オーキッド姐さんの写真は2割引でブレイドんとこの連中に売れたしな…グエッ!!」パカッ
ペッカー「あれ、どうしたのバット?…ってバックルが開いてるにゃん!?
   バットが死んでしまったにゃ〜〜〜ん!!にゃ〜〜〜〜〜〜ん・゚・(ノД`)・゚・」
バット「………勝手に…殺すな…」
ドラゴンフライ(姐さん、吹き矢なんか使っちゃ駄目ですよ…)
オーキッド(五月蝿い!あの蝙蝠野郎に私の乙女心を踏みにじられたのよ!黙ってられる!!)
シェル(惨めだな)
オーキッド(何ですって!?)
ペッカー「…ぐすん。とにかくバットを医務室に連れて行かなきゃにゃん…ウンショ」
バット「やめろ、ペッカー…首を持つな…締まる…グエッ!!」パカッ

423 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:02 ID:XP7vtm4u
スパイダー「全く、お笑い編に出れなかったなんてよぉ・・・」
コブラ「そうっすよね!・・・親分のギャグを30分詰め込んでこそギャグ編って感じがすると思うんですよ、俺は」
スパイダー「お?いいこと言うじゃねえかコブラ!! よし、今からお前は俺のコブラ(子分)だ」
コブラ「ぶわっははは!最高っす!!」
嶋「貴様! くだらないギャグなどやめないか!!」
↑(髪を後ろに束ねて、いつものバンダナを取っている)


一同「ダリナンダアンダイッダイ・・・」


嶋「なんだ?その喋り方は・・・俺は、俺は猛烈に悲しい!!」
スパイダー「いったいどうしたってんだよ、カテキン野郎(俺のギャグがくだらないだと・・・#)」
モール「頭のネジが一本とれたのか?(はぁめんどくせ・・・)」
スクイッド「どうしたんだろうね・・・(何か一人称まで変わってるし)
ビー「ええ・・・(ナチュラルと呼ばなければそれでいいですが)」

嶋「全くお前たちは・・・よし、俺がきちんとした日本語を教えてやる!ついて来い!!」
一同「え?ちょっと?なにがなんだかさっぱり・・・ウェ!? ちょっとマッテクラサイヨ!! ソリャナイレショ!?」


彼が梅干を食べるまで、日本語の勉強は続いたという・・・

424 :男の闘い 4/7:04/08/29 00:03 ID:vw4sVVBp
ゼブラ「ちょっと待て、そこの3人。お前ら、ここで何をしている?」
三人「!?(ビクッ)」
ゼブラ「やっぱり、アンタたちか。近々、手を出してくるとは思っていたが…」
オーキッド「チッ、面倒臭い奴に見つかったわね。…でも、どうするのゼブラ?
    あなた一人で私たち三人を相手にするとでも言うの?」
ゼブラ「…ああ、俺一人で十分だ。行くぞ!!」

『ジェミニ』+『ジェミニ』+『ジェミニ』=サファリーパークディバイド

ドラゴンフライ「は、8人になった!?」
オーキッド「そう…その手があったわね、アンタには。でもね、こっちにも切り札はあるのよ」
ゼブラ×8「「「「「「「「何だと!?」」」」」」」」
オーキッド「私にだってホークの代わりはできるわ…来れ!『萌え』の風よ!私の本から!!」
オーキッド「行くわよ、アンタたち!!」ドラゴンフライ「わかりました、姐さん!」シェル「任せろ」

『トルネード』+『フロート』+『ドリル』=スピニングダンス

オーキッド「『旋風舞踏(スピニングダンス)拳』っ!!!アタタタタタタタタタ!!!!!!!!」
ゼブラ1「うげっ!?」ゼブラ2「ごはっ!?」ゼブラ3「ほげっ!?」ゼブラ4「がはっ!?」
ゼブラ5「どべっ!?」ゼブラ6「ぼへっ!?」ゼブラ7「がっ!?」ゼブラ8「あべしっ!?」
ドラゴンフライ「凄いな姐さん…ゼブラ8人相手に流れるような空中コンボしてるぞ…」
シェル「しかも、スカートでな…」
オーキッド「アタッ!!!」
ゼブラ×8「「「「「「「「ぐへっ!?」」」」」」」」パカッ×8

425 :男の闘い 5/7:04/08/29 00:04 ID:vw4sVVBp
オーキッド「…やっと、ここまで来たわね。あそこがサーペントの部屋よ…待ってなさい、サーペント」
???「そこまでだ」
オーキッド「今度は誰よ!?」
スタッグ「ずいぶん派手に暴れてくれたなあ、ワシのバックルで…超噛んでやるからな」
ピーコック「貴様らは騒ぎ過ぎたんだ。あんな女でも我々の仲間だからな、守らせてもらうぞ」
オーキッド「フン!上級二人のご登場ってわけね。ドラゴンフライ!シェル!アンタたちにまかせたわ!」
ドラゴンフライ「わかりました!作戦通りにいきます!」シェル「相手としては不足はないな」
スタッグ「貴様ら下級が、上級に勝てるとでも思っているのか!小賢しい!噛んでやる!!」
シュッ!! ガキーン!!
スタッグ「…何っ!?ワシの顎が止められただとっ!?」
シェル「確かに勝つことは無理そうだが、競り合うことはできる。
  これでもライダーのキックである俺の自慢のドリル、そうそう砕けると思うなよ」ギュルルルルル…
スタッグ「こやつ…!!」ギリリリリリリ…
ピーコック「何をやっている、スタッグ!!こうなったら、私が…」
ドラゴンフライ「おっと、そうはいかないですよ!!」シュン!!
ピーコック「何だとっ!?…グハッ!!」
ドラゴンフライ「貴方の唯一の弱点は、Jフォームでは飛べるのにアンデット体では飛べない事だ!!
     空を飛べない貴方に俺を捉える事などできない!!」
ピーコック「ならば…『羽ファンネル』!!」シュン、シュン、シュン!!
ドラゴンフライ「無駄です!飛行系のカードである俺にそんな物は当たりません!!」
ピーコック「くそ…!!八方塞がりか…!!」
オーキッド「うふふふ。よくやったわ、アンタたち。今の内にここを通させてもらうわよ!!」
スタッグ&ピーコック「「しまった!!」」
オーキッド「もう、遅いわ!あの部屋に踏み込んで、寝ているアイツの顔に
    大ッ嫌いな熱々の『鯛焼きの鉄板』を押しつけてあげるわ!!」
スタッグ「何て、ひどい…鬼か、貴様は!!」
オーキッド「何とでもいいなさい!その為に私はここまで…うん?何よ、あの大きな岩?」
スタッグ&ピーコック「「!!」」

426 :男の闘い 6/7:04/08/29 00:05 ID:vw4sVVBp
トータス「…ここは、通さないダス…姐さんは、オデが守るダス!!(憤怒)」
ピーコック「トータスか!!」
スタッグ「…あいつ、顔メチャメチャ怖いぞ…」
オーキッド「フン!下級のノロマな亀一匹に何ができるの…って、えっ!?」
トータス「…食らうダス!!」ゴスッッッッッ!!!
オーキッド「ぐえっ!!??」パカッ
ヒューーーーーーーーー……ドォンッ!!!
ドラゴンフライ「…あ、姐さんが壁にめり込んでる…」
ピーコック「…まさか、上級アンデットを一撃で!?」
トータス「…全員、逃がさないダスよ…姐さんに危害を加えようとする奴はオデが許さないダス!!」
シュン シュン シュン ゴォォォォォォォォォッ!!!
スタッグ「トータスの奴、ガ○ラみたいになって空を飛びおったぞ!!」
ドラゴンフライ「…ひっ!!来るなっ!!来ないでくれぇっ!!!」シュン!!
トータス「…遅いダス!!」ドォォォォォォンッ!!!
ドラゴンフライ「あがっ!!??」パカッ
ヒューーーーーーーーー……ドォンッ!!!
ピーコック「あいつら、一緒に落ちたぞ…大丈夫なのか…」
ガラッ ドゴン!!
トータス「…ヒュー…ヒュー…(呼吸音)」
スタッグ「…トータスは平気のようじゃな…下の奴は確実に潰れているが…」
シュタッ!!
シェル「なら!やられる前にやる!!俺のドリルは何者にも壊すことなどできない!!」
トータス「…甘いダス!!」ガキィィィィィィン!!!
スタッグ「何じゃとっ!!ワシの顎でも砕けなかったあのドリルが…」
シェル「お、折られた…」
ピーコック「あいつの甲羅はあそこまで堅いのかっ!!」
トータス「…さよならダス」ブンンンンンンッッッ!!! バギーーーーーンッッッ!!!
シェル「ごはっ!!??」パカッ
ヒューーーーーーーーー……ドォンッ!!!
スタッグ「堅い貝殻ごと砕いたぞ、アイツ!!」
ピーコック「攻守も完璧だな。どおりで一人でブレイドとギャレンを追い詰められるハズだ…」

427 :男の闘い 7/7:04/08/29 00:06 ID:vw4sVVBp
オーキッド「…ハァ…ハァ…アンタたち、退きあげるわよ…」
ドラゴンフライ&シェル「……。(グッタリ)」
オーキッド「…ほんっとに、もう!!覚えてなさいよ、アンタたち!絶対に許さないからね!!」
ズルズルズルズルズルズル… バタン!!
スタッグ「…結局、何がしたかったんだ?あいつら?」
ピーコック「わからん。わかったことがあるとすれば一つだけ…何があってもトータスを怒らすな」
スタッグ「それ、ワシも賛成。お前と二人がかりでもキツイぞ、アレは。」
トータス「…ヒュー…ヒュー…姐さんを傷つける奴は、オデがムッコロスダス…ん、ヤバイダス!!」
シュン シュン シュン
スタッグ「どうしたんだ、あいつ?いきなり、首を引っ込めおって…」
ガチャ
サーペント「ん?スタッグとピーコック、ここで何をしている?廊下も派手に壊れているし」
ピーコック「貴様は何も知らずに…(ワナワナ)…もういい、別に何でもない。さっさと寝ろ」
サーペント「?わけのわからん奴だな?まあいい、ところで私の椅子を知らないか?」
スタッグ&ピーコック「「(顔を見合わせて)……あそこだ」」
サーペント「また変な場所に移動してるな。…それじゃあ、私はまた寝るから。オヤスミ」
ズルズルズルズルズルズルズル……ガチャン!!
スタッグ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・なぁ」
ピーコック「・・・・・・・・・・・・・・・・・・何だ」
スタッグ「ワシ、泣いてもいい?」
ピーコック「泣け。俺もちょうど泣きたい気分だ」
ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

フロッグ「ムガムガムガムガ…(みんなー!起きるケロー!!侵入者ケロよー!!!)」
アルマジロ「語尾に『にゃん』を付けてみるとか…いや、ペッカーとかぶるな…」
ホエール「海が恋しいよ〜・゚・(ノД`)・゚・海に帰りたいよ〜・゚・(ノД`)・゚・」
ファイアフライ「止められねぇぜ、この感情は…いっそ、今夜にでも!!…いやいや駄目だ…orz」
ペッカー「にゃ〜〜〜ん・゚・(ノД`)・゚・バットが死んじゃったにゃ〜〜〜ん・゚・(ノД`)・゚・ギュギュ」
バット「…だから…首を締めるなと…グエッ」
ゼブラ「…いいパンチだったぜ…姐さん…グフッ」
サーペント「この椅子がないと寝れなくなってしまったな…ふぁあ〜…ムニャムニャ」
トータス(姐さんの平和は、オデが守るダス!!…あ、そこ、駄目ダス…)

428 :423:04/08/29 00:08 ID:XP7vtm4u
>>427
割り込みすみませんでした


そして、GJ!

429 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:11 ID:MPQhn19Q
リアルタイムで超!G!J!!
最高だよ、カテゴリー7の力は!
いつまでもトータスは蛇姐さんを護る椅子でいるのだろうか?
ゼブラのジェミニをすべてぶちのめす蘭姐さんもイイ!!

430 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:12 ID:3njVmiKD
リアルタイムキター(゚∀゚)ー!!

GJです!!

431 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:22 ID:vw4sVVBp
>>420-427
この後の話も考えています。
主役が違うし、ギャグもありませんが、もし良ろしければ読んでやってください。
1時までに投下しますので。


432 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:24 ID:MPQhn19Q
>>431
是非!どんどん投下しちゃってくださいな!


433 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:25 ID:UnZHyaNM
>>431
かもーん!そしてGJ!
いやぁ、かっこえーわ!

434 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:33 ID:MPQhn19Q
今スタピーの3を書いてるんだが・・落ちが思いつかない・・
でも一時までにはいけるかな・・

435 :名無しより愛をこめて:04/08/29 00:52 ID:jLKFSuTc
>>420-427
GJ!読みごたえあった〜(ホクホク

ただ…一つほど、いいかな?
ピーコックの旦那(>>425)に関して…。

『飛翔能力に優れ、空中からの鉤爪攻撃から逃れる事は困難を極める』

…らしいぜ?orz
飛んでよし、飛び道具よし、大剣振り回させてよし…
かなりオールマイティなんだよこの人。卑怯なほど。
生クジャクはあまり飛べないらしいんだけどねw

436 :『にゃん☆』の理由 1/2:04/08/29 00:53 ID:vw4sVVBp
これは『男の闘い』の後の話です。
ぶっちゃけ、ぜんぜんギャグないんで嫌な人スルーしてください。スマソ

バット「まったく、ひどいことしやがるぜ。本当に死ぬところだったぞ、ペッカー」
ペッカー「だから、悪かったって思ってるにゃん。バット、ちょっとしつこいにゃん」
バット「なんだとっ!俺はお前のせいで三途の川を2回も見るはめになったんだぞ!!」
ペッカー「…だってバットが苦しそうだったから、医務室に運ばなきゃいけないにゃんって…」
バット「それで首締めてどうすんだよ。まったくお前は女の子らしくねぇなぁ」
ペッカー「なんでにゃん!?私とっても頑張って可愛くしてるにゃん☆」
バット「何が『にゃん☆』だよ。少しは人間の綺麗で可愛ゆいギャルたちを見習いな。
   サーペントの姐さんと比べて、お前は本当に女らしくねぇよ!!」
ペッカー「…酷い、酷いよバット。もう、バットなんか知らない!!」
タッタッタッタッタッタッタッタ……
バット「………走って、行っちまいやがった。」
アルマジロ「お見舞いに来たよバット。…どうしたの?暗い顔してるけど」
バット「…ああ、お前かアルマジロ。いや、今ペッカーの奴とちょっとな…」
アルマジロ「そういえば……何をしたんだ、バット。ペッカー泣いて走ってたぞ」
バット「…少し、きつく言いすぎただけだよ」
アルマジロ「……フー。…君は何故、ペッカーが『にゃん☆』をいつも語尾につけているか、
    知っているかい?」
バット「そんなもん、地だろ。もしくは天然ぶってるだけだ」
アルマジロ「本当のあの子は普通にしゃべれるよ。それに可愛子ぶってるわけでもない」
バット「何…?どういうことだ?」
アルマジロ「あの子はね、バット。本当はすごいさびしがりやなんだよ。
    伊坂さんが封印された後、ここはしばらく動きがなかったろ。
    だからあの子は怖かったんだよ、自分が受け入れられるかどうか…」
バット「…それがどうして、『にゃん☆』につながるんだよ」
アルマジロ「うちの連中は、いい意味であくの強い奴ばかりだからね。
    すぐに気に入られる為にも『にゃん☆』をつけたのさ。馬鹿だよね、まったく…」

437 :『にゃん☆』の理由 2/2:04/08/29 00:54 ID:vw4sVVBp
バット「お前、なんでそんな事…」
アルマジロ「知ってるかって?当たり前だろ、僕は君よりも多くあの子と話してきたんだ。
    僕にとっては、あの子は妹みたいなもんだよ…」
バット「お前…」
アルマジロ「それよりもさ、もう気がすんだろ。だからさ、あの子のこと追いかけてあげなよ」
バット「…あいつを怒らせた俺なんかよりも、お前の方が…」
アルマジロ「どうして、そこで部外者の僕が出てくるのさ。泣かせたのは君だろ」
バット「…わかった、行ってくる…」
アルマジロ「うん、行ってきな」

ペッカー「グスン。…何で、私バットにあんな酷い事言っちゃったんだろな…ハァ…」
バット「…おい、ペッカー」
ペッカー「ヒ!!…バ、バット…?どうしてここに…」
バット「俺は泣いた女の子をほっておくほど、無粋じゃねぇよ」
ペッカー「…女の子…バット、私のこと女の子として見てくれるの…」
バット「ああ。お前もサーペント姐さんと一緒で可愛いアンデットだよ。
   だから、さっさと『にゃん☆』戻せ。あれがねぇと、お前じゃねぇみたいだぞ」
ペッカー「…うん、ありがとう『にゃん☆』。バット」
バット「いいよ、俺も言いすぎた。お前は俺を助けてくれようとしただけだもんな…」
ペッカー「もういいにゃん☆許すにゃん☆だから、おあいこにゃん☆」
バット「…ああ、そうだな。おあいこだな…」

アルマジロ「まったく…僕にとっては二人とも『弟』と『妹』みたいなもんだよ…
    手のかかるね…」

思いっきりスレ違いでゴメンナサイ。いちよ、ペッカーの『にゃん☆』の理由を自分なりに補完してみました。
キャラ変わってるし、面白くもないけど、あの3匹の関係を表してみたつもりです。
退屈だった人は思いっきり無視してください。

438 :『突撃!スタピーレポート!』―3―(1):04/08/29 00:54 ID:MPQhn19Q
スタッグ「よし!(−M−)=3 サーペントの部屋に着いたぞ!皆準備はいいか?」
バット「合点!カメラでいくら暗くてもらくらく盗撮っすよ!!
(−Д−).。oO(ひょっとしたら姐さん下着姿でってことも・・
高く売れるなぁ〜!)」
ファイアフライ「こっちも任せて!部屋が焼けるほど照らし出してやる!」
ゼブラ「出口封鎖は俺に!忍々!」『ジェミニ』『ジェミニ』『ジェミニ』
スタッグ「ピーコック!」
ピーコック「応!変身!!(伊坂→ピーコック)」
スタッグ「ホエールは待機!!ペッカー!!」
ペッカー「にゃにゃ〜んペッカーにお任せですよぉ〜せーのぉっ!ココココココココ!!」
ドア、粉砕!!
スタッグ「ゼブラ隊、ベッドを囲め!バット、飛んで撮影スタート!
ファイアフライ、照明MAX!!」
ゼブラ・バット・ファイアフライ「ラジャ!」
ピーコック「フ・・今回はまともな指揮官、
最高のカテゴリーAだ!!・・ん?ところで・・・」

439 :『突撃!スタピーレポート!』―3―(2):04/08/29 00:57 ID:MPQhn19Q
スタッグ「よ〜し!」
ピーコック「なぁ、スタッグ」
スタッグ「何?」
ピーコック「今回の任務、サーペントの私生活を見るだけなのに
何故全員で襲撃をかける必要がのだ?」
一同「あ”・・・・」
スタッグ「早く言え!!(超噛み)」
ピーコック「んぇぁーー!!!」(パカッ
ペッカー「おぢさまー!」
サーペント「うるっさい!眠れないだろうが!!」
スタッグ「(噛みながら)やふぁい!ふぇふふぁ!!(ヤバイ!ゼブラ!!)」
ゼブラ「イエッサ!!すいません姐さん!地獄の鬼畜技・八方鯛焼き地獄!!!」
サーペント「!!!・・・うぇ〜〜ん!いやだよぉ〜〜(グスッ 
熱いよぉ〜〜白黒がいぢめるょぉ〜〜(泣
グスッ・・あずみが悪い子だったから?だからこんなことするの?
何でもするから許してよぉ〜〜(泣」
ペッカー「可愛そう!!おぢさま、あんまりですよぉ!!
姐さまが・・姐さまが・・可愛いーーー!!!(だきっ」
サーペント「ヒック・・ふぇぇ・・グスッ・・ペッカーお姉ちゃん〜〜!!(ひしっ」
ペッカー「お姉ちゃん・・(キュン きゃ〜〜〜★!!可愛い〜〜!!」
スタッグ「今だ!バット、子蝙蝠射出!カメラとして設置しろ!他は撤収!」
バット「OK!!」
こうして一行はサーペントを寝付かせ、カメラを設置することに成功した!
次回へ続く!

『―3―』投下〜
相変わらずシカトでどんどん続けてくれて構わない
『―4―』はたぶん明日の午前中にでも・・

440 :名無しより愛をこめて:04/08/29 01:05 ID:vw4sVVBp
>>438-439GJ!!
サーペント姐さん(幼女モード)とペッカーの辺りが萌えた。
次に期待するダス。ハァハァ

441 :名無しより愛をこめて:04/08/29 01:19 ID:UnZHyaNM
>>438-439
ふむ、4コマのような展開になるのか、それとも・・・・?
いずれにしても楽しみだ

442 :名無しより愛をこめて:04/08/29 01:34 ID:vw4sVVBp
>>435
しまった…まあ、廊下が狭くて飛び慣れてない伊坂は飛べなかったということで!!
だが、私は謝る!!スマソorz

443 :名無しより愛をこめて:04/08/29 01:56 ID:wDiIdFbo
でも実際、伊坂のときしか飛んでないよな・・・。

まあ、それはともかく。
トータス、カテ7では最強かよ・・・。

一度それぞれのカテゴリー内レベル(あくまでこのスレだと)を比較してみた

A スタッグ≧スパイダー>>>ビートル    マンティス(次元が違う)
2 リザード>(積極性において)スピリット=ビー>アルマジロ(キャラ弱すぎ)
3 モール>>>フロッグ>ヘッド(こいつ影薄い)>ライオン(所詮ワンラウズ)
4 ライノス=ペッカー(共に萌え)>ドラゴンフライ(変態)>>ボア(ノーコメント)
5 シェル≧コブラ(ある意味w)≧ローカスト(こいつも影が薄い)=ホエール(ホームシック)
6 ディアー(出世頭)>ファイア>ポーラー(秋以降は上昇?)ホーク(どうも高原とかぶる)

以下次レス


444 :名無しより愛をこめて:04/08/29 02:04 ID:wDiIdFbo
続き

7 トータス(愛は強し)>>プラント>>越えられない壁?>>トリロ
8 バット(経済力)≧バッファロー(未知数)≒モス
9 ゼブラ(数の暴力)≧ジャガー≧スキッド>>>キャメル(既に何回か存在を忘れてた)
10 センチピード  (異次元)   テイピア
J  伊坂(苦労も実力も)≧大地(そろそろ動くか?)>高原(ジュネ)>新名(バイクがないとただの犬?)
Q  あずみ(萌え)≒吉永(愛?)>>超えてはいけない壁w>>矢沢
K  対象が無いのでノーコメント


意見求む

445 :名無しより愛をこめて:04/08/29 02:06 ID:tfn6f2D9
>>435ネタ思いついた。

ピーコック「そういうことだ…ふふ…私の重要な能力のことを失念してもらっては困るな…」
スタッグ「そうは言ってもな〜。」
一同「ね〜。」
ピーコック「なっ…何だ貴様ら。何が言いたい?」
スタッグ「いやなに。>>443の言うとおりだし、少なくともこのスレじゃ、
    お前がまともに飛ぶところ見せてもらったことがないような気がしてな。」
一同「うんうん(頷)」
ピーコック「何だと?この私の美しい飛翔シーンを見たことがないと?
     …ううむ、仕方ない。そこまで言うならば見せてやろう。」
一同「別に何も言ってない。」
ピーコック「(聞いちゃいない)では行くぞ、よく見ておけ。──はッ!」

  ヒュ────…ン

一同「おおっ!」
ピーコック「ふはははは!どうだ!まだまだこんなものでは、」

   ゴッ

ピーコック「ぐはっ?!」
一同「あ。」
スタッグ「…天井に激突したようだな。高すぎてよくは見えんが。見境なく上昇するからだ、おバカさんめ。」
ピーコック@失神「……。 」 プラ──ン…
ゼブラ「うわー伊坂さーん!大将どうしましょう〜(泣)」
スタッグ「どうしようって…天井に頭突っ込んだ状態でぶら下がっとるもの、自然に落ちてくるのを待つしかなかろう。」
サーペント「うちに他にあれほどの飛翔能力があるUDがいないのが不幸だったな。虫系はそれほど飛べないし、
     バットでは非力だ。ペッカーは女の子だから危険な救出作業などさせられない。」
ゼブラ「・゚・(ノД`)・゚・」
スタッグ「まあちょっと風変わりなインテリアか何かがぶら下がってると思えば。」
一同「思えるか!(;゚Д゚)(ところでここ(バックル内)の構造…いったいどうなってるんだろ…?)」

446 :名無しより愛をこめて:04/08/29 02:09 ID:n5oVUfF7
>>444
モスとキャメルに異議あり!
「なぜなにカリス」を忘れたか!
……ふたりの努力は実ってないのか?

そんな自分はヘッドのことを忘れていた。正直スマン。

447 :446:04/08/29 02:11 ID:n5oVUfF7
ああsage忘れた。さらに申し訳ない…

448 :名無しより愛をこめて:04/08/29 02:21 ID:9wGen2Rh
ガイシュツかも知らんが、このスレのトータスは
江戸川乱歩の「人間椅子」を彷佛させるな…

449 :名無しより愛をこめて:04/08/29 03:10 ID:wDiIdFbo
それぞれのラウザー内のイメージ(建築的なもので)

ブレイド組
 イメージは学校の校舎。
 あまり部屋ごとの防音や換気はよくないが、結構丈夫。鍵もかけられる。
 なお、広さは普通の教室の半分くらい。だが実は4ラウザー中最大。
 台所は給食室。まとめての料理には向いている。暇な人が作り置きすること多し。
 集合場所は図書室クラスの部屋で。椅子やテーブルはある。

スタッグ組
 イメージは市民病院。
 それぞれのプライバシーは守られている。が、鍵はない。(オーキッドの侵入篇で確認)
 部屋はそれぞれ個室病棟クラス。実は最も狭かったりする。
 台所はやはり給食室。なお、ブレイド組とは違い種類優先。なお当番制。
 集合場所はロビーで。テーブルはあるが皆カーペットに直で座る(サーペントは例外)




450 :名無しより愛をこめて:04/08/29 03:18 ID:wDiIdFbo
続き。

カリス組
 イメージはハカランダ。
 個室は多少あるが、あまりそこには集まらない。実際オーキッドが居間を占領してるくらい。
 基本的には店頭の客間に低めのパーティションを立てて部屋割りしていることが多い。
 モデルが食堂だけに、調理場としては機能的。基本は各自それぞれ好きなものを作る様子。
 集合時はパーティションを片付けて、そのまま客間に。なお、大型テレビがあるw

レンゲル組
 イメージは大きな料亭。
 個室は平均サイズは中くらい。ただし冷暖房完備。
 台所は釜、囲炉裏などがあるがあまり使わない。なお、食堂もある。
 集合場所は会議室。実は一番でかいが、声は通る。それはいいのか悪いのか・・・?


451 :ハゲックスモ〜ド♪:04/08/29 04:42 ID:wouBywDJ
関東ローカル総集編、いつもんとこに
インタだけでなくCMも入っているのでネタになればよいなあ
低サイズなので画質はボトボト・・・ いい画質のはまたあとであげる手を考えますです
お時間、20分弱

452 :名無しより愛をこめて:04/08/29 07:20 ID:vw4sVVBp
>>443-444
異義あり!アルマジロには腹黒キャラが少なからず見えているディス!
後、トリロバは防御力に関してはトータスと互角かも…
残りは大抵同意。ウルフをもうちょっと強くしてほしかったが…
まあ、個人的な意見ということで

453 :名無しより愛をこめて:04/08/29 07:37 ID:tfn6f2D9
>>452
アルマジロ同意。
地味ながらもスタッグさんあるところには常に影のように寄り添い、
ソフトかつ容赦ないツッコミを入れている気がする。

454 :名無しより愛をこめて:04/08/29 08:52 ID:nKteQmY8
アルマジロの査定に対する異議が多くて驚いたw

漏れはオーキッド進入篇でのイメージが濃すぎたようだ

455 :名無しより愛をこめて:04/08/29 09:21 ID:76iaQ/dp
>>449

たとえネタでも・・・私は謝ら・・・

何故!!『スタッグ組』なんだ?!!

456 :『突撃!スタピーレポート!』―4―(1):04/08/29 09:23 ID:3wMFmDr+

翌朝
バット「大将ぉーー!!ホシが動き出しました!!」
スタッグ「よし!全員集合!」
トータス「8:30、姐さん起床・・ハァハァ・・」
アルマジロ「(こいつヤバイ・・・)」
サーペント「ぅ〜ん・・ふわ・・(欠伸 」
トータス「あぁ〜〜姐さん可愛すぎるダス〜〜ハァハァハァハァハァ・・・・ああ!パジャマ〜〜〜!!!!」(パカッ
ファイアフライ「開くの早っ!?」
サーペント「むにゃ・・・ジョ・・カー・・見・・たぞ〜・・ん・・・」
ペッカー「いやぁ〜ん☆姐さまラヴリ〜〜!!」
サーペント「ん〜・・・(ゴソゴソ 」
ゼブラ「(ブフッ!! た、大将!いいんですか!?このまま見てて!?ズボン脱いじゃいましたよ!?」
スタッグ「う、うん・・いい!のかなぁ・・(−M−;)」
ピーコック「(鼻血だらぁり か、構わない・・続けるぞ・・・」
サーペント「ふぁ〜(プチ、プチ、プチ、 」
ファイアフライ「ファイアーーー!!!Σ(゚Д゚) 大将ヤバいですって!シャツが!シャツが!!」
スタッグ「くぅ・・(@M@;)=(;@M@)ノ ピーコック!もう止めたほうが良いんじゃ?」
ピーコック「まままままだだ!!任務遂行が絶対だ!!」
サーペント「(いまや下着のみ)ん〜寝汗かいちゃったか・・・シャワーでも浴びよう(パサリ 」
一同「ぶへふぉわぁ!!!」(パカッ!!

457 :『突撃!スタピーレポート!』―4―(2)終:04/08/29 09:23 ID:3wMFmDr+
数十分後

スタッグ「や・・やっと、バックルが閉じた・・ああ、もう・・刺激が強すぎるわい・・」
ピーコック「馬鹿な・・俺が・・サーペントごときに・・」
ファイアフライ「姐さん〜〜ハァハァ」
ゼブラ「思わず二つになってしまいました」
ペッカー「女のあたしも開いちゃった・・」
バット「ではコレにて・・」

廊下

バット「うしゃしゃしゃしゃ!これでハゲに売りつければ大もうけ!!一人共鳴カシャカシャカシャカシャカシャ・・・・」
???「アーハッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」
バット「カシャカシャカシャカシャカシャカシャ・・・ってウェイーーーー!!」
サーペント「そのテープ・・なんだ?」

スタッグ「・・・でも、ホントにこんなテープ取っといていいのかのぉ?」
アルマジロ「カナーリヤバい内容ですね・・ロリ組以外はバックル開きますよ」
ピーコック「まあ、コレにて一件コンプリートだ!タチバナタチバナタチバナタチバナタチバナ・・・」
スタッグ「ダバダバダバダバダバ・・・」
フロッグ「ゲロゲロゲロゲロゲロゲロ・・・」
???「アーッハッハッハッハッハッハッハ!!!見つけたぞ・・貴様らぁ!!!」
一同「姐さんキタ───────(゚∀゚)───────!!」
サーペント「私のエロビデオをとってどうするつもりだ・・下着から裸まで映ってるじゃないか・・・ムッコロス!!!!!」
一同「ギャーーーー!!!」

嶋さんのときと同じエロネタでスマソ死ぬまで謝り続ける。スマソスマソスマソスマソスマソ・・・
もうスタピーはやらないと思う。
思いつきでちまちま投下していくのでよろしく

458 :名無しより愛をこめて:04/08/29 09:59 ID:vw4sVVBp
>>443-444さんのを見て、自分的な観念からキャラを考察してみた。
基本的にはスレ内容に忠実に書いて見たが、おかしい所があるかも?
上級とかキャラ確定ぎみの奴ははぶきました。

ブレイド組 馬鹿多し。自己中多し。ビートルとトリロバはある意味癒しキャラ。
リザード キャラ描写不足。現在Jフォームで慢心中?
ライオン もはやキャラがないことがキャラ。『俺様』と見当違いの努力は健在。
ボア タックルが当たらない。GJ。
ローカスト 愚痴が多い。最近使われなくなったひがみか?
ディアー 揺るがない立場。イヤミで残りのライソニをイジメてる。
マグネット 武士。口調は特徴的だが、実は中は薄っぺらい。個別エピソード希望。
ジャガー シャカシャカ君だゴルァ。後、シャカシャカ言うな。プカプカ日記に期待する。
ウルフ 上級唯一のキャラ不安定。バイク狂。忠犬属性あり。 

ギャレン組 個性派ぞろい。安定感バツグン。それ故にキャラが作りやすいのか?
アルマジロ 一見普通のキャラだが、腹黒臭さが垣間見えている。
フロッグ ケロケロキャラ。最近はオチ要員。食われることはもはやネタ。
ペッカー 『にゃん☆』。おじ様。お姐様。一人テンション高い。天然?
ホエール ホーム・シック。まだまだ奥が深いキャラ。
ファイアフライ ため口。なのに今はただの変態。本人もそれを悩んでるらしい。
トータス 椅子。田舎者。純情。バックル全開。怒ると最強。ほとんどサーペントとセットキャラ。
バット 口調が安定しないが基本的に乱暴キャラ。盗撮。エロ全開。最近よく噛まれる。
ゼブラ ツッコミ。特に対伊坂へのツッコミは心の中で泣く。出番をよく取られている。
サーペント 男口調。椅子愛好家。鯛焼き。幼女。浴衣。昼寝好き(主に椅子で)
    ここ最近付加属性が一番多い人。

459 :名無しより愛をこめて:04/08/29 10:00 ID:vw4sVVBp
カリス組 ロリだらけ。それ故に個別キャラが薄い。別に誰が誰やっても違和感なし。
   モスキャメルは『なぜカリ』の印象が強く、本来のキャラはわかりにくい。
マンティス 伝説らしいがキャラがわかりにくい。バックル内の面倒事から逃亡癖あり。
スピリット 謎。好きなようにしてくれ。もしくはスルー。
ヘッド 描写不足。もしかして馬鹿?
ドラゴンフライ 巻き込まれ型。幼女か、筋肉か、虎太郎か。自分が真に愛する者は?
シェル このバックル唯一のツッコミ。ドリル。筋肉を追い求める毒舌家。
ホーク ある意味悲惨。マジでキャラがない。『萌え』を求める旅に出たらしい。
プラント 姐さんの舎弟1号だが、最近カラミ無し。姐さんが怖くなったか?
モス 描写不足。『なぜカリ』から判断すると、いろいろ見えてくる。研究対象。
キャメル やはり描写不足。『なぜカリ』ではモス専用のツッコミキャラか?
センチピード ロリ最強。もはや言語機能すら失っている。ドピュ。

レンゲル組 いろんな意味でキャラが濃く、上級職人向け?ダジャレが世界を救う。
ビー 敬語。ナチュラル。嶋さんに迷惑している?
モール バックル内でただ一人陰属性。スパイダーとの闘いは激化。嫌味をあっさりかわされる。
ライノス 幸薄そう。〜だサイ。
コブラ スパイダー付属物。笑いすぎ。意外と人情家?
ポーラー 暑いと動けないわけで。ボソッと毒舌。キャラがよく揺り動く。
スクィッド のんびりキャラ。発明家。軟体だけに何も効かない。
テイピア かなり微妙なキャラ。自己主張性はあるようだ。

と、こんな感じかなと思いました。
「こんなの、あのキャラじゃねぇよ!!」って人も多いと思うので
どんどん意見くれ。最近キャラ増加中のため、この辺りで整理したい。

460 :名無しより愛をこめて:04/08/29 10:20 ID:wHKOMPGO
またもやコッソリ投入〜これで在庫は出し切ったかな。
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/171.gif

伊坂様とか上級はバックル内でも人間体って人が多いのかな?
四コマとか描いてみたいけどネタが・・・orz

461 :名無しより愛をこめて:04/08/29 10:24 ID:vbgmZtz6
>>460
GJです!!!
毎日ラウズしたい(´д` )ハアハア

462 :名無しより愛をこめて:04/08/29 10:53 ID:2PqIfy7G
>>460
四コマとか蝶期待、マジ期待。ここの職人さんがイイと言うならこのスレで既出のネタでもイイから!!

463 :名無しより愛をこめて:04/08/29 13:10 ID:dHpNHWCM
ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1093697122/109-115

スパイダー「な、なかなかやるじゃねえか。さすがの俺も降参だ。」

464 :名無しより愛をこめて:04/08/29 16:22 ID:s9+8xjIH
>>355-360
カプリコーン「何なんだよ…ギャレン組&カリス組のやつら…この俺を、ハブって
     くれちゃってさぁ…(グスッ)オーキッド姐さんの水着…(プルプルプル、プチ-ン)
     ノオォーーーヽ(♯0Д0)ノーーーーッ!!ドカドカバキ(下級に八つ当たり)


本編から何のひねりもないが私は…つまんなかったらごめんなさい

465 :名無しより愛をこめて:04/08/29 16:48 ID:B/ELGUKi
>>464
???「お兄さん、そこのお兄さん。ここにいい写真があるんですがねぇ」
(こいつ相手にまた一儲けして、先日の補填をしなければ)



466 :御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』 1/5:04/08/29 17:00 ID:vw4sVVBp
スタッグ「え、ワシナレーターなの?わかった、わかった、読むって。えーと、
   『昔、昔、一万年ほど昔、ピーコックという名の橘マニアの変態孔雀がいたそうな…』」

ピーコック「おい、勝手なアドリブを入れるな!!お前一人の劇じゃないんだぞ!!」

スタッグ「五月蝿い奴だ…わかったから黙っていろ。
それで、『ある日、ピーコックは橘との思い出を振り返りながら、海岸線を歩いていた…』」

ピーコック「橘との激しい戦いを思い出すな…あの時のバーニングディバイドは最高だったとも…
    それから、私を封印する時の橘の嫌そうな顔は今、思い出しても…」

スタッグ『そんなふうに変態な事を考えていたピーコックの目の前で一匹の亀がイジメられていた』

バット「やーい、亀めー。ノロマの亀―(棒読み)」
アルマジロ「動かないと、ひっくり返して置いてっちゃうぞー(棒読み)」
トータス「痛いダス!許してダス!…あ、そこの人助けてほしいダス!!」
ピーコック「橘の飛びファンネル撃ちは素晴らしい技だったな…」

スタッグ『ピーコックは亀を無視した』

467 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:00 ID:Fbb5jbX0
ラウザー内イメージ

ブレイラウザー
イメージは1階にロビーがあって2階には廊下

ギャレンラウザー
イメージは第一話の氷川キャッスルのもうちょっと広めな感じのアパート(廊下も広め)

カリスラウザー
↑のと見た目は殆ど同じだが・・部屋には天音の写真がいっぱい貼ってある

レンゲルバックル
廊下は全部木で出来たアパート

468 :御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』 2/5:04/08/29 17:01 ID:vw4sVVBp
トータス「酷いダス〜!鬼ダス〜!」
バット(おい!俺たち、これじゃ目立たないぜ。勝手にアドリブしちまおうよ)
アルマジロ(そうだね。そうでもしないと、おいしいとこ取られちゃうからね)
バット「へ!言う事聞かないと、お前がサーペントの姐さんの下で悦ってる写真見せちゃうぜ」
アルマジロ「うわ〜、それ恥ずかしいな〜。僕だったら、自殺ものだね〜」
トータス「やめるダス〜!そんなこと台本に書いてなかったダスよ〜!」
バット「知った事か。さらにこの姐さんの着替え写真を…」アルマジロ「バット、それはやばい…」
ブォォォォォン!!! ドスッッッッッ!!!
バット&アルマジロ「「ぎゃべっ!!」」パカッ×2
トータス「…ハァ…ハァ…姐さんのプライバシーをバラす奴は、許さないダス!!」
バット「俺たち…もしかしてここで…」アルマジロ「出番は終わり…かな…」二人「…グエッ」
トータス「(しまったダス〜。台本と違うことしちゃったダス〜。こうなったら…)
   凄いダス!尊敬するダス!目にも見えない早技でイジメっ子を倒しちゃったダス!!」
ピーコック「…そこの亀。私に話しかけているように見えるのは、気のせいか?」
トータス「(無視)助けてくれたお礼に、竜宮城に連れていくダス!」
ピーコック「人の話しを…いや、孔雀の話しを聞け!!」

スタッグ『そうして、ピーコックは何もしていないのに竜宮城に行くことになった』

ピーコック「何故、私がこんな目に…それで?貴様、陸亀だろ。どうやって海底に行くのだ」
トータス「もうすぐ迎えが来るダス。安心するダスよ」
ピーコック「迎え…?」
トータス「あ、来たみたいダス……お〜い、ここダスよ!ホエール!!」
ホエール「ごめんね〜遅くなっちゃって〜。やっぱり水の中は気持ちいいよね〜」
ピーコック「(話しが繋がってないな…)こいつに乗ればいいのか?」
トータス「そうダス。……乗ったダスね、それでは出発するダス!!」
ホエール「あいあいさ〜。やっぱり水の中は気持ちいいよね〜」
ピーコック(やはり、繋がってないな…)

469 :御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』 3/5:04/08/29 17:02 ID:vw4sVVBp
スタッグ『ピーコックはトータスと一緒にホエールに乗って海に潜っていった。ちなみにこの時、
鯛や平目の舞い踊りが見えたらしいが、時間がないのでカットね』
ゼブラ「ジェミニして、魚のコスプレして待っていた俺の立場は?出番これだけかよ!!」
スタッグ『そうこうしている内に、無事竜宮城に着いた』

ピーコック「ふむ…綺麗な所だな、ここは」
トータス「そうダスよ…でも、乙姫様の方がもっと綺麗ダス(ポッ)」
ピーコック「乙姫?」
トータス「そうダス。この海底の中で一番偉くて、一番美人ダス。ぜひ会ってみるダス」
ピーコック「美人には興味はないんだが…まあいいだろう、会ってやる」
トータス「それでは、お呼びするダス…乙姫様〜〜〜!!!」
サーペント「呼んだか?」
ピーコック「何っ!!??」
トータス「あ〜乙姫様〜。ふふふ、驚いているダスね、こんなに美人で」
ピーコック「驚いているのは、いきなり現われたからだ!!
    それにお世辞にも美人とは言えんぞ(注・アンデット体)」
サーペント「何だ、こっちの方がいいのか。(人間体に変わる)」
ピーコック「まだ、そっちの方がマシだな」
トータス「さっきから、乙姫様に失礼な人ダスね〜プンプン」
サーペント「ところでお前、どうしてここに来たんだ?」
ピーコック「知るか!貴様の所の亀に無理やり連れてこられたのだ!!」
サーペント「…そうなのか、トータス(ギロリ)」
トータス「ヒッ!!…すいません、台本にそう書いてあったもので…」
サーペント「まあいい…悪かったな、今すぐ地上に送り返そう」
ピーコック「当たり前だ!何故、鳥類である私が海の中にいなければならないのだ!!」
サーペント「うちにも鳥類はいるぞ。おい、ペッカー!!」
ペッカー「はいにゃん☆何かご用ですか、お姐様?じゃなかったにゃん☆乙姫様だにゃん。」
ピーコック「………」
サーペント「こいつにお土産を持たしてやれ」
ペッカー「わかりましたにゃん☆少々待つにゃん☆」

470 :御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』 4/5:04/08/29 17:03 ID:vw4sVVBp
スタッグ『それから、一時間後…』

ピーコック「遅い!!あのウミネコもどきは何をしている!!」
サーペント「ん、う〜ん。ふぁあ〜ムニャムニャ。貴様、器が小さい男じゃのー」
ピーコック「お前は今まで寝てたのか!!」
サーペント「何故か知らないが、お気に入りの椅子がここにあったからな…」
ペッカー「すまないにゃ〜ん☆遅くなったにゃん☆適当な物を探すのに苦労したにゃん☆」
ピーコック「もういい!そいつを貰って、さっさと帰るぞ私は!!送れ、亀!!」
トータス「あ〜わかったダス〜。姐さん、しばらくいないダスからね…風邪をひかないように…」
サーペント「…ムニャムニャ。うん、わかった。あずみ、よいこでおひるねしてるね…ムニャムニャ」
トータス「いい子ダス…それじゃあ、ピーコックさん地上まで送るダスよ」
ピーコック「ああ、頼む。私は早く橘との思い出に浸りたいんだ」
ペッカー「また、来てにゃ〜ん☆」
ピーコック「誰が来るか!!」

スタッグ『そして、ピーコックは地上へ戻ってきた』

トータス「迷惑かけたダス。その『玉手箱』はお土産として受け取ってくれダス」
ピーコック「まあ、貰える物は何でも貰うが…この『玉手箱』には何が入っているのだ?」
トータス「よくわからないダス。ペッカーが適当に入れただけダスから…
   『希望?絶望?』じゃないことは確かダス」
ピーコック「そんな小ネタはいらん!!…私はもういいから、さっさと帰ってやれ」
トータス「わかったダス。ありがとうダス。それではダス…」

スタッグ『そのまま、亀は帰ってしまった』

ピーコック「ダスダス五月蝿い奴だったな…まあいい、それよりこの箱には何が入ってるんだ?」
カポッ

スタッグ『愚かにも、ピーコックは『玉手箱』を開けてしまいおった』

471 :御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』 5/5:04/08/29 17:04 ID:vw4sVVBp
モクモクモクモクモクモク………
ピーコック「うわ!何だ、この煙はっ!?」
ファイアフライ「呼ばれて飛び出てイェイェイェーーイ!!『玉手箱』の精の登場だーーー!!!」
ピーコック「何なんだ、貴様!!玉手箱の精だと…?」
ファイアフライ「そうだぜ!お前に今の状況を簡潔に知らせに来たんだぜ!」
ピーコック「今の私の状況だと…?」
ファイアフライ「ああ!まずここはさっきお前がいた世界から、すっごい後の世界だ!!」
ピーコック「どういうことだ!私が竜宮城に一時間いっている間に何故そんなに経っている!」
ファイアフライ「あそこでは時間の流れが違うんだよ!そして、お前には責任を払ってもらう!!」
ピーコック「責任だと…?どういうことだ!!」
ファイアフライ「この世界は前にお前のいた時代から一万年経っている…
    よって、お前の体にも一万年の時間を払ってもらうぞ!!ソレ!!」
ピーコック「…くそ、私の体はヨボヨボだー!!って、変化がないぞ」
ファイアフライ「何!!」
ピーコック「そういえば、私はアンデットなんだから年をとるわけないじゃないか。フハハハハ」
ファイアフアイ「不覚!…自分も同じ存在なのに、その事に気付かないなんて…orz」

スタッグ『こうして、ピーコックは一万年後の世界で橘を探す旅に出ました』

ピーコック「待っていろ、橘!すぐにお前を見つけて、『もずく』につけてやるからな!!」

スタッグ『一方その頃、竜宮城では…』

サーペント「う〜ん、ムニャムニャ…パクッ!!…不味い…」
フロッグ「酷いケロ…こんなとこしか出番がないなんて…早く口から出すケロ〜!!」
サーペント「…不味い…ペッ!!」フロッグ「ぐへっ!?」
トータス「お〜い、姐さ〜ん!帰って来たダスよ〜!!」

スタッグ『めでたし、めでたしじゃな』

472 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:09 ID:YeFxMluv
GJ!!
亀の純情に泣けた。

473 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:20 ID:3wMFmDr+
GJ!!いつの間にかなぜか亀にサーペントが素直に言う事聞いてる!

>トータス「あ〜わかったダス〜。姐さん、しばらくいないダスからね…風邪をひかないように…」
>サーペント「…ムニャムニャ。うん、わかった。あずみ、よいこでおひるねしてるね…ムニャムニャ」

萌えー!姐さん可愛いよ

474 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:28 ID:vw4sVVBp
シリーズ物ですので、第2弾も考えています。
今週は本放送も一週空くので、いろいろなネタに挑戦したいですね。

475 :467:04/08/29 17:30 ID:Fbb5jbX0
割り込みスマソ

476 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:37 ID:3wMFmDr+
誰かがネタにしてくれるのを信じ、死に際に初代スレの一文を投下してみる
キャラが固まる前のアンデット達の発言色々
1・(スパイダー)
封印されても装着者を操れる俺が真の勝ち組。蜘蛛の子散らすぞ。
>>カブト&クワガタ あんな馬鹿&ビビリの体も乗っ取れないヘタレ。
負け組みケテーイ。
>>蝙蝠&ムカデ 封印されたまま一度も使われないなんて、
やっぱ雑魚はカードになっても雑魚ってこった。
>>ジャガー おめー、いっつもカードの中を走り回ってんのか?
まるでリスだな。
2・(バット)
俺の出番はもうねえんだろうなぁ……
「オレもルナメタル欲し〜な〜」
3・(テイピア)
実はバトルファイトを仕組んだのは俺なんだぜ(爆)片っ端から封印といてやったんだよ(爆
俺ってカッコいいよな(爆
俺は何万年もまたなきゃいけないけどな(爆
あぁぁぁぁ・・・封印ときてぇよ。自分の封印ときてぇよ。自分の封印とけないんじゃいみねぇよ。




477 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:53 ID:3wMFmDr+
4・(ゼブラ)サテライト30…… 俺もアレくらい自由に増殖できたらなぁ
5・(伊坂・バット)
38 名前: 伊坂
俺っていつ使われるんだ…
39 名前: バットアンデッド
>>38
何を言う、この新参者が。
6・(センチピード)ハァハァ……
監禁生活一週間目……そろそろ天音チャン分が足りなくなってきた……
ん?女子高生? あ〜〜〜女子高生もイイかもしれない
7・(スタッグ)桐生さんの腕はあんまりおいしくなかったなぁ
8・(トリロバ)何故だ・・・主力メンバーが解放され・・・
やっと俺も日の目を見ることが出来ると思ったのに・・・
・・・ライオン、ライオンアンデッドでさえ活躍したというのに・・・・・・!
畜生・・・ちくしょおおおぉぉぉおおおおおおうううあああああぁぁぁぁ・・・!!

そしてスパイダー親分。バックル内で大波乱確定のこの一言で今日はサヨウナラ

クッソ…コイツ(睦月)の女ぁ縛ってやりてーのにコイツの方がMっぽいから
できねーじゃねーか!
ああ欲求不満だぜ!!

orz

478 :名無しより愛をこめて:04/08/29 17:55 ID:3wMFmDr+
>>476-477のものだが477のバットの『新参者〜』については
現在のスレの38とは関係ないので気にしないでくれ


479 :名無しより愛をこめて:04/08/29 18:35 ID:wHKOMPGO
よし、またもやコッソリと投入だ!
蘭姉&蛇姉。
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/174.gif
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/175.gif

ぅぁ〜、微妙かも・・・

480 :名無しより愛をこめて:04/08/29 18:53 ID:i56hn9F/
>>479
GA!!(グッドアート)
サーペントの蛇に萌えた

481 :名無しより愛をこめて:04/08/29 19:03 ID:dP27PRAC
>>479
GJ!
次は矢沢と大地と新名かな?

482 :名無しより愛をこめて:04/08/29 19:05 ID:K8jB78oF
>479
蘭姉さんカワ(0w0)ウェイ!!

483 :名無しより愛をこめて:04/08/29 19:24 ID:h/IvAu7a
>>460>>479GJ!
「アンデッドはアンデッド態」と己に言い聞かせつつ、
可愛いものにも目が無い自分としては良い萌えかげん(何それ)
479の蛇姐さんは>>260かな?
ネタ使ってもらえて嬉しいやら恥ずかしいやらですだ(亀)

484 :名無しより愛をこめて:04/08/29 19:51 ID:erABH1T9
>>483
いやぁ・・・そんなオーキッドとサーペントが>>420辺りであんな事やこんな事をやってたと思うと・・・
(*´д`)ハァハァ・・・

485 :某月某日 ビートルUDの覚書@剣22話:04/08/29 20:02 ID:K3w7WRgA
某月某日
「これ、食ってもいいかな?」「これ、食ってもいいかな?」「これ、食っ(ry
橘さんの台詞に、兄貴がときめいている。そっぽを向いてごまかしているが、オレには分かる。
負けてはいられない。夜中ベッドの横でこっそり練習していたら、剣崎に見つかった。

「お前・・・、それ、本当においしいのか?」

・・・。シロアリじゃないから、本当はベッドの足(木製)なんて食べない。
でも、なんだか剣崎がいい笑顔でオレを見ている。
引っ込みがつかないから、とりあえず舐めておいた。蜂蜜ぬって欲しかった。

某月某日
ショッピングモールにアンデッド反応あり。と、広瀬さんが言うので、皆で見に行った。
アンデッドはいなかったが、色んなものがいっぱい置いてある。
適当なものを指差して、「これ・・・食ってもいいかな?」と兄貴に言ってみた。無視された。

‘brz

某月某日
「(始さんの仕事振りを)よ〜く見張っといて。ねねね」
天音ちゃんにタックルかまされる。剣崎ですら成功したことないのに・・・。
さすがはジョーカーお気に入りの人間。あなどれない。

始@ジョーカーが写真家として、あるばいと、とかゆうのをしているのを、早速見学に行った。
あるばいと、というのは、剣崎のやってる「仕事」とかの小さい版らしい。
どんなに変わったことをしているのか楽しみにしていたのに、普通にカリスに変身して、
オーキッドと戦っていた。しかも、カリス@ジョーカーには友達なんていないと思っていたのに、
「約束だ!カリス」って、イーグル高原が助太刀に来た!ウソダドンドコドーン!!!
オレが華麗に助けにはいって、カリスの友達になるつもりだったのに・・・剣崎の友達100人計画に暗雲が。

しかも、またもや兄貴はスパイダーと2人きりで竹林で特訓してたらしい。あうう。兄貴・・・オレもオレも・・・!!!

486 :ビートルUDの覚書@剣23話:04/08/29 20:04 ID:K3w7WRgA
某月某日
「ショッピングモールにモールが出たってぇ?!」「だぁーはっはっ、はっはっはっ」
一瞬、聞き間違いかと思ったが、気のせいではなかった。
「俺が―――、俺が仮面ライダーレンゲルだ―――!!!」

モール瞬殺。てゆうか、それ、オレと剣崎がしっかり抑えてやったからなんだからな!
もうちょっと、睦月は剣崎に敬意を払うべきだ!オムライスを大盛りおごるとか。
今こそ、おろなみんCを一箱買ってくるとか。
だって、最近、コタロのご飯まずいって。剣崎がますます骨になっちゃう・・・って。

はわわ。兄貴!兄貴大丈夫ディスカー!!!鹿に右手首ぶっとばされても大丈夫だった橘さんが、
こんなにボトボトになるなんて!!打ち所が悪かったのか、兄貴、目ぇ回してるし。

「おうおう。心配すんな。まあ、なんつーか、俺様のジョークが冴え渡って、
 タライ落ちじゃ済まずに天井がぬけちまったってトコよ。
 睦月は金持ちだし、一流の治療を受けさせてやるから、んーな怒んなよ、な?」

一緒にびよういんまでついて行こうと思ったのに、スパイダーに断られた。   ‘brz


487 :ビートルUDの覚書@剣23話:04/08/29 20:04 ID:K3w7WRgA
某月某日
気を取り直して、ハカランダにご飯を食べに行く。なんか始@ジョーカーが怒られてる。
「ぎぜんしゃ!」ってなんだろう。こないだのあるばいとぶりがダメだったんだろうか。
やっぱ、あそこはイーグル高原の手を借りずに、一人で戦わなきゃいけなかったんじゃ・・・

オレも昔は兄貴にそういうことでよく怒られてた。から、そういうの、よく分かる。
なんかこう・・・カリスは色んなアンデッドに声かけられてるし、実は友達多いのかな?とか、
最近、兄貴にすら遊んでもらえないオレなんかじゃ、友達として頼りないのかな・・・とか、
ちょっといろいろ自信をなくしかけていたので、正直、安心した。親近感がわいた。

やっぱいい友達になれそうだ。
うまいことすれば、カリス、始、ジョーカーと一挙に3人友達が手に入る。
剣崎、オレも頑張るディス!!!
屋根裏部屋の友達カレンダーには、オレの力で星シールを3つは貼ってみせるディスよ!!


488 :ビートルUDの覚書@剣23話:04/08/29 20:07 ID:K3w7WRgA
某月某日
久々にウマーなご飯を食べて、ウトウトしてたら、始@ジョーカーがあわただしく
出て行った。なんか、イーグル高原に呼び出されたらしい。

こっそりついていったら、ドラゴンフライ@ジョーカーになってる!!うおお!なんか、新鮮でカコイイ!!
まあ・・・、兄貴ほどじゃあないけど。
張り合って、兄貴の飛び降り変身のマネをしてみた。けど、足場が悪かった・・・。
べ、別に飛び降りてヘシン!しなくたって、剣崎はそのままで充分格好良いから!別にいいもん!!

にしても、イーグルの懐にしまわれたマンティスが声もなく助けを求めている・・・。
あんなに嫌がっているマンティスは始めて見た。よし。ここはひとつ、救出に向かおう!
「これを使え・・!!」始@ジョーカーが、ドラゴンフライのカードを貸してくれた。
あ、あれ・・・?もの欲しそうなの、ばれた・・・?

でも、久々に飛んだ空は、正直、すっごく気持ちよかった。友情パワーでイーグル封印。
カリス@ジョーカーがイーグルを封印するのかと思っていた。
なんか、女を手土産にしてまで、イーグルはカリスと一緒に戦いたそうだったし。

しかし、そこまで嫌われるとは。一万年前、一体何やったんだイーグル高原。
オレなんて、兄貴に首斬られても仲良しディスよ?


489 :ビートルUDの覚書@剣24-25話:04/08/29 20:07 ID:K3w7WRgA
某月某日
兄貴と一緒に、犬を拾った。オレんトコで飼うことになった。名前は新名。
時々、ブルースペイダーの調子が悪くなるので、メンテナンスを担当してもらうことにした。


490 :ビートルUDの覚書@剣26話:04/08/29 20:08 ID:K3w7WRgA
某月某日
げふー。久々に装甲が割れる。一万年ぶりぐらい・・・?
一万年前にも三箇所ぐらいボコボコに穴をあけられたことは、あった。
でも、オレは、そんときだって、意地でもバックルは開かなかった。兄貴のことは守り通した。

だから、こんぐらい(*w0)痛くない。どってことない。が、中身がチョット出てしまった。
いけね。今はオレ、中身があるんだった・・・。うっかりしてた。
あ、兄貴と剣崎と兄貴の中の人は、お、オレが守る!!絶対守る・・・!!

オレはまだまだやる気だったんだけど、兄貴に止められた。トリックブレイド!
面倒くさかったのか、エレファントは追いかけてこなかった。ふう・・・

某月某日
昼間は痛くなかったんだけど、夜になったら、ほっとしたのか、
顔面がぢくぢく痛くなってきた。
兄貴が一晩中、痛いの痛いの飛んでけーって、してくれた。

幸い剣崎に怪我はなくて、すかすか寝ている。明日になったら、顔の穴に
オリハルコンプラチナ、詰めとこう・・・


491 :ビートルUDの覚書@剣26話:04/08/29 20:11 ID:K3w7WRgA
某月某日
スパイダーに会いに田舎(チベット)から伯父さんがやってきた。カナリア付き。
なんかお土産があるかと思ったのに、手ぶららしい。ちょっと残念。
まったく、烏丸も気が利かないなー。
チベットのヒマラヤ杉の樹液ぐらい、タランチュラ嶋に持たせてくれたらいいのに。

「たくましくあれ!そしてひるむことなかれ!絶望の後には必ず希望が来る!」
ぺたしぺたしと顔面にオリハルコンプラチナを詰め込みながら復唱していたら、兄貴がスパイダーに
呼び出された。ついて行こうと思ったら、早速タランチュラ嶋に止められた。
「まあまあ。ここは私に任せて。そんなことより、君は顔の穴を埋めるのが先だ」って。

お昼、そうめんを食べながら、タランチュラ嶋から、兄貴とスパイダーの様子を聞く。
スパイダーの睦月お笑い芸人化計画は、随分進んでいるらしい。
でも、兄貴も兄貴の中の人も、スパイダーの相方になるのはやっぱり断ったらしい。

某月某日
カリス@ジョーカーが、タランチュラ嶋と激突。どっちの味方をするべきか、迷う。
剣崎の友達100人計画をとるか、烏丸の知り合いをとるか・・・。んー。
「使命感か!くだらない!!」タランチュラ嶋に、ぺしっと叱られた・・・。

そうだよな・・・。
友達って、使命感でつくるもんじゃないよな・・・。
オレ、剣崎のためだと思って、正直、自分を見失ってた。反省(-w-)∩

492 :名無しより愛をこめて:04/08/29 20:28 ID:K3w7WRgA
ちうと半端ですが、友情をテーマに一区切りついた気もするので(え?)
続きはまた後日〜。

>>476
テイピア・・・(爆(爆って、えらい爆発してると思ったら、
それ・・・駄洒落なんだね・・・?身を呈した駄洒落なんだね・・・?
どおりで、最初のころ、ラウズされまくり。
スパイダーさんにものすごい気に入られてると思ったよ・・・

>>460
伊坂、カコイイ!!一瞬ギャルソンエプロンに見えた俺の目はボドボドだ!
4コマとおっしゃらず、16Pでも32Pでも・・・!!
いつか、スレ内のネタを映像化してもらえたりするんだろうか・・・。ドキドキ。ぽっ。

493 :名無しより愛をこめて:04/08/29 20:49 ID:K8jB78oF
>485-491
GJ!!
読んでてほのぼのしました。ビートル、なんて健気なんだ。
とりあえず友達ふえるといいね。

494 :名無しより愛をこめて:04/08/29 20:58 ID:sReuNwYW
ビートル覚書GJ!

>兄貴のことは守り通した。
に男を見た。カコイイ!

495 :名無しより愛をこめて:04/08/29 21:02 ID:wHKOMPGO
>>485-491
GJ!
一晩中痛いの痛いの飛んでいけーなスタッグに禿萌え
4コマはいつか頑張ってみますよ!
16Pや32Pは勘弁してください・・・(0w0;)

496 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:17 ID:vw4sVVBp
500近いのでここらで整理。夏休みの総まとめ

>>11-14 略して「どん塾(仮)」
>>33 Pia・ラウザーへようこそ!2
>>42-53 狼日記
>>61-62 スパイダーだって教えてほしい
>>66-70 仮面ライダー龍
>>76 プカプカ日記
>>77-80 仮面ライダー穿
>>95 今週のギャレンラウザー
>>96-98 略して『なぜカリ』 海蛇降臨編

497 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:19 ID:9wGen2Rh
>>485-491
>いけね。今はオレ、中身があるんだった
おいおい(w
そんなのーみそカラッポみたいなビートル萌え。

498 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:20 ID:vw4sVVBp
>>102-103 ネガティブ・ゾーン
>>107-110 今週の新人さん。inギャレンバックル
>>113 思っていても
>>119-122 本日のカリス組
>>125 僕らは『なぜカリ』応援団
>>127-128 ビートルUDの覚書@剣三十話
>>129 略して『なぜカリ』 外伝
>>131-134 仮面ライダー蘭
>>135-136 サーペントの弱点

499 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:21 ID:vw4sVVBp
>>139 逆襲のバット
>>144-146 未来
>>148-149 仮面ライダー顎?
>>155 ピーコ
>>157-159 適材適所
>>162 「アンデットの思い」総集編Ver.その1
>>169-170 浦島乙姫
>>181-182 笑い上戸なサーペントの場合
>>185-187 テイピアのわがまま

500 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:23 ID:vw4sVVBp
>>192-193 ハゲ暗躍
>>202-205 30話+192
>>209 レンゲルラウザーの休日
>>210-212 「バットの部屋」
>>217-218 フロッグの受難
>>223-224 ギャレンラウザー@食事中
>>226-228 月見酒
>>233-234 彼らの日常
>>241-244 「バットの部屋2」
>>247 ちょっと二箇所消すだけです

取り合えず250番台まで
気に入った職人さんには、今からでも遅くないのでGJ!!

501 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:27 ID:GqZGcc2O
>>466-471
やる気なさそうな癖に勝手なアドリブいれるスタッグにワラタ。第2弾期待してまっす!

>> ビートルUDの覚書
>適当なものを指差して、「これ・・・食ってもいいかな?」と兄貴に言ってみた。無視された。
アニキ… orz
24-25話の扱いにワラタ。

ビートルのUD体見たけど、なんか…なんか…

   __ __
   ヽ'::':/
    l:::|
   ノ:::l
  ( 0w0)

502 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:40 ID:vw4sVVBp
残り250投下。職人さんの技量に驚け!

>>250-253 仮面ライダー磨羯
>>255-256 観察 observation
>>259 「山羊の思いつき」
>>263 「アンデットの思い」総集編Ver.その1.5(補足)
>>265-266 「アンデットの思い」総集編Ver.その2
>>273-276 「バットの部屋2」補完
>>279-282 なぜカリ
>>280 ヘタレと呼ばないで
>>287-288 それ逝けギャレン組

503 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:41 ID:vw4sVVBp
>>294-297 姐さんの趣味
>>303 オゥプラント?
>>307 ギャレンラウザー酒盛り中
>>308-309 トリ部屋
>>314くノ一誕生!?
>>324-327 「バットの部屋3」
>>340-342 過去話
>>355-361 女の闘い
>>373 劇場版ネタバレ?

504 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:42 ID:vw4sVVBp
>>379 夏のひととき。
>>382-383 アンデットより愛をこめて
>>388 『突撃!スタピーレポート!』 ―2―
>>394-395 ムシムシ相談室@ver.デカレンED
>>396 好きな人
>>397 ちょいと小ネタ
>>407-411 嶋さん、大変身!
>>420-427 男の闘い
>>436-437 『にゃん☆』の理由

505 :名無しより愛をこめて:04/08/29 23:47 ID:vw4sVVBp
>>438-439 『突撃!スタピーレポート!』―3―
>>456-457 『突撃!スタピーレポート!』―4―
>>466-471 御伽噺シリーズ@『浦島ピーコ』
>>485-491 某月某日 ビートルUDの覚書@剣22話〜26話

以上まとめ終了。アンデットに愛を、職人さんにGJを。

506 :名無しより愛をこめて:04/08/30 00:14 ID:dDeko9ay
ピーコック「おい、スタッグ。お前もういっそのこと性別を雌に変更して、ファイアフライの嫁になってやったらどうだ?
     ギャレンとして戦っていくのならばこの先も戦闘で大顎を使うことはないし、問題なかろう。」
スタッグ「は?何を言い出すんだ急に…。」
ピーコック「いや、急に研究所を率いていた頃の血が騒いでしまってな…。

     父・ファイアフライUD。母・スタッグUD。

     ……面白いものが生まれそうじゃないか?」
スタッグ「……例えば?」


ピーコック「暗闇で発光しながら飛びまわるクワガタムシ。」


スタッグ「…………。」
ピーコック「フハハハハ。どうだ。素晴らしい発想だろう。」
スタッグ「…………ピーコック」
ピーコック「ん?」
スタッグ「しばらくJフォーム発動の許可はおりないものと思え。(#-M-)」
ピーコック「ナズェ!Σ(゚∈゚;)」
スタッグ「やかましい!ちゅーかもう、オラァクサムヲムッコロス!!!!」

 ガキン!(噛) ギリギリギリギリギリギリギリギリ…

ピーコック「くっ…!何故…俺が…俺が…やられる…!?」
スタッグ「黙れ。」むぎゅ。
ピーコック「ぐはッ!」パカッ


だからオスは嫌なんだよ、と涙しながら昇天するピーコックであった。

507 :名無しより愛をこめて:04/08/30 00:43 ID:LXqGtlB+
>>496-505n
まとめ乙カリス。
やっぱりギャレン組の比率が高いな。

508 :名無しより愛をこめて:04/08/30 01:04 ID:scgZZO1E
まとめ乙ディス!
しかしこれだけギャレンバックルが大騒ぎだと橘さんが寝不足になりそうだなw

509 :名無しより愛をこめて:04/08/30 01:57 ID:5AO+5qRp
>オレなんて、兄貴に首斬られても仲良しディスよ?

ビートル、すんげー可愛い。つーか健気。

510 :名無しより愛をこめて:04/08/30 02:01 ID:tGu/u9AP
まとめ乙です!

ところで、あの〜自分初めてものを書いたのですが、
駄文を投下してもよろしいでしょうか?

511 :名無しより愛をこめて:04/08/30 02:03 ID:nKQhMJOd
>>485
あいかわらずビートルがカワイイw
でも、剣崎と話せるということはこのイラストみたいな感じということに!!
ttp://w7.oekakies.com/p/ondul/30.png?180
なんかますます萌えてきた。

512 :名無しより愛をこめて:04/08/30 02:16 ID:scgZZO1E
>>510
そんなこと聞かなくてよいディス!!
どんどん投下してくださいな

513 :名無しより愛をこめて:04/08/30 02:38 ID:ay74ooGc
>>508
多分寝る時には座布団5枚くらいかぶせて重石乗せてるんだろう

514 :名無しより愛をこめて:04/08/30 09:28 ID:kKZlZkaq
>>508>>513
レンゲルのスパイダーみたいにはっきりと語りかけてくるわけじゃないんだけど、
でも何か居るよガクブル((((;゚Д゚))))みたいな感じか。
初期の橘さんの恐怖心云々の一因でもありそうだな。
その頃のメンバーはスタッグ、アルマジロ、フロッグ、ホエール、ファイフライか・・・
控えめそうな顔ぶれだけど、
逆にスタッグ大将のストッパー役が不在という考え方もw

515 :名無しより愛をこめて:04/08/30 09:31 ID:kKZlZkaq
ところでさんざん既出な話題かもしれないが、
本編開始時からいるダイヤスートの面々はどうやってどんな順番で封印されたんだろう?
スタッグさんはまあサナギちゃんの状態で捕まった(ビートル覚書ネタ)として(笑、
他の面々も気になる。公式ではどうなっているんだろうか。

◇予想◇
カテ2・アルマジロ   ギャレンが根性で封印。
カテ3・フロッグ    バレットで撃ち抜いて封印。
カテ5・ホエール    陸に引き摺り上げてアッパーで弱らせた後、バレットで撃ち抜いて封印。
カテ6・ファイフライ   スタッグさんに勘違いしてふらふら寄ってきたところをアッパーをくらわせドロップをかましバレットで撃ち抜いて封印。
カテ8・バット     そして本編へ・・・。


ファイアフライ一人がかわいそうな展開になってしまった。だが私は謝らない。

516 :名無しより愛をこめて:04/08/30 10:12 ID:4xNb4V8j
>>515
確か、このスレ的にはファイアフライは初対面から求愛してきたんだっけ。
それでいいかと。

517 :名無しより愛をこめて:04/08/30 10:36 ID:iQreOrsG
514
伊坂「君のボドボドを治す方法が一つだけある。…私を封印するんだ。私ならスタッグの力を抑えることができる。」
橘「そんな!伊坂さんが犠牲になるなんて…」
思わず書きたくなっちまったじゃないか…OTL

518 :名無しより愛をこめて:04/08/30 11:43 ID:FQLqBKU5
>515
手元の「ビートルUDの覚書」シリーズ(1スレ目)によると、
ファイアフライ(求愛されたところをボコったらしい)→ホエール(不明。陸に打ち上がってバックル開いてた説ありw)
の順番みたいだ。
この2つ持ってればバーニングスマッシュ使えるからなw

◇というわけで対抗して予想◇
1.カテ6・ファイアフライ(求愛されたところをボコった(確定?w)
2.カテ5・ホエール(陸で弱まってたところをファイアで干涸らびさせて封印)
3.カテ2・アルマジロ(単発ラウズ技が効かず苦戦するも一瞬のチャンスに賭けたBSで封印)
4.カテ3・フロッグ(接近戦に持ち込まれ苦戦するもバレットでひるませ、一瞬のチ(以下略)BSで封印)

他に有力な説があるかもしれない。だとしたらそれも私の責任だ(嘘


>517
本編も実際そんな感じだな……w <伊坂封印でボドボド完治

519 :名無しより愛をこめて:04/08/30 11:47 ID:YsS42I5I
っつか

第6話ぐらいの話しなんだけど・・・
ギャレンラウザーのカードホルダーのカテゴリー3をよく見ると・・

プロパーブランクになってた気が・・・・

恐怖心でボドボドなのにいつの間にアンデッド封印したんだ?w

520 :名無しより愛をこめて:04/08/30 12:14 ID:kKZlZkaq
>>518素敵予想GJ!
とりあえずカテゴリーのナンバー順に封印されたことにしただけなんだが、
言われてみれば覚書ではファイアフライが最初だった。
そうなると次の犠牲者が封印されるまでは大将と2人っきりの封印生活だったわけで、
雌だと思い込んでるうちはファイアフライ的には幸せだったかもしれない。

>ファイアフライ
求愛するもソッコー返り討ち、
しかも求愛のサインだったことに気付いてもらえていないとは不憫な奴。
>ホエール
陸にうちあげられて自重でつぶれてバックル開いてた説も確かにあった。
UD態がどんなものか非常に気になる存在でもある。
>アルマジロ
丸まって防御したりしてそう。燃やされても我慢、ドロップくらっても我慢。
そのうち攻撃が止んだので様子見のために防御を解いてみたところ、
実は至近距離でジーッとしてるだけだったギャレン(一瞬のチャンス狙い)が零距離射撃→BS。
>フロッグ
>接近戦に持ち込まれ苦戦
『アッパー』『アッパー』『アッパー』『アッパー』『アッパ(以下略)
という感じだろうか。スタッグ大将キレそうだ。

521 :ラスト・バッファロー(1/4):04/08/30 12:37 ID:Kxgxo4dQ
茶室風に改造した個室。

ちゃかちゃかちゃか・・・とん・・・ずずっ。
「ふう・・・今日も抹茶がうまいでござるな。
しかし、お茶うけの菓子にいいのがござらん。あんこが手に入り申さぬ。
プラント殿がおられれば豆が手にはいるかもしれぬが・・・
これでは格好が付き申さぬ。

あと、やはり格好上、刀が必要でござるな。これは今であればトリロバ
殿にお願いいたせば手に入るであろうか。
拙者、今は高尚な戦士、サムライでござるから、色々そろえねばならぬ
物だらけよ。贅沢を言えば鎧に具足、陣羽織、家紋、馬、弓矢・・・ああ、
サムライも大変でござるな。」

ずずっ・・・

「しかし、今回のバトルファイトはそれがしにとってかつてと違い、激動で
ござった。実に長い旅でござった。・・・魂の旅でござった。
今日は静かでござるから、少々語ってみようか・・・


522 :ラスト・バッファローの中の人:04/08/30 12:39 ID:Kxgxo4dQ
あ、ちっと事情で連続で貼れなくなった。
しばらくかかるので、割り込まないようにとの配慮は
無用でござる。

523 :ラスト・バッファロー(2/6):04/08/30 13:35 ID:Kxgxo4dQ
それがしの率いるバッファロー一族は人間のいう北米大陸でここ5万年ほど
栄えておった。さよう、広い大陸の草原すべてが我らの物であった。ああ、
今も目を閉じるとあの頃の光景が浮かぶでござる。広い、広い乾きかけた
草原をもうもうと土煙をあげて駆け抜ける我が一族の者たち・・・地平線全て
が土煙に覆われたものよ。

ちなみにウシがモウモウと、というのは別に洒落を言っているのではござら
んぞ。

我々をおびやかす者は何もおらなんだ。前回のバトルファイトの折にはちら
ほらと人間が目立ち始め、スー、ナバホ、アパッチ等と名乗って小さな集落
を作り初めておったが、彼らはあまりに少なかったゆえ、問題にもなり申さ
なかった。時折は我らの一族の者に勝負を挑んでくることもあったが、その
時は互いに名誉ある戦士としての戦いをしたものでござった。破れる者もお
ったが、我らの総数から申せば微々たるものでござった。


#当初4回の予定でござったが、分割の都合により6回になり申す。
ご承知くだされい。

524 :ラスト・バッファロー(3/6):04/08/30 13:36 ID:Kxgxo4dQ
そんな中、それがしは特に気候が温暖で日差しが陽気な、後に「かりふぉ
るにあ」と呼ばれる地方に居を定めており申した。
それがしもそのころは陽気なタチでござった。また、その土地の持つ雰囲気
がそれがしに入り込んできてござったので、当時のそれがしの様子は、正直
軽薄でござった。
派手なかけ布に日差しを防ぐサングラスに帽子。
そして、天気の良い日には起きるなり、
「オーウ、今日はナイスな天気だぜ、HA-HA-HA-!!」
「ヘーイ、エブリワン、ブレックファストすんだらホットに走りに行くゼィ!!」

もうもうと土煙をあげて草原を駆け、
「HA-HA!! ご機嫌だぜ!」
「アウチ!・・・オーウ、プレーリードッグの穴だぜ、ファッキン!!」
「メシ食うぞ、メシ!! ヘイヘイ、そんなチマチマ食うんじゃねえよ、俺たち
には何だってたっぷりあるんだぜ、HA-HA!」

そして、グラマラスなバッファローの娘たちととっかえひっかえ陽光の下で
・・・あー、これは別に詳しく語る必要もござらんな、コホン。

とにかく、楽しい時代であった・・・


525 :ラスト・バッファロー(4/6):04/08/30 13:51 ID:Kxgxo4dQ
そんな具合でござったから、それがしは物事を考える、という事はしないま
までござった。
一族の者が悩んでおれば、
「ヘイヘイ、何を考え込んでるんだ?草原にお日様、豊かな大地!俺たち
は何でも持ってるんだぜ?さあさあ、人生をエンジョイだぜ、エンジョイ!
HA-HA!!」

気休めでも何でもなく、恵まれた我らには考える事など必要ござらんかった。

ただ、どういうわけか・・・それがしはバトルファイトになると、「いいこと思いつ
いた」り、「読み切った」り、研究したりする上級アンデットに訳の分からない
負け方をするのでござる。何故でござろうな?

まあ、負けても次があるさ、HA HA HA!! とそれがしは気楽に構えてござった。
しかし・・・それがあのような事を招くとは。
それまでは一回ぐらいバトルファイトに負け、一万年後目を覚ましてもさほど
世界は変わらないものでござった。ところが、今回・・・どうも、それがしの感覚
からすると一万年経っていない気がするのでござるが、まあ、細かい事は気に
しない・・・目を覚ますと世界は一変してござった。

草原は?我が一族は?地平線は?

526 :ラスト・バッファロー(4/6):04/08/30 14:14 ID:Kxgxo4dQ
それがしはパニックに陥りかけもうした。
しかし、考え込んでも始まり申さん。あたりを色々調べると、木で囲いがしてあ
る所に、短い毛に白黒模様の、我が一族と似た者がたくさんいたので話しかけ
てみる。
しかし、この者たちはすっかり闘争心が衰えている上、ノロマである。頭も悪い。
何も考えていない。
話すうちに、どうやらこのように世界を変えたのは人間たちである、詳しい事は
分からないという事だけはわかり申した。
どうやら、それがしが知りたい事を知るには人間と接触するしかないようでござ
る。

今はびこっている人間どもは以前見かけたナバホやアパッチの者たちとは少々違
うようでござる。だが、基本的なふるまいはそう違わないことと、ここカリフォルニア
では難しい言葉はあまり使われない事から、それがしは何とかここの人間の言葉
を覚え申した。体の構造上、話したり書いたりは出来申さんが、聞き取る事と読む
事は何とかなり申す。

町のはずれの、ほとんど使われていない「としょかん」なる建物に人間のいない時
を見計らって何度も通い・・・そしてそれがしは知り申した。開拓者たちが我が一族、
我らの愛する大地に行った仕打ち、人間どもの傲慢さ、理不尽さ・・・
そして、生き残ったわが一族の者たちは「ひんしゅかいりょう」によって骨抜きにさ
れてしまった。わずかに残る我らの亜種は「どうぶつえん」に閉じこめられて飼い
殺されている・・・

それがしはショックで呆然とさまよい歩き申した。
我が一族はほぼ、滅びた。残った者も誇りなどとうになくしている。それがしは独り
時代に取り残されてしまった。もう、バトルファイトにも価値を見いだせぬ・・・
それがしはどうしたら良いのでござろうか。


527 :ラスト・バッファロー(5/6):04/08/30 14:33 ID:Kxgxo4dQ
何日歩いたか思い出せないのでござるが・・・突然、目に入った光景にそれがしは
はっと致した。「はりうっど」と書かれた谷で、ナバホの人間と我らの一族が走り回
っている!!
喜び勇んで駆け寄り申したが、それは作り物でござった・・・「えいが」の撮影でご
ざった。

それがしの落胆、ご想像くだされい・・・

疲れ切ったそれがしは喉が渇いていたので人間の建物に入り申した。としょかんと
同じであれば、建物のはじっこの方に水場があるはずでござる。
ほどなく水場が見つかり、蹄でペダルを踏んで、小さく吹き上がる水を飲んでいると、
近くの部屋から何やら物音がし申した。入り口に「ししゃかい」と書かれてござった。

それがしは何となくそれに見入っており申した。・・・そのうちに身の内に興奮がみな
ぎって参ったのでござる。その映画の名前は「ラスト・サムライ」。そこには異種族の
侵入の中、滅びつつある者たちが誇り高い戦士として生きる姿が書かれてござった。

それがしの求めていたのはこれでござる!

それがしがサムライとなれば、一族に誇りを取り戻せる!その後にバトルファイトに
勝利すれば再び・・・!

サムライになるにはどうすればよいのでござろうか?もちろん、日本へ行き、サムライ
の言葉を覚え、彼らと同じ格好をして刀の練習をすれば良いのでござる!

それがしはその建物にあったサムライの言葉について書いた本を抱え、はりうっど
特有の「特殊めーきゃっぷ」の部屋へ行き、普通のウシの姿にメーキャップをし申し
た。
そして、日本行きの家畜運搬船を探し、こっそり乗り込んだのである。・・・船は鉄で
できていたので、マグネットの力を持つそれがしにとっては乗り込むのも隠れるのも
簡単でござった。

528 :ラスト・バッファロー(6/6):04/08/30 14:57 ID:Kxgxo4dQ
かりふぉるにあの言葉とはだいぶ違っていたので大変ではござったが、船旅の間に
何とかサムライの言葉を覚え申した。

そして、日本に着いたのでござるが・・・困り申した。どこにもサムライがいないので
ござる。サムライはあの映画のように、地方に隠れて住んでいるのでござろうか?

しかも、刀も武具もどこにも置いてはござらん。どうすれば良いのでござろうか。

む?これはアンデットの気配?いや、少々違うようでござるな。しかし、アンデットに
関係があることは確かでござる。会えば何か状況が開けるかもしれんではござらん
か!

気配のする方へ行ってみると、青いのがおり申した。あれはビートル殿?いや、ちょっ
と違うようでござるな。何か、急いでいるようなので声をかけるのは悪いかな、と思った
のでござるが・・・よく見ると、刀を持っているではござらんか!刀!念願の刀!
事情を話せば刀をくれるかもしれないし、そうでなくともどこへ行けば手にはいるのか
教えてくれるかもしれないでござる!それに、彼もサムライに関係あるかもしれない
ではござらんか!

それがしは興奮のあまり、すごい勢いでとびついてしまい申した。今思えば軽率でご
ざった。これではバトルファイトだと思われて当然でござるな。
乱闘になってしまい、それがしもサムライになる夢のために奮闘したのでござるが・・・
結果はご存じの通りでござる。

今回は封印されてしまい申した。だが、我が一族のためにも、刀や鎧などのサムライ
グッズを揃え、必ずいつか立派なサムライになって見せ申す。

ん?精神修養?それは何でござるか?

刀!カタナ〜!!

529 :名無しより愛をこめて:04/08/30 15:14 ID:lwvRw/8Y
orz

ただの刀マニアだったのか、だがGJ

530 :名無しより愛をこめて:04/08/30 15:19 ID:SLveaA7Z
GJ!!

ああ、第27話を改変したくなってきた

531 :名無しより愛をこめて:04/08/30 15:50 ID:HDAP5TVM
バッファ郎は刀は持ってないけど
左肩に数本槍が刺さっていて、
遠くの敵を攻撃する為に使うらしいぞ。

532 :リザードの正義 1/5:04/08/30 17:35 ID:2VE5O8ET
よお!良い子のみんな、こんにちは!
ブレイドバックル切り込み隊長のリザードだ。
今日は俺が解放されてから、ブレイドに封印されるまでの話をするぜ!

あれは三年前、解放された俺は自分の生き方に疑問を感じ始めていた。

一億年ほど前、俺の種族は地球最強の存在だった。
体はどの生き物よりも大きく、鋭利な牙や爪は全てを引き裂く事が出来た。
だが、どんなに強くても大自然の前に勝つ事はできない…
俺の種族はあっさりと絶滅してしまったのだ。
その時に俺は悟ってしまった。
たとえバトルファイトに勝ち残ろうとも、繁栄する種族はいつか滅びる。
それがただ、ひたすら繰り返されるのだ…
俺の中でバトルファイトに対する情熱が冷めていくのがわかった。
そして、俺は戦う気力を失ったのだ…

そんな風に情熱が無くなった俺はその後の戦いでは負け続けた。
そうこうやってる内に、ついには最低のカテゴリー2まで落ちぶれてしまったのだ…
だがそれでも、俺に戦う気力は戻って来なかった。
むしろ、この意味のないバトルファイトに疑念を持ち始めていたのだ…

そんな俺は今回も最初はバトルファイト自身には何の興味も無かった。
だが今回は違った。
一万年前に人間が勝ったせいで、世界は大きく変化していたのだ。
俺はその事に興味を持ち、人間の世界を見て回る事にしたのだ…

結局いろいろ歩き回って、最後に辿り着いたのは日本だった。
好奇心から世界を旅した俺だが、ついに俺の心を埋めてくれる物とは出会えなかった。
だから別に期待などしていなかった。
日本で俺の心を満たしてくれるものに出会えるなんて…

533 :リザードの正義 2/5:04/08/30 17:36 ID:2VE5O8ET
俺がある公園の近くを歩いている時だった。
その公園の中には大きな舞台のような物が設置されていた。
興味を持った俺が木陰から見ていると、客席にどんどん人が集まってくる。
客は親子連れが多く、主に小さい子供のほうがはしゃいでいるようだった。
俺はこれを劇だと考えた。
劇なら何度か見た事はある。
だが、余りに難しすぎてすぐに席を立った記憶しかなかった。
俺がそんな事を考えている内に劇は始まってしまっていた。
変わった劇だった。
舞台で『イーイー』うるさい黒タイツが踊っていて、客席の子供を攫ってしまうのだ。
それを見ながら、黒タイツの後ろに立っている鎧男が馬鹿笑いをしている。
わけがわからない。
だが、次の瞬間俺の中で全てが吹っ飛んだ。
舞台の端にいた女と子供たちが一斉に誰かの名前を呼んだ。

『仮面ライダー!!』

するとだ、『トォー!』という掛け声と共に緑色の変な男が現われたのだ。
その男は『ライダーパンチ』だ『ライダーチョップ』だ唱えて、黒タイツを倒していく。
そして、最後には『ライダーキック』と叫びながら、鎧男を倒してしまったのだ。
俺は感動した。
猛烈に感動した。
俺の目の中には風になびく赤いマフラーが映っていた…

その後、俺は何とかしてあの『仮面ライダー』の正体を調べた。
『仮面ライダー』とは正義の為に戦う『ヒーロー』と言うやつらしい。
正義というのは、悪を挫き、弱気を助ける事だそうだ。
俺は決めた。
俺は『仮面ライダー』になると…

534 :リザードの正義 3/5:04/08/30 17:38 ID:2VE5O8ET
それから俺は首に赤いマフラーを巻くと、正義の為に動き始めた。
いじめられている子供がいれば助け、
道を渡れないお年寄りがいれば車を止め、
煙草のポイ捨てをする奴がいればぼこぼこにしてやった。
みんな俺の格好をコスプレだと思ったのか、誰も気にする者はいなかった。
俺は自分の名前を『仮面ライダー刃(リザード)』と名乗るようになった。
もちろん、トレードマークは赤いマフラーである。

そんな俺が夜の街で非行少年に説教(アンデット語)している時だった。
ビルの中で爆発が起こったのだ。
俺はすぐにビルの中に入っていった。
ビルの中は、逃げ惑う人でパニックになっていた。
その中で、赤い仮面ライダーがアルマジロと激しい戦いを繰り広げていた。
赤いライダーはアンデットが封印されたカードを使ってアルマジロに攻撃をしている。
だがアルマジロも素早くそれをかわし、転がりながらビルの壁を突き破って逃げていく。
その衝撃がこの爆発を引き起こしているのだ。
俺はあの赤い仮面ライダーが何者か知っていた。
最近、俺たちアンデットを封印して回っている奴がいる、と聞いた事がある。
俺は迷った。
正義の味方ならば、この騒ぎを起こしているアルマジロを倒さなければならない。
だがそうすれば、戦いで弱った俺をあの赤いライダーは封印してしまうだろう。
俺は怖かった。
もうヒーローになれないのが怖かった。
俺が判断に困っている時、それは起こった。
ビルの壁がいきなり崩れ始めたのだ。
まだ、あの下には動けない人たちがいる。
俺がそう思って、飛び出そうとした瞬間だった。

俺の運命を変える、あの青い仮面ライダーが飛び込んできたのは…

535 :リザードの正義 4/5:04/08/30 17:39 ID:2VE5O8ET
その青いライダーは、崩れてくる壁から身を呈して人を守っていた。
青いライダーはカードを持っていないのか、赤いライダーの補佐に廻っている。
必死にビルの中を駆け回りながら、逃げ遅れた人たちを守っているのだ。
俺が求めた『仮面ライダー』がそこで戦っていた。
俺がそれを見て、ある決断をしたその時、
ビルの天井があの青いライダーの上に落ちてきたのだ。
俺は迷う事なく、青いライダーを突き飛ばした。

目が覚めた。
俺の目の前にはあの青いライダーが驚いたような顔をして立っている。
俺の体は動かない。
だが、力を振り絞って仰向けになった。
バックルが開いている。
俺は青いライダーの目を見た。
青いライダーは俺の目を見返し、一枚のカードを取り出すと、
そのカードを俺に向けて、綺麗に投げてきた。
封印される瞬間、

『ありがとう』

そう、青い仮面ライダーが言うのが聞こえた。

536 :リザードの正義 5/5:04/08/30 17:40 ID:2VE5O8ET
次に目を覚ましたのは青いライダーの…ブレイドのバックルの中だった。
ビートルの奴が泣きながら、俺に『ありがとう!剣崎を守ってくれて!』と言っている。
どうやら、俺が最初のお仲間だったらしい。
その後、ビートルが嬉しそうに俺に剣崎…仮面ライダーブレイドの事を話してくれた。
やはり俺の決断は間違いではなかったらしい。
俺はもう種の為に戦うのはやめて、正義の為に戦うと決めた。
そして、『仮面ライダー刃(リザード)』になった。
だが、それもただの自己満足に過ぎなかったようだ。
俺はあの時、封印されるのが…もうヒーローになれなくなるのが怖くて動く事ができなかった。
しかし、あの仮面ライダーは自分の事も考えずに人間を守った。
それが俺と仮面ライダーの違い。
俺には正義を貫く事は出来ない。
だが、あの仮面ライダーにはそれが出来る。
だから、俺は『仮面ライダー剣』の『剣』として戦う事を決めた。
あいつが人を守る為に戦うなら、俺もあいつの『剣』として戦う事を決めた。
それが俺の正義。
それが俺の仮面ライダー。

俺の首にはまだ、赤いマフラーがなびいている。

537 :名無しより愛をこめて:04/08/30 17:44 ID:2VE5O8ET
リザードの話を書こうとした時、最初に浮かんだのが赤いマフラーでした。

勝手な設定、ごめんね。orz

538 :びーとるのしゅくだい 1/3:04/08/30 17:54 ID:fB0qI1VA
<ギャレンホルダー内>
ピーコック「スタッグ、夕飯ができ……って、うわあぁぁぁ(;゜∋゜)」
ファイアフライ「どうした?って死んでルーーーーー!!??」
ピーコック「……い、いや生きてる…また例の仮死状態か?」
ファイアフライ「何にしろしばらく待たないといけないな……。」

<ブレイドホルダー内 カテゴリーA室>
ビートル「...〆(0w0;)せっせ、せっせ」
スタッグ「ほう、何やら忙しいのう。」
ビートル「って、うわっ兄貴!?どうやって来たのさ!?」
スタッグ「念波をビビビ〜っと飛ばして実体化させたのじゃ。すごいじゃろ。」
ビートル「なんかもう何でもアリだね兄貴!」
スタッグ「ところで何をしていたんじゃ。」
ビートル「ああこれ、夏休みの宿題。剣崎が出してくれたんだ。」
スタッグ「ほう、宿題とな……(夏休みなんてないけど)」
ビートル「まだ半分以上残ってて……大変だよ。確かこういうの”きりきりまい”っていうんだよね、兄貴っ」
スタッグ「まぁ、そうじゃが……どれ、見せてみろ。」
ビートル「うーん……兄貴が手伝ってくれちゃったら宿題にならないから、一人で大丈夫だよ。」
スタッグ「そ、そうか……?(←ちょっと寂しい)これは終わったやつか?『人間の生態』……。」
ビートル「うん、そう。見てもいいよー。」

パラリ…

539 :びーとるのしゅくだい 2/3:04/08/30 17:55 ID:fB0qI1VA
『この間、剣崎が戦いで疲れて早めに眠った日の夜。コタローの部屋のドアが開く音がした。廊下を歩いて、ヒロシさんの部屋に向かったみたいだ。
 ヒロシさんの部屋のほうに聞き耳を立てると、ギシギシと等間隔に床が軋む音がする。苦しそうな呻き声も聞こえる。
 「何だろう?」と思ってヒロシさんの部屋に行こうとしたけれどバックル体だとなかなか動けない。「スパイダーみたいにシュンッ!って瞬間移動できたらなぁ……。」
 そこでスパイダーに連絡して頼んでみたら、小蜘蛛を貸してくれるらしい。スパイダーは優しい。小蜘蛛を到着するのを待ってたら、ヒロシさんの部屋のドアが開く音がした。
 コタローが出ていったらしい。しばらくして、小蜘蛛が到着した。やりぃ!トリックビートルだ!!ヒロシさんの部屋に行って見ると、もうヒロシさんは寝ていた。
 ベッドの縁を見ると白い液体がこぼれていた。まだまだ疑問は解決しないので、これからも調べることにする。』

…パタン。

スタッグ「……ワナワナ」
ビートル「どう、兄貴?……やっぱり、ちょうさぶそく?」
スタッグ「い、いや十分じゃ……学会もビックリ仰天じゃぞ。」
ビートル「まじで?やったー、兄貴のおすみつきだ!!」
スタッグ「……これを提出するのか?」
ビートル「うん、そうだよ。」
スタッグ「……これを、この宿題をやらせたのは剣崎なんじゃな?」
ビートル「うん、そうだよ。」
スタッグ「分かった……邪魔したな。宿題がんば…あ、いや……あまり無理をするでないぞ。」
ビートル「うん、じゃあね兄貴ー。……消えた?」

<再びギャレンホルダー内>
スタッグ「がばっ」
ファイアフライ「うをっ、起きたぞ!?」
スタッグ「( -M-)ノ 〜〜〜 ゆんゆん」
ピーコック「と、思ったら電波を送ってるな……」
スタッグ「橘、剣崎ヴッドバせ……橘、剣崎ブッドバせ……」
ファイアフライ「こ、怖ぇ……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
ピーコック「スタッグが……本気だ!!」
スタッグ「むぅんっ!( ☆M☆)キュピーン」

540 :びーとるのしゅくだい 3/3:04/08/30 17:56 ID:fB0qI1VA
<数十分後、白井家では…>
橘「オマエクッテモイイカナ?オマエクッテモイイカナ?」
剣崎「ダディャーナザァーン!?ドゥーシタンディスカ!?アンダドゥーレハ、アカマジャナカッタンデ…」
橘「オマエクッテモイイカナ?オマエクッテモイイカナ?」
剣崎「ダディャーナザァーン…オンドゥルルラギッタンディスカー!! う、うわあぁあぁぁあぁぁぁ(゚Ёl ゚;)」

<再びブレイドホルダー内 カテゴリーA室>
ビートル「あれ、今…剣崎の叫び声が聞こえたような……気のせいかな?」

<そのころヒロシさんの部屋では……>
広瀬「ふんっ、んっ、ふっ……」 ぎしぎし……

こんこん

広瀬「はーい?」

ガチャ

コタロ「広瀬さん、またダンベル頑張ってるの?」
広瀬「当たり前でしょっ、ふんっ、せっ、こないだ白井くんの作ったステーキ食べたんだからっ。」
コタロ「でもスタミナつけないと。ダイエット中は栄養価が不足しがちだから……ほら、これ。」
広瀬「また牛乳?こないだもこぼしちゃったじゃない。それにあんまり飲むと太るし……。」
コタロ「大丈夫だよ低脂肪だから。じゃあねー。」

ばたんっ

541 :びーとるのしゅくだい あとがき:04/08/30 17:58 ID:fB0qI1VA
この手のネタが、嫌いだった人には果てしなく申し訳ない。私は謝る!

ビートル「ところで、この作品の中の人は宿題終わったの?」
スタッグ「2/3は残っとるそうじゃ。」

542 :名無しより愛をこめて:04/08/30 18:05 ID:fB0qI1VA
>>532-536
やばっ、普通に感動しますた!リザードカコ(・∀・)イイ!!
「俺の首にはまだ、赤いマフラーがなびいている。」なんか、すごく琴線に触れるフレーズだった。
これからも頑張ってください!

543 :名無しより愛をこめて:04/08/30 18:15 ID:KXvqUDEG
>>532-536 リザードいいねぇ〜GJ!
>>538-540 コンナトコロデコドモタチニと思いきやそう来たかwGJ!

544 :名無しより愛をこめて:04/08/30 18:24 ID:iQreOrsG
542と同感GJ!!
嶋さんみたいなのも存在するんだから番組内でたこ焼きVS鯛焼きのギャグ話やるぐらいなら番外編として製作、放送してくれないものか…。

545 :名無しより愛をこめて:04/08/30 18:30 ID:yLDcp+lf
最近、主題歌を聞いていると、
アンデット共が主役の嘘OPムービーが流れるようになりました。
スタッグ大将の電波のせいでしょうか?

( -M-)ノ 〜〜〜

546 :名無しより愛をこめて:04/08/30 19:17 ID:cQtphy5M
三年前にマフラー巻いたライダーのショーが単独で行われていたことに疑問。
なんて俺は悪い子です。

547 :名無しより愛をこめて:04/08/30 19:35 ID:2VE5O8ET
いえ、リザードが日本に来たのは一年前くらい前ですので、
ちょうどファイズあたりと一緒にやってたんだけど
赤いマフラーに気を取られて気付かなかったんです。

ってことにしておいてください…orz


548 :名無しより愛をこめて:04/08/30 20:02 ID:HDAP5TVM
>>532-536
GJ。
GJすぎて、読みながら別窓で描いてた
カプリコーン矢沢消してリザード描いちゃった位GJ。
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/178.gif

マフラーが無いが私は謝らない。

549 :名無しより愛をこめて:04/08/30 20:13 ID:ztv5hXaA
>>532-536
すげぇ。普通に面白い。
赤いマフラーをなびかせ、夕陽の中、遠くを見つめる
リザードが思い浮かんだ。読みながら思わず「かっこいい」
ってつぶやいた・・・

550 :名無しより愛をこめて:04/08/30 20:13 ID:Pm2DJjbX
いや、平気でいきなり昭和ライダーがショーやってることあるぞ、場末の○○ランドみたいなとこで。
この前も近所にV3来てたw

551 :名無しより愛をこめて:04/08/30 20:47 ID:HbKkMMYi
>>532-536
ヤベェ・・・俺の中でリザードの株が急上昇中だ!カッコよ杉だよアンタ!!

>>548
「あいつが人を守る為に、俺はあいつの剣になる」
・・・イイセリフ&絵だなぁ・・・ヤベ興奮しすぎて涙でそう。

552 :名無しより愛をこめて:04/08/30 20:51 ID:sBjVRAyL
>>538-541
GJ!!
最初はどうなることかと思ったけど、こう来たか!w
つーか橘さん怖ぇ!瞳孔開いてロボットみたいに無表情で剣崎に迫る橘さん想像しちゃったよ…


553 :この変は命懸け(1/2):04/08/30 21:02 ID:Nr8l7vwh
ホエール「>>458について・・・、これまで2枚コンボ・3枚コンボで一緒に戦ってきた仲間として、
    ファイアフライを弁護してあげたい。」
アルマジロ「弁護・・・?」

ホエール「そう。・・・ファイアフライは決して変態なんかじゃないよ。ただちょっとそそっかしいだけなんだ。
    大将にハァハァしてるのは未だに雌と勘違いしてしまうことがあるせいだと思う。
    同じ虫系UDだし、オスがメスを好きになるんだったら、何もおかしくなんかないよね?」

フロッグ「『雌と勘違い』って・・・。一人称”わし”、動作がガサツ(ダバダバとも言う)、その上
    ”UD殺し”の異名をとる 大 顎 を持つスタッグ大将のことをケロ?」
ペッカー「アハ、それってビミョー☆ありえないよー、ホエールちゃん。」
トータス「んだ。あんな男らすぃ大将を雌と間違えるなんて、まんず考えられねス。」
バット「ファイアフライのヤツ、初対面でいきなり求愛(初代スレ参照)してたらしいし・・・やはり ホ ン モ ノ だな。
   だからって差別する気はねェけど。逆に面白くてイイと思ってるぜ、オレは。応援してやりてぇよ。」
ゼブラ「けどその初対面の時は、スタッグUDとしてじゃなくギャレンとして闘ったんだろ?大将。
    何かこう、雌と勘違いさせるような、変なフェロモンみたいなもんが出ちまってたってことはないか?
    ライダーシステムの影響でさ。」
アルマジロ「ええぇ・・・やだなそんな珍システム。まーありえないとは言い切れないけど。」
フロッグ「チンとか言っちゃダメだケロ。今はシャレにならないケロ。」
ペッカー「やーん。フロッグちゃんこそナナメに見過ぎ!ハズカシー☆」
トータス「???ペッカーは何を恥ずかしがってるダスか?」
バット「いや、いい。トータス。気にするな。しかしよ、ゼブラ。仮にお前の言う通りだったとしてもだ。
   それから随分経つのに、まだ雌と錯覚することがあるってのは、明らかにおかしいよな。」
ゼブラ「うーん。それもそうだな・・・。」

ファイアフライ「おい・・・さっきから何の話してんだテメエら。・・・燃やすぞ?(ボッ・・・)」

一同「ヒィ!点火済みファイアフライ!」


デバン( `Д´)ノ [ し ば ら く お 待 ち 下 さ い ] ヽ(゚∈゚ )コレダケ

554 :この変は命懸け(2/2):04/08/30 21:06 ID:Nr8l7vwh
ゼブラ(再生)「何で多少弁護してやった俺まで燃やされなくちゃならないんだ・・・ゲホゲホ、あーまだ体内が炭化してやがる。」
バット(再生)「けほっ・・・こういう時はほんと不死の身体を呪いたくなるぜ。バックル開くまで気を失うこともできないんだからな・・・。」
スタッグ|-M-)「おや?どうしたお前たち。煤けて真っ黒だぞ。」
トータス(再生)「あっ大将。ちょうどいいダス。大将にもご意見を伺ってみるダスよ。」
ファイアフライ「なッ・・・よせバカ、やめろ!」
ホエール(無事)「あー、それいいかもね。ねえ大将、ちょっとお訊きします。ここ最近のファイアフライのこと、 変 態 だと思いますか?」
一同「ホエール・・・何気に酷いなお前。」 ファイアフライ「orz」

スタッグ「ん?いや、わしは別に変態だなんて思ってないよ。
    なあファイアフライ。お前がハァハァするのはあくまで雌のわしにだもんな?(にこっ)」

ファイアフライ「・・・・・・!」
一同「(あー・・・今ので完全にフラグ立ったっぽい・・・)」
ファイアフライ「・・・いや、それが・・・大将・・・」
スタッグ「ん?」
ファイフライ「何か俺・・・今のあんたでもOKっぽい・・・ぜ・・・」 ポッ・・・(点灯)
一同「(だから尻を光らせるなというのに〜!)」
スタッグ「・・・・・・。アルマジロ、おいで。」
アルマジロ(再生)「はい♪」
一同「!?」

『チェンジスタッグ』『バレットアルマジロ』
スタッグ&アルマジロ「零距離バレット!」
  ズガガガガガガガガガガ!!!!!
ファイフライ「うおぁ!」   …パカッ

一同「ファイアフライ────ッ!!!!(;゚Д゚)大将ヒドイ!」

ファイアフライ「うぐっ・・・ハァハァ・・・いい銃撃だったぜ大将・・・!(がくっ)」

一同「・・・・・・前言撤回。もっとやっちゃって下さい。」
スタッグ「お前ら・・・わしをいったい何だと。」

555 :名無しより愛をこめて:04/08/30 21:07 ID:Nr8l7vwh
蛇姐さんのいいAAが思いつかなかった・・・。

556 :名無しより愛をこめて:04/08/30 21:11 ID:KXvqUDEG
>>555 いやなんか→( `Д´)ノ見た瞬間分かったしGJ!

557 :名無しより愛をこめて:04/08/30 21:24 ID:HDAP5TVM
>>532-536
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/179.gif
・・・ちょっぴり調子に乗ってしまったかも知れない・・・
・・・だって描きたかったんだもん(*-M-)

558 :名無しより愛をこめて:04/08/30 21:50 ID:Ur7ydp7G
>>557
早速保存しますた!
カコイイー(0w0*)

559 :名無しより愛をこめて:04/08/30 22:03 ID:GgdlkdIC
>>548
>カプリコーン矢沢消してリザード描いちゃった

ウゾダドンドコドーン……ニョ


560 :名無しより愛をこめて:04/08/30 22:13 ID:Ai0KGEbO
ああ、会話文を書くには時間とネタがないし
絵を描こうにもペンタブもスキャナもない… マウス感度悪い…

そんな俺ができる唯一の事。
職人さんGJ!

561 :名無しより愛をこめて:04/08/30 22:17 ID:Ai0KGEbO
たった今残念ながらリザードUDの画像を入手した。
だけど武器の違いと細部ぐらいで>>557のとほとんど同じなり。

562 :名無しより愛をこめて:04/08/30 22:48 ID:TZdzKfzD
>>555
2行AAなら長編板のオンデゥルスレにあったよ〜

563 :ネタバレ?:04/08/30 23:14 ID:1Cn58jmR
カテゴリー2ってこいつだったのか?
http://www.cow-spot.net/cgi/bbs8/img/tok20040830212043.jpg

564 :ネタバレ?:04/08/30 23:15 ID:1Cn58jmR
誤爆してしまった

だが私は謝るぽ

565 :今日は朝まで夜話 〜一日目〜:04/08/30 23:22 ID:2VE5O8ET
ビートル「今日は兄貴の部屋で寝てもいい?」

今日は朝まで夜話@『月曜日のカテゴリーAたち』

スタッグ「何っ!!駄目だ、ビートル!!まだワシとお前はそういう関係では…」
ビートル「どうしたの、兄貴?オレ、カプリコのやつに怖い話聞かされちゃって…
   怖くて一人じゃ眠れないんだ。」
スタッグ「だから、まずお互いの事をよく…何だと?怖い話?」
ビートル「うん。よくわからないうちにバックルの中で怖い話大会になっちゃって。
   オレがやめろよ、って言ってるのにカプリコのやつが無理矢理…」
スタッグ「(カプリコは半殺しとして…)何故、うちのバックルに来るんだ?
   怖くて寝れないならば、イーグルあたりと一緒に寝てもらえばいいだろ」
ビートル「…だって、オレのバックルん中だったら、他のやつらがどんなイタズラしてくるか…
   だから…だから…オレ、兄貴の所に…グスッ」
スタッグ「ああー、わかった、わかった。一緒に寝てやるから、だから泣くな。
   ワシは泣いちゃうような弱い子は嫌いだぞ」
ビートル「…うん…ありがとう、兄貴…」

スタッグ「ほれ、布団二つ敷いたから、そこに寝ろ」
ビートル「うん!…うわ〜、兄貴のとこの布団気持ちいいねー」
スタッグ「なんじゃ、布団は初めてだったかビートル」
ビートル「うん、うちはいつも2段ベットだから。オレが上ね。だから地べたは初めてなんだ!」
スタッグ「そうか。…ほれ、もう電気消すぞ。良い子は寝る時間だからな」
ビートル「うん!今日は兄貴と寝るまでいっぱい喋れるね!」
スタッグ「そうだな…ほれ、消すぞ」カチリ
ビートル「………」
スタッグ「ん?どうしたビートル。急に黙ってしまって。やっぱり暗いのは怖いか?」
ビートル「…………ピスー……クークー…ムニャムニャ…zzzzz」
スタッグ「…やれやれ、騒ぎ疲れて眠ってしまったようじゃな…さて、ワシも寝るか…」
ビートル「………ムニャムニャ……兄貴…大好き…」

566 :名無しより愛をこめて:04/08/30 23:24 ID:2VE5O8ET
夏休み特別突発思いつきネタ。スマソorz
いちよ、1週間やるつもりです。
毎夜、いろんなアンデットたちの夜話を書いていくので、宜しかったらお付き合い下さい。
短い内容ですので、気になる人は無視しちゃってくんさい。乙。


567 :名無しより愛をこめて:04/08/30 23:56 ID:+9pjjxhy
>>563
誤爆にレスするのもあれだがこれでスペードのアンデッドは全員アンデッド態ありだな

568 :ハイスクール・ララバイ 第一話:04/08/31 00:52 ID:EItbhJdy
ちょっと、変な設定を生み出してしまうかもしれないので、やばそうだったら
無視してくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スパイダーの私室にて。

スパイダーが酒瓶に糸をかけ、天井から吊している。
瓶をちょっと押してぶらぶらさせ・・・

「ブランディがぶらんぶらんでぃ!・・・うわははは!」

独りでも駄洒落の特訓に余念のないスパイダー。

きゅぽん!とくとくとく・・・ちびり。

「たまには独り酒もいいもんだぜ。
本当なら俺様の好物の子アブを浮かべたいとこだがな。
しかし、世間では夏休みが終わりだ、って騒がしいな。

・・・夏休みの終わりか。思い出すぜ、あの頃の事・・・」


569 :ハイスクール・ララバイ 第2話:04/08/31 00:54 ID:EItbhJdy
この俺様だって生まれた時ってのがあるし、当然、ガキの頃ってのもあるわけよ。
あのころ、蜘蛛の世界では教育熱がすげえ高かった。
だから俺様も学校へ行かされたわけさ。
しっかし、学校って奴があわねえの何の。
同じクラスのガキどもはみんなバカだし、先公はうぜえ。
どいつもこいつも低脳のくせに俺様に指図しやがる。

一々相手にするのも馬鹿馬鹿しいんで、俺様はみんな無視してた。
愛想笑いもしねえし、冗談一つ言わなかった。
ん?冗談言わないなんて嘘だろって?
いやいや、最後まで聞いてくれよ。

ともかく、そんな状態で、ろくすっぽ口もきかねえ。笑いもしねえ。
そして、気に入らねえ奴、うぜえ真似する奴は片っ端からぶちのめした。
俺様はガキの頃から腕っ節は強かったからな。
こんなんだから友達もできねえ。
そのわりに、よその学校からまで俺様にケンカ売りに来る奴はいる。
そいつらも片っ端からぶちのめしてたら、いつの間にか顔が売れちまった。
中学の時にはもう、有名なワルよ。

最初はちっとは気分良かったが、すぐにうっとうしくなった。
もう、やってらんなくて夜の校舎窓ガラス壊して回ったし、
盗んだバイクで走り出して自由になれた気がしたりしたもんさ。


570 :ハイスクール・ララバイ 第3話:04/08/31 01:19 ID:EItbhJdy
(ぐびっ・・・)
ううっ、やっぱりツマミないと酒が回るのがはえーや。
・・・俺は独身なんで「妻、みない」なんてな、ははは。

さて、そんな最悪の厨房の俺だが、成績はどん底ではなかったんで高校に進学したさ。
しかし、当然ながら、そこは問題児ばっか集めた底辺校。
ヤンキーのスクツよ。
もう、蜘蛛界の掃きだめ。
ここまでクズが集まるといっそ見事ってぐらい。
朝っぱらからガンの飛ばし合いよ。
俺ら蜘蛛は目が8個ぐらいあるのが普通だから、いっぺんに大勢にガンつけられて便利だぜ。

んで、ガンつけてくる奴、からんで来る奴をみんなぶちのめしてった。
でも、勝っても別に子分にもしなかった。
どいつもこいつもうぜーんだよ。
そんなこんなで、俺は誰かを殴ってるか、自分の席でふんぞり返ってるかで一年すごした。
俺、一度も笑わなかったんかねーか?
もう、顔が仏頂面のまま固まっちまってる感じだったよ。

つまんなくなかったかって?もちろん、つまんねーよ。
寂しくなかったかって?・・・言わせるんじゃねーよ。

(ぐびぐびっ)
うー、酔いが回る・・・

(このレスの中の人も酔いが回ってきた・・・)

ところがよ、2年生になったとき、ちょいと変わった事が起きたのよ。

571 :↑の中の人:04/08/31 01:23 ID:EItbhJdy
酔いが回ってしまった・・・キュウ。
続きはまた改めて。

♪こーの支配からのっ 卒業〜
 たたかいからのっ 卒業〜

572 :名無しより愛をこめて:04/08/31 02:05 ID:qfoRYDR5
>>571
ばかーつづきがきになるじゃんかばかー
・・・待ってます。

573 :名無しより愛をこめて:04/08/31 02:07 ID:TucnGdgG
>>532-536
GJ!!感動したよ!スマン、今までキャラの薄いやつとか思ってて…!!
>『仮面ライダー刃(リザード)』
むしろ『仮面ヤイバー』と呼びたい。

574 :名無しより愛をこめて:04/08/31 06:24 ID:U1DJSX6c
『リザードの正義』を書いた者なんだが、こんなに受けてるとは思わなかった。
思い切って、『リザードの正義』の続編、書いてもええですか?
いいって言われなくても、書くんすけど。

575 :名無しより愛をこめて:04/08/31 06:39 ID:nN74GxC8
さ、遠慮しないで続けて続けて。

576 :名無しより愛をこめて:04/08/31 07:54 ID:a4ba2PVb
>>574
超期待してます

577 :名無しより愛をこめて:04/08/31 09:30 ID:F2itukQU
>>574
こういう路線は今までないけど、やはり燃えるね!
続き是非!



ここ数日職人様にGJ!しようにもどっかのバカが
アク禁くらったおかげでオイラまで(泣

578 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:08 ID:U1DJSX6c
それでは投下します。
『リザードの正義(Justice of Lizard)』の続編、
『盾と剣(Justice of Blade)』です。

579 :盾と剣 1/6:04/08/31 11:10 ID:U1DJSX6c
俺があいつに封印されて、最初に思ったことは
こいつは『弱い』ということだった。

青い仮面ライダー…ブレイドと赤い仮面ライダー…ギャレンが模擬戦をしている。
あの時封印されてから、既に一ヶ月。
その間、俺はこいつの戦いを何度も見てきたが
その見てきた結論が『弱い』ということだった。
確かにこいつは並の人間よりは数倍強いだろう。
だが、俺たちアンデットから見ればはっきり言って、
今生きているのがおかしいくらいに弱い。
ものすごく弱い。
ひたすら弱い。
ギャレンの銃弾の中をブレイドは闇雲に走っていく。
思いきり振りかぶり、剣を振り下ろすが、
ギャレンはそれをあっさりとかわし、また一定の距離をとる。
動作が大きい攻撃はそれだけ隙も大きい。
すかさず、ギャレンの銃口が火を吹いた。

580 :盾と剣 2/6:04/08/31 11:11 ID:U1DJSX6c
また、負けた。
これで俺がこのバックル…ブレイドのバックルに来てから、通算15敗目だ。
正直、このバックルにいることが少し悲しくなる。
もう一人の住人ビートルはさっきまで『やっちゃえ、剣崎!』だの『危ない!避けて、兄貴!』
だの、どっちの応援をしているのかさっぱりわからない。
こいつと二人っきりというのは、結構疲れるので、
あいつには早く他のアンデットを封印してほしいのだが…
これを見る限り、当分無理だろう。
ギャレンのバックルには、もう既に4体のアンデットがいる。
スタッグ、ファイアフライ、ホエール…そして、この前のアルマジロだ。
あの後、ギャレンに封印されたらしい。
ビートルの奴がこの前一緒に挨拶に行こうと誘ってきたが、断った。
今の俺はあいつらに会わす顔などない。
バトルファイトから逃げた俺が、
一度ならず、二度までも戦いから逃げた俺が、
どうして、今まで純粋に戦ってきたあいつらと会う事ができるだろう…
俺にはあいつを…剣崎のことを評価する資格などない。
なぜなら、俺は一度正義の前に敗れた男だ。
俺は知っていた。
ギャレンに倒されて、膝をつくブレイドの瞳にまだ光が宿っていることを…
正義という名の光はまだ消えていないということを…

581 :盾と剣 3/6:04/08/31 11:12 ID:U1DJSX6c
それから数日後。
突如、BOARDにアンデット出現のアラームが鳴り響いた。
すぐにバイクに飛び乗り、発進する剣崎。
どうやら、アンデットが二ヶ所同時に現われたらしい。
ギャレンは既に別の場所に向かったので、剣崎にはもう一つへ行ってほしいということだった。
ギャレンから通信が繋がる。
『剣崎…お前の守りたい物の為にも、絶対に負けるなよ』
『はい!』
ブルースペイダーがアクセルを響かせた。

反応があった場所は、とある街外れの廃工場。
子供達が遊んでいる時に、アンデットが現われたそうだ。
幸い警察官のおかげで、子供達は無事だった。
だが、アンデットはまだこの工場に残っていると言う事だった。
工場の中は暗い。
一寸先が闇のように広がっている。
剣崎はまだ変身せず、手にバックルを持って周りを窺っている。
瞬間―
物凄い高速で一匹のアンデットが闇の中から突っ込んできた。
ボアだ。
奴のタックルは人間が食らえば、間違い無く死ぬ。
だが、剣崎はそれを紙一重でかわした。
『動作が大きい攻撃はそれだけ隙も大きい』
ボアが次の手にもたついている間に、剣崎はカードをバックルの中に入れた。
ベルトが腰に回り着く。
だが直後、再びボアの強烈なタックルが接近してくる。
剣崎は後ろに飛ぶと、思いきりベルトの取っ手を引いた。
『ターン、アップ』
その瞬間、光の壁がボアを弾き、
仮面ライダー剣が現われた。

582 :盾と剣 4/6:04/08/31 11:13 ID:U1DJSX6c
ブレイドとボアの戦いは接戦だった。
ブレイドはボアのタックルを寸前でかわし、すれ違いざまに剣で切りつける。
何度かボアのタックルが掠ったが、まだ戦える。
俺がぎりぎりこの戦いに勝てると思った瞬間、状況が一変した。

物陰から子供が出てきたのだ。

まだ、逃げ遅れた子供がいた。
子供は足が震えているのか、動く事が出来ない。
ただじっと、泣きながら二つの異形の物体を見つめている。
その顔には恐怖しかなかった。
さらに最悪な事に、丁度その時ブレイドとボアとその子供は一列の状態になっていた。
ブレイドの後ろに震え泣く子供が、
ブレイドの前に猛り吼えるアンデットがいた。
ボアは子供の事など知らないように一直線に突っ込んでくる。
ブレイドがタックルをかわせば、子供は死ぬ。
だが、避けなければタックルの直撃を食らう事になる。
間違いなく、体が持たないだろう。
それは一瞬の判断だった。
だが、ブレイドは迷う事なくそこに踏み止まると
剣を眼前で構え、カードを引き抜いた。
俺の答えは決まっている。
そして、あいつの答えも決まっていた。
人を守る為に戦うと。
奴を真っ向から迎え撃つと。

『力を貸してくれ』

ブレイドの声が聞こえた。

583 :盾と剣 5/6:04/08/31 11:14 ID:U1DJSX6c
『スラッシュ』
無機質な機械音が鳴り響き、
剣が青白く光り出す。

いいだろう剣崎、俺の力を貸してやる。
お前に封印されたあの日、俺はお前の剣になると誓った。
お前の正義を貫く剣になると誓った。
確かにお前は弱い。
だが、お前の心は強かった。
ならば、俺が強さを貸そう。
お前に力を与えよう。
お前が人を守る為に戦うなら、俺はお前の『剣』として戦う。
お前が人を守る『盾』ならば、俺はお前を守る『剣』になる。

それが俺の正義だ。

刹那。
光の剣と光速の弾丸が交差した。

轟音と閃光が炸裂した後、
そこに立っていたのはブレイドだった。
あいつはあの場から一歩も動く事なく、子供を守り抜いた。
ボアは数メートル先でバックルを開いて倒れている。
ブレイドをカードを抜くと、ボアに投げた。
ボアは一瞬でカードの中に封印された。
剣崎は変身を解くと、子供に向かって振り向く。
子供は泣きながら剣崎に飛びついてきた。
腕の中にいた子供は剣崎を見て、ようやく泣きやんだようだ。
きっと、安心したんだろう。
剣崎のヒーローみたいな笑顔を見て。

584 :盾と剣 6/6:04/08/31 11:17 ID:U1DJSX6c
その後バックルにやってきたボアはやたら努力家だった。
タックルの威力に不満なのか、やたらトレーニングしている。
あんまり力み過ぎて、技を使うときに外さなければいいんだが。

ビートルは剣崎初勝利、初封印にやたら浮かれていた。
どうやら、ギャレンももう一体のアンデットを封印したらしい。
『兄貴と一緒に、ダブル勝利!!』とか、わけわからんことを言って騒いでいる。

剣崎はあの後、橘に叱られたそうだ。
民間人の安全確認は一番最初にやるべきことだからだ。
だが、一通り説教した後、橘は笑顔で言った。
『よくやった』と…

さて、俺は何かあったかと言うと別に何もない。
俺の中では何も変わっていない。
『仮面ライダー』になりたかったあの時と。
俺は自分が今までしてきた事は『偽善』だと思っている。
ただ、ヒーローになりたいから人を助けていただけだ。
しかしあの時、俺に助けられた人がいた、というのもまた事実。
俺はそれを忘れてはいけない。
そう思えるようになってきた。

初めて封印に成功した後も、やっぱり剣崎は弱かった。
これでギャレンに通算30敗目だ。
だが、俺はそれでもいいと思う。
あいつの中には『正義』がある。
俺の『偽善』とは違う『正義』が。
だから、あいつは負けない。

『正義』は最後に必ず勝つから

585 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:19 ID:U1DJSX6c
ようやく書き終わりました。
今度の出来はどうでしょうか?

586 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:21 ID:Zl5owJXH
>>585
GJ!リアルで読ませてもらいました。

ベタかもしれないけど「正義」の話は不滅だと思った。
マジでちょっぴり涙目なオレw

587 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:34 ID:MNnieTau
GJ!!
剣崎がかっこよく思えてきた。

588 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:36 ID:iiiyJmWa
>>585
ぐっじょぶです。
下記状態のため今はコレしかいえないけど、ぐっじょぶです。

>>586
(T∀T)人(T∀T) w


589 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:38 ID:KJUoOftN
>>585
GJ!超GJ!
リアルで半泣き。リザードにはこのままのやつでいてほしい・・・
Jフォームになってからあいつは変わってしまったようだ

タックルがあたらないのは練習疲れだったのかorz


590 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:43 ID:YsAebeBD
>>579-584
GJ!
リザードの正義の思いに感動した。
ブレイドがスラッシュを使うたびに思い出すと思う。

591 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:46 ID:a4ba2PVb
>>585
ヤバイ、ヤバイよコレ!
超GJ!
あんたの所為で落書き帳が
リザードばっかりになったじゃないか!

592 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:55 ID:U1DJSX6c
いちよ、リザード完結編も考えています。
Jフォームの時のリザードの話です。
明日ぐらいに落としますね。

593 :名無しより愛をこめて:04/08/31 11:57 ID:Zl5owJXH
>>592
乙です。超期待!

594 :名無しより愛をこめて:04/08/31 12:58 ID:jINQFT+l
鳥肌立ちまくりですだ

595 :名無しより愛をこめて:04/08/31 13:55 ID:jtfpPOAH
>>585
GJ!・・・フロッグは作中で一言も触れてもらえなかったね
>>583
なんとなくセリフが岡田芽武調だと思た。あ、誉め言葉です。

596 :名無しより愛をこめて:04/08/31 14:23 ID:6237tRKw
ブレイドスレ66>>31

ファイアフライ「そんな… 俺が、俺がごきぶり… ご…きぶり…」
スタッグ「まぁそういう時もあるよ。ビートルの奴だって時々子供にゴキブリっていわれとるよ」

597 :名無しより愛をこめて:04/08/31 16:00 ID:lAm4Z/Ej
>>596
見た見たw
その後のレスにもちょい笑った。
フォローしてくれる人いてよかったじゃないかファイアフライ。
かっこいいよ火属性。

ところで火属性のギャレンのとこにどう考えても水属性なフロッグ、ホエール、トータス、サーペント、
ついでに光が苦手なバットって構成なのは、もう何かの嫌がらせとしかw
実際は蛍だって水辺の生物だし、そもそも火を噴くわけじゃないけどね。

598 :名無しより愛をこめて:04/08/31 17:14 ID:6237tRKw
ブレイドスレ66>>37

ファイアフライ「へ、へ、ヘコ、ヘコキムシィィィィ!? ガクッ」
スタッグ「ファイアフライが倒れた! 誰かー 医者呼んでこいー!!」
ピーコック「倒れてもアンデットなんだから死なんだろうに… 全く」

599 :名無しより愛をこめて:04/08/31 17:16 ID:aXn1GROb
>>579-584
超GJ!チョト涙ぐんでしもた・・・会社なのに。
次回作も期待でつ!

600 :名無しより愛をこめて:04/08/31 17:47 ID:FELU6wUv
>>579-584
いい話だぁ〜!泣かせるねぇ・・・・・・

601 :名無しより愛をこめて:04/08/31 18:25 ID:QdU5501U
>>585
めっちゃかっこいい!GJ!

602 :名無しより愛をこめて:04/08/31 18:58 ID:w7Ues3lL
>>598
ラウズされた時のあのエフェクトは、ガスに引火してるわけか。
生々しいな…(笑

603 :名無しより愛をこめて:04/08/31 18:59 ID:w7Ues3lL
ファイフライ「ゴキブリ…ヘコキムシ…(うーん)」
スタッグ「おい…しっかりしろファイアフライ(ぐすっ)
    ヘコキムシ呼ばわりされたぐらいでなんじゃ。情けないぞ…!」
ファイアフライ「うぅっ…ダメなんだ大将…ホタルじゃなきゃダメなんだ…」
ピーコック「ほう。それはまたどうして?」

ファイフライ「じゃなきゃ大将に求愛できない(ハァハァ)」

スタッグ「心置きなく逝ってこい。」
 ガキン☆
ファイアフライ「もはや恒例!」
 ぱかっ(開)
ピーコック「容赦ないなお前…。」

604 :女王交換 1/6:04/08/31 19:48 ID:U1DJSX6c
マンティス「お前のカテゴリーQと俺のカテゴリーQを交換してくれ」
スタッグ「何だと?いきなりやって来て、どうしたかと思えばそんなことか」
マンテンス「御託はいい。するのか、しないのか。どっちか答えろ!」
スタッグ「まあ、待て。何でそんなことを言い出したのか、理由ぐらい教えろ」
マンティス「…オーキッドの奴を俺のバックルに置いておきたくないだけだ」
スタッグ「それじゃ、理由になってないだろ。何故置きたくないかだ」
マンティス「…本」
スタッグ「本?」
マンティス「…今度カリス×イーグル本出すから、デッサンさせろって…」
スタッグ「…ワシが悪かった。わかりきった話をしてすまなかったな…」
マンティス「謝らなくていいから、態度で示せ。サーペントをよこせ!」
スタッグ「急によこせと言われても、一緒に戦ってきた仲間だ。おいそれと渡せるか」
マンティス「忘れるなよ。サーペントはもともと俺のバックルに封印されたことをな…」
スタッグ「ぐ…」
マンティス「元々は俺がお前に貸していただけだ。それを返してもらうぞ」
スタッグ「…待て。ピーコックと相談してくる」

スタッグ「どうする?ピーコック」
ピーコック「トレードすれば良いではないか。俺はあの馬鹿笑い女よりはオーキッドの方がましだぞ」
スタッグ「どうしてだ?ワシ、お前とサーペントは仲が良いとすっかり…」
ピーコック「ふざけるな!!俺はあんな女、箸にも棒にもかかっていないぞ!!
    ただ、オーキッドの奴なら漫画を描かせておけば、静かだということだ!」
スタッグ「なるほど。サーペントよりは被害が他にでんと言うことだな」
ピーコック「そういうことだ」

マンティス「決まったか」
スタッグ「うむ、トレードを受けることにした」
マンティス「賢明だな。これで俺も肩の荷が下りる」
スタッグ「…お互い苦労するな、カテゴリーQには」
マンティス「…そうだな」

605 :女王交換 2/6:04/08/31 19:49 ID:U1DJSX6c
オーキッド「前来た時>>420-427も思ってけど、ボロいバックルね。あー汚い」
ピーコック「ボロいと言うな!お前は今日からうちのアンデットなんだから、早く慣れてもらうぞ」
オーキッド「わかったわよ。(あー、うるさい鳥ね)ブツブツ」
フロッグ「…ガクガクブルブル…」
オーキッド「ちょっと、そこのアンタ。なんで私を見て震えてるのよ!私の美しさに惚れた?」
フロッグ「…違うケロ。この前来た時にされたことを思い出したケロ。…鬼畜ケロ」
オーキッド「誤解しないでよ。直接やったのはシェルよ。私は(命令しか)してないわよ!」
バット「じゃあ、俺っちの場合はどうなるんだよ!吹き矢まで使っといて!」
ゼブラ「俺だって、そうだ。間違い無くあんたに直に殴られたぞ!」
オーキッド「…五月蝿いわね。ガタガタぬかすと『旋風舞踏(スピニングダンス)脚』食らわすわよ…」
バット&ゼブラ「「新技!?」」
アルマジロ「まあまあ、そんなにお互い睨み合ってもいい事ないよ。少し落ち着こうよ」
オーキッド「…アルマジロ、あんた確か前に計画とか…」
アルマジロ「だから、す・こ・し・だ・ま・ろ・う・よ☆」
オーキッド「…アンタを敵に回すのはやめておくわ」
アルマジロ「賢明だね」
バット&ゼブラ(何だよ、『計画』って!!)
ペッカー「それよりもサーペントのお姐様、お別れ会もしないで送り出しちゃったにゃん…」
スタッグ「そういえばそうだったな。あいつがいなくなると…悲しがる奴が…いたような…」
ドドドドドドドドドドドドドドドドドド…
ピーコック「…何故だか、怒り狂った爬虫類のような足音が近づいて来るな」
スタッグ「…ああ、ワシ死んだかも☆」
バタン!!!!!!!!
トータス「どういうことダスか!!オデの断りもなく姐さんをカリス組にあげるなんて…!!」
ファイアフライ「お、落ち着けよトータス。いいじゃねえか、別に一生会えなくなるわけじゃ…」
トータス「そういう事を言ってるんじゃないダス!!良く思い出してほしいダス!!
   カリス組の主な成分と、姐さんの弱点のことを!!!」
スタッグ「カリス組の成分?…ああ、ロリコン共のことか」
ピーコック「サーペントの弱点?…鯛焼きのことか?見せると幼女になるという…」
一同「ロリコン…幼女…あ!!!」

606 :女王交換 3/6:04/08/31 19:50 ID:U1DJSX6c
サーペント「え〜〜〜ん、こわいよ〜〜〜!!きもちわるいおじさんがいっぱいいるよ〜〜!!
    あずみのことみながら、はあはあいってこわいよ〜〜〜!!」
センチピード「ハァハァ…ようじょ、最高…ハァハァ…ウッ…ドピュ」
ホーク「萌えるね〜萌えるね〜やはりこのギャップ差がたまんないね〜ハァハァ」
ヘッド「よくわかんねぇけど…ハァハァ」

スピリット「いいのかい、マンティス。客人であるサーペントをあんな目に合わせて(嶋風に)」
マンティス「いいんだよ。俺の身の保身の為にもな(あの本は絶対に描かせねえ!!)」
スピリット「それはこの人のことですか?カリス、私と一万年前の約束を!!(イーグル風に)」
マンティス「やめろ!!…確かにそれもあるが、オーキッドの奴はギャアギャア五月蝿いからな。
   あいつがいなくなって、ロリ組がサーペントに夢中になってくれれば、俺も楽だ」
スピリット「相変らず、面倒事からの逃亡癖があるのね。貴方って人は(オーキッド風に)」
マンティス「…人の趣味にとやかく言う気はないが、その『物真似』癖だけは直せ!」
スピリット「だってワシ、キャラがないから好きにやっても何も言われんも〜ん(スタッグ風に)」
マンティス「オレハキサマヲムッコロス!!」
ゴォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!
マンティス「何だ、この音は…?」
スピリット「そういえば聞いた事があるよ。ギャレンのとこには凄い過保護な亀がいるって(トリロバ)
マンティス「何?どういうことだ、それがあの音と何の関係がある?」
スピリット「その亀はサーペントにもし何かあったら、文字通り飛びこんで来るにゃん☆(ペッカー)」
マンティス「飛びこんでくる…?」
ドォォォォォォォォォン!!!!!!
マンティス「何だと!!今時、ガ○ラが壁からつっこんでくるなんて…」
スピリット「しかも、スタッグの兄貴やピーコックさんを引きずって飛んできたよ(ビートル)」

スタッグ「…ううう…ここは何処だ?」
ピーコック「…わからん、必死にしがみついていたからな…確か、あの後…」
スタッグ「トータスが怒り狂ってガ○ラモードになりおって…」
ピーコック「ああ…それで止めようと飛び乗ったら、こんな目に…うん?トータス?」
スタッグ&ピーコック「「あ!!」」

607 :女王交換 4/6:04/08/31 19:51 ID:U1DJSX6c
サーペント「え〜〜〜ん、とーたす〜〜〜!!こわかったよ〜〜〜!!
あのおじさんたち、あずみのことみながらへんなことしてるんだよ〜〜〜!!」
トータス「遅れてすまなかったダス。怖かったダスね〜、もう大丈夫ダスよ。
   あの変態共がオデが原型無くなるくらい、ボコボコにするダスから(ギロリ!!)」
一同「ヒッ!!!」
スタッグ「…あいつ、いつにも増して怒ってるなー」
ピーコック「あの亀をあそこまで怒らせるとは…存在が消されるぞ、あの変態共」
トータス「さあ、ミンチになる順番は決まったダスか…それとも、まとめてすり潰そうダスか…」
サーペント「とーたす、がんばれ〜。ぐちょぐちょにしちゃえ〜。」
???「待たれ。貴公にサーペント嬢をやる訳にはいかぬ…」
トータス「誰ダス…今のオデにケンカを売る朴念仁な奴は…」
センチピード「某だ。もはや、その御方はロリの希望の星。簡単に手放す訳にはいかんよ…」
一同(センチピード―――!!!っていうか、まともに喋ったーーー!!キャラ変わったーー!!)
トータス「…どういう事ダス。あんた、確か言語機能が使用不可じゃなかったダスか…」
センチピード「知れた事。貴公がその子への愛で強くなるように、某もまた同じ事…」
スタッグ「なるほど!!トータスが父性愛で強くなっているのならば…」
ピーコック「センチピードが真性の変態愛で強くなるのも、また道理!!」
トータス「そういう事ダスか…でも、関係ないダス!!一撃で終わらせるダス!!」ブォォォォォォン!!!
ドカッッッッ!!!!!
センチピード「ぐ!!」
トータス「決まりダス…」
センチピード「…生憎だが、そうはいかぬよ…」
トータス「何っ!!まだ生きてるダスか!!いったいどうして…!!」
センチピード「貴公が持ち前の筋力を強化させているなら、某も耐久力を上げるだけの事よ」
トータス「くそ!!こうなったら根競べダス!!オラ!オラ!!オラ!!!」ドスッ!!ドスッ!!!ドスッ!!!!
センチピード「貴公の拳は蚊も同然。少々痒くなるだけの事だ」
トータス「何ダス!!」

608 :女王交換 5/6:04/08/31 19:52 ID:U1DJSX6c
ピーコック「どうするのだ、スタッグ。このままでは負けてしまうぞ」
スタッグ「相変らずそういう事にはこだわるんだな、お前は。まかせろ、ワシに良い策がある。
ピーコック「何だと…今回は鯛焼きでは無駄だぞ。ますます悪化するからな」
スタッグ「わかっておる、今回は別の物を使う。…おい、ピーコック」
ピーコック「何か嫌な予感がするが…何だ?」

スタッグ「卵を出せ」

ピーコック「何だと!!お前まで俺の貴重な子孫を食おうというのか!!」
スタッグ「ワシが食うのではない!!サーペントに食わせるのだ!!」
ピーコック「何?どういうことだ?」
スタッグ「説明してる暇はない!!早く出せ!!」
ピーコック「く…わかった…」

トータス「はぁ、はぁ…いくら殴っても、効かないダス…」
センチピード「ふん、戯言は終わりだ。某の毒液を食らって死ぬがいい!!」ピュ!!
トータス「あ!!(姐さん、すまないダス。最後まで守ってやれなかったダス…)」
パッシーーーーン!!
センチピード「何!!某の毒液が跳ね返された!!」
サーペント「…貴様か!!私の所有物に傷をつけようとした奴は!!!」
トータス「姐さん!戻ったダスね!!」
サーペント「よくわからんが気を失っていたようだな。
…今まで耐えてくれて感謝するぞ、トータス!!!」
トータス「当たり前ダス!!姐さんの為なら火の中、水の中、ロリの中ダス!!!」

スタッグ「やはり効いたようだな。お前の孔雀印の産みたて卵は」
ピーコック「あの卵にあんなアンチ効果があるとは、私も知らなかったぞ。いつ気付いたんだ?」
スタッグ「勘」
ピーコック「貴様に聞いた私が馬鹿だった…orz」

609 :女王交換 6/6:04/08/31 19:53 ID:U1DJSX6c
サーペント「それじゃあ、さっさと終わらせようか!!早く帰って私の椅子で寝たいしな!!」
センチピード「ヒーーーッ!!!」(元に戻ってる)
サーペント「死に晒せぇぇぇぇぇっ!!!!!」ドォォォォォォォォォォン!!!!!!!!!!!
センチピード「ぐへーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」
チュドォォォォォォォォォォン!!!!!!!!!!
トータス「凄いダス!!やっぱり姐さんは最強ダス!!」
ロリ組(そーーーーーーー)
サーペント「逃げるなよ(ギロリ)…貴様らも同罪だ!!!」
ロリ組「ひえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」

スピリット「自分の所有物を守ろうとする愛、その時奴の力は全開する、か(ジョーカー)」
マンティス「どうでもいいが、俺たちも殺られるな。確実に」

オーキッド「バット!あんたのスコープで白井さんの写真いっぱい撮ってきなさい!」
バット「姐さん、そんな物何に…」
オーキッド「もちろん、ハァハァ用…じゃなくて、ネタよネタ。いいから早く行ってきなさい!!」
バット「…わかったっす。行ってくるっす…ウウウ…」
オーキッド「それから、アルマジロ。あんた細かそうだからトーン貼り。ペッカーは背景ね」
アルマジロ「どうして、僕が…」
ペッカー「わかったにゃん…」
オーキッド「フロッグはベタ塗り。ファイアフライ乾かして。燃やしたら殺すわよ…
    ゼブラはジェミニで印刷から製本まで、手伝ってもらうわ。
    ホエールは水っぽいから、こっちに来ないで。塗れると困るから」
一同「わかりましたー…ハァ」
オーキッド「さあ、元気出してどんどん行くわよ!!
    あそこの連中より、あんたらの方が百倍使えるんだから」
一同(大将―!!、ピーコックさーん!!、トータス―!!姐さーん!!
   頼むから、戻ってきてーーーーーーー!!!)

610 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:06 ID:rVhmgdXc
>>604-609
GJ!!スピリットのものまねキャラがいい味出してるw

611 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:19 ID:vXGNf0m/
代わりに矢沢と交換するか

612 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:25 ID:U1DJSX6c
スピリットのキャラは思い切って、いじってしまいました。
本人出たらどうしよう…orz

613 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:35 ID:G1R5FdQb
ネタバレ気味なんで改行。





スピリット人間体、もう児童誌に写真出てますよ。

614 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:38 ID:toZdv0Tk
矢沢はうるさそうだがどのバックルでも対応しそうだ

615 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:49 ID:0//lq/cN
604-609
面白かったー。GJ
個人的には606のスピリットのオーキッド風物真似発言部分は「了の彼女(名前忘れた…OTL)」風でも面白いかも。

616 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:55 ID:s1NzLlfE
>>604-609
GJ!センチビートの変わりようにワラタw

617 :名無しより愛をこめて:04/08/31 20:56 ID:HIsw/N1+
>>614
そしてどのバックルからものし付きで返却されそうだw
>>604-609
GJ!
いいな〜こういうドタバタもの。
漢なトータス(でも椅子)、意外な特技をみせてくれたスピリット(でもキャラが無い)、
そう言うあんたこそ女王キャラなんじゃないかって感じの気だるげなマンティス、
鯛焼きトラウマから脱しきれないサーペント、女王っていうよりはワガママ姫なオーキッド、
受難キャラの両スートの面々、
そして相変わらずの大将(虫)&お目付け役(鳥)コンビ。みんな好きだ。
孔雀印のうみたて卵ネタ使ってもらえて嬉しいス。
今回はその場で産んだの伊坂…?じゃあ君にもGJ。

618 :名無しより愛をこめて:04/08/31 22:08 ID:9KV3yScm
>>579-584
つぶやいたーーことーばがーーげんじつにーなるーよにーー
ねがーいつーづけーるなーら なーんでもでーきるさーー

619 :名無しより愛をこめて:04/08/31 22:35 ID:LeX5Iyfh
>>553-554
(にこっ) かわいいよ大将!
ファイアフライじゃないけどお嫁さんにほしい!
「この変は命懸け」ってタイトルがいいね。

620 :名無しより愛をこめて:04/08/31 22:38 ID:P9hUlORL
>>604-609
GJ!!
センチピードが某とかいってるのにビビル
スピリットの物真似はいいキャラが出たかも・・
しかもヘッドの「よく分からないけど・・ハァハァ」にヘッドの存在価値の危機が・・
これは一刻も早く他の職人の方がヘッドの存在価値を見出さなければ・・・


621 :カリスラウザー同窓会:04/08/31 23:59 ID:FWmmAXjy
モス「キャメルじゃない!久しぶり!元気してた?」
キャメル「あ、ねぇさん!どうもご無沙汰しております!」
モス「やぁねぇ、もう歳なんだからねぇさんなんて呼ばないで。もう立派なおばさんよ」
キャメル「そんなことないですよ!モスねぇさんはいつまでもきれいです」
モス「まっ、お上手ね、ふふ・・・あ、シェルじゃなーい、おっひさー」
シェル「ふん、相変わらず男か女かわかんねぇ奴だな、この、ど変態」
モス「・・・四年ぶりの挨拶がそれ?相変わらず口が悪いわね、シェル。そういうあんたこそ」
シェル「俺はれっきとした男・・・」
モス「ほれ(ぴろっ)」
シェル「うおお!これは、シュワルツエネッガー下積み時代の幻の作品『シュワルツエネッガーと七人のマッチョ・油地獄篇』ビデオ化記念初回限定板ポスター・・・うほ!ドピュ、パカ」
キャメル「はやっ!」
モス「れっきとした男好き・・・ね」
キャメル「しかしあれから四年かぁ。」
モス「変わったわね・・・何もかも。」
キャメル「ねぇさん・・・」


622 :カリスラウザー同窓会2/4:04/09/01 00:02 ID:2uieNC9A
モス「あなたは運送会社の従業員、私は歌舞伎町の女王、シェルはホモ映画の監督、
ドラゴンフライとセンチピードは幼女誘拐事件を起こして現在服役中、ホークは旅に出たまま帰ってこない。
萌えを探してるとか、肖像画になったとかいろいろ言われてるわ。カマキリ野郎は交尾の最中メスに食われたらしいし、
それから・・・」
オーキッド「私を忘れてもらっちゃ困るわね、モス」
モス「あ、姐さん!いや、現在人気絶頂の漫画家、大木戸蘭先生!もっちろん忘れてませんよ!」
オーキッド「照れるな・・・姐さんでいいよ、もう」
プラント「へへへ・・・」
スピリット「俺たちもいますよ」
モス「プラントにスピリット!あんたたちもプロの漫画家として独立したそうじゃない!おめでとう!」
プラント「いやー、まだまだっすわ」
スピリット「まだまだねぇさんがいなきゃ、なぁ?」
オーキッド「何言ってるの!あんたたちね、そろそろプロとしての自覚を・・・」
モス「まぁまぁ・・・」
ヘッド「そうそう、今日は久しぶりにみんなで集まったんだから、楽しくいきましょうよ」
一同「・・・」
ヘッド「あれ、どうしたんすか、みなさん?」
モス「あ・・・ああ、久しぶり」
ヘッド「久しぶり!元気そうだね、モス!」
オーキッド(・・・モス、こいつだれだっけ?)
モス(えーっと・・・中、なんとか、いや、村山君?)


623 :カリスラウザー同窓会3/4:04/09/01 00:03 ID:2uieNC9A
オーキッド(でたらめをいうなっ!こいつ見るからに下級アンデットでしょうが!人間体なんてあるわけないでしょ!
そうじゃなくて何アンデットかって聞いてんの!)
シェル(おい!)
モス(あ、シェル?あの・・・)
シェル(こいつ誰だっけ?)
モス・オーキッド(・・・)
シェル(さては同じ質問をしようとしたな?)
モス・オーキッド(コクリ)
キャメル(こ、こういう時は、相手の外見から判断してみたらどうですか?)
モス(つまりあんたも分からないのね・・・)
プラント(出目金じゃないっすか?顔からして・・・)
オーキッド(ソレダ!でも出目金って英語でなんていうの?)
キャメル(・・・メンタマ・トビデルーン?)
一同(・・・多分違う。)
プラント(こうなったら会話から聞き出すしかないっす!それとなくアンデット名と能力を引き出すッす!)
オーキッド(・・・よし、スピリット、頼んだ!)
スピリット(任せろ。)「おい」
ヘッド「ん?」
スピリット「あんた、誰?」


624 :カリスラウザー同窓会4/4:04/09/01 00:06 ID:2uieNC9A
ヘッド「・・・」
一同(・・・!!!!)
オーキッド(この、お馬鹿スピリット!)
キャメル(もうちょっと聞きかたってものが・・・!)
モス(あーあ、やっちゃった)
プラント(フォロー!フォロー入れるっす!)
シェル(もう遅いぜ・・・)

ヘッド「やだなぁ、ヘッドだよ。能力はチョップ」
一同「・・・」
ヘッド「それより早くなんか頼もうよ。僕おなかぺっこぺこ」
プラント(慣れてるみたい・・・っすね)
シェル(こいつ・・・ある意味、最強のアンデットかもな)


625 :名無しより愛をこめて:04/09/01 00:07 ID:2uieNC9A
駄文な上にありがち、だが私は(ry

626 :名無しより愛をこめて:04/09/01 00:08 ID:GKrXz1au
アンデッド人気投票がタランチュラの独壇場になってる。
ナンナンダコリハイッタイw

627 :名無しより愛をこめて:04/09/01 00:10 ID:njCtVhwn
>>620
俺的にはヘッドは頭の悪い馬鹿で、かわいいものなら何でもハァハァで
ホークの萌えを理屈でうんちく語るキャラと対比したつもりなんだけど…

628 :ビートルUDの覚書@剣27話 1/2:04/09/01 00:29 ID:PkzzH80K
某月某日
エレファント、強ッ!てかなんで兄貴と一緒にスパイダーの中身まで出てんだ?!
逃げ遅れてる女の子もいるし・・・。オレが盾になるから、はやく逃げて、皆逃げて―――、

ピンチでオロオロしてたら、嶋さんがアブゾーバーをくれた。ウェ━━━d(0w0*)j━━━イ!!!!
なんかこう・・・嶋さん的にひと盛り上がりないと、お土産を渡す気にはなれなかったらしい。
イッツ、ショーターイム!!・・・なんか今、兄貴の中の人、後ろで歌うたってなかった?カラミソ?
つか、さすが芸人魂。さすが嶋さん。なんだかんだ言って、やっぱあのスパイダーの親戚だなぁ。

折角なので、空を飛び回ってエレファント封印。相手は飛べないのに、正直、はしゃぎすぎた。
顔面を直すのにオリハルコンプラチナ使いすぎて、羽根はペラペラ。・・・、んでも、結果オーライ。

しかし、人を愛する心・・・とか、改まって言わされると、ちょっと照れる。気恥ずかしい。
・・・嶋さん、あのね。オレも剣崎もね。大切な人の死だとか裏切りだとか・・・
ホント仕事や義務感だけでは、なかなか乗り越えられないものを実は色々乗り越えてきたっすよ。
ま、そんなこと、剣崎は嶋さんにも誰にも言わないけどね。ま、オレの剣崎は本物のヒーローだからな(0w<)b

某月某日
「Jフォームなどなくとも!俺は負けない!!」
ウェイ!兄貴は相変わらず頼りになる。工事現場で暴れているバッファロに一緒に突撃〜!!

でも、兄貴は途中でスパイダーに呼び出されてどこかに行ってしまった。ちょっと悲しい。
対バッファロ戦をオレに任せてくれたのは、一人前と認めてもらったみたいで、正直嬉しかった。

が。バッファロにタックルかまされて、逃げられた。いろんな意味で落ち込んだ。ボア・・・(0w0。)°゚。


629 :ビートルUDの覚書@剣27話 2/2:04/09/01 00:30 ID:PkzzH80K
某月某日
スパイダーのばかー。ツッコミに力が入りすぎたらしく、兄貴の中の人、入院。
人間は本当に死んじゃうんだから、そんなに乱暴にしちゃいけないのに・・・。
アンデット仲間にツッコミいれるみたいな力加減じゃダメ!!ってゆうのが、
イマイチ分かってないっぽい。嶋さんがレンゲルバックルに入って、その辺良く
スパイダーに言い聞かせてくるって約束してくれた。ひとあんしん。

でも、橘さんと剣崎は、嶋さんがレンゲルバックルに入るのは反対らしい。
オレには良くわかんない、大人の事情があるみたいだ。

某月某日
昼は皆でだったけど、夜はこっそりオレと剣崎だけで兄貴のお見舞いに行ってみた。
剣崎はりんごの皮むきが上手いって橘さんにほめられてた。
でも、調子に乗って6個もむいて、あきれられてた。

騒がしくすると怒られるので、オレは兄貴と二人、黙って窓際でシャリシャリりんごを食べた。
星が綺麗だった。早く、兄貴と二人、Jフォームで空を飛びまわれる日が来ますように。

某月某日
スパイダーと嶋さんが喧嘩中!仲裁に向かう途中で、バッファロにはばまれた。
「拙者、貴殿の刀を譲り受けたいでござる!!」
そ、そんなことを言われても・・・。Jフォームで剣を伸ばして格好良くしたところで、
すかさず、ライトニング・スラッシュ。な?お前じゃこの剣こうは使いこなせないだろ?
ということで、お引取り願う。てゆうか、封印した。

剣に思い入れのあるらしいリザードが早速バッファロに何か説教?してたけど、忙しいからほっといた。


630 :名無しより愛をこめて:04/09/01 00:34 ID:7g8YmJJb
あー、この辺録画失敗したからビートル日記で補完できると助かるわ
職人さんGJ

631 :口調で個性を出せるか計画試作1/2:04/09/01 00:40 ID:gWl8fOLw
キャメル「暇だ、全然出番が無くて」
マンティス「だからそういう文句俺に言うな。ジョーカーに言え」
キャメル「故に、薬品を製作してみたのだが、我が能力である『回復』を込め」
モス「ホホゥ」
マンティス「回復薬か……んなモン不死身の俺らに必要とは思えねぇがな」
モス「大将、黙って説明聞く。もしかして、凄いかもしれない」
キャメル「バックルが開くほどのダメージでも即回復だ、傷口にコレを塗りこめば」
マンティス「おお、そりゃあ凄い……どこも結構ラウザー内でバトルファイトしてるみたいだから、需要はあるかもしれんな」
キャメル「だが一つある、大きな欠点が」
モス「欠点?」
キャメル「とても臭い、原材料が我が唾液故に」
マンティス「あ〜〜確かラクダの唾液は臭ぇんだよな〜〜」
モス「どれだけ、臭う?」
キャメル「自分ではわからない、自分の臭いだから」
モス「大将、臭い、嗅ぐ」
マンティス「冗談じゃねぇ……なんで俺が」
モス「じゃあ、別ので、試す!」
マンティス「試すって…おいちょっと待て!」

632 :口調で個性を出せるか計画試作2/2:04/09/01 00:43 ID:gWl8fOLw
モス「センチピード〜 無修正幼女生写真、あるけど観る?」
センチピード「おお! 見せろ見せろ〜〜〜………ウゲハッ」

マンティス「写真見せる振りして薬剤入り瓶を接近か……思いっきり臭い鼻に入ったな、アレ」
キャメル「でもちゃんとバリア張ってる、モスの鼻の周りには」

モス「センチピード、気絶! バックル、開いた♪」
センチピード「ぅ……ぉ………」

マンティス「そんなに臭いのかよ……お前の唾液」
キャメル「すまない」

モス「でも、センチピード、バックル開いたまま、可哀想……
   治す! ダメージ受けた鼻、薬いっぱい塗りこむ!」
センチピード「ぎゃああああああああ!!」

マンティス「鬼だ……」
キャメル「改善しないと、次回作では、この臭い」

633 :そうだ、山まで行こう(序章)1/2:04/09/01 02:26 ID:nS+eCKC8
ビートル「と、言う訳で!!(0W0)/」
スタッグ「先日はブレイドがお休みだったので!ヽ(0M0)/」
マンティス「少し暇になったので( <;:V:>)・・・・」
スパイダー「全員でピクニックにスクィッド(行くっぞ)!!だーっはっはっはっは!!♪〜(0H0)〜♪」
コブラ「あっはっはっは!スパイダーさんたまんねーっす!!死ぬー!!(パカッ)」
ポーラー「むかつくほど涼しいわけで・・だからスパイダーさんの軍門に下っているわけで・・」
ファイアフライ「・・・・・・・・」
ペッカー「にゃーーー────(;゚Д゚)────!!!フライがカチコチにかたまってるにゃーん!!」
スタッグ「何ですと!?わしにお任せ!(0M<)−☆」

超 噛 み !!

一同「ギャ────(;゚Д゚)────ッ!」
ビートル?「さすが兄貴!(>W<)ノシ〜vvv」
ビートル「さすが兄貴!(>W<)ノシ〜vvv」
カプリコ「ビートルが二人ニョ!?」

634 :そうだ、山まで行こう(序章)2/2:04/09/01 02:29 ID:nS+eCKC8
マンティス「!!ヘッド、ホーク!!」
ヘッド・ホーク「いぇっさ!!」
チョップ ヘッド+トルネード ホーク=スピニングウェーブ(仮)
ビートル?「ごへ!」
マンティス「姿を現したらどうだ?スピリット・・・!」
スピリット「アイタタタ・・痛いなあ、カリスv(イーグル)」
マンティス「ムッコロス!」
嶋「今日も暑いねぇナチュラル?(半裸)」
ビー「以前仲の人が投下した嶋さん大変身以来おにゃのこ嶋さんの部屋に監禁されて血で真っ赤な蜂に)・・・ソーデスネ」
モール「ビーが物言わぬ蜂に・・」
テイピア「K部屋の恐怖が見え隠れしてますな・・・」
ビートル「それじゃあ今回はここまで!中の人が眠いって。俺も〜」
スタッグ「ワシもじゃ・・共鳴で終わるか・・Aのみで ダバダバダバダバダバ・・・・・」
スパイダー「全員ですると何時間かかるか・・ダーッハッハッハッハッハ!!!」
ビートル「にぇむぃ〜アニキ・ケンザキアニキ・ケンザキアニキ・ケンザキアニキ・ケンザキアニキ・ケンザキ・・・・・大好きぃ・・」
マンティス「・・・・・オレハダレトモクマナイ・・・・・」
スタッグ「また明日〜(てか今日)(0M0)ノシ」

次回からピクニックに出る全アンデッド!果たして収拾はつくのか!?明日(てか今日)から学校だ!


635 :ラスト・バッファローの中の人:04/09/01 03:01 ID:2Yic9s15
>>628−629
GJGJ!!
刀ネタ、取り入れてくれてありがとー!

リザードがどんな説教したのか気になるw
カードのデザイン見る限り、リザードのは西洋の剣だから、西洋の剣がいかに日本刀より優れているか力説だろうか・・・

しかし・・・
>嶋さん、あのね。オレも剣崎もね。大切な人の死だとか裏切りだとか・・・
>ホント仕事や義務感だけでは、なかなか乗り越えられないものを実は色々乗り越えてきたっすよ。
>ま、そんなこと、剣崎は嶋さんにも誰にも言わないけどね。ま、オレの剣崎は本物のヒーローだからな(0w<)b

ビートル・・・すっかり大人になって・・・(感涙)
誰よりもオトナじゃん。

しかし、アンデット達の年齢ってどうなってるんだろ?地球上にその生物が生まれた順かな?


636 :リザードの中の人:04/09/01 03:25 ID:njCtVhwn
>>635
あー、本当だ。俺のリザードが使われてる。凄くうれしい。
西洋の剣云々より、剣にどんな意味があるかを説きそうだな。あいつの場合。
取り合えずヘッドの話書いてたんだけど、
これ見て、リザード完結編書かなきゃいけないのを思い出した。
ということで、明日の午前中あたりにヘッドは投下します。
リザード完結編はできしだい投下。

では長文スマソ

637 :ツカダのいいこと思いついた♪:04/09/01 03:32 ID:2Yic9s15
うーん、この間植毛した毛、もう取れて来た。
もういっぺん植えなきゃなあ。金かかるなあ。
どこから資金調達するか・・・

あ!フカヒレがまだあるな。幸い、ヘッドは頭悪くて警戒心薄そうだし。
でも、やっぱりアンデットだから強いよな・・・

!! いいこと思いついた♪

手紙かきかき・・・
「はじめまして、オーキッドお姉様。私は綺麗で優雅で素敵なお姉さんがとっても大好きです。
もう、あこがれ過ぎて毛が抜け・・・いやいや、一日中萌え萌えです。
でも、ちょっと心配があります。この間のコミケでお見かけしたお姉様、いつも通り、とっても綺麗だったけど、ちょっと疲れてらっしゃったみたい。その・・・少し、ホントにすこーしだけですけど、目元とお肌が・・・ごめんなさい!でも、私お姉様が心配で。
そこでお姉様にとっておき情報でーす!!サメの肝油って、とっても目とお肌にいいんですって!プレゼントしたかったけど、私のうちのそばにはサメがいないんで、ごめんなさい!もし、お姉様の近くにサメがいたら試してみて!
あ、その時にサメの他の部分にはあまり触らないでね。毒があって良くないらしいです。
ではでは、がんばってくらさい♪  あなたのファンより。」

ふっふっふ、これをオーキッドさんに送って、オーキッドさんがヘッドをぶちのめして肝油をとった後、このツカダがフカヒレを頂くと。完璧だ!私って頭いい〜♪

さて、投函・・・配達するのも私ですけどね。

*************

中の人はありふれたオチしか思いつきませんでした。なので、どなたか面白いオチを考えついた方がいらしたら続きを書いてください。

無責任だと言われても私はハゲない。

638 :ハイスクール・ララバイ 第4話:04/09/01 04:56 ID:2Yic9s15
>>568-570のつづき。

うちの高校に新任の先公が来たのさ。
ま、それ自体は別に珍しくも何ともねえやな。
ところが、この先公が変わってた。

蜘蛛ってのは種類によってかなり寿命が違うわけよ。
何十年も生きる種類もいりゃあ、半年も生きられないヤツもいる。
だから、学校も寿命の長さによってどの学校行くか分けられてる。
でないと小学校も卒業できないうちに死んじまうヤツとか出るし。

俺様は当然、一番寿命が長いグループの行く高校だったわけよ。
まあ、俺様の場合は寿命が長いってのとはちょっと違うけどな。

ついでに書いておくと、この寿命が長いグループの高校ってのは体のでかい蜘蛛が多いし、しかも寿命なげーからDQN期間も長いし、はっきりいって蜘蛛教育界でも最低の高校なのさ。

で、先公も当然同じグループの蜘蛛、体がでかくて寿命ながい蜘蛛がやってた。普通。

で、話戻すと・・・新任教師は、寿命が3年ぐらいしかない種類の、小さくて可憐なハナグモの雌だっだのさ。
当時、まだ大人になったばかりの年頃。
つまり、大学出たばかり。
花もはじらう乙女。
みんなビックリよ。間違いじゃねーの?って。
しかも、朝礼での自己紹介によると、聖蜘蛛大学っていうお嬢さん学校をかなり良い成績で出てるんだと。
まあ、俺は当然朝礼なんてばっくれてたからこのへんの話はみんな後から聞いたんだが。

要するに、この蜘蛛のクソ溜め高校に来るのに似つかわしくないもいいとこ。


639 :ハイスクール・ララバイ 第5話:04/09/01 04:57 ID:2Yic9s15
朝礼ばっくれてた俺はそんな事はつゆ知らず、教室でくわえ煙草で机に脚を三本のっけて、今日出た「クモべっぴん」のエログラビアを読んでた。
んで、しばらくすると朝礼に出る程度には良識のあるクズどもがわらわら教室に戻ってきて・・・校則では禁止なんだが、壁登ってくるヤツもいて、生活指導の先公とさっそくもめてやがる・・・ホームルームの時間が始まる。

バカがさっそく教室のドアの上に黒板消しはさんでる。今時、そんなんに誰もひっかからないってのw

もういっぺんエロ本に目を戻したとき・・・ぼふん、って音がして、そのあと誰かが小さくて高い声で「きゃっ!」って叫んだ。

何だ、今時黒板消しくらう間抜けがいたのかよ、と目を向けてみたら・・・俺は凍り付いたようになっちまった。
ああ、俺はあの光景を決して忘れねえ。
そこには、驚くほど可憐で綺麗な、小さなハナグモがいた。
ほっそりとした頭胸、すらりとして、控えめにふっくらとした腹、細い脚には俺みたいなトゲじゃなく、やわらかなうぶ毛。背中には清楚な縞模様にさらさらの体毛。
そして、何よりもその、この上もなく澄んだ瞳。
ハナグモはその澄んだ瞳をまん丸に見開いて、一本の脚を頭にやってた。
頭に黒板消しの白い痕がついてるんだけど、何がおきたかわからなくて呆然としてるらしい。

一瞬のあと、俺の胸がどきん、となり、同時にきゅんっ、とした。

なんだなんだ、こんなの初めてだぞ。
俺、心臓発作起こしたのか!?


640 :ハイスクール・ララバイの中の人:04/09/01 05:20 ID:2Yic9s15
・・・・・・何か、俺の書くもの、ビートルの中の人の作品みたいなテンポがなくて
文体が重くてつまんない気がしてきた・・・

641 :名無しより愛をこめて:04/09/01 06:36 ID:ZLeS50oe
気のせいだ。もっと書いてくれ。
それにしてもまとめ作るって意気込んでいる人はどうなったんだろう?

642 :名無しより愛をこめて:04/09/01 09:52 ID:zC5xHaKK
職人さん達GJ!!

ところで皆さん、書き込む前に容量を確認してください。
490KB超えた辺りで次スレを立てないと、前スレのように
容量オーバーになってしまいます。
ちなみに現在は444KB。

>637
(´-`).。oO(裏目に出るんだろうなあ…)

643 :第一回アンデットクイズ大会1/3:04/09/01 10:37 ID:bMFuN+dO
トリロバイト&シェル「第一回アンデットクイズ大会〜!!」
イーグル「こんにちは。司会のトリロバイトと」
シェル「シェルだ。この大会は各バックルの代表UDによる早押しクイズ対決を行う」
トリロバイト「今回は記念すべき第一回目ということで、代表UDは全員カテゴリーAです!」

【回答席】
ビートル「ウェーイ!クイズ対決なら兄貴でも容赦しないよ?」
スタッグ「うむ、わしもそのつもりじゃ。お互い頑張ろうな」
マンティス「………帰りたい」
スパイダー「だーはっはっはっ!優勝は俺様がもらうぜ!」

【ブレイド組応援席】
カプリコーン「フォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!ビートル、頑張れフォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!」
イーグル「ハァハァ…カリスゥゥゥゥゥ!!」
ローカスト「おいイーグル、落ち着けって。あ、こら!応援席から身を乗り出すな!」
イーグル「カァァァリィィィスゥゥゥゥゥ!!!カァァァリィィィ…ブシュ(カリスアロー」パカッ

【ギャレン組応援席】
アルマジロ「大将頑張れー!」
ピーコック「クイズ大会なんて興味ないのに、なぜ私が…。
    まぁいい。スタッグ、負けたら明日からもずく4分の1だぞ」
ゼブラ「伊坂さん。勝ち負けには拘るんですね…」
サーペント「ところでさっきからハゲが応援席の間をうろうろしてるんだが、何やってるんだ?」
ピーコック「ハゲめ…ここでも商売するつもりか」

644 :第一回アンデットクイズ大会1/3:04/09/01 10:39 ID:bMFuN+dO
トリロバイト&シェル「第一回アンデットクイズ大会〜!!」
イーグル「こんにちは。司会のトリロバイトと」
シェル「シェルだ。この大会は各バックルの代表UDによる早押しクイズ対決を行う」
トリロバイト「今回は記念すべき第一回目ということで、代表UDは全員カテゴリーAです!」

【回答席】
ビートル「ウェーイ!クイズ対決なら兄貴でも容赦しないよ?」
スタッグ「うむ、わしもそのつもりじゃ。お互い頑張ろうな」
マンティス「………帰りたい」
スパイダー「だーはっはっはっ!優勝は俺様がもらうぜ!」

【ブレイド組応援席】
カプリコーン「フォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!ビートル、頑張れフォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!」
イーグル「ハァハァ…カリスゥゥゥゥゥ!!」
ローカスト「おいイーグル、落ち着けって。あ、こら!応援席から身を乗り出すな!」
イーグル「カァァァリィィィスゥゥゥゥゥ!!!カァァァリィィィ…ブシュ(カリスアロー」パカッ

【ギャレン組応援席】
アルマジロ「大将頑張れー!」
ピーコック「クイズ大会なんて興味ないのに、なぜ私が…。
    まぁいい。スタッグ、負けたら明日からもずく4分の1だぞ」
ゼブラ「伊坂さん。勝ち負けには拘るんですね…」
サーペント「ところでさっきからハゲが応援席の間をうろうろしてるんだが、何やってるんだ?」
ピーコック「ハゲめ…ここでも商売するつもりか」


645 :第一回アンデットクイズ大会2/3:04/09/01 10:41 ID:bMFuN+dO
【カリス応援席】
プラント「あ、ビールくださーい」
モス「俺はポップコーンが欲しいな」
スピリット「スナック菓子か何か欲しいケロ(フロッグ)」
ハゲ「はいはい、少々お待ちください」
プラント「ゴクゴク…プハー。…で、誰が勝つと思う?」
モス「モグモグ…そうだな…やっぱりここはうちの大将を応援した方がいいんじゃないか?」
スピリット「はぁ…応援するの('A`)マンドクセ…(エレファント)」

【レンゲル組応援席】
コブラ「頑張れスパイダーさん!芸人UDの底力を見せてやってください!」
モール「芸人関係あるのか…?」
ポーラー「あの人のことだから、きっと何かやらかすと思うわけで…」
嶋「僕はマンティス辺りが本命だと思うね。どうだい?ナチュラル」
ビー「………ソーデスネ」

646 :第一回アンデットクイズ大会3/3:04/09/01 10:41 ID:bMFuN+dO
トリロバイト「それではそろそろ始めましょうか。ルールは先に2ポイント先取した人の勝ちです。まずは第一問!」
シェル「仮面ライダーギャレンに変身する人間は誰でしょう?」

スタッグ「わしへのサービス問題じゃな。この問題もらったっ!」
ピンポーン
トリロバイト「一番最初に押したのは………スパイダーさん!」
スタッグ「何!?Σ(-M-; )」
スパイダー「はっはっはっ、残念だったなスタッグ!実は早押しが得意なんだよ」
シェル「スパイダーさん、正解は?」
スパイダー「正解は……………橘さくやん!うわなにをするやめr」
スタッグ「なんだ今のは。もう一度言ってみろ。え?誰がさくやんだって?(ガシガシ」
スパイダー「いてててててて!大顎で挟むな!」
スタッグ「わし、前スレの925で言ったよね。さくやんって言われたら噛み殺すって
   だから噛む。超噛む。超噛み殺す。死なないけど噛み殺す」
スパイダー「ちょ、ちょっと待て!あれは芸人としての立派なボケであって…ガブッ ギャー」パカパカパカッ
ビートル「あ、兄貴落ち着いて!スパイダーのバックルが何度も開いてるよ!」
ピンポーン
トリロバイト「はい、マンティスさん」
マンティス「………橘朔也」
ピンポンピンポーン!
シェル「大正解!マンティスさん、1ポイント獲得!」
ビートル&スタッグ「あ…」

後編へ続く…

647 :第一回アンデットクイズ大会おまけ:04/09/01 10:42 ID:bMFuN+dO
重複スマソ orz
後編は少し間を空けて投稿する予定。
他の職人さん方は気にしないで投稿してください。

648 :名無しより愛をこめて:04/09/01 11:22 ID:G30cSSPg
             ,.. -ー- 、
            // '' ̄ ̄ヾ!、
           ./l::...   :::... }!
           l l_,,.. -==-..,,/
           l"l::l =0 0}7
    ,..==--..、 ヾlヽ _∀/ノ
   /  .:::`=ヶー-ゞヽ--イ-rt--_、
  ◎  .:::::r---'.、::...ヽ   li  ヽ!~ ヽ、
  l__::l,,ノ! ~ヾー'ニニ}ニー''---llγiiヽ_l
  ヾγ((::; ァミ}ヽ ̄!::/ ̄ ̄.l.7メ''ニ}三ヽ
   l l..:ヽニソ;;/ヽ) /::/鯛焼 l l〃、/ィゞニノ!
   ヽヽ-'ノ /ゝ、_ l__L__l;;l `ゞト、二ノ

649 :狂科学者の実験室 1/5:04/09/01 11:50 ID:njCtVhwn
キャメル「モスお姉さん、この前>>604-609のセンチピードは凄かったね!」
モス「そうだね。いつもあれくらいの力を出してくれれば、うちのバックルも安泰なんだけど」
キャメル「それは無理だよ。だって僕たちのバックルには幼女がいないんだもん」
モス「そうなのよ。センチピードは幼女を守る時しか、真センチピードにならないからね」
キャメル「そんなことより、お姉さん」
モス「何?キャメル君」
キャメル「どうして僕たち、『なぜカリ』でもないのに、この口調なの?」
モス「それはね、未だに私たちのキャラが決まらないから、使いやすいこっちで喋ってるのよ」
キャメル「うわ〜、身も蓋もないね〜」

マンティス「どちらにせよ、あの真センチピードの力は必要だな」
スピリット「そうだケロ。あの力があれば四つのバックルの中でかなり優位に立てるケロ」
マンティス「(無視)ならば、何とかしてあの力を呼び出す方法を考えるしかないな」
スピリット「そんなことは言っても、一体どうするダスか?うちに幼女はいないダスよ」
マンティス「『あいつ』に頼めば何とかしてくれるだろう。というより他に思いつかないしな」
スピリット「『あいつ』って誰サイ?」
マンティス「『ホーク』」

ホーク「ふむ、つまりお前はこの俺に真センチピードを出す方法を考えてくれ、ということか?」
マンティス「要約するとそういうことだ。話が早くてありがたいな」
ホーク「しかし、今俺は『日本文学と萌えの相互作用によって生じる多様性の追求問題』
  というテーマを研究していて忙しいんだが」
マンティス「そんなわけのわからないものは後回しにしろ。今はこっちが大事だ」
ホーク「…わかった。期待に答えるよう善処しよう…おい、ヘッド!」
ヘッド「んー、何か呼んだか?」
ホーク「今から研究に入るから、お前は助手になれ。馬鹿でも力仕事には役立つ」
ヘッド「よくわかんねぇけど、いいぜ。面白そうだから」
ホーク「お前が馬鹿で助かった。早速俺の白衣を取ってきてくれ」
ヘッド「あんまり褒めるなよ、照れるじゃねぇか。白衣だな、よし取ってくる」
マンティス(こいつら仲がいいのか、悪いのかわからない…)

650 :狂科学者の実験室 2/5:04/09/01 11:51 ID:njCtVhwn
三日後

ホーク「よし、ついにできだぞ。この新しい薬があれば真センチピードを誕生させられる!」
ヘッド「よくわかんねぇけど、すごいなホーク。それをこれからどうするんだ?」
ホーク「まずは、オーキッドの部屋に行くぞ。お前は部屋からドラゴンフライを連れて来い」
ヘッド「よくわかんねぇけど、わかった。俺にまかしとけ!」
ホーク「頼りにしてるぞ、ヘッド。お前は頭が悪い分、単純だからな」
ヘッド「おうよ、俺にまかしとけって!」

ドラゴンフライ「いきなりこんなとこに呼び出して何の用だよ。俺ベタ塗らなくちゃいけないんだよ」
ホーク「話はすぐに終わる。実はこの薬を…ゴニョゴニョ…」
ドラゴンフライ「え、それを俺がやるの?やだよ〜、ばれたら殺されるもん」
ホーク「大丈夫だ。俺たちアンデットは死ぬ事はない。それにこれはお前にもメリットがある」
ドラゴンフライ「俺のメリット?」
ホーク「ああ。お前が今幼女が好きなのか、筋肉にひかれるのか、虎太郎が気になるのか
  知らないがお前は三つの派閥、全てに興味を持っている」
ドラゴンフライ「何故、それを…」
ホーク「ふふ、研究とは調査の積み重ねだよ。ならば、この薬を使えば…ゴニョゴニョ…」
ドラゴンフライ「え〜〜〜!!!本当かそれ!!そうなったら…」
ホーク「そう、君も萌えられるし、おまけに自由になれる。どうだい、引きうけてくれるかい?」
ドラゴンフライ「おう!わかったぜ!!早速、お前に言われた通りにしてくるよ!!」
ホーク「成功を期待する!!………ところで、ヘッド。お前は今までの話を理解できたか?」
ヘッド「よくわかんなかったわ、俺」
ホーク「やはりお前は変わらないな。いや、進歩がないと言うべきか」
ヘッド「だから、あんまり褒めるなって。照れるだろ」
ホーク「…たまにお前のその性格が羨ましくなるよ」

651 :狂科学者の実験室 3/5:04/09/01 11:52 ID:njCtVhwn
オーキッド「何だったの、ヘッドの奴?」
ドラゴンフライ「あ、ああ、姐さんに差し入れだそうです…」
オーキッド「ビタミン剤?珍しい事もあるのね。あの馬鹿がこんなに気が利くなんて」
ドラゴンフライ「そ、そうですね。あいつも少しは脳が進化したんじゃないですかね」
オーキッド「ふ〜ん、あの生粋の馬鹿が進化ね〜…」
シェル「ちょうどいいから、それ俺によこせ。眠い」
ドラゴンフライ「わ〜〜〜〜!!!駄目だ!!!お前が飲むな!!あれは姐さんのだ!!!」
シェル「なんで、そんなにムキになってるんだ?飲み物一本ごときで」
ドラゴンフライ「いや、俺は、差し入れしたヘッドの気持ちを考えると、無下には…」
オーキッド「ゴクゴクゴクゴクゴク…うん、なかなかいけるじゃない、この味」
ドラゴンフライ「!!」
シェル「あー、お前一人で勝手に飲みやがったなー!!」
オーキッド「五月蝿いわね。いいのよ、これはヘッドが私にくれたんだから」
ドラゴンフライ「…そ、それで、姐さん、こう体に何か変化とかは…」
オーキッド「変化?あーそういえば、頭がすっきりしてきたわね。これ効くわね」
ドラゴンフライ「ほ、他には?」
オーキッド「そうね、体が、だんだん…むずむず…く…きゃーーーーーーー!!!!!!」
ガチャ
ホーク「成功したようだな!!俺の薬は!!」
ドラゴンフライ「ホーク…本当にこれで良かったのか?」
ホーク「深く考えるな。うちのバックルの為だ。その為に犠牲は付き物だよ」
シェル「おい、これはどういうことだ。なんでオーキッドの奴が…

幼女になってるんだ?

652 :狂科学者の実験室 4/5:04/09/01 11:53 ID:njCtVhwn
ドラゴンフライ「…しかも、体も心もどっちもだもんな」
オーキッド「ねー、おにいちゃんたち、あんまりじろじろみないでよ。
おにいちゃんたち、へんしつしゃ?」
シェル「性格はあまり変わってないぞ」
ホーク「それは生まれつきだ。俺にはどうすることもできない」
ヘッド「よくわかんねぇけど、ハァハァだな」
ドラゴンフライ「俺もついでに…ハァハァ」
ホーク「うむ、素晴らしい出来だ。サーペントとは逆に心は大人、体は子供を狙ってみた。
  このギャップ差が『萌え』の真骨頂なのだよ。とにかく…ハァハァだ」
シェル「お前らはあほか。それでホーク、お前は何でこんなことをしたんだ?」
ホーク「ハァハァ…ん、ああ、すぐにわかるさ」
ドガシャーーーーーン!!!
ホーク「ほらな」
ドラゴンフライ「うわ、センチピードが窓を割って飛び込んできた…」
シェル「ロリセンサーでもあるのか、あいつには?」
センチピード「ハァハァ…幼女…幼女…ようじょーーーーーーー!!!!!ウッ、ドピュ」
オーキッド「なにこいつ、きもちわるい。へんしつしゃがへんなことしてるー」
ヘッド「あれ、ホーク。こいつ、真センチピードじゃねぇぞ」
ホーク「何、簡単な事だ。…ドラゴンフライ!オーキッドを抱えて飛んで逃げろ!!」
ドラゴンフライ「何でそんなことを…」
ホーク「説明は後だ!さっさとやれ!!」
ドラゴンフライ「…わかったよ。それ!!」
オーキッド「あー、はなせー。へんなところをもつなー。このへんしつしゃー」
ドラゴンフライ「いてて、動くなよ。危ないだろ……グヘッ!!!」
シェル「ドラゴンフライの奴がいきなり墜落したぞ」
ホーク「いや、墜落させられたんだ。よく見ろ。ドラゴンフライの手前を」
ヘッド「あ、センチピードが姐さん抱えて立ってるぜ」
真センチピード「済まぬな、お嬢さん。怖い目に逢わせてしまって」
オーキッド「うわー、へんしつしゃがへんなしゃべりかたしてるー」
真センチピード「変質者とは某の事か?なるほど確かにそうかもしれぬな、ハハハ」

653 :狂科学者の実験室 5/5:04/09/01 11:54 ID:njCtVhwn
シェル「あいつさっき一瞬でドラゴンフライの上にあがって、オーキッド守りながら攻撃したぞ」
ヘッド「つえーなー、あいつ」
ホーク「どうやら、幼女がピンチになると真センチピードになるらしいな」
シェル「だが、真センチピードの出し方はわかったが、これからどう収拾つける気なんだ?」
ホーク「既にその辺も手は打ってある。…そろそろ時間だな」
ヘッド「あ、姐さんがどんどん大きくなっていくぜ」
ホーク「あの薬は30分しか効かない。時間になったから元に戻るだけだ」
オーキッド「ちょっと、センチピード…あんた、私の体抱えてどうする気なのよ…(ギロリ)」
真センチピード「知れた事。今から貴公と一緒に愛の逃避行に…といなくなっている!!」
オーキッド「あたしはここにいるわよ…さっきからあんたのずっと目の前にね!!」
ブォォォォォォォン!!! ビシッッッッッ!!!
センチピード「ぐえ!!」(戻った)
ドラゴンフライ「姐さん、鬼のように強い…」
ホーク「結局、愛の力でも上級には勝てないということか」
シェル「どっちかというと、オーキッドが戻った時、センチピードも普通に戻ってたぞ」
ヘッド「よくわかんねぇけど、ハァハァ」
オーキッド「ドラゴンフライ…ヘッド…あんたたち覚えてなさいよ…(ギロリ)」
ドラゴンフライ「うわー!!許して!!姐さーーーーーーん!!!」
ヘッド「やっぱり、よくわかんえぇけどハァハァだな」
ホーク&シェル「「…ハァ…やっぱり、こいつは馬鹿だ」」

その後

オーキッド「ドラゴンフライ!!私、新しい能力を身につけたわ!!」
ドラゴンフライ「一体、どんな能力なんですか?」
オーキッド「30分限定で…ちっちゃいおんなのこに、なれるようになったのー」
ドラゴンフライ「体まで変化している…(あの薬の副作用か!!)」
オーキッド「ねー、へんなおじさん、わたしのおえかきてつだってね」
ドラゴンフライ「結局、どっちの姐さんでも俺はコキ使われるのか…orz」

654 :名無しより愛をこめて:04/09/01 11:55 ID:njCtVhwn
昨日のヘッド>>620のために書いた話です。
俺的にはホークとヘッドはこんな奴じゃないかなと…
いちよ、何度か複線は張っておいたんですけどね。

655 :名無しより愛をこめて:04/09/01 14:17 ID:xKP5Sy8p
GJ!ヘッド…褒めてない、褒めてないよ…
そろそろ次スレ立てた方が良いですかね?

656 :第一回アンデットクイズ大会1/2:04/09/01 15:48 ID:bMFuN+dO
トリロバイト「えーと…スパイダーさんが負傷のため、急遽棄権することになりました」
シェル「応援席のレンゲル組。あとで連れて帰ってくれ」

コブラ「スパイダーさん…こんな姿になって…(泣」
モール「原型留めてないね。復活するのかな、これ」
ポーラー「やっぱり何かやらかしちゃったわけで…」

アルマジロ「大将凄かったねー…」
ピーコック「当然だ。橘をさくやんなどと言う奴は、私でも許さん」

ビートル「スパイダー大丈夫かなぁ…」
スタッグ「あんな奴のことなんて気にする必要ないわい(-H-#)」
マンティス「………やっぱり帰りたい」


トリロバイト「では再開します。第二問!」
シェル「スペードスートのカテゴリー5のUDの名前と能力は?」

ローカスト「スペードスートのカテゴリー5って俺じゃないか!ビートル、チャンスだ!」

ビートル「ウェーイ!もらった!」
ピンポーン
トリロバイト「はい、ビートルさん!」
ビートル「えーっと……………………………………………………誰だっけ?」

ローカスト「orz 俺のことを忘れるなー!!ライダーにとって大事なキック担当なんだぞ!」
カプリコーン「ローカスト落ち着くフォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!」

657 :第一回アンデットクイズ大会2/2:04/09/01 15:50 ID:bMFuN+dO
ビートル「う〜ん………思い出せない」
シェル「なんか応援席が騒がしいな」
トリロバイト「ローカストさんが暴れてるようですね…」

ローカスト「ああ、そうさ!Jフォームのせいで俺は出番を失ったんだ!
   そうだ、Jフォームがあるからいけないんだ!カプリコーン、お前のせいだ!」
カプリコーン「フォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!そんなの言いがかりフォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!」
ローカスト「こうでもしないと腹の虫が治まらないんだ。食らえ!ローカストキック!!」
カプリコーン「フォ━━ヽ(0∀0)ノ━━ゥ!!!そんなの避けちゃうニョ」
サッ   ドガッ
サーペント「ぐあっ!な、なんだいきなり!?」
ピーコック「ブレイド組の奴らが飛び込んできたようだな。大丈夫かサーペント?」
サーペント「この程度で私はやられたりはしない。だがこの私に蹴りを入れるとはいい度胸だな。ローカスト」
ローカスト「げ……い、いや、今のはわざとじゃなくって…」
キィィィィィィィィン…
アルマジロ「何か音が聞こえる…」
ピーコック「”ヤツ”が来たな」
アルマジロ「ヤツ?って、もしかして…」
ガシャァァァン!
トータス「…到着ダス。姐さんはどこダスか!?」
ピーコック「やはり来たな、トータス」
アルマジロ「(こいつにはサーペントセンサーでも付いてるのかな…)」
トータス「姐さんに危害を加えるヤツはオデが許さんダス!!」
ローカスト「(マズい…殺やれる…!)だ、だからさっきのはわざとじゃなくて…」
トータス「問答無用!すり潰してやるダス!!」
ローカスト「ギャー!」

658 :第一回アンデットクイズ大会3/3:04/09/01 15:51 ID:bMFuN+dO
ビートル「う〜んう〜ん…」
スタッグ「なんか、応援席が凄いことになっとるの…」
ピンポーン
トリロバイト「はい、マンティスさん」
マンティス「ローカストUD、能力はキック」
ピンポンピンポーン!
シェル「正解!マンティスさん1ポイント獲得。
  2ポイント獲得したのでマンティスさんの優勝です!」
トリロバイト「おめでとうございまーす!」
ビートル「あ…」


大会後
負傷者:スパイダー、ローカスト 両名共に重傷。

シェル「なんでクイズ大会で重傷者が出るんだろうな」
トリロバイト「もうこの企画やめた方がいいのかな…」


今度は数字を間違えたorz

659 :名無しより愛をこめて:04/09/01 16:35 ID:dRBwr2pb
あくまでもネタに紛れてコッソリと・・・
ファイアフライで四コマ描きました・・・
もの凄いやっつけ様なのでふんにゃり見てください・・・
ttp://ondowl.s60.xrea.com/img/188.gif

・・・キモくても私は謝らない。

660 :名無しより愛をこめて:04/09/01 16:44 ID:KgkpAUcd
>654
キャメル「なるほど、ホークは鳥UD繋がりで下級ながら知性派なわけだ」
ホーク「だろう? ピーコック、イーグルと共に教養のあるUDと呼んでくれ」
モス「発明品もコンボ技も微妙だけどね」
ホーク「黙れノンラウズ会幹部」
ペッカー「ねーねー、アタシも鳥だよー。鳥ー」
ホーク「お前も黙れ、クチバシにしか栄養行ってないくせに」
ペッカー「んだとコラ━━━━!!」(ココココココココココココココココッ)
ホーク「やめろ馬鹿痛い痛い痛いギャ━━━━!」

モス「で、ヘッドは実のところロリなわけ?」
ヘッド「よく分からない。でもハァハァ」
キャメル「お前実は何でもいいんだろ…」
ヘッド「いやぁ照れるな」
モス&キャメル「………」

>658
ピーコック「フッ、これこそバトルファイトだ。○○万年前のウルトラクイズルールの再現だよ!」
シェル「ホントかよ…」
イーグル「あの時は地味にホエール大活躍でしたね。
  地獄の砂漠横断デスマッチクイズで脱落しなければダントツ優勝だったというのに」
シェル「だからホントなのかそれ…おい本人」
ホエール「いやあエヘヘ。(超音波仲間とカンペ交換し合ってたなんて言えない…)」
バット「……(うん、言えない)」
サーペント「ところで何故他ラウザー組の貴様らがここにいる」
シェル「ここツッコミ不在なんで臨時バイトで」
イーグル「私はトリビア担当なので」
サーペント「…いいのかそれで…?」

UD達に代弁してもらいまつた。要するにGJでつw

661 :名無しより愛をこめて:04/09/01 16:58 ID:7bjX32XL
>>659
GJ!Σd(゚∈゚*) (-M-#)…。
笑った。何つーか…いいなーこういうノリ。
もう大将とファイフライは一生そうやって夫婦漫才してればいいよ。
そしてビートルはファイアフライを義兄さんとか呼びつつ、
陰でコソーリといじめていればいいよ。ツノで突いたりして。

662 :名無しより愛をこめて:04/09/01 17:53 ID:X4QBOiWN
>>661
う、小姑なビートル萌え…何してもカワイイな、ビートルは

663 :名無しより愛をこめて:04/09/01 17:59 ID:3gaC5JGq
>>661
GJ!!大将可愛過ぎw
変態なファイアフライもちょっと萌え。

664 :名無しより愛をこめて:04/09/01 18:47 ID:njCtVhwn
それでは降ろします。
リザード3部作、『リザードの正義』、『盾と剣』の続き
最終話『俺を動かす力』です。

665 :俺を動かす力 1/6:04/09/01 18:49 ID:njCtVhwn
『アブソーブクイーン』『フュージョンジャック』

ブレイドの鎧が黄金に変わり、背中には鋼の翼が生える。
あいつの正義の象徴でもある剣(つるぎ)は、より多くの悪を貫けるように長く伸びた。
今、あいつは…仮面ライダー剣は飛翔の戦士に生まれ変わったのだ。

新たな力を得ようとするブレイドを見て、あいつらは大騒ぎしてやがる。
どいつもこいつも口をポカンと開けて、だらしねーな。
まあ、しょうがないか。
お前らが封印された時に気付いたこいつの弱さ。
なんでこんな奴に封印されたんだ俺は、って悩んでる奴もいたな。
それ俺もやった。
だけどな剣崎はこの数ヶ月でどんどん強くなった。
もちろんカードのおかげでもある。
だが、それ以上にあいつ自身の心が強くなったんだ。
俺たちはそんなあいつに封印された。
俺たちはあいつが強くなる為の軌跡。
あいつが強くなった事の証明。
だから俺は思い出す。
あの戦いの日々を。

666 :俺を動かす力 2/6:04/09/01 18:49 ID:njCtVhwn
そういえばいろいろなことがあったな、剣崎。

BOARDが襲撃されたあの日、俺とお前で何とかローカストを封印したな。
橘朔夜が裏切った時も、我を忘れたあいつと戦ったし、
ライソニ三人組が逃げ出した時も、まとめてしとめたっけな。
お前にとっての最初の上級、カプリコーンともやった。
最近じゃあ、ウルフの野郎に一発食らわせてやったしな。
思えばここ半年、本当にいろいろなことがあった。
ここにいるみんなはお前が人を守る為に戦った証。
正義の為に戦った証だ。

だけどお前は苦しんでいた。

『君は戦う事を、自分に与えられた義務とか使命とか考えている。』
突然現われたカテゴリーキング、嶋は言った。
『それでは人は強くなれない』
と。

確かにお前は強くなった。
こんなにたくさんものアンデットを封印した。
だがな、
代わりに心は弱くなっていた。

667 :俺を動かす力 3/6:04/09/01 18:51 ID:njCtVhwn
BOARDの崩壊。
橘の裏切り。
相川始の存在。
上級アンデットの強さ。
暴走するレンゲル。

お前はどんどん孤立していく。
一人になる。
最初は人を守る為に戦いたい、
正義の為に戦いたいと言っていたお前は
離れていく人達を見て、
自分が戦わなければならない、
と思うようになっていた。
人を守る為に戦いたいのか、
人を守る為に戦わなければならないのか。
正義の為に人を守るのか、
人を守る為の正義なのか。
『戦いたい』のか、
『戦わなければならない』のか。
お前は気付かない内に自分の中で苦しんでいた。
自分の戦う意味を失いかけていた。
あの日の俺と同じように。
でもな、
それでもお前がアンデットたちを封印できたのは、
お前の世界の中心には人を守りたいという思いがあったから。
そこだけは誰にも譲れない正義があったから。
だから、お前は戦えた。
それが、俺とお前の真の違い。
お前は今、その事に気付けた。
自分の正義を思い出す事が出来た。

668 :俺を動かす力 4/6:04/09/01 18:51 ID:njCtVhwn
お前さっき言ってたよな。

『わかった』
あの時…子供を無意識に守った時、お前は初めて理解した。
自分の戦う理由を。

『俺の体を動かすのは、義務とか使命なんかじゃない』
仮面ライダーとしての義務でも、BOARDの生き残りとしての使命でもない。
俺がお前に力を貸す理由も、
カードに封印された者の義務でも、アンデットである呪われた者の使命でもない。

『そこにいる人を守りたいという思い』
その純粋な思い。
お前が人よりも強い確固たる思い。

『そうだ』
そして、俺も理解した。
何故、俺は仮面ライダーになりたかったのか、
何故、あいつに封印されようと思ったのか、
何故、あいつと共に戦おうと思ったのか。

『人を愛しているから、俺は戦っているんだ』
俺の中に芽生えた、アンデットとしては最低の感情。
人を守りたいという思い。
そして、人を守る為に戦う剣崎を守りたいという思い。
結局、俺の答えはとても簡単な感情だった。
俺はかつて、その思いを貫くことはできなかった。
だけど、今ならできる気がする。
この仮面ライダーとなら。

669 :俺を動かす力 5/6:04/09/01 18:52 ID:njCtVhwn
『サンダー』
ブレイドがカードを引き抜き、スラッシュする。
ディアーの奴は自分が使われるのはさも当然だと、ライソニの二人に言って出ていった。
そういうお前ら三人とも、嬉しそうな顔をしてるのはどうしてだ(ニヤリ)

『スラッシュ』
俺も呼ばれる。
他の奴らが『頑張れ』だの『ぶっとばせ』とか言ってるのが聞こえる。
ああ、何だお前ら。
結局お前らも何だかんだ言って、剣崎のこと好きなんじゃないか。
俺と同じでな。

いいだろう剣崎、俺の力を貸してやる。
いや、違うな。
剣崎、俺に力を貸させてくれ。
お前の人を守りたいという思い。
人を愛しているから戦うと言ったお前の正義。
その正義を守るために、
その正義を貫くために、
俺に力を貸させくれ。

首の赤いマフラーは風になびいている。

俺は再び誓おう。
子供の夢を見たあの日の俺に、
子供の夢を守ったあの日のお前に、
この赤いマフラーの持ち主である仮面ライダーに、
俺は再び剣になると。
俺は再び正義を持つと。
あいつを守る『正義の剣』になると。

670 :俺を動かす力 6/6:04/09/01 18:54 ID:njCtVhwn
『ライトニングスラッシュ』
光り輝く翼を広げ、空を飛翔するブレイド。
剣には雷が集まり、黄金の剣へと姿を変える。

行こう、剣崎。
仮面ライダーとして。
お前として。
俺として。

上空からの雷光を纏う斬撃に、敵の上級アンデットは完全に沈黙する。
もう俺たちに迷いはない。
お前が初めて俺を使ったあの日。
あの日は俺とお前の初陣だった。
ならば、この日は、
お前と俺たち…お前の勝利を祝っているこの馬鹿アンデットたちとの初陣だ。
皆が咆哮をあげた。
剣崎の初勝利を祝うかのように。

あの日、仮面ライダーに会った俺は首に赤いマフラーを巻いた。
それを巻けば、正義の為に戦えば、仮面ライダーになれると信じていた。
だが、正義とは何だろう。
その答えを見つけられなかった俺は、仮面ライダーになることができなかった。
だから賭けてみた。
あいつは本当に仮面ライダーなのか、
俺に正義を教えてくれるのか、
しかし、正義は俺の中にあった。
俺と共にあった。
それを教えてくれたあいつに俺はもう一度誓う。

『あいつが人を守る為に、オレはあいつの剣になる』

671 :名無しより愛をこめて:04/09/01 18:55 ID:njCtVhwn
ということで、何とか無事完結しました。
どうして知らん間にこんな長い話になったんだろう…
それはともかく、
皆様の暖かいGJ、どうもありがとうございました。

672 :名無しより愛をこめて:04/09/01 18:56 ID:PlGF4BKE
>>671
おつかれさま。
リアルタイムで読めて嬉しかったです。
また…泣いてしまったw

673 :名無しより愛をこめて:04/09/01 19:13 ID:ZYPqWMIl
>>671
GJ!
すげえ、剣本編より感動した。
リザード頑張れ、超頑張れ。

674 :名無しより愛をこめて:04/09/01 19:32 ID:ZLeS50oe
最高だ・・・・
コレこそがバトルファイトだ。前人未到の領域への到達だよ。

675 :名無しより愛をこめて:04/09/01 19:36 ID:xKP5Sy8p
>>671
GJ!感動、超感動。
本編よりもジーンときてしまった。リザードカッコイイ!

676 :名無しより愛をこめて:04/09/01 19:59 ID:8T8mHs5T
俺のRソードベガをかえせー

677 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:18 ID:RK+EQF4Q
>>671
いや、他のネタ職人の人のムチャクチャ楽しいんだけど、
このリザード編だけは特別な思い入れしちゃうなぁ・・

やっぱ「正義の味方」が好きで特撮を見続けてきたワケで、
こういうのはジーンときちゃうなぁ・・・

ともかくGJ!!

678 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:21 ID:kWJSLvHS
>>671
GJ!
3部ともリザート視点の話として楽しませてもらえたし、
本編見て物足りなかった部分も埋めてもらえた気がする。

超GJでした!!

679 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:28 ID:08dJwYhf
そっか…GJ

680 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:45 ID:ZLeS50oe
もう470KBだって。
まだ600代なのにこの盛況。
これがバトルファイトだよ。

ねえ、さっき2ch落ちてなかった?

681 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:51 ID:Lj2+pS7W
リザード三部作超GJーーー!
このアンデットスレがいつまで続こうとも「伝説のアンデット・レス」として語り継がれるでしょうな。何度も脳内で映像変換してますよ。

682 :名無しより愛をこめて:04/09/01 20:58 ID:/nU85JDX
>>671
本編よりもこっちを放送してほすぃい。

>>676
とかなんとかいっちゃってぇ。


683 :名無しより愛をこめて:04/09/01 21:01 ID:lSJG1rtx
リザードGJGJ!!! 感動しました。

>680
レス読み切ってGJしようとしたら繋がらなかったよ。
俺だけじゃなかったんだ。

684 :名無しより愛をこめて:04/09/01 21:03 ID:08dJwYhf
GJ発言ウザイと思ってたけど
結局ネタで容量使うからいいのか…。

まぁそんだけ

685 :名無しより愛をこめて:04/09/01 21:08 ID:pgwtQZP+
>>680
そうだよねまだ600番台なんだよね。凄っ。
496KB超えると警告が出るんだっけ?それとも前スレがたまたまそうだっただけ?
>>684
どうした。ご機嫌斜め45度だなw

686 :名無しより愛をこめて:04/09/01 21:17 ID:JxVzFsU8
>>685
いつも出るけど、出た時点で話し合ってさぁ行こうじゃだいたい間に合わないよ。
安心してスレに憩うなら480KB前後で次スレ移行が一番安心。
4スレ目以降はそういう意向でいこうと思うけど、どうかな?ねぇナチュラル。

687 :試作キャメル1/2:04/09/01 22:07 ID:5gb1lapq
(注:この話はフィクションでも構いません)

(番組終了後)
キャメル「お疲れー。」
モス「あーお疲れ。しかし、何だな。よくも毎回毎回くっだらねぇ質問ばっかり
  来るよなあ」
キャメル「まーそう言わない。視聴者あっての番組なんだから」
モス「(そう言えば俺らの番組ってどうやってオンエアされてんのかな…)そうだけどよ、
   時々イヤになるんだよなぁ」
(モス、タバコを取り出す)
キャメル「あ、一本くれ、一本でいいから」
モス「んー?いいけど…お前吸ったっけ?」
キャメル「いやー実は大好きなのよ。大将には止められてんだけど」
モス「(止められてる?こいつがヘビースモーカーで健康に悪いから?いや、俺らアンデットな
   わけだし、健康云々言うのもおかしいよな…じゃあ何で?)ふーん…
   じゃあ、ほれ」
キャメル「サンキュー。(ジジジ…)んーんまい。(フー)んまいなぁー」
モス「(マジで好きなんだな…)」


688 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:08 ID:dRBwr2pb
>>686に同意かな。

あとちょっと気になったんだけど、
保管庫?作るって言ってた人は今どうしているのかな?
別に急かす訳じゃないけど
楽しみにしているのでとても心配。

689 :試作キャメル2/2:04/09/01 22:10 ID:5gb1lapq
キャメル「(ジジ…フー)んまいな〜。んん?ねぇモ〜ス〜?」
モス「な…何だよ。急に気持ち悪い喋り方して」
キャメル「いつ見てもカ・ワ・イ・イ・な〜お前は〜?」
モス「なっ!?お…お前ナニイテンダ!?」
キャメル「コスプレしてよ〜、コ・ス・プ・レ。モスちゃんにはメイド服なんか似合うと思うん
   だけどなぁ〜ん。ねぇ、お願いだからぁ〜。あ、もちろんゴスロリね〜」
モス「ぎゃあぁ!寄るな触るな!ヨダレ付けるなー!!」
マンティス「あっモスお前!キャメルにタバコ吸わせたのか!」
モス「あぁ大将!ヘルプ!ヘルプミー!どうなっちゃったんですかキャメルのヤツ!」
マンティス「あいつはタバコを吸うと酔っ払うんだ!しかも男だろうと種が違おうと
    見境なく手を出すようになるんだ!だから俺はいつタバコ吸うのを止めて
    たんだよ!」
モス「な、なんだってー!?」
キャメル「あっ大将〜。相変わらず鋭い目つきと細いウエストがそ・そ・る〜ん。
   よーしパパ抱きついちゃうぞ〜」
マンティス「! いかん!俺は逃げる!後は任せた!」
モス「ああ待って!置いてかないで大将!オンドゥルルラギッタンディスカー!!」
キャメル「(モスの背中に抱きついて)ほ〜れほれ、モスやっこよ、ちこう寄れ。
   ん〜うい奴じゃ」
モス「うわああぁあぁあああ!!!」

翌日から、カリスラウザー内では絶対禁煙が暗黙のルールとなったという…


690 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:11 ID:dRBwr2pb
割り込み・・・orz
スミマセンでした・・・

691 :試作キャメル作者:04/09/01 22:13 ID:5gb1lapq
>>690
気にしないでくださいよぅ。
こっちとしては見ていただけさえすればいいんで。

692 :試作キャメル作者:04/09/01 22:16 ID:5gb1lapq
>マンティス「あいつはタバコを吸うと酔っ払うんだ!しかも男だろうと種が違おうと
    見境なく手を出すようになるんだ!だから俺はいつタバコ吸うのを止めて
    たんだよ!」

ここ修正。「あいつにタバコ吸うのを〜」でした。sみません。

693 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:24 ID:c7FvUoZv
そーいや、キャメルってタバコがあったよな…w

694 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:34 ID:PkzzH80K
>>640
華やかに遅レスかも(てか最近スレの流れが速)だが、俺はすごく続きを楽しみにしてる。
ハナグモとスパイダー・・・続きが気になって寝不足になる〜。先生、早く原稿あげて下さいよ(Tд⊂

640タンは分かりやすくていい文章書いてる。誰かとおんなじ、もしくは似た文章を書く必要はない。
君の個性で、つっぱしれ。『みんなちがって、みんないい』(byあいだみつを)なぁんてな。

>>641,688
確か、まとめを作ってくれてる人は、蘭日記の作者さんだった。
カテゴリー2スレの終わり辺りで、腐女子ネタ関連で荒れた(というか荒れかけた)ので、
もしかしたら、その時に引退なさった危険性がある・・・。

過去ログをUPしてくれる勇者を別途つのる必要があるやも。

>>あと、たまに見かけるGJ不要論の方へ
ネタを気持ち良く読むのに、GJ発言はウザいというのも、よく分かる。
でも、それはあまりにも読み手優先の考え方だとおも。

初期の頃と比べて、最近、職人さんの中の人が仮面割れして中身が出ていることが多い。
これは、どういうことなのか、ちょっと考えてみてもらえないだろうか。

職人的には、このスレに書き込んだって、金がもらえるわけでも、名声が手に入るワケでもない。
ただ、皆さんの感想・反応だけが書くエネルギー源。皆さんがいい反応をすれば、職人は
いいネタでいいものをたくさん書けるようになる。なんの反応もなければ、多分枯れていく。

そういう意味では、GJ発言も作品のうち。・・・もしかすると、意外かもしれませんが。
実際、感想レスから良ネタに発展している例も、このスレではたくさんある。気づきませんか?

どうしても、GJ発言がウザい人は、「GJ」をNGワードに登録してみるのも手かと。

695 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:47 ID:A/BzXuqS
>694
金子みすゞではないでしょうか > みんなちがって〜
細かくてスマソ

696 :プラントに出番をあげよう! 1/2:04/09/01 22:52 ID:njCtVhwn
ホーク「やあ、カリス組唯一のノンキャラで最近出番が無いプラント君」
プラント「黙れ、マッドサイエンティスト!」
ホーク「失礼な奴だな。お前の悩み事を晴らしてやろうと思ったのに」
プラント「何だよ、俺の悩み事って」
ホーク「出番がない事」
プラント「余計なお世話だ!!さっさと帰れ!!」
ホーク「まあ、そう怒るな。…お前最近、姐さんにハブられてるだろ」
プラント「ぐ!!…そうだよ、最初の頃は俺が姐さんの助手をやってたのに…」
ホーク「今や完全にキャラでも出番でもシェルとドラゴンフライに負けているからな、お前は」
プラント「五月蝿い!!一体何のようだ!!そんなことまで持ち出して!!」
ホーク「まあ待て。お前、蘭姐さんやシェルにドラゴンフライが人気がある理由を知っているかい?」
プラント「どうせ、キャラがあるからとか言うんだろ!!」
ホーク「それもある。だが、もう一つだけ理由があるんだ」
プラント「もう一つの理由?何だよ、それ」
ホーク「あの三人の共通点は…仮面ライダーになった事がある、というとこだ」
プラント「はあ?」
ホーク「そこでこんな物を作ってみた。受け取れ」
プラント「『作った』ってこれ、ライダーのベルトじゃないか!!お前、どうしてこんなもん…」
ホーク「うむ、実はブレイド組のリザードが昭和ライダーにはまっていてな。
  よく『ライダーごっこ』をする仲なんだ。あ、俺悪役ね」
プラント「意外だな…お前『萌え』しか、追ってないと思ってた」
ホーク「『燃え』も俺の範囲内だよ。現にシェルとドラゴンフライの漫画の批評もしてるしな」
プラント「お前、妙に交友関係広いな」
ホーク「風だからね。それで俺も平成ライダーのファンなんだよ、実は」
プラント「微妙にリザードと趣味が合ってないよな…」
ホーク「ああ、たまにモメる。それでお前に渡したベルトは去年のライダーが使っていたベルトだ」
プラント「マジで作ったのかよ…」
ホーク「オタク根性だ。着けると灰になるとこまで一緒だぞ」

697 :プラントに出番をあげよう! 2/2:04/09/01 22:53 ID:njCtVhwn
プラント「『カ○ザ』かよ!!灰になったら、つけらんねーだろ!!」
ホーク「その点は大丈夫だ。ほれ、『変身百発』も作ってある」
プラント「何でも作れるんだな、お前。…微妙に名前違うし」
ホーク「映画のよりは効き目があるからな。ほら、さっさとそれ飲んで、変身しろ」
プラント「…本当に大丈夫なんだろうな(いろんな意味で)」
ホーク「安心しろ。俺が作った薬だ。間違いはない」
プラント「…わかったよ。…ゴクゴクゴクゴク…プハ、これでいいんだな」
ホーク「よし、それでは変身だ」
9−○−3−ENTER!!STANDING BY!!
プラント「変身!!」
COMPLETE!!
ホーク「よし、成功だ!やはり、俺は天才だ!!」
プラント「おおー、全身から力が湧いてくる。これならどこでも活躍できそうだ!!」
ホーク「うむ、鬼強キャラとしてトータスや真センチピードの仲間入りだな!」
プラント「ああ!上級でもジョーカーでも何でもござれって感じだ!!」
ホーク「そうだ!その意気だぞ!!」バン!!(叩いた)
ERROR!!
ホーク&プラント「「は!?」」
サラサラサラサラサラサラサラサラ……
ホーク「ベルトではなく、中身の方が灰になってしまったか…だが、私は謝らない!!」
プラント「謝れ!!」
ホーク「おー、さすがはアンデット。灰からグロテスクに戻ってきたな」
プラント「アンデットでも本当に死ぬとこだったわ!!」
ホーク「細かい事を気にするな…だが、これでお前のキャラは決まったな」
プラント「俺のキャラ?」
ホーク「ああ…K○郎みたいに何でも引き受けちゃう、お人好しキャラになれ」
プラント「絶対になるかー!!!」
ホーク「じゃ、ヘタレだ」
プラント「もう俺には、そんなキャラしか残ってないのか…ウウウ…orz」

698 :名無しより愛をこめて:04/09/01 22:58 ID:PkzzH80K
すまん。694 を書いたものです。自分の脳内文章より、偉そうな文章になってるorz
まるで俺が荒らしのようだ。面目ない。書き込む前にはやはり読み直さねば。・・・とほほ。
(>>695さん、ご指摘さんくす。いろいろ間違った配線で覚えてますた)

それはそれとして、次スレはカテゴリー4ですか。

ドラゴンフライ.。oO(ハゲには任せて置けない!ここは下級UDとして唯一本編に
          仮面ライダーとして出演した俺がスレを立てて、リザードの人気を横取りしてやる)

ボア.。oO(タックルははずしても、スレ立てははずすもんかー!!)

ペッカー.。oO(スレ立ては、このRapidペッカーにお・ま・か・せ・にゃーん☆
       超連打で、テンプレ貼りもばっちりにゃん☆)

ライノス.。oO(が、頑張りますサイ!最近目立てなくて寂しいから、ここで一発漢を見せますサイ!)


699 :名無しより愛をこめて:04/09/01 23:04 ID:njCtVhwn
いえいえ、>>698さん。
とてもいい事言ったと思います。
やっぱり、良かったとか言われないと、
自分の作品に自身が持てないですよ。
その事を言ってくれた貴方にGJ!!

700 :名無しより愛をこめて:04/09/01 23:21 ID:dRBwr2pb
480kb越えたね。
じゃあ>>698が立ててくれるのかな?

701 :698:04/09/01 23:28 ID:PkzzH80K
>>700
>>698はスレ立て宣言のつもりではなかったのですが、
折角ご指名戴いたことですし、容量も超えましたし、ちょいと行ってきます。(0H0)ノシ

702 :名無しより愛をこめて:04/09/01 23:32 ID:MK5j/ncA
頑張ってくだサイ

703 :名無しより愛をこめて:04/09/01 23:44 ID:PkzzH80K
すみません。オイラのホストじゃダメだって叱られますた。テンプレ貼っておきますので、どなたか、よろしくお願いします。

仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー4

剣に出てくるアンデッド達、もといアンデッ「ト」達の思いを徹底追究するスレです。
たまに違うのも混じってます。

★なんとなくローカル・ルール★

◎ネタバレに関して
 本編や劇場版のネタバレは名前欄に"ネタバレ"と入れてください。
 ネタバレを見たくない人は2chブラウザで名前欄の"ネタバレ"をNGワード指定してください。
 2chブラウザはこちらへ。無料です。
 ttp://www.monazilla.org/

◎スレ立てに関して
 ネタのつまり具合によって、1000前にスレが容量オーバーになることがあります。
 レス番号にこだわらず、ファイル容量480KB前後で、臨機応変に次スレを立ててください。

◎その他
 論争を呼びスレが荒れることを防ぐため、気にくわないネタはスルーしてください。
 エレファント「論争は嫌いなんだよ…めんどくせぇからな!」
 どうしてものバトルファイトは、お勧めの新ネタ投下 or GJ系感想を駆使して行ってください。

■前スレ : 仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー3
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1093000055/l50

■過去スレ :
仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー2 http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1090825250/l50
仮面ライダー剣『アンデットの思い』  http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1084702497/l50

704 :名無しより愛をこめて:04/09/01 23:49 ID:5gb1lapq
>>703
マンドクセだが…俺やろうか?
5分経っても新スレや反応がなかったらやってみる。

705 :705:04/09/01 23:55 ID:5gb1lapq
よし!立てる!

706 :704:04/09/01 23:58 ID:5gb1lapq
間違えた!

707 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:02 ID:kvBAY9Z3
>>704
よし、がんばれ。
…じゃなくて、頑張って下さいbrz

708 :704:04/09/02 00:02 ID:jldAsZvy
立てました。
仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー4
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1094050843/

しかし…誰もいないの…?

709 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:04 ID:Cs/gK9M2
>708
乙かレンゲル

710 :1/2:04/09/02 00:06 ID:RHcOYHPI
>637
オーキッド「というわけだから、出しなさい」
ヘッド「何が『というわけ』だ。やだやだ俺はシェルとは違うんだ!力に屈して眷属を差し出したりは・・・」

 ギリギリギリ

ヘッド「・・・はい、肝油には深海鮫、コラーゲン豊富なフカヒレにはヨシキリ鮫をどうぞ」
モス・キャメル・ホーク・ドラゴンフライ・プラント.。o(屈した━━━━(´Д`)━━━━ッ!!!)
オーキッド「なによ、そのちまちましたものは!!ふざけてるの?ここは景気良くジンベイ鮫くらい出しなさい!」
ヘッドΣ(´Д`;)「じんべい!?」
ホーク「ちょっと姐さん、ジンベイ鮫がどんな鮫かわかってて言ってるんですか?」
オーキッド「当たり前でしょ!ちゃんと調べたわよ」
ヘッド「じんべいいきまーす(自棄)」
ホーク「うわ、ちょっと待てヘッド」
オーキッド「きゃぁぁぁっ!」
ホーク・ドラゴンフライ・プラント「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁっ!」    「「グエッ」」


711 :2/2:04/09/02 00:08 ID:RHcOYHPI
オーキッド「なっ!何なのよこれ!」
モス「ネズミザメ目ジンベイザメ科、現在生息している中では世界最大級の魚だね。大きいものだと20メートルにもなるみたいだよ」
キャメル「うわぁ、さすがお姉さんなんでも知ってるね。これは嘘じゃないよね」
オーキッド「誰がこんなもん出せって言ったのよ!さっさと仕舞いなさい」
ヘッド「姐さんが言ったくせに」
ドラゴンフライ.。o(姐さん、わかってて出せって言ったんじゃなかったんだ)
プラント.。o(おそらくデカイということだけしか知らないで言ったのかと)
ホーク.。o(相変わらず詰めが甘いというか・・・)

   がちゃ

マンティス「なんだお前ら、騒がし・・・」

   パタン

モス・キャメル・ホーク・ドラゴンフライ・プラント.。o(大将、見なかった振り━━━━(´Д`)━━━━ッ!!!
                て大将に気を取られてる間にじんべい消えた━━━━(´Д`)━━━━ッ!!!)

   がちゃ

シェル「あれ?みんなどうし・・・うわっ!センチピードとはげが潰れてる!?何があったんだ?」
モス・キャメル・ホーク・ドラゴンフライ・プラント・ヘッド・オーキッド「はげ?」

712 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:10 ID:1SDiD6Lw
>>708
お疲れ様です〜。
粗茶ですがどうぞ  ⊃旦~~

>>698
カテゴリー4のメンバーよ、意気込みとは裏腹に結局ハゲにスレ立てを取られたようだな。

713 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:12 ID:PVZUcVp2
次スレもたったことだし、AAスレでもカリス一筋なイーグルの活躍ぶりを貼っておきます
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1092237886/238-251

714 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:19 ID:mZB5OqIk
>>710-711
GJGJ!! w
マンティスの鮮やかな見なかったフリに笑った。
にしても、ハゲは姉さんの部屋に忍び込んで見張ってたんだろうか?

715 :704:04/09/02 00:20 ID:jldAsZvy
>>712
つ旦~~いただきますね。じゃあ俺はトリロバたんに淹れてあげよう。つ旦~~
惜しむらくはこっちでもあっちでも小さなミスをやっちゃったことだね…

716 :トリ部屋2(1/2):04/09/02 00:20 ID:bza6HT8t
トリロバ「こんにちは。「トリロバイトの部屋」の時間です。
なぜだか知らないけど2回目もやることになってしまいました。。
今回のゲストはマグネット・バッファローさんです!」
バッファロー「拙者、バッファローでござる。よろしくでござる。」

トリロバ「では始めたいと思います。バッファローさんのご趣味はなんですか?
バッファロー「刀を見ることでござる。……おお、そうでござる!トリロバイト殿に少しお願いがあるのでござる。」
トリロバ「はい?僕にですか?」
バッファロー「そうでござる!ぜひトリロバイト殿に刀を作ってもらいたいのでござる。」
トリロバ「…かたなぁ?僕がですか…?」
バッファロー「よろしく頼むでござるっ!(グイ」
トリロバ「…あー。…うわぁー!」

―10分経過―

トリロバ(…もうダメ。メタル出ない。。・゚・(ノД`)・゚・。)
バッファロー「出来たでござる〜!かたなカタナ刀KATANA〜!!」
トリロバ「……………………。グスン。…それでは次の質問です。バッファローさんに悩み事ってありますか?」
バッファロー「刀カタナァ〜。…ハッ。悩みごとでござるか。うーむ…。」
トリロバ「……?」
バッファロー「トリロバイト殿のようにまだラウズされてないことでござる。」
トリロバ「……は、ハァ。そ、そうですか。」
トリロバ(あなたなんてマシですよ。僕なんか20話以上ラウズされてないのに…。)
トリロバ「………………………………。」
バッファロー「…………?」

717 :トリ部屋2(2/2):04/09/02 00:21 ID:bza6HT8t
―さらに10分経過―

バッファロー「トリロバイト殿…?」
トリロバ「…あ、スイマセン。最後の質問です。バッファローさんが今一番仲がいいのは誰ですか?」
バッファロー「うむ、リザード殿でござる。剣の話でよく盛り上がるでござる。この前はリザード殿の武勇伝を聞かせてもらって…。
武勇伝といえば拙者が昔…。」
トリロバ「あ、あの…。」
バッファロー「…そう、それはある晴れた昼下がりでござった…。」

―も一度10分経過―

トリロバ「あ、あのそろそろ…。」
バッファロー「…必殺の槍が…。ム。…スマヌ。続けて欲しいでござる。」
トリロバ「は、はい。最後にこの番組を見ている皆さんにメッセージを。」
バッファロー「ウム。まず、早寝早起きは大切でござる。早起きは三文の得でござる。次に…。」
トリロバ「……。」


ハゲ「ハイ、撮影終了でーす。」
バッファロー「…風呂に入る時には…。ム?」

撮影終了後
トリロバ(モウ、イヤ。ゼッタイイヤ。 OTL)


#ごめん、トリロバ。

718 :名無しより愛をこめて:04/09/02 00:42 ID:mZB5OqIk
>>716-717
GJ!
このあと、メタルで出した刀の形び鉄をファイアフライが熱して、ドロップかビートでかんかん叩き、ブリザードで冷やして焼き鈍し・・・
ってやるのかな。

ところで、完全に490KB超えたみたいですね。
小ネタとか感想以外は、もう次スレに書いた方がいいかも。

719 :師匠と弟子:04/09/02 07:49 ID:DAwNEfNu
バッファロー「リザード殿〜」
リザード「ん、何だ?バッファロー」
バッファロー「見てくれでござる。トリロバイト殿に刀を打ってもらった>>716でござるよ」
リザード「ほー、それは良かったなあ」
バッファロー「御意でござる。これで拙者も立派な侍でござるな〜」
リザード「甘いな」
バッファロー「え!何がでござるか?(リザード殿の目が変わったでござるよ)」
リザード「刀を持っただけでは侍にはなれないぞ」
バッファロー「そうでござるのか!では、拙者には何が足りないと」
リザード「刀を振るう理由だ」
バッファロー「理由、でござるか?」
リザード「そうだ。真の侍という者は刀を振るう理由、つまり力を行使してでも守りたい物がある。
    それは主君であったり、家族であったり、国であったり、理由は様々だ。
    だがなどんなに弱くても、どんなに格好悪くても、自分の守りたい物の為に刀を振るえるなら、そいつこそまさに真の侍だ!!」
バッファロー「うおおおお!!拙者、未熟者でござったー!!腹を切ってわびを…」
リザード「安直な死を選ぶな!!漢なら戦って死ね!!それが侍だ!!」
バッファロー「…ハ…そうでござった…拙者は何と愚かな事を…拙者に刀を持つ資格など…」
リザード「そう、落ち込むな。大丈夫だ。俺がこれからお前に真の侍の心を教えてやる…」
バッファロー「リザード殿…拙者、生涯リザード殿に命を捧げるでござる!!」
リザード「うむ、その意気だ。では心得を復唱するぞ。ついてこい!」
バッファロー「御意でござる」
リザード「正義は最後に必ず勝つ!!」バッファロー「正義は最後に必ず勝つでござる!!」
リザード「オレはあいつの剣になる!!」バッファロー「拙者は貴殿の刀になるでござる!!」
リザード「アギトは俺一人だけでいい…」バッファロー「アギトは拙者一人…って、違うでござるよ!!」
リザード「あ、しまった。番組間違えた」

トリロバイト「それより、文字通り身を削って刀を作った僕の立場は…
    刀、あんまり意味ないじゃん…orz」

720 :名無しより愛をこめて:04/09/02 17:21 ID:WkFB6MD6
さっきから、オンドゥルスレッドにしか釣られていない香具師が、
集うスレッドはココですか?
起爆ワショーイ。オンドゥルギッタンディスカ

721 :名無しより愛をこめて:04/09/02 19:33 ID:DAwNEfNu
っていうか、みんな埋めようよ、こっち

722 :名無しより愛をこめて:04/09/02 19:39 ID:zMhrWo/p
あとどのぐらい書けるの?

723 :名無しより愛をこめて:04/09/02 19:48 ID:2ZDWA45e
なぜ埋める必要が

724 :名無しより愛をこめて:04/09/02 20:15 ID:to9axqsv
次スレ
仮面ライダー剣『アンデットの思い』カテゴリー4
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1094050843/

725 :名無しより愛をこめて:04/09/02 21:16 ID:aW1HhsMP
ちょっと思ったんだけどポーラーは冬になると
性格が180度変わるとかだったら面白いんじゃないか?


スパイダー「梅干食ってスッパイダー!(既出」
ポーラー「…暑くてダルー…氷欲しい…。」


ポーラー「ひゃっほーい!ヘイブラザー!コタツなんか入ってないで一緒に滑ろうぜぇ!!」
スパイダー「滑るって言うな!!」

726 :名無しより愛をこめて:04/09/03 00:00 ID:8qISWOCL
ペッカー「ニャオ────(>∀<)────ン!!!!
    ミャオ────(>∀<)────ン!!!!!!
    ギャオ────(>∀<)────ン!!!!!!!!」

ゼブラ「だーッうるさい!うるさいぞペッカー!朝っぱらから叫ぶな!」
バット「何だっつーんだよまったく…。」
ペッカー「てへ。ゴメーン☆あたしにとってはこれが朝の運動代わりってカンジ?」
ピーコック「それにしても…せめてもう少しマシな鳴き声は出せないのか?
     ニャーだのミャーだのと。お前はキツツキだ。猫じゃない。」
スタッグ「ひとのこと言えんじゃろ?ピーコック。」
ピーコック「何…?」
スタッグ「この前テレビでやってた。孔雀は発情期になると、
    同じく発情期の猫みたいな声で鳴くらしいぞ。『ミャーオ』って。」
ペッカー「ほんと!?キャーやってみせて!おじさま鳴いて!」
ピーコック「鳴けるか!Σ(゚∈゚#) 無茶を言うなバカモノ!」
スタッグ「じゃあ橘の声真似で。
    『伊坂……頼む。聞きたいんだ…。』」


ピーコック「ミャ────オ!」


一同「?!(;゚Д゚)そ」
ピーコック「────はっ?!お、俺は何を?!(滝汗」
ペッカー「おじさまステキ…☆あたしも頑張るニャー!」
スタッグ「ふふふ…いいシャウトだったよ伊坂君…(ニヤニヤ」
ピーコック「う…ウソダドンドコド────ン!!!!」
ゼブラ「伊坂さん…グッジョブ(泣」

727 :名無しより愛をこめて:04/09/03 00:05 ID:8qISWOCL
埋め立て協力をと思って、行き場の無さげなものを投下してみたが…
500KB超えてるのにまだ警告メッセージすら表示されないね。
プロパティで表示されるサイズ、あまりあてにならないのかな?

728 :名無しより愛をこめて:04/09/03 00:13 ID:3Oc5wzYV
スレの左下のとこに赤字で書いてあるよ。
いま495KB

729 :名無しより愛をこめて:04/09/03 00:15 ID:3Oc5wzYV
書き忘れたけど、
>>726 GJだよ!
また投下してくださいな

730 :名無しより愛をこめて:04/09/03 02:03 ID:af4kexbH
>>727
純粋なカキコのみ容量=495KB
+スレタイやdat番号やその他の情報つき=500KB
じゃない?
>>728
IE使い発見

731 :名無しより愛をこめて:04/09/03 02:17 ID:f//s/p4h
いつかシェルがトータスに手を出しやしないかと心配です…


732 :名無しより愛をこめて:04/09/03 10:38 ID:I+rbsWEz
もう容量overかな?

733 :名無しより愛をこめて:04/09/03 10:52 ID:uovgCpGL

 全く、うちのAときたら…
 我侭だし大食らいだし。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄  お互い、苦労しますねぇ…
                  ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ノノノ    ミヽ
          ( ゚∋゚)  (ミ゚ v゚)
;;::⌒⌒;;::⌒⌒.: ノ( ヘヘ ::⌒ノ( ヘヘ .;;.⌒⌒::. :; ;;;::⌒⌒;;::⌒⌒.::
:::    ;;:    :,;: ;;..  : :;   ,::.; ;;. .., ,; .: :::  ;;:    :,;: ;;..  
    :::  :;..  .,;;   ;  :.; ::.; :::., ,,; .., ,; :::  :;..  .,;;   ;  

734 :名無しより愛をこめて:04/09/03 10:55 ID:uovgCpGL
埋め埋め協力。
カテJ鳥類は苦労性。そして軽くhentai。(このスレ的に)

735 :名無しより愛をこめて:04/09/03 14:27 ID:tPYPXwm9
>>734
全然軽くな・・・うわ(ry

736 :名無しより愛をこめて:04/09/03 17:05 ID:fN+7jx/A
>>735
 ノノノ  ミヽ
(#゚∋゚)(#ミ゚ v゚)<ナンダトゥ??!!

737 :名無しより愛をこめて:04/09/03 17:22 ID:963RrTlw
>>731
あれは筋肉じゃなくて鎧だから無問題
                                   タブン

738 :名無しより愛をこめて:04/09/03 17:49 ID:H3mm4fQ8
>>734
そんなHENTAIカテJと融合しているライダーたちは大丈夫なのだろうか?
あと、カテQはAHOっぽい


739 :名無しより愛をこめて:04/09/03 18:38 ID:L1V0K4FC
>>738
フォ────ヽ(#0∀0)ノ────ウ!!!!

740 :名無しより愛をこめて:04/09/03 20:32 ID:3Oc5wzYV
10日強で容量オーバーってすごいね
番組終了までに何スレまで行くかな?

741 :名無しより愛をこめて:04/09/03 21:12 ID:uLRfTuTB
>>738
AFOと発音するのもいいかもしれませんね。
アフォ────ヽ(#0∀0)ノ────ウ!!!!


叫ぶ時は、周囲に他のアンデット(特にトウキョウ)がいないことを確認してからにしましょう。
この注意を怠ると、下記のような悲劇につながる恐れがあります。


            フォ…
        ノノノ  У У     /彡
   ウルサイ(#゚∋゚)○)0∀0;(○(゚v ゚#)デスヨ


それでは皆さん、良いフォ────ヽ(0∀0)ノ────ウライフを。

742 :名無しより愛をこめて:04/09/03 21:29 ID:7sBBVLf4
キョロキョロ 右よし 左よし
よし、大丈夫だな。上か下からなんて攻撃されないし。

ということでフォ────ヽ(0∀0)ノ────ウ!!!!

743 :名無しより愛をこめて:04/09/03 21:32 ID:XSvknyKf
でも伊坂が卵産んだりしてるし、このスレ的にUDは両性具有?だとすると
イーグルはそんなにhentaiじゃないかも。・・・・・・ストーカーっぽいけど。

744 :名無しより愛をこめて:04/09/03 21:52 ID:tqJWXlLa
>>742
上下左右はOKでも背後に注意されたしw


|
| い
|#-M-) ウルサイヤツァ カミコロス
|⊂ /
|                        У У
|                      Σ(0∀0;) ヒィ!
                        ( つ つ

745 :名無しより愛をこめて:04/09/03 22:27 ID:S+z6XZ8W
>>737
いや、剣公式のトータスの説明に、

>頑丈な甲羅の下には異常発達した筋肉を備え、

…よし、叫ぶか。
フォ────ヽ(0∀0)ノ────ウ!!!!

746 :名無しより愛をこめて:04/09/03 22:53 ID:ybrIrK+i
矢沢が埋め立て作業してるなぁ


ということでフォ────ヽ(0∀0)ノ────ウ!!!!

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)